物販

スマホを転売する場合はロムに注意!スマホ転売の違法性と注意点

スマホ・携帯端末は、個人転売で儲かりやすいジャンルの1つです。
しかし、ある程度の専門知識が必要になります。
また、扱う端末や仕入れ方法を間違えると違法となる場合があるため注意が必要です。

今回は、スマホを転売する上での注意点と、転売におすすめの端末や仕入先を紹介します。

白ロム転売とは?

スマホ転売について調べると、必ず「白ロム転売」というワードが出てきます。
これは白ロムのスマホ端末を転売することを言います。

白ロムとは?

白ロムとは、SIMカードが抜かれたスマホ端末のことです。

スマホには通話やデータ通信をするためのSIMカードが挿入されています。
これがないとサイトの閲覧も通話もできません。

白ロム端末は2種類に大別できます。

1つは最初からSIMフリーで購入した端末です。
情報も何も入っていない本当に空っぽの端末です。
新しくSIMカードを挿入すれば、そのまま使用できます。

もう1つはドコモ・au・ソフトバンクなどのキャリアとの契約を解約して、SIMカードを抜いただけの端末です。
3大キャリアで購入した端末には通常SIMロックがかかっています。
これは他の通信会社のSIMカードが使えないようにするための対策です。
SIMロックを解除するには手続きが必要です。
キャリアごとの手続き方法は、以下のリンク先をそれぞれ参照してください。

参考:ドコモのSIMロック解除手続き

参考:auのSIMロック解除手続き

参考:ソフトバンクのSIMロック解除手続き

スマホ端末の種類

スマホ端末には白ロム以外にも「赤ロム」と「黒ロム」があります。

赤ロム端末は、料金の未払いや盗難等を理由に通信会社にロックが掛けられた端末です。
SIMカードを抜いて他社のSIMカードを挿入してもモバイル通信は使えません
巷には白ロムを謳った赤ロム端末が多く出回っています。

黒ロム端末は、契約中のSIMカードが入っているスマホです。
誰でも利用可能ですが、契約者の個人情報が入っています
これを売る人はいないでしょう。

スマホ転売では、基本的に白ロム端末を売ります。
というか、白ロムでなければ売れないと思ってください。

売れ筋の白ロム端末

最も需要が高いスマホはiPhoneシリーズです。
iPhoneはどのモデルも人気です。
最新モデルが人気なのはもちろんですが、最新機種が高すぎて買えないからiPhone7やiPhone8など少し前のモデルを買うという人もたくさんいます。

ただ、iPhoneは転売しているライバルが非常に多いため差別化が欠かせません。
iPhoneを転売している人の多くは本体のみを販売しているため、箱や付属品も全てセットで販売することをおすすめします。

Android端末の中ではZenFoneシリーズがおすすめです。
ZenFoneはSIMフリーのAndroid端末の中では一番人気です。
価格は1万円台から購入できるほど安価であるにもかかわらず、機能性に優れていることが人気の理由です。

白ロム端末の仕入れ先

白ロム端末の仕入れ先には大きく分けて3つあります。

携帯ショップ

ドコモ・au・ソフトバンクの各携帯ショップに行って、普通に契約して仕入れます。

携帯電話は1人の名義で5台まで契約できます。
もっとも、1人で同時に使える端末は2台までなので、契約時は家族を使用者として登録する必要があります。

5台ずつ契約・解約して転売すれば、大きな利益を得ることができます。
ただし、携帯電話を契約して1年以内に解約すると、2年間当該名義での契約ができなくなることが多くなっています。
悪質と判断されると、ブラックリストに載ることもあります。
ブラックリストに入ると契約自体ができなくなってしまうため注意してください。

ネットショップ

ネットショップで仕入れる場合はセール時が狙い目です。
各ネットショップのメルマガに登録しておけばセール情報を見逃すことはないでしょう。
おすすめのネットショップは以下のとおりです。

参考:Amazon

参考:Yahoo!オークション

参考:携帯市場

参考:ecomo

参考:ダイワンテレコム

参考:ムスビー

参考:イオシス

中古品販売店(実店舗)

中古品販売店から仕入れるなら、以下のショップがおすすめです。

  • GEO
  • BOOK OFF
  • HARD OFF
  • 携帯市場(店舗)
  • イオシス(店舗)

実店舗の場合は同じチェーン店でも店舗によって品揃えや価格が微妙に違います。
複数の店舗に足を運んで良い仕入先を見つけてください。

スマホ転売のメリット

スマホ転売には他のジャンルにはないメリットがあります。

需要が大きい

現代ではスマホは生活必需品です。
そのため、スマホの需要がなくなることはありません。

また、スマホは壊れやすい商品でもあることから、1~2年おきに買い換える人が多く、回転の速い商品と言えます。

利益が大きい

スマホは安くても数万円するため、利益率が多少低くても利益の額自体は大きくなります。

特にiPhoneの場合は1台売るだけで数万円の利益を上げることも可能です。

仕入れやすい

中古のスマホ端末を販売しているネットショップや実店舗はたくさんあるため、他の商品に比べると仕入れが簡単です。

スマホ転売のデメリット

しかし、スマホ転売も良いことばかりではありません。
デメリットについても知っておいてください。

検品作業に時間がかかる

中古品を転売する場合は、出品前に必ず検品作業をしなければいけません。
しかも、最低でも以下の項目はチェックしなければならないため、検品作業に時間がかかってしまいます。

  • 画面の割れやヒビの有無
  • 画面の表示確認
  • カメラの動作確認
  • スピーカーの動作確認
  • ライトの動作確認
  • タッチ機能や指紋認証の動作確認
  • 電源やバッテリーの確認

赤ロム・ジャンク品を見極める必要がある

前述のとおり、市場には白ロム端末を謳った赤ロム端末が多く出回っています。
赤ロム端末は売れませんので、間違って赤ロムを仕入れてしまうと確実に赤字になります。

そのため、スマホ転売にはある程度の経験が求められます。

スマホ転売の違法性

スマホ転売は扱う端末や仕入れ方法によっては法に触れる恐れがあります。

黒ロム端末の転売は違法

契約済みの通話可能なスマホ(黒ロム)を他人に販売する行為は、携帯電話不正利用防止法で禁止されています。

ただし、親族に自分が契約したスマホを譲る場合は問題ありません。
親族以外に譲るには、契約している電話会社の許可が必要です。

白ロム端末の転売は合法

通信契約がされておらず通話ができない白ロム端末は転売しても問題ありません。

古物商許可を受けないままの販売は違法

ただし、中古の白ロム端末を仕入れて転売するには古物商許可が必要です。
これは古物(一度消費者の手に渡った物)の仕入れに必要な資格で、許可を取らずに古物を転売すると、古物営業法違反により3年以下の懲役又は100万円以下の罰金が課せられます。

ただし、自分の使わなくなった古い端末を販売する場合は、古物商許可は必要ありません。
なぜなら、古物商許可は古物を転売目的で仕入れる際に必要な資格だからです。

転売目的の契約は詐欺

また、スマホを最初から転売する目的で契約した場合、詐欺罪に該当する恐れがあります。
詐欺罪で有罪になると10年以下の懲役が課せられます。

スマホを仕入れる際の注意点

中古のスマホ端末は市場にたくさん出回っていますが、中には赤ロム端末やジャンク品も多く見られます。
仕入れの際は以下の点にご注意ください。

出品者の評価を確認

ネットで仕入れる場合は、出品者の評価を必ず確認してください。

良い評価の割合が95%を下回る場合は購入を控えたほうが無難です。
また、評価コメントがある場合は、そちらもよく確認しましょう。
良い評価に隠れて、とんでもないトラブルを過去に引き起こしているケースもたまにあります。

動作確認をする

実店舗で仕入れる場合は、必ず購入前に動作確認をしましょう。

  • ボタンの不具合の有無
  • バッテリーの持続時間

くらいは最低でも確認してください。

ネットで仕入れる場合は、動作確認についての記述やレビューをよく確認してください。
分からないことがある場合は出品者に質問しましょう。

仕様・状態の確認

同じ端末でもデータ容量や仕様が微妙に違う端末がよくあります。
機種だけでなく細かい仕様もよく確認してから購入してください。

また、傷や汚れなどのチェックも忘れないようにしましょう。

白ロム確認

また、端末が白ロムであることを必ず確認してください。
分からない場合は店員や出品者に質問してください。

IMEI番号を確認する

携帯端末が白ロムか赤ロムかどうかは、端末のIMEI番号を見れば分かります。

IMEI番号は製造シールや箱に記載されています。

iPhoneの場合はSIMトレイに表示されています。

IMEI番号が分からない場合は、お店の人に聞いてください。
たいていは教えてもらえます。
教えてもらえない場合は赤ロムの可能性が高いので購入を控えましょう。

IMEI番号が分かったら、各キャリアの利用制限に該当するか確認しましょう。

参考:ドコモ ネットワーク利用制限確認

参考:au ネットワーク利用制限確認

参考:ソフトバンク ネットワーク利用制限確認

IMEI番号を入力して確認した結果、
ステータスが

  • 「○」の場合は白ロム端末です。
  • 「△」の場合は現在利用中の端末です。
  • 「×」の場合は制限がかかった赤ロム端末です。購入を控えましょう。

付属品の確認

転売する時は箱や充電ケーブルなどの付属品がある方が高く売れます
購入前に付属品の有無を必ず確認しましょう。

また、窃盗品などの訳あり端末は本体だけであることが多いため、箱や付属品が付いている方が購入者に安心してもらえます。

到着後の検品・動作確認

ネットで購入した場合は、商品到着後すぐに検品と動作確認をしてください。
何か問題があった場合はすぐに返品しましょう。

スマホ転売はハイリスク・ハイリターン

スマホ転売は1台ごとの利益が大きいビジネスですが、市場には赤ロム端末やジャンク品が多く出回っているため、仕入れには注意が必要です。
また、仕入れ方法や扱う端末によっては法に触れる可能性もあります。
十分注意してください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。