物販

物販初心者必見!商品の発送方法を徹底比較!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクメルカリを使って物販を始める上で1つの障壁となるのが配送の手配です。

現在は配送業者も多く、また業者ごとに様々な配送サービスを提供しているため、どの方法で発送すればいいのかが初心者には分かりにくい状況です。

そこで今回は、物販初心者に向けて各種配送方法の特徴を徹底解説します。

配送料は高いが安心な発送方法

まず、配送料金は高いが、追跡番号が発行され、補償もしっかりしている配送サービスを5つ紹介します。

(1)ヤマト運輸:宅急便

ヤマト運輸の宅急便なら、縦・横・高さの合計が60~160cm以内、重量が25kg以内の荷物を送ることができます。責任限度額は30万円までです。

配送料は条件によって異なります。

関東圏内へ発送する場合の配送料の目安は以下のとおりです。

サイズ料金
60サイズ907円
80サイズ1123円
100サイズ1361円
120サイズ1577円
140サイズ1814円
160サイズ2030円

(2)郵便局:ゆうパック

ゆうパックは郵便局の配送サービスで、縦・横・高さの合計サイズが170cm以内で、重さ25kg以内の荷物を配送可能です。

配送料は条件によって異なります。例えば、茨城から東京まで配送した場合の送料は以下のようになります。

サイズ料金
60サイズ850円
80サイズ1080円
100サイズ1310円
120サイズ1560円
140サイズ1800円
170サイズ2370円

さらに、370円の追加料金を払えば、セキュリティサービスを付けることもできます。セキュリティサービスが付いた荷物が破損したり紛失したりした場合は、50万円まで補償してもらえます。

(3)佐川急便:飛脚宅配便

佐川急便の飛脚宅配便で送ることができるのは、縦・横・高さの合計が160cm以内、重量30kg以内の荷物です。

また、30万円まで損害賠償してくれます。

送料は条件によって異なります。茨城から東京までだと、以下のような配送料金となります。

サイズ料金
60サイズ756円
80サイズ1026円
100サイズ1361円
140サイズ1815円
160サイズ2031円

(4)西濃運輸:カンガルーミニ便

西濃運輸のカンガルーミニ便は、縦・横・高さの合計が130cm以内、重量20kg以内の荷物が配送可能です。カンガルーミニ便では4サイズに分類されています。

規格サイズ・重量
Pサイズ60cm以内・2kg以内
Sサイズ70cm以内・5kg以内
Mサイズ100cm以内・10kg以内
Lサイズ130cm以内・20kg以内

関東圏内へ配送した場合にかかる各サイズの配送料は以下のとおりです。

サイズ料金
Pサイズ830円
Sサイズ1070円
Mサイズ1310円
Lサイズ1430円

(5)福山通運:フクツー宅配便

福山通運のフクツー宅配便では、縦・横・高さの合計が160cm以内、重さ30kg以内の荷物を配送可能です。関東圏内へ配送した場合の送料を以下に示します。

サイズ料金
60cm以下・2kg以下970円
80cm以下・5kg以下1190円
100cm以下・10kg以下1400円
120cm以下・15kg以下1620円
140cm以下・20kg以下1840円
160cm以下・30kg以下2270円

安さで選ぶなら郵便局

送料だけで選ぶなら、郵便局の配送サービスが安くてお得です。
以下では郵便局で利用できる各種配送サービスの特徴を一つずつ解説します。

(1)定形郵便

定形郵便では、最小サイズ14×9cm、最大サイズ23.5×12×1cm、最大重量50g以内の郵便物を配送することができます。

送料は全国一律で、25g以内は82円、50g以内は92円です。

(2)ミニレター

ミニレターだと、16.4×9.2cm、厚さ1cm以内の封筒を配送可能です。重量は25gまでで、送料は全国一律62円です。手紙・封筒の郵送はミニレターが最安です。

(3)ゆうメール

ゆうメールでは、34×25×8cm以内、1kg以内の荷物の配送が可能です。主に書籍・DVD・ゲームソフトの配送に適しています。ポスト投函も可能です。

送料は全国一律で以下のように設定されています。

重量料金
150g以内180円
250g以内215円
500g以内300円
1kg以内350円

(4)クリックポスト

送れるのは、長辺14~34cm、短辺9~25cm、厚さ3cm以内、重さ1kg以内の荷物です。送料は全国一律で185円です。

(5)ゆうパケット

ゆうパケットは、ポスト投函するだけで発送できるのが特徴です。
縦・横・高さの合計が60cm以内(長辺34cm以内、厚さ3cm以内)、重量1kg以内の荷物の配送が可能です。

送料は厚さによって以下のように定められています。

厚さ料金
厚さ1cm以内250円
厚さ2cm以内300円
厚さ3cm以内350円

(6)スマートレター

A5サイズ(25×17cm)×厚さ2cm以内、重量1kg以内のレターを配送可能です。料金は全国一律180円です。

(7)レターパックライト

34×24.8cm以内、厚さ3cm以内、重量4kg以内の荷物を配送でき、郵便受けに配達されます。レターパックライトの封筒は郵便局で360円で販売されています。封筒に入れて投函するだけで発送でき、特に切手などは必要ありません。

(8)レターパックプラス

レターパックプラスはレターパックライトの上位版です。
34×24.8cm以内、重量4kg以内の荷物を配送できます。厚さの制限はありません。対面で配達してもらえます。レターパックプラスの封筒の値段は510円です。

(9)第3種郵便

第3種郵便は、郵便局に承認された定期刊行物を配送する際に利用できる格安配送サービスです。
縦・横・高さの合計90cm以内(長辺60cm以内)、重さ1kg以内の荷物を配送できます。

(10)第4種郵便

最後は第4種郵便です。以下の郵便物を配送できます。

・通信教育用郵便物
・点字郵便物
・特定録音物等郵便物
・植物種子等郵便物
・学術刊行物郵便物

配送可能なサイズ・重量は、縦・横・高さの合計90cm以内(長辺60cm以内)、重さ1kg以内です。

ゆうパックスマホ割の特徴と利用方法

最後にゆうパックを安く発送できる「ゆうパックスマホ割」の特徴と利用方法を解説します。

ゆうパックスマホ割の利用方法

まずは、ゆうパックスマホ割アプリをダウンロードしてください。

アプリを起動してゆうびんID・パスワードを入力してログインすると、スマホ割の画面になります。

「荷物を送る」メニューの「あて名ラベル作成」を選択します。

荷物のサイズやお届け先等、必要事項を入力してください。最後にクレジットカード決済をすれば手続きは完了です。

あとはアプリに表示された2次元コードを、郵便局の「ゆうプリタッチ」端末で読み取れば宛名ラベルが発行されるので、荷物とともに窓口に提出してください。

ゆうパックスマホ割の料金

前述したとおり、ゆうパックの配送料は配送条件によって異なります。もう一度、茨城から東京まで配送した場合の送料を掲載しておきます。

サイズ料金
60サイズ850円
80サイズ1080円
100サイズ1310円
120サイズ1560円
140サイズ1800円
170サイズ2370円

ゆうパックスマホ割を利用すると、上記の料金から180円割引されます。さらに郵便局受取割引で100円割引されます。さらにさらに、前年1年間で10個以上ゆうパックスマホ割で発送すると、継続利用割引で10%割引になります。

ゆうパックスマホ割のメリット

ゆうパックスマホ割には以下のようなメリットがあります。

・通常より安く発送できる
・クレジットカード決済で後払いが可能
・宛名書きの手間が省ける
・アプリで配送状況をチェックできる

ゆうパックスマホ割のデメリット

逆に、以下のようなデメリットもあります。

・集荷はしてくれない
・クレジットカード以外の決済方法が使えない
・スマホアプリのインストールが必須

条件に合わせて最適な配送方法を

発送条件によって最適な配送サービスは異なります。1つの配送サービスを使い続けるのではなく、その都度最適なサービスを選択することをおすすめします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る