自分で作った野菜を売るのに許可は必要?その疑問にお答えします!

家庭菜園を趣味で始める方は多くいますが、作った野菜をお金に変えることができたら、生活に余裕ができるだけでなく、副収入で野菜作りをさらに発展させていくことも夢ではありません。

では、野菜をお金に変えるにはどうすればよいのでしょう? 真っ先に思い浮かぶのが「野菜の販売」ではないでしょうか? しかし、野菜を販売するには、売り方や許可などについての知識を身につけておく必要があります。

そこで、この記事では、家庭菜園で作った野菜の売り方や、販売するのに必要な許可について紹介しようと思います。

目次

野菜を販売するのに許可は必要?

まずは、育てた野菜を販売する上で必要な許可の有無や注意点などについて解説します。

農産物の販売について

野菜や果物を販売する場合、基本的には許可を取る必要はありません。ネット通販で販売する場合も同様です。思い立ったらすぐに販売することが可能です。

「有機野菜」の販売には認証が必要

ただし、農薬を使わない有機栽培で育てた野菜を認証なしに「有機野菜」として販売することは、法律で禁止されています(有機食品の検査認証制度)。

「有機野菜」や「オーガニック」として販売したい場合は、有機食品としてJASが認めている方法で生産するか認証機関の検査を受ける必要があります

「加工品」の販売には許可が必要

ジャムやジュースに加工すると販売価格が大きくアップしますし、さらには独自のブランド品として販売できるので魅力的です。ただし、加工品を販売する場合は、自治体の許可が必要な点には注意しましょう。こちらも許可なしで販売した場合は違法となります。

「仕入れた食品(包装済み)」の販売には許可が不要

他の人が作った既製品のジャムなどを仕入れて販売する際、すでに包装された食品で常温で長期保存ができ、かつ食品衛生上問題がない食品の場合は、許可は不要です。食品衛生法の改正にともない2021年(令和3年)6月1日から新たな営業許可制度になり、許可が必要な業種、届出が必要な業種、届出が必要ない業種(許可も届出も不要な業種)に区分されました。

このうち許可も届出も不要な業種の1つに、「常温で長期間保存しても品質の劣化による食品衛生上の問題がない包装食品や添加物の販売業」があります。

つまり、すでに包装された食品で、常温で長期保存ができ、かつ食品衛生上問題がない食品(例えば包装されたスナック菓子、カップ麺、ペットボトル飲料、缶飲料、密閉されたジャム)は、許可や届出が要らないことになります。しかし、「包装された」というのがどの範囲までなのか、どのような容器包装だと常温保存で問題ないと認められるのかについては、所管する保健所に相談しましょう。

野菜を販売するとき販売許可以外に注意すること

個人で作った野菜を販売するにはいくつかの注意点があります。法律に触れる部分もあるので、特に注意すべき点についてまとめてみました。

店舗の許可

個人の敷地内、個人で作った野菜の販売であれば基本的に許可申請等は必要ありません。しかし、様々なケースで許可の必要性や届け出る事柄が変わってきます。

自分の作った野菜を販売するだけであれば許可などは必要ありませんが、その野菜を加工したものを販売する場合、食品衛生法に則り保健所への販売許可申請や食品衛生責任者などの配置が必要となります。

また、ネットショップの場合野菜の販売のみであれば許可等は必要ありませんが、特定商取引法に基づいた表記の明記が必要です。また、加工したものの販売をする場合、直売所と同じく保健所の許可が必要です。この場合も特定商取引法に基づいた表記を明記しなければならず、さらに容器詰めされたものであればアレルギー表示なども必要となります。

安全性の保証がない

無人販売所のような直売所の場合、売上の持ち去りや野菜の窃盗等の問題が発生する可能性があります。監視カメラや料金箱や商品が簡単に移動することができないよう対策を講じることも必要となります。

通販特有のトラブルなど

ネットショップで取引を行う時、もちろん実店舗での売買とは違い配送という仕事のことも考えなければいけません。

遠方に送ることになれば、品物によっては配送方法も違ってくることになります。その他、配送中に事故が発生する確率もゼロではありません。あらかじめトラブルが起きた際にどういった対応をするか決めておくことで、購入者と多大なトラブルに発展することを防げます。

販売を行う場所や規模

前述の通り、自己所有の敷地内であれば特に許可等は必要ありませんが、特に圃場で販売する場合、直売所の規模によっては農地法や相続税に付随する制度等に注意する必要が出てきます。

基準としては200㎡以上か未満かによって許可の必要性が変わってきますが、200㎡以上になっている場合は農地法に則り、農地の転用にあたるため許可等が必要となります。

圃場に設置する場合でも野菜を陳列する台や棚、テーブルや雨避けの屋根をつけただけの簡単な小屋等であれば特に許可等は必要なく問題ありません。

圃場に床のある直売所を建てる場合、農業用倉庫としてみなされる場合もあるので、事前に地方自治体へ問い合わせるとスムーズに直売所の設置を行えるでしょう。

家庭菜園で育てた野菜を販売する

育てた野菜を販売するのは農家に限ったことではありません。家庭菜園で育てた野菜もお金に変えることが可能です。そうは言っても、野菜を販売したことがない人にしてみれば、どこで販売すればよいのかチンプンカンプンでしょう。

そこで、ここからは家庭菜園で育てた野菜を販売できる場所についてご紹介していきます。

農協(JA)に出荷する

農業=農協というイメージの方は多数います。実際に一般的に野菜を販売するといえば農協に出荷することです。規格内のものであればすべて買い取ってくれるので在庫が余ることも自分で販路を確保する必要もありません。

書類申請等や機械のメンテナンス、ビニールハウスの設営など時間がとられる事はほとんど農協が手厚くサポートしてくれるので農協に頼りがちですが、販売先は卸売市場となるため、社会情勢の影響をかなり強く受けるので価格が上がり儲ける可能性もありますが、逆に下落によって赤字となる可能性もあります。

道の駅で販売する

道の駅では、個人が作った野菜を販売している場合があります。近くに道の駅があり、届けることが可能であれば利用してみるのも一つの手です。

ただ、道の駅によっては組合などへの加入を求められる場合もあります。まずは事前に問い合わせをして販売が可能かどうか、そして販売するために必要な条件はあるのかといった点について確認しておきましょう

個人で直売する

道の駅や青空市場等の直売所では、個人で販売をしている農家や農場経営者などが多数販売しています。農協等に出荷するよりもかかるお金が減ることでその分利益を上げることができます。

同業者が多数いるので、普通に販売するだけでは既に既存客がついている他者にいきなり勝つことは難しいでしょう。

自分の野菜をわざわざ買ってもらうためには、自分の野菜にしかない個性をセールスポイントとして売り出していくことで、徐々に集客を伸ばしていく戦略的な売り方が必要となります。

無人販売

農家が多い地域では、ロッカー式の無人販売機が置かれているのを見かけることもあるでしょう。野菜の無人販売をするのに許可は不要ですが、道路上で無人販売をする場合は警察の許可が必要です。

また、無人販売の収益は課税対象であることにも注意しましょう。

マルシェ

数年前から野菜を直接消費者に販売する「マルシェ」が人気で、都心などでも毎週開催されています。消費者にとっては、直接生産者の顔を見て野菜を買えるとあって好評です。生産者としても作った野菜の魅力を直接消費者に届けられる点は魅力ですが、マルシェで野菜を売るには出店料がかかります

また、マルシェと似たような販売スタイルとしてフリーマーケットがあります。フリーマーケットなら出店料がマルシェに比べて安く抑えられる点がメリットです。

フリマアプリ

これまで紹介した方法は、始めるのに行動力や資金が必要です。その点、フリマアプリを活用すれば、もっとお手軽に野菜を販売することができます。主要なフリマアプリサービスを紹介します。

【ラクマ】

楽天が運営しているフリマアプリが「ラクマ」です。特徴は楽天スーパーポイントが使用できる点と、6.0%という販売手数料の安さです。楽天会員数は2019年に1億人を突破しているため、アピール次第で大きな集客が期待できます。


参考:ラクマ

【メルカリ】

フリマと言えば真っ先に名前があがるのが「メルカリ」でしょう。手数料は10%とラクマよりは高いものの、知名度の高さからこちらも高い集客率が期待できます。送り先に住所を知らせない匿名配送が可能な点も魅力です。

参考:メルカリ

【ヤフオク!】

ヤフオクはオークションサイトとして有名ですが、フリマサービスも利用できます。ヤフオクも高い知名度があるため、アピールの仕方によっては高い集客率が期待できます。手数料は10%ですが、ヤフープレミアム会員(月額508円)であれば8.8%に抑えられます。


参考:ヤフオク!

ネットショップ

独自の販売サイトを構築したいという方には、ネットショップの立ち上げがおすすめです。「BASE」のようなネットショップを簡単に立ち上げられるサービスもあるため、利用してみるのも良いでしょう。

参考:BASE

フリマアプリの使い方

フリマアプリを利用して野菜を売る方法は非常に簡単です。アプリのインストールと無料会員登録が必要ですが、これは最初だけです。

出品するには「商品(野菜)の写真」「紹介文」の2点が必要です。まずは見やすい写真と、利用者にも分かりやすい紹介文を用意しましょう。慣れてくれば徐々にスキルも上がっていきます。

最後に販売価格を設定して出品すれば、後は商品を気に入った方が現れるのを待つだけです。

購入者が現れ、決済が行われればいよいよ発送です。梱包して配送業者に渡し、購入者が商品を受け取れば代金を受け取ることができます。

フリマアプリを上手に活用するコツ

フリマアプリで上手に売り上げをアップさせるコツを紹介します。

【セット販売】

販売価格の安い商品を細かく分けて売るのはおすすめしません。送料ばかりがかかり、肝心の利益が圧迫されるためです。セットでまとめて売るようにしましょう。

【おすすめ野菜でまとめる】

セット販売と言っても、一種類の野菜に偏らせるのではなく様々な野菜でまとめるようにしましょう。その方が写真映えしますし、野菜を組み合わせて販売すれば、相場が下がった野菜があっても他の野菜の相場次第では販売価格を維持できるからです。

【生産現場を紹介する】

食の安全に対する世間の意識は高まっています。体に害があるような農薬を使用した野菜よりも、高くても安全な有機野菜への注目が高まっています。

スーパーなどでは生産者の顔を表示することで安心感をアピールしていますが、ネットショップでも写真や文章を工夫して具体的に安全性をアピールしていきましょう。

【野菜のカテゴリに入れる】

細かいことですが、「商品カテゴリ」には注意が必要です。野菜を販売しているにもかかわらず「野菜カテゴリ」に入れていないと利用者の検索にヒットしない場合があるため、必ず「野菜カテゴリ」に入れた上で販売するようにしましょう。そうしておかないと集客率を下げてしまう危険性さえあります。

【写真のクオリティ】

ネット販売では写真が非常に重要です。文章で魅力をいくらアピールしても、写真が拙いと説得力がありません。生産過程や野菜の新鮮さが伝わるような写真を揃えるようにしましょう。

【ライバル店をチェック】

売上を上げるには、ライバル店の調査を行うことも重要です。写真や販売価格、アピールポイントなど、参考にできるところは遠慮なく取り入れていきましょう。

トラブルは自己責任

フリマアプリは簡単に商品を販売できて便利ですが、何かトラブルがあった場合でも自己責任になってしまう点には注意が必要です。購入者との間でトラブルが起きた場合は、何が購入者にとって必要なのかを考えて行動することが重要です。リピーターを減らさないためにも、トラブルの対応は慎重かつ丁寧に行いましょう。

農家の方がネット販売を始める場合

農家の方の間でもネット販売への関心は高まっています。育てた野菜を消費者の方にダイレクトに届けたいという思いを持った農家の方が、これまでにネット販売を成功させています。

では、どのようにネット販売をスタートしていくべきなのか、その道筋をご紹介します。

ホームページの開設

農家の方がこれからネット販売を始めるのであれば、ショッピングカートを導入したホームページの開設がおすすめです。

こちらの例ではホームページ内にショッピングカートがあるため、気に入ればすぐに購入手続きへ進むことができるようになっています。

サーバーのレンタル

ホームページを開設するためには、サーバーの利用が欠かせません。ホームページが店舗だとしたらサーバーは店舗を建てるための土地です。自前のサーバーは必要なく、レンタルで十分です。

サーバーは種類が豊富なので、どのサーバーにしようか迷ってしまうかもしれませんが、野菜を販売するだけならレンタル料が安いサーバーから選びましょう。サーバーは掲載するデータ量などで料金が変わります。写真や文章が主ならそれほどデータ量は必要ではありません。

コンセプトを決める

インターネット上に商品を販売できるサイトを持つことがネットショップの目的ですが、お店を繁盛させるには消費者の心に響くコンセプトを決めることが重要です。

コンセプトとは、ネットショップの方向性とも言える部分なので、よく考えて言葉にすることが大事です。農園の魅力や、メインターゲットを踏まえた上で考えてみましょう。そのコンセプトに沿ってネットショップのデザインを決めていくと、お店の魅力が消費者に伝わりやすくもなります。

売りたい商品は何か

ネットショップで野菜を販売するとなると、JAに卸すのとは違い、自分で売り方を考える必要があります。売れるか不安だからと相場よりも安値にしたり、購入しやすいようにと単価が安いものまで単品売りにすると利益を上げることが難しくなります。

まずは魅力を伝えることに注力してください。安売りはいけません。単価が安い商品はセット販売を試してみてください。

セット販売をする場合は、「今が旬のおすすめ野菜セット」や「ワケあり新鮮野菜セット」など、魅力やお得さをアピールすることで利用者の心をつかむ工夫が大事です。

配送方法にも注意

配送方法は、できるだけ低コストで、かつ使い勝手がよいことが重要です。そのためには配送会社と直接契約を結ぶのがおすすめです。毎日の配送個数がある程度あれば配送業者との契約が可能になります。

配送会社の選ぶ祭は、営業所が近くにあり、クール便に対応しているかは必ず確認しておきましょう。

決済方法

ネットショップでは決済方法が豊富に用意されていると集客率やリピート率が高まるという調査結果があります。銀行振込だけでなく、クレジットカード決済や代金引換、コンビニ決済なども用意しておくと良いでしょう。

導入すべき決済方法について、そのメリットとデメリットを簡単に挙げておきます。

【クレジットカード決済】
メリット:決済が簡単でポイントやマイルなどが貯まる
デメリット:持たない方も多い

【銀行振込】
メリット:古くからある方法で、誰でも利用できる
デメリット:ATMに足を運ぶ必要があるなど、手間がかかる

【コンビニ決済】
メリット:コンビニで24時間いつでも決済できる
デメリット:利用方法が浸透していないので、やり方に慣れていない方も多い

【代金引換】
メリット:自宅に商品が届いてから支払いができるので安心
デメリット:商品の受け取りが遅れると決済も遅れる

梱包方法

配送には下記の画像のような梱包材が必要です。事前に揃えておくようにしましょう。

また、100円ショップで手に入る梱包用の袋やクッション材を活用すれば経費の削減に繋がります。このような梱包資材を用いて購入者に送るように心がけましょう。ただし、梱包の仕方が悪く、荷物の中身が破損していたりするとお客さんの心証を害してしまうので、梱包は丁寧に行いましょう。

ネットショップで野菜を販売するメリット

野菜をネットショップで販売するメリットとして、以下の3つが挙げられます。

1.余っている野菜や形不揃いなどの訳あり商品が売れる
2.中間マージンが不要な分、自由に価格を決められる
3.少ないコストではじめられる

1.余っている野菜や形不揃いなどの訳あり商品が売れる

農協などに出荷する場合、規格内の物でなければ買い取ってもらえないため、形が歪な物は売れ残ってしまいます。しかし、ネットショップであれば手軽に作りすぎてしまい余った野菜も販売することができます。

規格外の形が崩れた野菜も訳あり商品として割安で販売して廃棄とならないことでフードロスの問題にも貢献することができ、更には自分の利益にもなります。

2.中間マージンが不要な分、自由に価格を決められる

農協などに野菜を出荷すると、手数料などが発生してしまいその分利益が減ってしまいますが、ネットショップの場合自分で好きな価格を決めて販売することができるので、手数料が必要ない分利益を上げることができます。

他店との競合を考えなければ高単価で販売することも可能であり、逆に安く大量に販売することも可能なので自分の野菜の出来具合などに鑑みて価格を自由に変更することができることが魅力です。

3.少ないコストではじめられる

ネットショップを利用することで様々なメリットがありますが、販路を拡大していくことでコストが増えてしまう問題が発生してしまいます。

その点、ネットショップではサービスによっては初期費用や登録費用などが無料のところもあるため、無料でサービスを利用できる場所を上手く利用することでコストをできるだけ抑えながら販売することができます。

直売所やネット販売など多様な販売ルートを活用して野菜を販売しよう!

現在では、ネットショップを利用することで個人でも全国のお客さん相手に商品を販売できるようになりました。しかも、ネットショップなら育てた野菜を売りたいと思い立ったらすぐに始められる点も魅力です。

直売所で野菜を販売するという方法もあります。自分で育てた野菜が売り場に並び、実際に手にとったお客さんが買ってくれるとなれば、今後のやりがいにもつながることでしょう。

野菜を作って自分と家族だけで消費するのも良いですが、育てた野菜を買ってもらえると野菜作りの楽しみ方が広がります。

ぜひ今回ご紹介した方法を用いて野菜の販売に挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次