物販

せどりの販売先まとめ!最短で稼ぎたいならここで売ろう!

せどりは何を売るかが大事ですが、どこで売るかも同じくらい重要です。

そこで今回は、せどりで儲かりやすい市場を紹介します。

せどりとは?

お店や個人から仕入れた商品を別の個人やお店に転売して、その差額で利益を得るビジネスをせどりと言います。

せどりのメリット

  • クレジットカードで仕入れて、カード請求日前に売上を受け取れば実質資金0円で始められる
  • 自分で集客する必要がない
  • 仕入れでポイントが貯まる
  • 個人でも簡単に販売できるサイトが多いため、転売しやすい
  • リサーチツールが充実しているため、売れ筋商品を見つけるのが簡単
  • 成功体験が早い

せどりのデメリット

  • ライバルが多いため、きちんとリサーチしないと稼げない
  • 不良在庫を抱えて赤字になるリスクがある
  • 在庫管理が面倒くさい
  • 完全成果型報酬なので、何時間働いても売れなければ収入は0円のまま

フリマアプリの特徴

フリマアプリは仕入れ先にも販売先にもなる便利なプラットフォームです。せどりをする以上は、その特徴を掴んでおきましょう。

素人が多い

フリマアプリには、せどり屋だけでなく、断捨離目的で出品している物販素人が数多く存在します。

彼ら・彼女たちは利益を上げるためではなく、不要品の処分を第一の目的としているため、値付けが甘いことがよくあります。このような商品が見つかる可能性のあるフリマアプリは、仕入れに最適のツールと言えます。

値引き交渉

現在はフリマアプリがかなり普及しており、その利用者の多さから販売先としても魅力に溢れています。

ただし、フリマアプリには値引き交渉が当たり前という独自の文化があります。値引きを断るとお客さんの購買意欲を削いでしまうので、出品する際は値引きありきの価格設定が必要です。

せどりの販売先と言えばAmazon!

せどりの販売先としてはAmazonが鉄板です。

参考:Amazon

Amazonは月間の利用者が5,000万人近くいる日本でも最大級のECモールなので、集客力は抜群です。

そして、最大の魅力はFBAがあることです。FBA(fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスのことです。FBAを利用すると作業を効率化できるだけでなく、購入率も上がります。ただし、FBAを利用する場合は、通常の販売手数料に加えて配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。2019年10月時点での具体的な手数料については以下のリンク先を参照して下さい。

参考:Amazon出品サービス

Amazonランキング

ここからは、Amazonで儲かる商品のリサーチ方法を解説します。

Amazonではカテゴリごとにランキングを確認できるので、まずはAmazonランキングで需要のある商品を確認しましょう。

参考:Amazon売れ筋ランキング

FBA料金シミュレーター

FBAを利用する場合は各種手数料で赤字になるリスクもあるため、必ず仕入れ前に損益計算をしておきましょう。

FBA料金シミュレーターを使えば、商品価格や仕入れ値、FBA倉庫への送料を入力するだけで、出品手数料やFBA利用にかかる手数料などを自動で計算してくれます。損益率も算出してくれるため、ひと目で利益の出る商品かどうかの判別ができます。

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開いてください。

商品名やASINコードで検索して、商品を選択してください。

下に代金の入力フォームが表示されるので、「FBA発送の場合」の列にある商品代金・Amazonへの納品・商品原価を入力して、下の「計算」ボタンをクリックしてください。

すると、出品手数料・FBA手数料が自動計算され、純利益・利益率が表とグラフで表示されます。

Amazon FBA Calculator Widget

Google ChromeでFBA料金シミュレーターを使用する場合は、拡張機能「Amazon FBA Calculator Widget」を導入すると便利です。

参考:Amazon FBA Calculator Widget

Amazon FBA Calculator Widgetを導入すると、ブラウザ右上にニコちゃんマークのようなアイコンが表示されます。

その状態でAmazonの商品ページを開いて右上のアイコンをクリックしてください。すると、自動でFBA料金シミュレーターのページが開き、勝手に商品情報が入力されて計算結果が表示されます。

国内ECサイト比較

せどりの販売先として代表的な4つのECサイトの特徴を以下で紹介します。

Amazon

Amazonは新品・中古品両方の転売先として優れたサイトです。利用者も多いため、集客力は日本一と言えます。

しかし、販売手数料が若干高いのがネックです。カテゴリによって異なりますが、8~15%に設定されています。また、販売手数料に加えて商品1点ごとに100円の基本成約料も徴収されます。

ヤフオク

ヤフオクは日本最大規模のオークションサイトです。

参考:ヤフオク

  • 限定品
  • 非売品
  • 賞品
  • 廃盤商品

など希少価値の高い商品は、全てヤフオクにオークション形式で出品しましょう。入手が困難な商品は、一般相場を大幅に上回る価格で落札されることも珍しくありません。

ヤフオクでは落札手数料10%が徴収されますが、月額508円払ってプレミアム会員に登録すれば、落札手数料は8.8%で済みます。

ヤフオクの市場調査には、オークファンがおすすめです。

参考:オークファン

オークファンなら商品名で検索するだけで過去の落札数や落札相場を確認できます。

モバオク

モバオクは日本ではヤフオクに次ぐ巨大オークションサイトです。

参考:モバオク

ヤフオクほどの集客力はありませんが、月額330円で出品し放題となっています。

BUYMA

BUYMAは海外ブランド品に特化した通販サイトです。

参考:BUYMA

海外ブランド品は日本より現地の方が安いのが一般的です。ブランドにもよりますが、価格差は大体2~3割程度とされています。現地の店舗やネットショップから現地価格で仕入れ、これを日本の相場で販売すれば簡単に利益を上げることが可能です。

また、BUYMAでは無在庫転売が公式に認められています。無在庫転売とは、先に商品を出品しておき、注文が確定してから商品を仕入れる「在庫を持たない」転売手法のことです。無在庫転売には不良在庫を抱えて赤字になるリスクがありません。そのため、リサーチも最低限ですみますし、実験的に新しい商品を扱ってブルーオーシャンを探すこともできます。

発送期限は注文発生から18日以内に設定されています。仕入れ先の在庫がなくなるなどの理由で発送まで18日以上かかる場合は、延長申請も可能です。

おすすめのフリマアプリ

せどりの販売先として代表的なフリマアプリを3つ紹介します。

メルカリ

フリマアプリの代名詞と言えばメルカリです。1ヶ月あたり約2,000万もの人が利用していると言われています。20~30代の女性利用者が多いため、ファッション・雑貨関連の中古品の仕入れ・販売に適したサイトです。

参考:メルカリ

ラクマ

メルカリの他には、ラクマもおすすめです。ラクマは国内第2位の市場規模を誇るフリマサイトです。メルカリ同様、女性利用者が多いことで有名です。メルカリには無い商品が出品されていたりするので、メルカリの控えとして利用すると良いでしょう。

参考:ラクマ

オタマート

オタマートは、アニメグッズなどオタク向け商品に特化したフリマです。

参考:オタマート

フィギュアなどはオタマートに出品しましょう。

Amazon海外輸出

Amazonは日本以外にも世界15カ国に事業展開しています。

そのため、Amazonを使えば海外輸出も可能です。

欧米

Amazonの本国アメリカやカナダは、配送ルートも豊富で輸出入の規制も緩いため、輸出先としては理想的です。ただし、その分他の国と比べるとライバルがたくさんいます。

中南米

中南米は個人せどりの輸出先としては不向きです。配送トラブルが多く、荷物の追跡もできないからです。

中国

中国はAmazonよりもタオバオやAliexpressなどの中華系ECモールの方が普及しているため、こちらの利用をおすすめします。

インド

インドへの輸出にはAmazonが便利ですが、現地のパートナーが必須となります。

ヨーロッパ

  • イタリア
  • オランダ
  • スペイン
  • ドイツ
  • フランス
  • イギリス
  • トルコ

などの欧州各国にもAmazonはありますが、輸出入の規制が厳しいため個人輸出には不向きです。

せどりは販売先が大事

せどりは同じ商品でも、市場によって需要も相場も違います。利益を最大化するために、最適な販売先で転売するように心がけましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!