物販

Amazonでの出品にFBA倉庫を利用するべき?仕組みからメリット・デメリットまで徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon出品サービスを利用する場合、自己発送とFBAという方法があります。

FBAを利用した場合、Amazonが商品の発送を全て代行してくれるので、仕事を効率化することができます。

それぞれのメリット、デメリットを考慮したうえで、自分にあった方法を選んで販路拡大につなげましょう。

Amazon FBAとは?

AmazonのFBAとは、フルフィルメントby Amazonの頭文字をとった略称です。

FBAとはいったいどういうものなのでしょうか。

ここからは、FBAについて詳しく説明していきます。

FBAの仕組み

そもそも「フルフィルメント」とは、商品の受注から決済に至るまでの業務全般のことを意味します。

具体的には、商品の仕入れ、Amazonへの商品登録、購入者の注文、料金支払い確認後の商品発送という一連の手続きのことです。

このうち、Amazonが商品の注文を受けてから購入者に届くまでの業務を代行するサービスがFBAです。

Amazonが代行してくれる業務内容は以下のとおりです。

・商品保管・管理

・商品の発注

・商品の梱包

・商品の発送

・顧客データの管理

・返品対応

・クレーム対応

・決済

すなわち、出品者がしなければならないことは、仕入れた商品をFBA倉庫に送ることだけです。あとはAmazonが発送から決済、クレーム対応まで全て代行してくれます。

FBAの小口出品サービス

小口出品サービスとは、小規模で販売したい方向けのサービスです。

商品が1点売れるごとに100円の基本成約料と注文成約時に販売手数料がかかります。
(別途カテゴリー成約料がかかる商品もあります。)

基本成約料は、10点売れたら税抜きで1000円、100点売れたら10000円です。

せどりを始めて間もない方は、まずは、小口出品サービスから始めるのがいいでしょう。

FBAの大口出品サービス

大口出品サービスは、売上を最大化したい方向けのサービスです。

基本成約料はかかりませんが、代わりに月額登録料が4900円(税抜き)かかります。

別途販売手数料がかかるのは小口出品サービスの場合と同じです。

商品によってはカテゴリー成約料がかかるもの同様です。

1ヶ月に50点以上の商品を販売する予定の方は、大口出品サービスで登録した方がお得です。
(50点の商品を売り上げた場合、小口なら5000円の基本成約料がかかりますが、大口なら4900円の月額登録料だけで済むからです。)

大口出品サービスの場合、オリジナル商品が出品できたり、大量の商品をまとめて出品登録できたり、データ分析レポートが利用できたりと、いろいろな特典もつきます。

今なら、4900円の登録料が登録完了日から1か月間10円になるキャンペーンも実施しています。(2018年12月31日まで)

いつでも小口から大口、大口から小口へと変更できるので、その月にどのくらい売れるのかを考えながら、月ごとにプランを切り替えることも可能です。

FBAで販売した場合の手数料はどのくらいかかるのか

実際にFBAを利用して販売した場合の手数料を見ていきましょう。

FBAでは初期費用はどのくらいかかるのか

まずは、FBAを利用した場合の初期費用です。

特に初期費用としてAmazonに支払うものはありませんが、仕入れた商品をFBAの倉庫に発送する必要があるので、発送費は掛かります。

小口出品サービスの場合は、商品が売れるまでは手数料は発生しませんから、最初にかかる費用はありません。

もし、商品が売れずに長期間FBA倉庫に預かってもらった場合は保管手数料が発生しますが、これについては後程詳しく説明します。

小口出品サービスを利用すれば、0円から出品を始められます。

FBAで実際にかかる費用

では、実際にFBAを利用した場合の費用を計算していきましょう。

まずは、小口出品サービスに登録して出品したけれども、商品が売れなかった場合です。

Amazonに出品した商品をFBA倉庫に発送したが、1か月間売れなかったケースを想定します。

この場合にかかる費用は、FBA倉庫に発送したときの配送料と、在庫保管手数料です。

在庫保管手数料の目安は、CD1枚で月額2円、DVDでは月額3円程度です。

在庫保管手数料参照

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/external/200612770?language=ja-JP&ref=mpbc_200683190_cont_200612770

大型商品を長期間保管してもらうと、在庫保管手数料が高額になってしまうので注意が必要です。

次に小口出品サービスに登録し、商品が売れた場合です。

「ザ・スパイス・オブ・ライフ」というCDが売れた場合を例に挙げてみます。

これが、Anazonのセラーセントラル内のトランザクション(取引)のページです。

「商品価格合計」・「Amazon手数料」・「合計」となっています。

「商品価格合計」とは、商品の販売価格で、実際に売れた値段です。

「Amazon手数料」とは、Amazonに対して支払う手数料です。

その内訳は以下のとおりです。

販売手数料(15%)  402円(商品によってパーセンテージは変わってきます)

カテゴリー成約料   151円(商品によって金額が変わってきます)

出荷作業手数料    88円

発送重量手数料    58円

基本成約料      108円

FBA手数料合計    807円

この他に、商品がCDなので、在庫保管手数料として月額2円引かれます。

2480円の売上に対して807円ということは、約33%の手数料が掛かっていることになります。

この他に、FBA倉庫への発送費も加えれば、利益はかなり少なくなってしまいます。

これを踏まえて、なるべく安く仕入れ、なるべく高く売る努力をする必要があります。

現在は、FBA手数料が改定され、出荷作業手数料と発送重量手数料に分かれていた配送代行手数料が配送代行手数料に統合され、少し安くなりました。(2018年4月24日改定)

FBA手数料から逆算して利益計算

先程の例でも計算しましたが、FBAで掛かる手数料は、多めに見積もって40%くらいと考えられます。

そのくらいを目安に商品の仕入れを行わないと、赤字になります。

Amazonは便利なサービスを提供しており魅力的な市場ですが、個人でせどりを行っている方が大手販売店と競争するのは大変なため、利益を出すのは難しいかもしれません。

きちんと経費を計算したうえで、どのくらいの金額で売るべきか、どこまで価格を下げても大丈夫なのかを考えながら販売していきましょう。

FBAのメリット

FBAのメリットとしては、

(1)業務を効率化できる

(2)Amazonのブランドを利用できる

(3)商品を高く販売できる

(4)送料が無料になる

(5)決済方法の選択肢が増える

(6)海外発送を代行してもらえるので販路が拡大できる

(7)Amazonプライムの対象になる

などを挙げることができます。細かく見ていきましょう。

業務の効率化とAmazonのブランド力

まず、業務の効率化についてです。

自己発送では、商品の仕入れから発送、クレーム対応に至るまですべて自分一人でしなければなりません。

一人でできる仕事量には限りがあるため、販売件数が増加してくるといずれ限界が来ます。

アルバイトを雇うとなると、人件費がかかります。

その点、FBAを利用すれば以下の点で効率的です。

・FBA倉庫で商品を預かってくれるので、自分の保管スペースが必要なくなる。

・FBAの配送サービスを利用できる。

・FBAが商品管理をしてくれる

このように、保管場所に困ることなく、面倒な発送を代行してくれるので、出品者がしなければならない業務を大幅に削減できます。

また、FBA出品サービスに登録すると、出品した商品が自動的にAmazonプライム対象商品となります。

Amazonプライム対象商品はアマゾンから出荷されるので、購入者は安心して購入できます。

このAmazonのブランド力は大きく、販売数にも大きく関わってきます。

Amazonプライム会員はAmazonで買い物をすることが多く、しかも、プライム対象商品の中から購入する傾向にあります。

すなわち、Amazonプライムの対象商品になることは、販売数を伸ばすにあたっての大きなメリットなのです。

購入者にもお得

商品をAmazonから発送してもらうと、送料が無料となります。

実際は出品者が送料を負担しており、出品者の多くは送料込みで商品代金を設定します。すなわち、実質的には購入者が送料を払っていることになるのですが、購入者は送料無料と記載されている商品の方を好んで購入します

すなわち、FBAで出品した方が、商品は売れ易くなるのです。

さらに、自己発送の商品とFBAの商品とで価格が同じ場合はFBAの商品の方が上位に表示される仕組みになっているので、売れ易くなるという効果もあります。

また、決済の選択肢が多いのは、購入者にとってメリットです。

自己発送の商品は、基本的にはクレジットカード決済のみです。

購入者の中には、クレジットカードを持っていなかったり、持っていても使いたくないという方もいます。

こういう方は、クレジットカード決済では購入してくれません。

FBAであれば、代金引換を利用できるのでクレジットカードを使いたくない方でも購入できるようになり、販売の機会が増加します。

海外発送の代行で販路が広がる

自己発送で商品を海外に発送するとなると、知識が必要なうえに手間もかかります。

購入者が外国人の場合は、クレーム対応なども大変です。

FBAであれば海外発送を代行してくれます。

海外発送が可能になることによって世界中がマーケットになれば、売り上げは確実に伸びるでしょう。

FBAのデメリット

ここからは、FBAのデメリットについてご紹介していきます。

FBAに納品してしまった商品は、コンディションを変更できない

出品した商品をFBA倉庫に発送してしまうと、手元に商品が無いため、商品の状態を把握できなくなります。

保管期間が長期に及んだ場合、商品の状態が最初に記入していたコンディションと変わってしまっている可能性もあります。

FBAに預けた商品のコンディションを確認するには、商品を一旦返戻してもらう必要があります。

これでは、手間と送料が掛かってしまいます。

FBAを利用する場合、期間の経過によっても商品のコンディションがあまり変わらないものを出品した方がいいでしょう。

FBA倉庫が機能しなくなった場合、販売できなくなる

FBAでは、商品をFBA倉庫に預け、商品管理は全てAmazonが行います。

そのため、災害やAmazonのシステムに不具合が起きた場合は、販売が滞ることになります。

このような場合、FBA倉庫からは出荷されなくなるため、自己発送するしかなくなります。

手数料が掛かる

もし、出品した商品が売れなかった場合、自己発送であれば自分の倉庫に保管しておけば済みますが、FBAの場合は在庫保管手数料というものが発生します。

その他、返品があった場合の購入者返品手数料や在庫の処分に必要な商品所有権の放棄手数料などが掛かります。

商品が売れた場合も、必ず配送代行手数料が発生しますし、ラベルの貼付けを代行してもらうと商品ラベル貼付け手数料が掛かります。

このように、FBAを利用することでAmazonというブランド力を利用できるというメリットはありますが、デメリットが無いわけではありません。

赤字になっては意味がありませんので、デメリットも考慮しながら利用するようにしましょう。

FBA倉庫を固定できなくなった?~納品先指定オプションの終了~

Amazonから「納品先指定オプション終了」のメールが届いた方も多いのではないでしょうか。

FBA納品先固定オプションの廃止による影響を受ける方も多いかと思いますので、ここで説明しておきます。

FBA倉庫はどこにあるのか

まず、FBA倉庫は全国のどこにあるのかご存知でしょうか。

できるだけ発送費を安くするために、家から近くにある倉庫に送りたいものです。

FBA倉庫の各住所は以下の通りです。

http://kenpapasedori.click/wp-content/uploads/2016/03/FBA 固定化②.png

任意の倉庫に発送することができるのであれば、自宅からの発送費も明確になり配送料を考えたうえで出品することができるはずですが、現在は、どこに発送するかはFBAの専決事項になってしまったので、FBAの指示に従わざるを得ません。

倉庫によって扱う商品に違いがあるため、仕入れた商品によって送る倉庫が変わってきます。

ファッション以外の小型・標準:小田原FC・堺FC・鳥栖FC・市川FC・多治見FC

ファッション以外の大型    :川島FC・大東FC・鳥栖FC・八千代FC

ファッション商品全般     :川越FC

このように、商品によって倉庫が違うので注意が必要です。

FBA納品先固定オプションとは

FBA納品先固定オプションとは、現在は行われていませんが、FBA発送のオプションでした。

FBAサービスを利用するには、仕入れた商品をFBA倉庫に納品する必要があります。

しかし、倉庫は全国にあり、発送する商品の大きさや倉庫の状況によっても納品先が変わってきます。

その時の状況次第では、同じ商品であっても納品先が鳥栖FCになるときもあれば八千代FCになるときもあります。

納品先が変わると、配送料も変わってきます。

これでは、販売によって利益を出せるのか予想が困難になってしまいますし、出品者としてはできれば近くの倉庫に送って発送料を抑えたいと考えるのが普通です。

そこで、納品先固定オプションというものがありました。

このオプションを選べば納品先を近くの倉庫に固定することができたのです。

納品先を固定できれば、配送料を一定に抑えることができます。

出品者にとって便利なサービスだったので、利用している人も多かったようです。

FBA納品先固定の廃止の決定

ですが、残念なことにFBA納品先固定オプションは無くなりました。

2018年3月27日でオプションの受付が終了となり、2018年5月9日で納品先固定オプションが解除され、それ以降は納品先固定オプションは利用できなくなりました。

現在は、FBA倉庫が商品を納品するたびに、どこの倉庫に納品するのかを決めています。

これによって、今まで近くの倉庫に納品できていた商品が遠くに送られるケースも出てきてしまいます。配送料が変動するため、収支の予想が立てにくくなったという方も多いのではないでしょうか。

FBA納品先固定の廃止によって生じる問題と対策

今回の納品先固定の廃止によって、大きなダメージを受ける方もいらっしゃるかと思います。

納品の際の発送料は、Amazonに出品して利益を上げるにあたって大きなウェイトを占めています。

FBA納品先指定終了のメール

Amazon出品サービスを利用している方に、以下のようなメールが届いたのではないでしょうか。

以前からFBA納品先指定オプションが終了するという噂はありましたが、現実になってしまいました。

どのような問題があるのか

まず、発送料金の問題が出てきます。

今までは納品先が固定していたので、各商品の発送料金を把握することができました。

今後は、予想外に発送料金が掛かったということも起こりえます。

地域によっても差は出てくるでしょうが、発送料金が不明なままだとうことには違いはありません。

今後の対策は

それでは、どうやって発送料金を抑えていけばよいのでしょうか。

ヤマト便を利用する場合、遠方への発送は高くなってしまいます

そこで、FBAパートナーキャリアを使うのがよいでしょう。

倉庫への納品コストシュミレーション

納品先指定オプションが終了してしまったので、納品先として指定されたところに発送する以外にありません。

今後遠方に指定されることもあり得ます。どの程度コストが掛かるのかを試算してみましょう。

納品コストシュミレーション

まず、仮に千葉から近くの市川FCに納品する場合と鳥栖FCに納品する場合を比べてみます。

・ヤマト便の場合

1箱50商品(標準)を120サイズで5箱送る場合はどうでしょうか。

3辺が40cm×40cm×40cmの箱であれば、280をかけて容積換算重量は17.92kgとなります。

それが5箱なので、5倍で89.6kgですので、ヤマト便の場合は100kg以下の料金が当てはまります。

千葉県の千葉市・船橋市以外から100kg以下の荷物を送る場合の送料は、3036円です。

これに納品先指定オプションの代金、50商品×5箱×8円(1商品あたりの単価)で2000円分を加えると、5036円となります。

これが、近くの倉庫に指定した場合のコストです。

仮に、鳥栖FCに送った場合は、千葉県の千葉市・船橋市以外から佐賀県への100kg以下の送料は、6168円です。

これには納品先指定オプションの料金は掛かりませんので、これが鳥栖FCまでのコストです。

差額は、1132円となります。

このコスト増を高いと感じるかどうかは皆さん次第ですが、コストが増えることは確かです。

次にパートナーキャリアの場合も比較してみましょう。

仮に、1箱だけ50商品(標準)を120サイズで送る場合を試算してみます。

市川FCに納品する場合の送料は、851円です。

ここに納品先指定オプションの代金、50商品×8円(1商品あたりの単価)で400円を加えると、1251円です。

これが、近くの倉庫に指定した場合のコストです。

次に、鳥栖FCに送った場合の送料は、987円です。

これには商品指定オプションの料金は掛かりませんので、これがコストになります。

今回は、264円のコスト減となりました。

これを、箱のサイズを160サイズに変えても、若干ですがコスト減となります。

今回の規約変更はパートナーキャリア優遇のための措置と言える

ヤマト便とパートナーキャリアで試算をしてみました。

結果、ヤマト便を使うと指定先オプション解除後に納品先指定オプションの手数料を入れても高くなり、パートナーキャリアを使うと納品先指定オプションの料金を含めると安くなるということがわかりました。

こうなってくると、Amazonがパートナーキャリアの利用を促すために納品先指定オプションを終了させたのではないかと想像したくもなります。

実は納品先指定オプション手数料は掛かっていないのか

納品先指定オプションの説明のページにはこのような記載がされていました。

これによると、納品先指定オプションの手数料が掛かっていない時期があるようです。

この点についてテクニカルサポートへ問い合わせたところ、納品先指定オプション手数料は課金されていなかったとのことでした。

ということは、先程の試算が変わってきます。

先程は納品先指定オプションの手数料を前提に計算していましたので、その分を試算し直してみます。

ヤマト便の場合は、3132円のコスト増となります。

パートナーキャリアの場合は、136円のコスト増となります。

つまり、どちらにしてもコストは増えることになります。

しかし、ヤマト便を使うとかなりのコスト増となりますので、パートナーキャリアを利用した方が、お得であることに変わりはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

FBAの利用には、多くのメリットがあると同時にデメリットもあります。

また、最近の規約変更によって、細かく計算しながら販売をしていかないと利益を出すのも難しくなっているのも事実です。

今回の規約変更で、せどりから手を引いてしまう方も中にはいるでしょう。

Amazonのブランド力を利用できるFBAサービスには大きなメリットがあることは間違いないので、うまく利用しましょう。

その際には、FBA料金シュミレーターの活用も検討してみましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法