【韓国仕入れ】人気サイト8選!メリットや仕入れ方法も解説

ネットビジネスを始める時、海外仕入れと言えばまず中国などが挙がりますが、ファッション系では韓国も強いのです!韓国のファッションは最先端を取り入れていることもあり、日本でも人気が高いですね。韓国からの仕入れを検討している人に知ってもらいたい情報をまとめました。

韓国仕入れのメリットとあわせ、気になる仕入れ方法を学んでいきましょう。仕入れにおすすめの韓国通販サイト8つもあわせてご紹介していきますので、漏れなくチェックしてくださいね。

目次

【韓国仕入れ】韓国の通販サイトにメリットはあるのか

海外仕入れをするのなら、それなりのメリットがないと出来ませんね。国内の仕入れサイトとたいして変わらないなら、無難な国内仕入れにするはずです。韓国仕入れでネットビジネスを軌道に乗せている人たちは、韓国通販サイトのメリットはどこだと感じているのでしょうか。

①仕入れが肝心!安価だから利益を出しやすい

韓国仕入れは、国内仕入れや中国仕入れと比較してもライバルはまだ少なめです。そして、韓国仕入れではファッション系が多いのですが、やはり物価は安いです。仕入れには、次の3つの方法があります。

①受注したら韓国から直送する

②日本にいながらサイトなどで仕入れておいて、受注したら発送する

③現地に直接買い付けに行く

韓国直送は仕入れの手間はありませんが、商品到着までに時間を要します。日本で仕入れれば送料などを考えると割高になります。現地に行くなら様々な商品を見ることが出来る代わりに、渡航費がかかります。それぞれにメリットやデメリットがありますね。

現地に買い付けに行く場合、なるべく渡航費を安くすることが重要になってきます。早期予約割引やお得なツアーなどを利用するなど工夫が必要です。

出来るだけ経費が安く済むように、やはり韓国通販サイトで仕入れる場合が多いようです。

②ライバルが少ないため価格競争が起こりにくい

近年、韓国の商品は人気となりましたが、日本国内の商品と比べれば、まだまだ仕入れ量は多くありません。

つまり、競合が少ないため価格争いが起こりにくいといえます。そのため、より多くの利益が生まれやすいでしょう。

③デザインが多種多様で飽きない

日本の「しまむら」などは、格安でファッション系の商品を手に入れることが出来ますが、必ずと言っていいほど「同じものを持っている人に出くわす」ことがあります。何も言わなくても「それ、しまむらで買った?」と言い当てられることも珍しくないですよね。

ブランド子供服で人気のミキハウスなどでも、デザインが似ていたり、さらには全く同じデザインのものを着ている子に出くわすこともあります。高くても安くても、全国展開しているメーカーだとこうなるのは仕方がありません。

韓国系ファッションのサイトを見たことがある人なら分かると思いますが、本当にデザインが多種多様!日本にはないようなデザインのものも多く、さらにコストパフォーマンスも良いので、多種多様なデザインのものを多くそろえられるというメリットもあります。

④意外なコーディネート法を発見できる

オルチャンメイクやオルチャンファッションなど、韓国と日本では好みが違い、それはコーディネートにも表れています。日本で売るのですから、韓国のあり方は知らなくても良さそうなものですが、やはり海外仕入れの醍醐味でもある「新鮮さ」は間違いなくあると言えます。

日本ではあまりされないようなコーディネートが画面上に並び、それはそれで見ていて楽しいものです。「日本人にもウケるかも」「こうすれば日本人でも取り入れられるかも」など、買い手のことを考えながら商品選びをすることは、ただ売るだけの作業よりも楽しさが増すことでしょう。

⑤距離が近い

韓国は日本のすぐ近くなので、直接現地へ仕入れに行くとして、気楽に行くことが出来る事もポイントです。空港の場所にもよりますが、飛行機で約1~3時間程で現地に行くことが出来ます。

送料も欧米諸外国の製品を仕入れる際よりも安く済ませることが出来ます。しかし、荷物の重量が増えるとそれなりに送料がかかるので注意が必要です。

⑥日本語が通じやすい

直接企業とやりとりして商品を入荷する場合、ネックになるのは言語の壁です。しかし、韓国は高校生の必修科目で第二外国語があり、日本語を選択する人も多いです。

その為、仕入れ用のサイトでも日本語翻訳してあるページなどが多いので言葉の壁を感じることはあまりないでしょう。

【韓国仕入れ】国内で仕入れをする方法を学ぼう

出来ることなら、安心して仕入れが出来る国内仕入れをしたいと思う人が多いと思います。まず「国内仕入れ」をする方法をいくつか学んでいきましょう。

①韓国系を取り扱う仕入れサイトがある!

ネットビジネス初心者や、安心面を重視したい人に向いているのが国内仕入れサイト経由で行う韓国仕入れです。法人に限らず個人事業主などでも登録が出来るサイトもあります。利用するかどうかはさておき、まずは韓国系の仕入れの相場がいくらぐらいなのかのリサーチにも役立つので、登録だけでもしておきましょう。

NETSEA(ネッシー)

登録に審査が要り、月会費が2,000円(税抜)かかるものの、人気の高いスーパーデリバリーもおすすめです。

SUPER DELIVERY(スーパーデリバリー)

②品定めが出来る展示会に足を運ぼう

意外と知られていないのが「展示会」です。韓国系の商品にも展示会の出品はあります。最近ではハードウエアなどの商品も多いようですが、ファッション系の展示会や商談会は以前から頻繁に行われています。

展示会は行う側にも商品のプロモーションなどのメリットがあり、企業や個人事業主相手だと「すでにお客様が存在するショップに自社商品を置くこと」が可能になるので、積極的にプロモーションしてくるはずです。

大韓貿易投資振興公社

JETRO・ジェトロ

常にチェックしておけば、お住まいの近くで開催される展示会の情報を仕入れることができます。

③韓国通販サイトから直接仕入れよう

韓国製品ですから、韓国の通販サイトから仕入れることも視野に入れて考えましょう。特にセール品になると激安で、日本への送料を含めても安く仕入れられることがあります。日本に直送できない場合でも、中国サイト同様「代行業者」が存在しますから、不安がらずに挑戦していきたいですね。

おすすめの韓国通販サイトは後ほど8つご紹介していきます。

【ワンランクアップ】韓国商材を国内で仕入れる方法

韓国商品を国内で仕入れる方法をご紹介しましたが、次は、より良い商品を賢く仕入れられるように、ワンランクアップした方法に挑戦していきます。

①韓国商材を中国から仕入れることも出来る

韓国商品だからと言って、必ずしも韓国から仕入れなければならないわけではありません。日本でもそうですが、コスト削減のために製造を中国や東南アジアに委託している場合も多く、韓国も例外ではありません。

実際、中国から大量仕入れをしたことで、半額以下で購入できたケースもあるくらいです。同じような商品が中国サイトなどで売られていないかチェックしておくことも大事なのですね。

タオバオ

天猫

中国サイトで韓国商品が売られていないかチェックする時は、画像検索が簡単でおすすめです。キャプチャした画像で検索すると、同じ商品があればすぐに見つかります。

画像検索の方法は、無料で在宅中国輸入ビジネス講座の3通目でマスターできます。無料で在宅中国輸入ビジネス講座は、中国輸入の仕入れ方や代行業者の使い方をマスターできる無料メール講座です。中国輸入の初心者の方にお勧めです。

また中国輸入をする時は、代行業者の利用が必要になる大手サイトが多数あります。上で紹介しているタオバオも発送が中国国内のみで、料金の支払いも中国の銀行で口座を作らなければならないサイトです。

国外発送やクレジットカードの引き落としにも対応するサイトもありますが、商品の価格が高く利益が出しにくくなります。

代行業者でおすすめなのは、イーウーパスポートです。イーウーパスポートは、日本品質での検品や日本人社員の常駐など安心して利用できる代行業者です。また利用料は、トータルコストに優れているので利益が出しやすくなります。

参考:無料で在宅中国輸入ビジネス講座を購読する

②オークションで個人から仕入れることも

国内で人気のメルカリやヤフオクなどもそうですが、フリマアプリやオークションサイトでは個人が価格設定をするため、美品が超格安で売られていることもあります。常にリサーチしなければならないし、大きく儲けるのは難しいかも知れませんが、方法の1つに入れておきましょう。

BUYMA

eBay

ヤフオク

メルカリ

韓国系アプリでなくても、韓国系商材は存在します。地道に探してみることですね。

③バイヤーを雇って仕入れに挑戦

ネットビジネス初心者ほど「バイヤーを雇うなんて…」と思いがちです。しかしネットビジネスでは珍しいことではなく、信頼のできるパートナーと契約できれば、この方法が一番成功に近いかも知れません。韓国語なんて分からないし…」と思う人も多いですが、韓国語と日本語が堪能で、この仕事がしたいと考えている人は意外に多いものです。

信頼のできる人からの紹介が一番安心ではありますが、クラウドワークスやランサーズなどで人材を募集している人も多いです。韓国人や中国人に対して苦手意識があった人でも、実際雇うと、よく働いてくれる良いパートナーに出会えることも多いようです。Skypeなどで面接をして、良いパートナーを探しましょう。

参考:クラウドワークス

参考:ランサーズ

現地で仕入れるなら東大門市場

韓国での仕入れ場所と言えば東大門市場は外せません。東大門市場とは卸売り、小売りの商店が立ち並ぶ巨大な問屋市場で、さらに巨大なファッションビルもあり流行の発信地としての一面も持つ有名な観光地です。その東大門市場で仕入れ先としてメジャーな場所を紹介します。

apM PLACE

最新のトレンドファッションの仕入れ先として有名なapM PLACEは、地下2階から地上8階までの10フロアにレディースファッション、靴、アクセサリーや小物等の卸問屋があります。中でも5階から8階まではダイヤモンドフロアと呼ばれ、有名デザイナーたちが出店していることで知られています。

東大門靴卸売市場

およそ1,000店舗の卸売り店と小売店が集まる韓国最大級の靴市場です。A棟からD棟まで4つの建物からなる市場で、あらゆるジャンルの靴がお手ごろな価格で売られています。

【ピックアップ】おすすめ韓国商材6選!

韓国商材は食材から生活雑貨、アパレルまでと幅が広いため、どのようなものを仕入れたら良いか決められない人もいるでしょう。そこで代表的な商材の一例をご紹介します。

①ASMR系のカラフルなお菓子

ASMR系のお菓子とは、咀嚼時に心地のよい音が出るお菓子のことです。ブームは韓国からはじまりましたが、日本でも話題を集めています。個性的でカラフルなので見るだけでも楽しい商品です。販売ページも色彩豊かでポップな印象になるでしょう。

②有名ブランドの韓国限定モデル

韓国正規店でしか販売していない有名ブランドの限定モデルは、日本では仕入れられないためプレミア価格になりやすい商材です。希少性が増すほどに高値になります。思わぬ利益を得られるでしょう。

③K-POPアイドルの韓国限定公式グッズ

K-POPアイドルの公式グッズで、韓国でしか販売されていない限定商品は特に高値になりやすい傾向にあります。

④韓国ブランドのアパレル

日本で根強い人気のある韓国ファッションもおすすめです。アパレルは定番商材のため、仕入れがしやすい点が魅力です。まずは韓国にしかないブランドで利益の出やすいアイテムを見つけましょう。

⑤日本未発売商品

日本でまだ発売されていない商品は、どのような商品でも需要があります。国内で購入することができない内に積極的に仕入れましょう。

⑥ハンドメイドパーツ・素材

アクセサリーやレザーなどハンドメイドする際に使うパーツも、物価の安い韓国で仕入れると安くあがります。

国内のおすすめ仕入れサイト6選!

海外仕入れのメリットはやはり「格安」!しかし国内仕入れサイトのメリットは「海外仕入れよりも割高だけど安心」というところです。やはりリスクが少ないというのは魅力ですね。

個人事業主でも小ロットから手軽に始められる国内仕入れサイトを7つ厳選しましたので、チェックしていきましょう。

①トップセラー

トップセラーの魅力は「ドロップシッピングサイト」ということです。ドロップシッピングサイトとは、在庫を持たずに商品を販売し、受注したら製造元・販売元から直接発送するシステムのサイトのことです。在庫を保管する手間や場所は要らず、何より仕入れ資金を準備しなくても良いので、資金がなかなか用意できない主婦や学生にも挑戦できます。

すでにショップを持っているのなら、トップセラーの商品をどんどん追加するだけですので、とても簡単ですね。ショップ内容を充実させたり、見栄えを良くしたりする意味でも十分役立つこと間違いなしです。

トップセラー

②NETSEA

国内倉庫で検品・出荷をしている国内メーカーを厳選しているので、とても信頼性が高いと言えます。国内の仕入れサイトの中でも最大級だと言われるほど商品数が多く充実しています。3営業日以内の出荷可能メーカー、在庫コントロールが出来ていて在庫不足の心配がないメーカーなど、安心して仕入れが出来るところがメリットです。

ネットで仕入れならNETSEA(ネッシー)

トレンドマーケットや仕入れランキングなど、サイト内も見やすく分かりやすいです。

③BUYON(バイオン)

BUYONは、月額制のオンラインBtoBサイトです。50万点を超えるアイテムを取り揃えており、ソウル二大市場である東大門市場の問屋が7,000店以上出店しています。

海外仕入れの知識があると、とても利用しやすいサービスが展開されており、逆に基礎知識がないと慣れるまでに少し時間がかかりますが、それを抜きにしても利用する価値があるでしょう。

また、韓国のトレンドを配信している「BUYHOW」も運営しており、最新トレンドから現地仕入れをする際のオススメのホテルなども紹介されているので、合わせて利用するとより有用です。

参考:BUYON(バイオン)

④卸の達人

卸の達人は、ドロップシッピング(無在庫転売)に対応しているネットショップです。取り扱っている商品が大きく分けてダイエット、美容、健康、雑貨に限られ出品数もあまり多くはありませんが、無料で会員になることができます。

無在庫で商品を販売できるので在庫を抱えるリスクがありません。ただし取り扱い商品が少ない点では、卸の達人のみで物販を行うことは難しいです。

参考:卸の達人

⑤TOPWHOLE(トップホール)

レディースアパレルに特化している仕入れサイトです。月額費3,300円(税込み)が発生しますが、日本のサイトなので安心して仕入れられます。さらに、商品画像の2次利用が可能、1点から注文可能、最短翌日出荷と、有料会員ならではのメリットがあります。

また、有料会員への登録が必須なため利用にあたってのハードルが高く、ライバルと差をつけることができます。

参考:TOPWHOLE(トップホール)

⑥orosy(オロシー)

orosyは、ネットで話題の商品やクリエイターのクラフト作品が豊富に揃う仕入れサイトです。STORES、BASE、shopifyなどのネットショップサービスとも提携したため、ネットショップ運営者にも利用者が増えています。

仕入れる側のバイヤーは、登録費用や月額費は0円です。完全無料でサービスを利用できるのは嬉しいですね。

生活雑貨やファッション、アウトドア用品、什器・店舗資材といった商品のほか、韓国コスメの取り扱いもあります。韓国商品を取り扱う方はリサーチ対象にしましょう。

参考:orosy オロシー

【韓国通販サイト】仕入れるならこの2つのサイト

韓国系ファッションは、韓流アイドルの影響もありますが、デザインが豊富で華やかな傾向があり、それでいて日本よりも安価なため人気が高いです。その中でもおすすめの2つのサイトをご紹介したいと思います。

①DHOLIC

クーポンや割引制度なども充実していて、買い物が楽しくできます。サイト内で定期的にイベントも行われているので、さらにお得に仕入れることも出来ます。自社オリジナルなど魅力ある商品も多いので、漏れなくチェックしてみましょう。

参考:DHOLIC

②wingsmall

スタイルベリーと比較すると、もう少しカジュアルで、価格も少し安価です。20代くらいの若い女性をターゲットにしているので、比較的若いデザインが多いです。サイトも日本語対応になっていて、日本への直送も可能ですので、仕入れがしやすいというメリットもあります。

参考:wingsmall

【韓国通販サイト】その他おすすめサイト6つ

上記2つの韓国通販サイトは特におすすめですが、それ以外にも仕入れサイトとして候補に残しておきたい6つのサイトを合わせてご紹介していきましょう。

③IM VELY

ファッションも充実していますが、あわせてコスメ系も充実しています。ファッションのみならずコスメの仕入れもしたい人なら超おすすめですね。以前は国内オンワードクローゼットで取り扱いがあったようですが、2017年5月で休止しています。

ファッション系の商品も、独創的なデザインのものもあり、ヒョウ柄など華やかなものも多いです。若い世代をターゲットにしているショップは登録しておいて損はありません。

参考:IM VELY

④11am

カジュアルなものも多いですが、どちらかというとシンプルで落ち着いたデザインが多いイメージですね。シンプルだけど、他の人とは違う!そんなファッションを目指すなら、11amがおすすめです。サイトは日本語にも対応していますので、是非のぞいてみてくださいね。

参考:11am

⑤stylenanda

コスメ系が非常に充実しています。ファッションはどちらかというとカジュアルですね。トゥデイ8%オフやセール品もあって、お買い得品を見逃さないようになっています。水着やアクセサリーなど幅広い商品の取り扱いがあり、サイトを見るだけでもとても楽しめます。

参考:stylenanda

⑥GMarket

GMarketは、韓国コスメ、ファッションを取り扱っているオンラインストアです。日本語、日本円に対応しており、日本でも利用しているユーザーが増えてきています。

送料はかかってしまいますが、国指定で時折送料割引キャンペーンを行うことがあるのでその時を狙って注文すると費用を安く済ませることができます。

参考:GMarket

⑦Qoo10

Qoo10は、eBayが展開しているマーケットプレイス型総合ECモールです。韓国コスメやファッションを幅広く取り揃えており、値段も安価となっています。

2021年には4度、3・6・9・11月に20%メガ割というセールを開催しており、既に3回開催されたためあと1回の開催が予想されており、開催中には安価で商品を仕入れることが出来るでしょう。

参考:Qoo10

⑧Coupang

Coupangは、韓国版Amazonを目指すモール型ECサイトです。実際にAmazonの様に食料品からファッション、家電など様々な商品を取り扱っています。

即日発送のサービスや新規会員に対し、クーポンやポイントを大量に配布するなどキャンペーンを行い利用者を着実に伸ばしています。

ただし、日本語に対応しておらず韓国での銀行口座や電話番号を持っていないと利用することが出来ないため注意が必要です。

上記をもっていないがどうしてもCoupangを利用したい場合は、代理で仕入れをしてもらうしかありません。

参考:Coupang

ここからは韓国商品をネット販売する具体的な方法を解説していきます。

事業計画を立てる

まず初めに売れ筋の商品や市場規模のリサーチなどを行い、そのうえでショップのコンセプトや販売する商品、そしてターゲット層などを決めていきます。

ネットショップを成功させるためには、ビジネスの柱になる部分をしっかりと計画することが重要です。

出店準備

事業計画を立てたら、次は実際にネットショップを運営するために必要な開業手続きや決済システムなどの準備をしていきます。

ネットショップを始めたら、開業一か月以内に納税先の自治体を担当する税務署に開業届を提出します。

販売する商品によっては届け出や販売許可を取得する必要になることがあるので注意しましょう。

ショップのサイトを作る

ネットショップを始めるためにはECサイトを作る必要があるので、ECサイトを自前で作るか依頼費用を払って外注にするか決めましょう。

shop byのような初期費用が掛からないサービスを使うのもおすすめです。

決済方法や送料などを決める

ECサイトができたら、次にクレジットカードや銀行振り込みなどの決済方法と、配送業者の選定をします。配送業者の選定をする際には、まず何社かから見積もりを取って比較して決めるようにしましょう。

送料は全国一律、地域によって送料を変える、送料は無料にするなどがありますので、それぞれのメリットとデメリットを比較検討して決めていきましょう。

難しくなかった!韓国商材を賢く仕入れよう

海外仕入れと言えば中国サイトが真っ先に挙がりますが、韓国サイトも魅力たっぷりですね。特にファッション系コスメ系では韓国は強いのです!

迷って躊躇しているくらいなら出来ることから始めませんか?「何でもっと早く始めなかったのだろう」と後悔するくらい楽しいかも知れません。韓国通販サイトで仕入れて、楽しく、そして確実に儲けましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次