物販

STORES.jpの実際の評判は?競合するサービスについてもご紹介!

フリマアプリなどが普及して、個人で物を売り買いする人が増えていますよね。それに伴い、ショップ運営のプラットフォームが次々と登場し、誰でも気軽にネット上で自分のお店を持つことができるようになってきました。

そんな数あるサービスの中で、最近人気を集めているのが「STORES.jp」です。

そこでこの記事では、「STORES.jp」の魅力や評判などについてまとめました。類似するサービスについてもご紹介しますので、どのサービスを利用しようか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

STORES.jpとは?

STORES.jpは、本格的なネットショップを簡単に作ることができるサービスを提供しているサイトです。洋服やアクセサリー、雑貨、食料品など、STORES.jpを利用するネットショップのジャンルは多岐にわたっています。

専門知識や技術がなくてもオリジナルのショップを作ることができる手軽さや、シンプルな操作性が支持され、毎月1万店もの新しいショップがSTORES.jpから誕生しています。

参考:STORES.jp

STORES.jpの主な機能

ネットショップの運営に必要な機能は一通りそろっているため、すぐにでも自分だけのお店を始めることができます。

主な機能としては、

・ショップデザイン機能
・商品登録機能
・販売方法設定機能
・決済手段設定機能
・集客機能
・顧客対応機能
・データ分析機能

などが挙げられます。

STORES.jpの利用料金

STORES.jpには、2種類の料金プランがあります。

【フリープラン】

月額費用0円
決済手数料5%

【スタンダードプラン】

月額費用1,980円
決済手数料3.6%

まずはお試しで利用してみたい人や不定期利用の人にはフリープランが、毎月20万円以上の売上が見込める人や機能をより充実させたい人にはスタンダードプランがおすすめです。

スタンダードプランの特徴

スタンダードプランに申し込めば、STORES.jpの全ての機能が使えるようになります。スタンダードプランでのみ使える機能は、次の通りです。

・独自ドメイン利用
・アクセス解析
・サービスロゴ非表示
・代引き支払い
・AmazonPay決済
・決済手段のカスタマイズ

また、月額料金をクレジットカードで支払う場合は、初月料金無料となります。さらに、半年分もしくは1年分の料金をまとめて払うと、料金の割引を受けることができます。

半年分一括10%OFF(1,782円/月、10,692円/6ヶ月)
1年分一括20%OFF(1,584円/月、19,008円/年)

STORES.jpの4つの便利機能

STORES.jpには、ネットショップの運営に役立つ便利な機能が満載です。その中から4つをピックアップしてご紹介します。

1.メルマガやクーポンの発行

商品を購入してくれたお客さまやショップのフォロワーに向けて、定期的に新商品情報やお得なセール情報などを送信できます。コンスタントにお客さまとの接点を持つことで、リピーターが増えたり、ショップの認知度が上がったり、訪問頻度が増えたりして、結果的に売上アップにつながる可能性が高まります。

送信する際には、

・購入者+フォロワー
・購入者(購入回数1回)
・購入者(1ヶ月以内に購入)
・購入者(リピーター)
・フォロワー(未購入)

などのカテゴリーごとに絞り込みができるので、よりターゲットに焦点を当てた情報発信が可能です。

また、割引クーポンや値引きクーポン、送料無料クーポンを発行することもできます。いずれのクーポンも、クーポン発行画面で割引率や値引額を入力するだけなので、とても簡単です。

2.予約販売

予約販売とは、商品入荷前にあらかじめ購入の申し込みを受け付け、申込者にだけ商品を販売することです。ショップにとっては、商品発売前に販売数量を確定させた上で必要な分だけ仕入れることができるので、無駄な在庫を抱えずに済むメリットがあります。

利用方法も簡単で、商品登録の際に発売時期を登録するだけです。

3.まとめ販売

まとめ販売とは、商品を複数購入してくれたお客さまに対して割引する仕組みのことです。STORES.jpのまとめ販売には、「まとめて割」と「セット割」の2種類があります。

【まとめて割】
同じ商品を複数まとめて購入した場合に適用される割引です。例えば、「ワインを2本同時購入すると15%割引」のように使います。

【セット割】
対象商品の中から異なる商品を組み合わせて購入した場合に適用されます。例えば、「ワイン1本とチーズを同時購入すると10%割引」のような使い方をします。

商品登録し、必要な情報を入力すればすぐに設定完了です。

4.電子チケット販売

電子チケットとは、スマートフォンが入場チケットになる新しいサービスで、ライブや演劇、イベントなどの場で活用されています。

開催日時や場所、オリジナルチケットのデザインなどの必要事項を入力するだけで、商品登録は完了。チケットの販売数や利用状況の把握も簡単です。

STORES.jpでは、チケットを0円で登録、販売することも可能なので、無料イベントの参加者を事前に把握する際にも活用できます。

STORES.jpの評判

STORES.jpの利用者数が着実に伸びていることから人気の高さは伺えますが、やはり実際に利用している人の声を知りたいもの。

そこで、STORES.jpの良い評判と悪い評判を集めました。

【良い評判】決済手段が豊富

STORES.jpで利用可能な決済方法は9種類です。

・クレジットカード
・銀行振込
・コンビニ決済
・翌月後払い
・PayPal
・キャリア決済
・楽天ペイ
・代金引換
・Amazon Pay

これは、競合サービスと比べても多いと言えます。

決済手段のバリエーションが多いということは、お客さまが希望する決済方法で決済できるということ。そうなると購入につながりやすくなるので、ここは非常に重要なポイントです。

ただし、利用にあたっては審査が必要なものや、有料プランへの申し込みが必要なものもありますので、ご注意ください。

【良い評判】決済手数料が安い

売上が少ないうちは決済手数料も少額なので、あまり気にならないかもしれませんが、お店が軌道に乗るにつれて手数料額も増えるため、大きな負担となってきます。せっかくの売上が手数料に消えてしまっては、これまでの苦労も水の泡。効率の良いショップ経営のためには、手数料の安さは見逃せません。

STORES.jpなら、決済手数料がフリープランで5%、スタンダードプランで3.6%。スタンダードプランは月々1,980円の月額料金がかかりますが、月額10,000円ほどのサービスと比べても同等の手数料となっています。

トータルのコストで考えると、いかにSTORES.jpがお得なサービスかがわかりますね。

【良い評判】安いのに充実の機能

STORES.jpは月額無料でありながら、商品を上限なく登録できたり、Googleアナリティクスでアクセス分析ができたりと、他社の有料サービスに引けを取らない機能を備えています。

有料のスタンダードプランなら、わずかな負担で、機能をさらに充実させることが可能です。

便利な機能を活用して効率を上げつつ、可能な限り無駄なコストは削りたいというショップオーナーにとって、STORES.jpは強い味方になってくれますよ。

【悪い評判】電話でのサポートがない

システムトラブルなどが発生すると販売機会を逃しかねないため、できるだけ迅速に対応する必要があります。そんな不測の事態に、専門スタッフによるサポートが受けられるかどうかは、サービス選びの重要なポイントです。

そんな中、STORES.jpにはメールでのサポート体制はあるものの、電話によるサポートがありません。そのため、どうしても電話でのサポートが必要という場合は、他のネットショップ作成ツールを検討せざるを得ません。

他のネットショップ作成サービス4選

STORES.jp以外にも、ネットショップを作成できるサービスは固定費無料/有料問わずたくさんあります。その中から、おすすめの4つのサービスをご紹介します。

1.【固定費無料】BASE

BASEも、固定費無料でネットショップを立ち上げることができるサービス。無料サービスの中では、STORES.jpと人気を二分する存在と言えます。

STORES.jpと比べると、手数料や決済方法に多少の違いはありますが、主な機能はほぼ同じです。

大きな違いは、BASEなら、渋谷マルイの1階に設けられたBASE専用スペースに、販売手数料15%を負担するだけでリアルショップを出店することができる点です。流行の発信地である渋谷で、リスクなくリアルショップ運営にチャレンジできるのは、非常に大きな魅力です。

また、BASEには600万人以上が利用する専用ショッピングアプリがあるので、集客の面ではSTORES.jpよりも有利と言えます。

参考:BASE

2.【固定費無料/有料】イージーマイショップ

イージーマイショップは、ネーム入れやオリジナルグッズ制作などのオーダーメイド販売を得意とするサービスです。Yahoo!ショッピングやGoogleショッピングと連携できるため、高い集客力が期待できます。

イージーマイショップには、機能は限定されるものの気軽に利用できる無料プランと、使える機能やディスク容量が多い有料プランの「スタンダード」と「プロフェッショナル」があります。

スタンダードプランはディスク容量3GB、初期費用3,000円、月額費用2,700円。プロフェッショナルプランはディスク容量10GB、初期費用3,000円、月額費用5,400円となっています。ちなみに、無料プランのディスク容量は0.1GBです。

無料プランから有料プランへはいつでもアップグレードできるので、無料プランから始め、軌道に乗ったら有料プランへ変更という使い方をおすすめします。

参考:イージーマイショップ

3.【固定費有料】カラーミーショップ

カラーミーショップは、国内最大級のネットショップ作成サービスです。これまでに、個人、法人問わず40,000店舗に導入されています。

その魅力は、コストを抑えて利益率を高く維持できる点とサポート体制の充実にあります。固定費が安いことに加え、販売手数料が0円なので、売れた分だけ利益として手元に残すことが可能です。また、ショップ開設や集客対策などの運営にまつわる困りごとを、電話やメールでサポートしてもらうこともできます。

料金プランは、「エコノミー」「レギュラー」「ラージ」の3種類。初期費用3,000円、月額費用834円から利用可能です。契約期間は最低3ヶ月からとなっていますので、本契約前に30日間の無料体験を利用して、サービス内容を吟味しましょう。

参考:カラーミーショップ

4.【固定費有料】MakeShop

MakeShopは、導入実績22,000店舗を誇るネットショップ構築サービスです。初期費用と月額費用は必要ですが、販売手数料が基本0円なので、売上が増えた分だけ利益も増える仕組みになっています。

MakeShopには、ネットショップの立ち上げから運営、管理に役立つ機能が651個も備わっており、その数はネットショップ構築サービスのなかでトップ。ネットショップ初心者からベテランオーナーまで、あらゆる期待に応えられるサービスとなっています。

初期費用と月額費用はそれぞれ10,000円から。気になる人は、まずは15日間の無料体験でその使い勝手を確かめてみましょう。

参考:MakeShop

STORES.jpとBASEを徹底比較!

先ほど紹介したネットショップ作成サービスの中でも、STORES.jpとBASEは特にサービス内容が似ています。そのため、どちらを導入すれば良いか、多くの人が迷いがちです。

そこで、選択のヒントとなるよう、両社の月額費用無料のプランを4つのポイントから比較していきます。

1.手数料

STORES.jpもBASEも、決済手数料と振込手数料、振込金額によっては事務手数料が必要です。また、BASEのみサービス手数料が加算されます。両社の手数料は以下のとおりです。

【STORES.jp】

決済手数料5%
サービス利用料0円
振込手数料275円
事務手数料275円(入金額が10,000円未満の場合)

【BASE】

決済手数料3.6%+40円
サービス利用料3%
振込手数料250円
事務手数料500円(入金額が20,000円未満の場合)

例えば、50,000円分の商品が売れた場合の手数料とその内訳は次のようになります。

STORES.jpの手数料=2,775円
(内訳)決済手数料50,000×5%=2,500円
サービス利用料0円
振込手数料275円
事務手数料0円
BASEの手数料=3,340円
(内訳)決済手数料50,000×3.6%+40=1,840円
サービス利用料50,000×3%=1,500円
振込手数料250円
事務手数料0円

手数料は、STORES.jpの方が安く抑えられます。

2.集客力

STORES.jpとBASE、どちらにもInstagramと連携できる機能があります。

これは、Instagramへの投稿にショップで取り扱う商品をタグ付けし、自動連携できるようにする機能です。1日1回連携されるため、ショップページで入力した商品情報をInstagramにも自動的に反映させることができます。

Instagramのユーザーに対してショップや商品をアピールでき、商品写真から直接購入ページへ誘導できるため、集客力アップに有効な手段だと言えますね。

また、STORES.jpはファッションコーディネートアプリWEARやnote for shoppingとも連携しています。一方のBASEも、WEARには対応していないものの、note for shoppingとは連携しており、かつ600万人が利用する独自のショッピングアプリがあります。

よって、集客力については両者互角です。

3.機能

基本的な機能についてはどちらもほぼ変わりませんが、異なる点がいくつかあります。

例えば、

機能STORES.jpBASE
まとめ販売OKNG
再入荷通知OKNG
HTMLの編集NGOK
独自ドメインNGOK

となっています。

機能面での優劣はありませんので、自分に必要な機能が利用できるかどうかで選びましょう。

4.自由度

STORES.jpでは、HTMLやCSSの編集はできません。ショップのデザインは、48種類あるテンプレートを組み合わせて作成することになります。ただし、このテンプレートは全て編集可能です。文字のフォントや色、レイアウトや背景、ショップのロゴなどを、豊富なデザインの中から自由に変更できるので、専門知識がなくてもオリジナルのショップページができ上がります。

一方のBASEも、豊富なデザインテンプレートとカスタマイズ機能がそろっています。それに加え、HTMLやCSSを使った編集にも対応しているので、専門知識があるなら、BASEの方がより自由度が高いデザインが可能です。

プログラミングの専門知識がある人はBASE、ない人は好みのテンプレートが多い方を選ぶと良いですね。

STORES.jpは、ネットショップ初心者にぴったりなサービス

STORES.jpの人気の裏には、初心者でも簡単に使えるほど操作性が良かったり、低コストなのに機能が充実していたり、決済手段が豊富でお客さまにとっての利便性が高かったりといった、いくつもの理由がありました。実際に利用しているショップオーナーから高評価を集めているのもうなずけます。

できるだけ初期投資を抑えて開業したいネットショップ初心者にとって、STORES.jpはうってつけのサービスだと言えます。ぜひ、あなたもSTORES.jpを利用してネットショップを始めてみてください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。