物販

アメリカAmazonに出品して効率的に儲ける方法と注意点についてご紹介

日本の商品の海外での転売は、高い利益が上げられる一方で、多くの部分で外国語対応を求められたり、国際配達の手間がかかったりします。

しかし、Amazonを利用することで、海外転売は簡単になります。海外の取引先とのやり取りもなく、Amazonへの問い合わせも日本語で可能です。また、海外のAmazonサイトは日本のAmazonサイトと仕様が同じなので、操作が簡単です。特にアメリカ版Amazonは日本の商品の人気が高く、初心者でも結果を残すことができます。

今回はアメリカ版Amazon転売の特徴と注意点を解説します。

『アメリカ版Amazon』に関する基本知識

まずは『アメリカ版Amazon』について説明します。

Amazonとは?

Amazonは世界最大級のECサイトであり、多くの日本人にも知られています。モノの購入を考える時に利用する方も多いと思います。Amazonで購入すれば大丈夫だろうと考える方も少なくありません。

また、Amazonで日本の商品を転売することは、現在、日常的に行われています。

では、どのように転売がなされているのでしょうか。難しく考える方もいるかもしれませんが、そこまで大変ではありません。

アメリカ版Amazon輸出は初心者でも取り組みやすい

アメリカ版Amazonは、結果を出しやすいプラットフォームです。全くの初心者でも、しっかり結果を出せるチャンスがあります。

出品の仕方がとても容易であり、既に実績があれば、短時間で商品登録可能です。

そして、在庫不要で販売できます。準備資金なしで大量出品が可能ですので、売れた物のみ仕入れを行えばいいのです。

また、このプラットフォームは商品カタログ毎にランキングがあります。今の売れ筋が分かるので、仕入れる物の判断がしやすいです。

そして、外注化も可能です。複数のアカウントを保有し、在庫管理や価格設定、注文申請などの細かな権限設定が可能です。外注先に権限付与を行うことで作業分担ができ、効率的に稼ぐことができるので、必要に応じて外注を活用しましょう

取り組みやすいが故にデメリットもある

アメリカ版Amazonは参入者も多いため、簡単に入手可能な商品だと、すぐに真似されてしまいます。誰でも仕入れることができる商品を扱うと、ライバルが多くなります。

また、出品が簡単であるため、価格競争が激しいです。誰かが価格を下げると、その価格に引っ張られて値崩れを起こします。価格改定ツールで自動的に値下げするユーザーもいます。

商品やブランドによっては、販売許可を得ているセラーのみしか出品出来ないこともあります。

そして、Amazon自体が販売者でもあり、売れ筋をいちばん知っているのはAmazonですので、Amazonは最強のセラーでもあります。

輸出転売で儲かる商品リサーチ

ここからは多くの方ができるリサーチ手法を2つ紹介します。

アメリカ版Amazonから検索

1つ目は、アメリカ版Amazonで日本製品を検索する方法です。アメリカ版AmazonHPにアクセスしましょう。

検索フォームに「Japan import」と入力・検索すると、日本からの輸入品が一覧表示されます。


詳細検索すれば、カテゴリごとの人気商品が分かります。お目当ての商品がヒットしない場合もあるので、いろいろと検索をかけてみて、売れ筋商品を探してみましょう。

参考:Amazon.com

JANコードで良品を見つけよう

2つ目は、日本で安価で仕入可能な商品を見つけ、その人気度をアメリカ版Amazonで調べる方法です。

日本で良品を見つけたら、その商品のJANコードを調べます。
(JANコード:世界共通の商品識別番号。通常はバーコード部分に記載)

これをアメリカ版Amazonで検索すると、その商品の売れ筋動向が分かります。

調査には時間を要しますが、確実に調べられます。

アメリカ版Amazonで人気の日本製品7選

ここでは、アメリカ版Amazonで人気の日本製品を7つ紹介します。なお、『記事作成時点での人気商品』ですので、実際の人気度はみなさんの目で確かめてみてください。

◆カリタ コーヒーフィルター ウェーブシリーズ

汎用性のあるウェーブドリッパー専用ろ紙です。

◆パイロット 万年筆

パイロット製の商品は好評価で人気も高いです。

◆FUJIFILM インスタントカメラ チェキ ハローキティ

富士フィルムはアメリカ版Amazonで最も売上が高い企業の1つです。中でもインスタントカメラ・チェキのキティちゃんモデルは大人気です。

◆めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

40℃の心地よい蒸気が10分間目を包み込みます。海外にお土産として持っていくと、とても喜ばれる商品です。人気商品はラベンダーやカモミールジンジャーの香りです。

◆角利 ミニ鉋(かんな)

日本製の大工道具は外国人の間で人気です。特に鉋が人気です。

◆ご飯土鍋 伊賀風

伝統工芸品も好評で、特にお米好きの人には土鍋が人気です。

◆ジグソーパズル となりのトトロ トトロの森便り

キャラクター関連商品も人気です。特に、ジブリ作品関連グッズは売れ筋です。

アメリカ版Amazonへの出店準備

ここからは米国サイト上での作業になります。英語を読み進めながらの登録作業となりますが、英語に不安がある方はグーグル翻訳等を活用しながら、必要項目を入力しましょう。

セラー情報の登録

下記URLからアメリカ版Amazonにアクセスしてください。

インターネットでの検索時は、「Amazon.com」と入れてください。
Amazonの米国サイトが開きます。

スクロールし、「Sell products on Amazon」というボタンをクリック。

以前は大口出品(Professional Seller)か小口出品(Individual Seller)かを選びましたが、現在は登録時に自動的に大口販売が選択され、登録完了後小口出品への変更が可能です。ここは日本のサイトでも同様の内容があると思いますので分かる方も多いでしょう。

大口出品は月額手数料がかかります。しかし、売り上げが少なかった場合、手数料返金を受けられる裏技もあります。また、国ごとの販売アカウントを紐づければ、月額手数料の支払いは1箇所で済みます。

次に、「Create your Amazon Account」をクリックします。

すると、アカウント情報を入力する欄になります。

これは米国サイト上での登録なので、ここから先の入力はすべて英語(アルファベット)で行います。

Your Name(氏名):田中次郎⇒Jiro Tanaka
Email Address(メールアドレス):連絡可能なアドレス
Password(パスワード):自由に設定
Re-enter Password(パスワード再入力)

注意!!
複数回、氏名や住所の入力を求められますが、すべて一致しなければなりません!
一貫性のある入力かどうかがチェックされています。

次はビジネスの場所と種類を選択します。

今回は個人での販売なので「None,I am an individual」を選択します。

次に進むと、住所情報などの入力画面になります。

本人確認書類として認められる書類は、以下のうち1つです。

・運転免許証
・パスポート
・戸籍謄本

 

 

電話番号の認証では、日本の国番号「+81」を組み合わせます。最初の0を+81にすれば大丈夫です。例えば、東京03なら『+813』です。電話番号認証は日本語での対応となります。画面上の『Phone number for verification』という部分に入力します。

クレジットカード情報の入力です。

自分のクレジットカード情報を入力します。

参考:Amazon.com

 

ストアと製品情報

次は店名の入力と製品情報について回答します。

こちらは販売アカウントには影響しませんので、何も気にせずに回答して問題ありません。

 

本人確認手続き+ビデオ面談

最近はAmazon側の本人確認手続きが厳しくなっています。

 

このように今まで入力してきた情報が表示されます。

次に、選択した本人確認書類のアップロードをします。

 

さらに、以下の追加書類のうち1つを求められます。

・銀行口座の証明書
・クレジットカードの証明書

銀行口座の証明書がオススメです。
※銀行口座の証明書が求められたというご相談を受けることが多いからです。

注意!!
氏名や住所情報は入力済情報と必ず一致させてください!

また、口座証明書は原本もしくはそのコピーを提出しましょう。提出完了後、Amazon側の審査が始まります。最大2日間要しますのでこの間は待ちです。

現在は本人確認のビデオ面談もあります。Amazon担当者から直接メールがあるので、日程を調整しましょう。面談は日本人スタッフが行います。

2段階認証手続き

2日後に再度Amazonのセラーアカウントにログインしましょう。

審査を通過すれば、次は2段階認証の設定画面になります。

2段階認証は必ず行いましょう。

アカウント登録などの注意点

アカウント登録時の注意点について説明します。

まとまった販売を見込むなら大口出品

毎月40品以上の販売をする方は大口出品がお得です。

大口出品と小口出品の手数料は以下の通りです。

大口出品:月額$39.99+販売手数料
小口出品:1品あたり$0.99+販売手数料

販売手数料は商品種類によって決められています。例えば、カメラだと8%、パソコンだと6%かかります。

日本国外の銀行の法人口座が必要

アメリカでは、事業売上を個人口座で受け取ることができません(クレジットカードは国内で使用中のもので可)。

そのため、国外で法人口座が必要となります。レンタル法人口座を保有する方も多いので、こちらも検討してみてください。

Amazonにおける出品禁止商品がある

Amazonには、そもそも出品が許可されていない商品も存在します。例えば、違法商品やAmazon規約に合致しない商品が挙げられます。

そのような商品を出品すると、罰則(出品停止やアカウント削除)が発生しますので、事前に出品禁止商品ではないことを確認するようにしましょう。

アメリカ版Amazon出品にかかる費用

大口出品する場合、月額$39.99(税抜)に加えて販売手数料が別途かかります(価格は素材によって変化)。コスト計算時には注意しましょう。

販売手数料は概ね10%以上と考えてください。電子機器商品やカメラ、パソコン・周辺機器は10%以下の手数料で済みます。

アメリカ版Amazonで売れない日本製品の特徴

日本製品は海外で高い人気を有していますが、販売が難しい商品もあります。ここではその3つを説明していきます。これも参考にしてください。

大型家電・精密機械

大型家電商品や精密機械は、送料が高額になりやすく、途中で壊れてしまうリスクもあるため、輸出転売と相性が悪いです。

日本らしさがない

海外の日本に対するイメージは「高性能」「丈夫」「和の文化」「アニメ・漫画」などです。これらのイメージに合わなければ、販売は難しいです。

海外の方々の日本のイメージに合致する商品を、いかに見つけてくるかが大事です。

価格が高い

高品質でも高額になると販売は難しいです。実際、日本の家電メーカーに対する評判は良いのですが、高すぎて手が出ないという人が多いです。

品質と価格のバランスが非常に重要になります。同様の商品の売れ行きは、常にチェックしておきましょう。

まとめ

輸出転売は、初心者でも結果を出しやすい手法の一つです。中でもアメリカ版Amazonは稼ぎやすい市場です。実際やってみるにあたり、いろいろを確認しなければならないことや注意するべき点がありますが、輸出転売を考えている方はぜひアメリカ版Amazonをご利用ください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?