物販

スニーカー輸入をするなら知っておきたい関税の話

この記事では、ネットショッピングなどで海外からスニーカーを購入・輸入する場合の関税のことを中心に解説しています。海外でスニーカーを購入するのに便利なサイトなどもご紹介していますので、これから海外でスニーカーを購入してみたい人や、購入した経験はあるけど関税のことはよくわかっていないといった人は、この記事でスニーカーの輸入と関税に関する知識を身につけてください。

海外でスニーカーを購入するメリット

わざわざ海外の通販サイトでスニーカーを購入することに、メリットはあるのでしょうか。まだ海外通販を利用したことがない方の中には、海外ブランドの国内ショップで購入すれば十分と考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、多くの場合、国内で購入するよりも自分で海外から直接買った方が安く購入することができます。2割引から3割引、場合によっては半額近い値段で購入できることもあるので、多少の手間をかける価値はあります。また、日本ではそもそも販売されていないモデル・カラーのスニーカーが購入できることも、海外通販の大きなメリットです。

自分で輸入すると安く買える

少し説明を追加しておくと、海外で販売されるスニーカーは、国内でも並行輸入品などの形で販売されているケースもあります。こういったものを購入すれば、入手すること自体はできます。

しかし、並行輸入品は、関税や輸送費、利益などが上乗せされた価格で販売されるので割高になります。これに対して、個人で輸入した場合、関税などが安く済む場合もあり、並行輸入品などを買うよりも安く購入できる場合が多いです。

国内では販売されていない製品も買える

この点は、とくにマニアックなファンにとってのメリットになりますが、スニーカーには日本では未発売のモデルや海外限定のカラーといったものが結構あります。こういった製品は、国内のショップで普通に購入することはできません。

また、日本と海外で人気のカラーが異なっているという場合、日本では売り切れてしまっているカラーが、「海外通販ならあっさり買えた」ということも起こります。スニーカー好きなら、海外通販を利用することのメリットはかなり大きいといえます。

たとえば、以下の商品は、日本未発売のフットロッカーというショップの別注モデルです。

以下の商品は、海外限定カラーです。

スニーカーなどの靴の関税について

ここからは、靴の関税についてお話していきます。最初の注意点として、靴を輸入する場合は、課税価格1万円以下の場合の免税措置が受けられません。

一般的には、課税価格が1万円以下の場合には関税がかかりません。具体的には、個人輸入の場合は商品価格に0.6を掛けたものが課税価格になるので、16,666円以下の商品を輸入しても関税はかからないことになります。しかし、靴については、この免税措置の対象外とされているので、商品の金額にかかわらず関税が課せられます。

素材によって変わる靴の関税

そして、靴の関税の中でも、革靴は特に関税率が高く設定されています。スニーカーの場合も、素材にレザーが使われているものは革靴の範疇に入るので、税率が高くなります。

具体的には、課税価格の30%もしくは1足4,300円の高い方となります。つまり、最低でも4,300円の関税がかかるわけです。

ちなみに、上記の関税率はWTO加盟国からの輸入の場合で、厳密にはどの国から輸入するかで関税率が変わります。

靴の関税率の具体例

革靴以外のものでも、靴は素材や用途によって関税率が変わります。正確な識別は税関に問い合わせる必要がありますが、具体例をいくつか挙げると、スポーツシューズに分類されるスニーカーの場合は、8%の関税率になります。

革が使われている場合は、スニーカーであっても30%の関税率、キャンバスシューズとして分類されるものなら、6.7%の関税率になります。なお、上記はいずれもWTO協定税率です。

輸入消費税も発生する

上記の関税に加えて、輸入する商品には消費税も発生します。計算方法としては、課税価格に関税を足したものに消費税率をかけます。

たとえば、1万円のスニーカーを個人使用の目的で輸入した場合、関税率を8%、消費税率を10%とすると、以下のようになります。まず、関税の課税価格は1万円に0.6を掛けた6,000円です。関税は、6,000円の8%ですから、480円です。ただし、関税は100円未満切り捨てですから、400円が関税です。

消費税は、課税価格6,000円と関税400円を足したものの10%ですが、消費税の課税価格を決める際には1,000円未満が切り捨てになります。つまり、6,000円の10%です。したがって、関税は400円、輸入消費税は600円で、合計1,000円の税金がかかることになります。

運送会社に支払う手数料について

このように、商品を海外から輸入すると関税や消費税がかかりますが、運送会社に支払う手数料が発生する場合もあります。

国際郵便を利用した場合

一般的に広く使われている国際郵便を使った場合、取扱手数料として郵便物1個当たり200円が発生します。税金が1万円以下の場合であれば、税金と手数料を配達員に支払うことで荷物が受け取れます。税金が1万円を越える場合については、以下の税関のページを確認してください。

参考:個人輸入通関手続

DHLを利用した場合

DHLを利用した場合は、立替納税手数料が発生します。関税や消費税を立替払いしたことに対する料金で、運送状1枚あたりに対して発生し、立替金の2%もしくは1,100円(税込)の高い方となります。

FedExを利用した場合

FedExの場合、関税その他税金に関する特別取扱手数料が発生します。基本的にDHLと同じ趣旨のもので、立て替えた税金の2%もしくは1000円の高い方が料金となります。

UPSを利用した場合

UPSの場合は、申告5項目までは追加料金なしで通税しています。上限はありますが、6項目以上の場合、1項目ごと480円の追加料金が発生します。

国際郵便では関税がかからない場合も

ここまでお伝えしたように、スニーカーを輸入する場合は、原則的に関税がかかります。しかし、実際には関税を徴収されないケースもあります。

関税がかからない場合とは?

関税がかからないのは、国際郵便を使った場合です。国際宅配便(DHLやFedExのような国際宅配業者を使った輸送)の場合は、ほぼ100%課税されます。これは国際郵便が免税されているといったことではなく、荷物の取扱の都合上、関税がかからない場合が多いということを意味しています。

違いが生じる理由

配送手段によって課税の有無が変わる理由ですが、通関方式の違いによるものといわれています。DHLなどの国際宅配便を使うと、荷物の内容物の検査、税率や税額の計算などは宅配業者が行います。つまり、荷物の内容が正確に把握され、申告・課税されます。

これに対して、国際郵便物は内容物に関しては自己申告で、税関による検査も一部をピックアップして行うだけです。このため、本来は課税対象であるものについても、見逃されることがあるのです。

国際宅配便を使った場合の輸入手続

国際宅配便を使った場合、税関への申告・納税は国際宅配業者が代行して行います。この際に立替払いした税金は、手数料と合わせて配達の際などに国際宅配業者に支払います。

国際郵便を使った場合の輸入手続

国際郵便を使った場合は、課税価格が20万を超えない限り、輸入者による申告は必要ありません。20万円を越える場合には、輸入(納税)申告の手続が必要になります。課税価格が20万円以下の場合、課税される税金の額によって手続が異なります。

個人でスニーカーを輸入する場合には、課税価格が1万円以下の場合が多いはずですが、この場合は、配達員に税金と手数料の合計額を支払えば荷物を受け取れます。これ以外の場合の荷物の受け取り方については、税関のHPを参照してください。

国際郵便を使っている人の口コミ

国際郵便を使っている人の口コミを参照してみると、国際郵便の荷物に課税されるか否かは運次第という声が多く見られます。実際のところ、何度か国際郵便を使っていてもまったく課税された経験がないという人もいれば、思わぬ高い税額を取られて嘆いている人もいます。

どんな場合に関税が徴収されるのかは、とくに明確な基準はなさそうです。少し古い情報ですが、口コミサイトのURLを参考にしてください。

参考:読売新聞オンライン 発言小町

関税がかからなかったという口コミ

具体的な口コミをいくつかご紹介します。

「個人輸入を何度かしてきましたが、関税がかかったということはないです。私の回りでも関税はかかったことがないという人が多いです。」

「関税がかかった経験はありません。EMSを使うと、荷物のチェックが全てについて行われていないらしいからでしょうか。」

なお、EMSは郵便局のサービスで、国際スピード郵便のことです。

関税がかかったという口コミ

「何度か海外通販を使った経験がありますが、初めて関税がかかりました。」

「国際郵便で関税がかかった。課税されるのが正しいのかもしれないが、いつもは課税されていないので、何か損した気分。」

全般的に課税されないケースが多く、課税された人も「普段は関税はかからない」、とコメントしている人が多い印象です。

最初から関税込みの価格を表示しているサイト

海外の通販サイトの中には、最初から関税込みの価格を表示しているところもあります。海外通販サイトを使うときは、税金を計算しないと実際に自分が支払う額が確定しないのが面倒なのですが、この手間が省けます。

この記事の最後で、こういった関税込みの価格を表示してくれているサイトをご紹介します。

ハイブランドの品揃え豊富「Farfetch」

Farfetchでは、世界のハイブランドを数多く扱っています。この記事のテーマであるスニーカーはもちろんですが、各種アパレル製品も豊富です。日本語サイトがあり、買い物がしやすいのも魅力です。

参考:Farfetch日本語公式サイト

デザイナーで商品が選べる「SSENSE」

SSENSEは、デザイナーズブランドに強いサイトです。メンズ、ウィメンズのトップページには、デザイナーの名前がズラリと並んでいます。

全体のトップページには、ファッションに関するコラム記事が掲載されていて、これらを見るのも楽しいサイトです。スニーカーだけでなく、アクセサリーなども含めたファッションアイテム全般が購入できます。日本語サイトがあります。

参考:SSENSE日本語公式サイト

アウトレットコーナーもある「RAFFAELLO NETWORK」

こちらも、日本語サイトがあります。アウトレットコーナーが設けられていて、お買い得商品を探すこともできます。キッズファッションのコーナーもあり、サングラス、香水、iPhoneケースなども扱っています。

参考:RAFFAELLO NETWORK公式サイト

まとめ

スニーカーの輸入関税を中心に解説してきました。特別に関税率が高い革靴ほどではないにせよ、スニーカーも比較的関税率が高い物品です。

知らずに購入すると思わぬ出費を強いられることもあり得るので、この記事を参考にして、スニーカーの輸入にかかる税金について把握してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!