物販

Amazon検索で商品が出てこない理由と解決方法を解説!

Amazonで出品したら、あとはいつ注文が入ってくるだろう、とワクワクして待つ人も多いでしょう。しかし、注文がこないどころか試しに検索しても肝心の商品が出てこない、という残念な結果が待っているかもしれません。商品がヒットしないのに売れるという事はほぼありませんので、対処しないと無意味な出品になってしまいます。

商品を無駄にしないためには、検索にヒットしない理由の究明や対処法の理解が欠かせません。そこで今回は、Amazonで検索しても商品が出てこない原因と、正しい解決方法について詳しく解説します。

加えて、Amazonで購入したいアイテムを検索しても出てこない時の対処法についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Amazonの検索キーワードを入れる場所

Amazonの検索順位を決めているのは、すべてAmazon独自のアルゴリズムです。つまりAmazonで自分の売る商品がユーザーの目の留まりやすい上位スペースに表示されるためには、Amazonのアルゴリズムに「ユーザーが必要としている商品はこれだ」と認識させる必要があります。そのために不可欠なのが、ユーザーが商品を探す際に入力すると思われる「検索キーワード」の設定です。そもそも、出品登録の際にあらかじめこの検索キーワードを設定しておかなければ、検索の網にかかることはありえません。

では、この検索キーワードはどこに入力すれば良いのでしょうか。具体的には、「商品名」「検索キーワードボックス」「商品説明」の3か所です。重要度もこの順になりますが、1つずつ解説していきます。

商品名

商品名は、画像と共に必ずどのような場合も必要になる、いわばそのページの「顔」のようなものです。ここに重要なキーワードを余すところなく盛り込みましょう。あまりに長くなり過ぎるとユーザーにとってはうっとおしくなるため、欲張り過ぎも要注意です。

ただ、このキーワードはGoogleなど検索サイトでの検索もターゲットとなるので、とても重要になります。

検索キーワードフィールド

検索キーワードは、「検索キーワードフィールド」に入力していきます。「在庫」タブ「在庫管理」をクリック、次に各商品の右側に表示された「詳細の編集」をクリックして開いたページで、「キーワード」タブをクリックしましょう。すると「検索キーワードボックス」が現れるので、そこに検索キーワードを入力します。

たとえば上記のような「まな板」の場合、「みじん切り」「食べもの」「キッチン」など、ユーザーが検索時に使いそうなキーワードが数多く記載されています。

ただし、検索キーワードの長さは500バイト未満に制限されており、とくにファッションカテゴリーについては250バイト未満という規制があるので注意しましょう。ちなみに、日本語は1文字につき3~4バイトが目安で英数字は1文字につき1バイトです。セラーセントラルの「検索キーワードフィールド」にバイトカウンターが組み込まれているので、そこでチェックが可能ですし、オーバーすれば自動的に入力停止されます。

また、検索キーワードに使ってはいけないワードもかなり細かく決められているので、以下のAmazonのサイトでしっかり確認しておきましょう。

参考:効果的に検索キーワードを使用する

商品説明

商品説明文と商品紹介コンテンツにもキーワードをどんどん盛り込みましょう。両者とも競合の商品との差別化を訴える大事なスペースですから、ユーザーに商品の良さや独自性が伝わるようにキーワードを使って魅力的な文章に仕上げてください。

上の画像が商品紹介コンテンツです。その役割は購入したいと思っているものの、まだどの商品にするか絞り切れていないユーザーを呼び込むことにあります。よって商品の魅力や使い方などを、画像や検索キーワードを使ってわかりやすく説明することが大切です。

挿入画像へのキーワードの設定もできるので、こまめに盛り込みましょう。この商品紹介コンテンツのテキスト量や画像キーワードがGoogleのSEOにも大きく影響するといわれているので、マーケティング上、重視するべきファクターです。

こうしたことはユーザーがGoogleやYahoo!などのポータルサイトで検索したときに、他のECサイトやAmazon内の競合に優先して上位表示されるための大切な仕組み作りです。

なぜ、検索にヒットしない?

検索しても自社商品がヒットしない場合は、大きく2つの原因が考えられます。

具体的には、「検索キーワードが未登録」「商品情報が登録されていないか、在庫がない」場合です。それぞれ詳しく見ていきましょう。

検索キーワード&商品情報の登録と在庫確認を

検索にヒットしないとすれば、まず第一に考えられることは検索キーワード不足です。自分では十分な数を登録していると思っていても、どこか的外れになっているかもしれません。競合や優良ショップの商品名、商品情報内のキーワードの使い方をまねて、再検討してみましょう。

検索にヒットするようになり売上が伸びてくると、さらに検索上位に表示される可能性も増えてきます。また、そもそも在庫がない場合は検索対象から除外されることがあるので、その点もぬかりなく準備しておきましょう。

検索キーワードが反映しているかを確認

検索してもヒットしないときの対処法を述べましたが、それでも大事なメインキーワードをとりこぼしているケースがあります。それを確認する方法をご紹介しましょう。ポイントは、「ASIN」を使用することです。

ASIN+検索キーワードで検索してみる

「ASIN」とはAmazon Standard Identification Numbersの略で、Amazonに登録している商品すべてに個別に紐づけされている10桁の英数字です。つまり、ASINを確認すれば、無数にあるAmazon内の商品からどの商品かを特定できる仕組みになっているのです。

「ASIN キーワード」で検索して目当ての商品が出てくれば、検索キーワードが反映している証拠です。もし出てこないとなれば、検索キーワードを再度登録するなどの対処が必要です。ちなみに、検索ワードは半角スペースを空けて複数つなげて検索することもできます。

商品タイトルをすべて入力して検索することもできるので、ASINを使ったキーワード検索と併用してダブルチェックするのもおすすめです。

ASINが検索できない原因

そもそもASINが検索できず、よって先ほどの「ASIN+検索キーワード」による検索操作ができないことがあります。それには、「親ASINかもしれない」「ブラウズノードが未設定」「出品情報がない」「商品の発売日が明日以降になっている」といった4つの原因が考えられます。ここからは、これらの原因について具体的に解説していきます。

親ASINかもしれない

ASINには、親子関係にある商品が多数あります。典型的な例はアパレル商品です。サイズやカラーに複数のバリエーションがある場合に、最初に親ASINとして商品を登録し、その後、子ASINとしてサイズやカラーを登録していきます。その場合、親ASINは検索結果に反映されません。よってもし検索できないとすれば、親ASINとしては正常な状態のため問題ありません。

ブラウズノードが未設定

ASINが正しく検索されるためには、ASINがブラウズノードに割り当てられている必要があります。ブラウズノードは、スーパーでたとえると陳列棚に当たります。ここに並べなければユーザーは購入できません。

よって、ASINが検索できないときはこの点を確認しましょう。そしてブラウズノードに未設定状態なら、「商品分類ツール」または「ブラウズツリーガイド」を使用して、商品を正しくカテゴライズしましょう。

出品情報がない

ASINを検索するには出品情報が必要なうえ、期限切れでも検索ができなくなるので要注意です。出品情報を追加するには価格、数量、公開日などのデータ提供が必要です。具体的には商品登録から一つずつ追加するか、在庫テンプレートを使って一括で登録することもできます。

参考:在庫ファイルテンプレートの作成

商品の発売日が明日以降になっている

ASINが検索できない場合、商品の発売日が明日以降になっているケースが非常に多いです。つまり、まだ商品が購入できない状態にあるということです。よってこの場合は、発売日を過去の日付に設定すれば解決します。

ヒットする率をあげるには商品名に工夫を

Amazonはとても優れたECサイトですが、ユーザーの検索にヒットしなければ何も始まりません。商品のクオリティが大切なことはもとより、検索でヒットさせることも大切なポイントです。つまり、検索キーワードのクオリティをこのうえなく向上させることが必要になります。

検索キーワードの文字数と表現

既に述べたように、Amazonの検索キーワードには厳しい文字数制限があります。具体的には500バイト未満ですから、日本語だけなら166文字までとなります。ファッションアイテムの場合は250バイト未満のため、83文字が目安となります。

この文字数を最大限活用して、1文字の無駄もないように努めましょう。ECサイトの世界は常に変動の連続です。昨日まで順調に売れていても、今日になると競合に追い抜かれている、ということがいくらでも起きます。もちろんその逆もあるので、常に競合や人気のある他者の商品ページを参考にして、ユーザーの心に刺さるキャッチーなキーワードを模索しましょう。そして、これはというワードが見つかれば、すぐに登録し直して何度でも微調整を加えてください。

Amazonで検索できないときの対処法

Amazonで購入するユーザー側の立場で、検索しても商品が出てこない経験はありませんか?その際にはいくつかの原因が考えられるので、参考までに解説しましょう。

「商品カテゴリー」をつけて検索する

Amazonで目的の商品を見つけるためには、「カテゴリー」を選択することが大事です。具体的には、検索窓のすぐ左に「すべて▼」という欄があり、プルダウンできるようになっています。ここでカテゴリー選択が可能です。

たとえば、「無水鍋」の場合について考えてみましょう。カテゴリーを「すべて」のまま「無水」で検索すると、一番上には無水エタノールが表示されます。その下にも鍋はチラホラと見られますが、やはり抗菌スプレーや無水の美容液などが表示されてしまいます。

しかし、カテゴリーを「ホーム&キッチン」として再検索すると、画面表示はがらりと変化して無水鍋が数多く表示されます。

もちろん、カテゴリーを絞らずに最初から「無水」ではなく「無水鍋」で検索しても、無水鍋はたくさん表示されます。しかし、もし検索しても目的の商品が出てこない場合は、「カテゴリーの選択を検討する」習慣をつけてみてください。

Amazon側に原因がある検索エラーも

滅多にありませんが、まれにAmazon側の不具合により、検索エラーが起きることもあります。この場合、ユーザー側としてはどうしようもないので復旧を待つしかありません。

検索エラーがあれば、まずはAmazonのサイトやSNSなどで情報を得て、何が起こっているのか把握しましょう。どうしてもすぐに欲しい商品の場合は、他のECサイトで代替品を手配するしかないでしょう。

また、Amazon側の不具合を疑う前に今一度Wi-Fi環境や端末の状態に問題がないかを確認してください。Amazonのブラウザやアプリを一度閉じて再起動すると問題が解消することもあるので覚えておきましょう。

検索しても出てこない理由

検索しても出品した商品が出てこないケースについて述べましたが、それでも出てこない場合にも解決の糸口があります。

「検索およびブラウザに関する出品情報の最適化」を確認

Amazonのアルゴリズムから「売るにふさわしくない」と判断されると検索候補からはじかれてしまいます。その可能性がある場合は、一度「検索およびブラウザに関する出品情報の最適化」ページでも何が問題か確認してみましょう。セラーセントラルから商品タイトルをコピーして検索するとログイン可能です。

また、Amazonで商品検索した場合、現在の仕様では閲覧できるページ数が10ページと決められています。そのため、出品数が多いアイテムの場合は、検索にヒットはしても閲覧は不可能というケースが考えられます。この場合は、ひたすら検索キーワードの最適化を図ることで解決を目指すしかないでしょう。

検索にヒットさせるキーワードの選び方

商品を見つけてもらうためには、やみくもに検索されそうな単語を並べるだけではあまり意味がありません。重要なのは、商品を探している人が検索している言葉を取り入れることです。検索されやすい言葉を取り入れると、検索された時に候補に残りやすくなるので、商品を見つけてもらいやすくなります。

検索されやすい単語とは、google検索をしたときに表示されるような予測変換を分析することが効果的です。そして、どれくらい検索されているのかを調べる方法には、以下の方法がおすすめです。

  • Amazonサジェスト キーワード一括DLツール
  • 競合調査
  • Googleサジェスト
  • Googleキーワードプランナー
  • Googleトレンド

基本的には、Amazon検索サジェストと競合調査はAmazon内で人気の言葉の調査用、他のものはGoogleでのトレンド調査用です。そのため、まずはAmazon検索サジェストと競合調査を行うのが一般的です。精度を高めたいときに、残りの3種類を活用することで、更にヒットしやすい商品ページが作れます。

ここからは、それぞれの方法や特徴を紹介していきます。

Amazonサジェスト キーワード一括DLツール

Amazonサジェスト キーワード一括DLツールとは、Amazon内で検索機能を使っている人が一緒に検索している言葉を表示できます。一緒に検索している単語を取り入れることで、キーワードを取り入れていない商品が表示されなくなり、ヒットしやすくなります。

まず、「キーワード」にサジェストが知りたい言葉を入力します。検索を押すと画面下部にサジェストが表示されるシステムです。

無料で検索する場合には、1日1回の検索上限があります。月額500円の有料会員に登録すると、1日の検索上限が20回まで増やせます。何度も使う場合には有料会員になるのがおすすめです。

競合調査

Amazonで検索をしたときに上位に登場している商品やブランドは、検索する人の多い言葉を網羅していることが多いです。そのため、上位に入っている商品に書かれている商品のタイトルや検索キーワードには、検索されやすい言葉が含まれている可能性が高いです。

上位表示されている商品をいくつか比較して、書かれていることが多い言葉は網羅するという意識で、商品のタイトルなどを作っていきます。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーを使うと、普段どれくらいの検索があるのか、つまり市場の規模を見ることができます。

Googleキーワードプランナーを使うと、売りたい物のサジェストに加えて、類似する検索内容を紹介してくれます。うまく活用するとより多くの人に見てもらえるので、販売数が増加することにも繋がるでしょう。

Googleサジェスト

Googleサジェストのやり方は、Amazonの競合調査と基本的には同じ方法を取ります。Googleの検索で商品を入力して、サジェストに登場した言葉を取り入れます。

ただし、あくまでもGoogleでよく検索している項目ですので、サジェストで上位だからと言って必ず売れるとは限りません。他の方法と比較してから取り入れることがおすすめです。

Googleのサジェストは、今後流行しそうな言葉が出てくる可能性も秘めています。そのため、今後売れ行きが伸びそうな言葉があれば取り入れてみることも、長期的な視点に立つと利益に繋がる可能性があります。

Googleトレンド

Googleトレンドでは、最近の検索頻度をチェックすることができます。そのため、今後売れそうな商品傾向を見つけることが可能です。

Googleトレンドでは、写真のような検索ボリュームの比較もできます。限られた紹介スペースに取り入れる単語に迷っている時に活用すると、より検索されやすい紹介を作ることができるのです。

さらに売り上げを伸ばす方法

検索にヒットするようになっても、2ページ目以降のあまり見られない所に表示されていると、どうしても見てもらえる機会は限られてきます。逆に言うと、上位に表示されたら売り上げの上昇に繋がりやすいという事です。つまり、利益を伸ばしたいなら少なくとも1ページ目に商品が表示される必要があります。

そこで、ここからはAmazonの検索で上位に表示される方法を紹介していきます。

直近の売れ行きを増やす

Amazonでは、直近の売れ行きが良い商品が上位で登場します。ここでの直近は明確に定められていませんが、7日から14日と言われています。そのため、一時的に売り上げが良い状態を作ることが効果的と言われています。

例えば、相場が10,000円の商品を販売するとします。10,000円で販売すると他の商品に埋もれてしまうので、一時的に9,500円に値下げして販売します。すると、同じ商品なら9,500円の方がお得なので、購入数が増えるというメカニズムです。これである程度順位が上がったら、元の値段である10,000円に戻せば完了です。

この方法は手軽で実際に使用している人の多い方法ですが、値段を戻した時に売れなくなるなどのデメリットもありますので、値下げだけでは必ず利益に繋がるとは限りません。また、極端に値下げしてしまうとAmazonからペナルティが課されることもあるので注意が必要です。

配送料無料(FBA)出品を活用する

FBAとは「Fulfillment By Amazon」の略で、直訳するとAmazonによる遂行/実践という意味になります。FBA出品とは、Amazonに商品を預けて置き、売れたらAmazon側に配送までしてもらうサービスのことです。

FBAを利用すると、お急ぎ便などのAmazonプライム会員限定サービスの対象商品になります。また、配送者がAmazon社と表示されるため、商品の信頼度が高まるので迷ったときに選んでくれることが増加します。そのため、FBAを活用することで売り上げが増やせる可能性が高いのです。

ただし、商品の保管や配送を依頼する機能であるため、FBAには手数料がかかります。手数料は以下の通りです。

  • FBA手数料(配送時の手数料)
  • 在庫保管手数料
  • 長期在庫保管手数料
  • FBA在庫の返送/所有権の放棄手数料
  • 購入者返品手数料
  • 在庫保管超過手数料

このように手数料を支払って上位に入りやすくするという方法ですので、あらかじめ手数料を計算したうえで、利益が出ることを確かめてから実施するようにしましょう。

まとめ

Amazonに出品してユーザーから評価されるためには、適切な検索キーワードを登録してマネージメントしていく努力が必要です。Amazon市場は常に激しく変化しているので、「これで良い」と安心しないようにこまめに対策していきましょう。また、商品を購入する際に検索しても出てこない場合も、カテゴリーを絞って検索してみることでヒットするケースが多々あります。

Amazonのシステムは厳しいですが非常に秀逸なため、使う側が知識をつけて適切に対策をすればそれなりに結果が伴ってきます。上手く活用しながらしっかりと稼いでいきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!