ヤフオクセラーは要注意!ナイジェリア詐欺の特徴と対処法を徹底解説

ヤフオクでセラーをしている方は要注意。今回はヤフオクのナイジェリア詐欺に焦点をあてました。

ナイジェリア詐欺とは何か、遭遇した時の対処法についてまとめたのでぜひ参考にしてください。

目次

ナイジェリア詐欺

今回は時折目にする「ナイジェリア詐欺」について解説していきます。

ヤフオクのナイジェリア詐欺

ヤフオクに横行しているナイジェリア詐欺とは、ヤフオクのセラーに直接交渉の依頼があり、商品だけ取られて入金がされないという種類の詐欺です。

この詐欺の特徴は、送られてくるメールの中で商品をナイジェリアに送るように依頼してくるため、「ナイジェリア詐欺」と言われています。

ナイジェリア詐欺のメールの内容

ナイジェリア詐欺のメールの内容は以下のようなものです。

「親愛なるセラーへ。私は(国名)に住む(名前)です。私はナイジェリアに住む私の叔父のためにあなたの商品を購入したいと思っています。私は~円(具体的な金額)であなたの商品を購入します。詳細に関しては(メールアドレス)に返事を下さい。」

上記のような内容が英文で送られてきます。

メール上の国名や名前、購入動機に関してはいろいろなバリエーションがあります。

このナイジェリア詐欺のメールの特徴は、購入動機が具体的なこと、提示してくる購入金額がサイトに提示している商品価格より高額なことです。

この事が交渉に乗ってしまう要因になるのです。

返信を送ると、「振込先の情報を教えてほしい」「できるだけ早く送ってほしい」というメッセージとともに送り先の住所がメールで再び送られてきます。

ナイジェリアの手紙

実はナイジェリア詐欺に関しては、「ナイジェリアの手紙」という題目でWikipediaにも掲載されています。このことからもナイジェリア詐欺がいかに横行しているかが分かりますね。

参考:ナイジェリアの手紙

様々な形態を持つナイジェリア詐欺

ナイジェリア詐欺には様々な形態があります。特徴を理解しておけば詐欺被害を未然に防ぐことができるので、いくつかをピックアップして紹介しましょう。

貿易取引型

貿易取引型は個人ではなく、会社相手に貿易取引を持ちかけてくる規模の大きいナイジェリア詐欺です。

貿易型のナイジェリア詐欺は以下のような手口です。

(1)インターネット、又は知り合いからあなたの会社の商品が非常に良いことを聞いた、ぜひ取引をさせてもらいたいとコンタクトを取ってくる
(2)コンタクトに応じたら、商品を大量に発注したいと貿易取引を持ちかけてくる
(3)商品の発送に関しては、速達の国際便を要求してくる ※貿易手数料という名目で不必要な金銭を要求してくることもある
(4)商品の決済方法は商品受け取り後、現金か小切手(偽造小切手)を利用して支払うと言ってくる
(5)商品の受け渡し終了後、決済をせずに音信不通になる

実際にあった事例ですが、商談という理由で海外に招いて拉致監禁を行い、会社に対して身代金を要求してくることも。中には拉致監禁の後に殺害されたケースさえあります。

貿易型のナイジェリア詐欺の主なターゲットは貿易取引の経験が乏しい会社がほとんどで、大量発注という旨みをちらつかせて詐欺を仕掛けてきます

国際結婚詐欺

国際結婚詐欺もナイジェリア詐欺の一種です。

この詐欺は、ネット上で知り合った海外の異性に対してネット上で時間をかけて信頼を育み、恋人や結婚に至る段階まで親密さを深めた後、様々な理由をつけて金銭を要求してくる詐欺です。

容姿の整った写真(偽装された写真)を見せられ、紹介される情報も魅力的なものばかり。

相手に対して心酔している状況下で援助を求められ思わず金銭を振り込んでしまうという恋愛感情を利用した悪質な手口なので、別名「ロマンス詐欺」ともいわれています

ヤフオクのナイジェリア詐欺に注目

日本ではヤフオクを利用している人が多いため、今回は特に、ヤフオクのナイジェリア詐欺に引っかからないために気をつけるべき点を解説します。

ヤフオクのルールを覚えておこう!

ヤフオクは、ヤフオクに出品された物に関して、ヤフオク外で個人的に取引を行うことをルール上禁止しています。

また、個人的な取引のために連絡先(メールアドレスやLINE)を交換することも禁止しています。

したがって、ヤフオク上で個人的に取引を行いたいという連絡が来た場合、その時点で何らかの詐欺ではないかと疑うことは間違いではありません

外国人からの連絡には要注意!

外国人との取引にはいくつもの危険が潜んでいます。

例えば英語が堪能でない場合、取引においてその詳細が理解できずトラブルに発展することがあります。

さらには、商品の申し込みを受け付けたものの、金額未払いでキャンセルされることもしばしば。

商品に関する問い合わせが英語で来た場合は、十分注意を払いつつ取引を行うことが賢明です。

海外配送のリスクを考慮しよう!

外国人との取引が成立した場合は、海外配送を行う必要があります。

ここでは商品を海外へ配送する際のリスクについて説明します。

リスク1 コミュニケーションが上手に取れない

取引相手が外国人で海外への配送が必要な場合、コミュニケーションがうまく取れずにトラブルに発展することはよくあります。

自分が英語に自信がなく相手とのやり取りに不安を覚える場合や、逆に相手が日本語に通じていない場合には、海外配送が必要になる相手との取引はしない方が良いでしょう。

リスク2 商品の破損が多くなる

海外への配送はどうしても配送時間が長くなり、配送距離も長距離になるため、商品が破損するリスクが高くなります。

また海外の配達員は日本人のように商品を丁寧に扱ってくれません。

その点、損害補償がついている配送便を利用すれば安心です。ただ、日本から海外への配送では商品の破損率が高くなることはリスクとして覚えておきましょう。

リスク3 荷物の受け取り拒否による弊害

時にはバイヤーが荷物の受け取りを拒否することがあります。

海外配送で荷物の受け取りを拒否されると、商品が手元に戻ってくるまでに相当の時間がかかります。時間がかかる分、商品の破損率もさらに上がります。

時には、もはや販売できない状態で商品が戻ってくることさえあります。この点も海外配送に伴う大きなリスクの一つですね。

ナイジェリア詐欺に引っかからないために

これまで外国人との取引の危険性や、海外配送に伴うリスクについて解説してきました。

ここでは、ナイジェリア詐欺に引っかからないために覚えておくべきポイントに注目しましょう。

・ヤフオク外で個人取引を誘導する英語のメッセージを送ってくる
・商品受領後の支払いをもちかけてくる
・ヤフオクに掲載している表示価格よりも高く買い取るので早急に送ってほしいと要求してくる

上記の内容のメッセージが送られてきたら、ナイジェリア詐欺の可能性大です。連絡は取らないようにしましょう。

ナイジェリア詐欺かどうかをチェックする方法

下記のようなメッセージが届いた場合は、基本的に無視するのが賢明です。

しかし、誠実なバイヤーからの問い合せもたまに来るので、全部を詐欺だと決めてかかることはできません。

そこで、本当に詐欺かどうかを確かめる方法が必要です。

普段利用しないメールアドレスを準備する

ナイジェリア詐欺かどうかを判断するために、まず普段利用していないメールアドレスを準備しましょう。

相手との取引内容

メッセージを送ってきた相手がナイジェリア詐欺をはたらく意図があるかどうかを確かめるためには、まず送られてきたメールアドレスへ返信する必要があります。

そこで、先ほど準備したメールアドレスから以下のような内容で返信してみましょう。

「―さん(相手の名前)。私は―です(偽名でOK)。私はあなたが問い合わせをくれた商品の出品者です。商品への問合せありがとうございます。取引を行うにあたって伝えたいことがあります。私はいつも金銭的なトラブルを避けるために入金を確認した後に商品発送を行います。商品の発送後に生じるトラブルに関しても責任は負いません。これらの条件に納得していただければ取引を開始できます。質問等あればお尋ねください。」

上記のように、初めの返信の時に、「入金前に商品を送らないこと」、「配送中のトラブルには責任を負わないこと」を明確に伝えましょう。

上記の内容のメールに対し、ナイジェリア詐欺の場合は、大抵次のような内容の返信が届きます。

「返事ありがとうございます。あなたからの条件を理解しました。商品を購入します。送金方法は銀行間電信送金を利用して、あなたに即時支払います。EMSの送料を含めて(具体的な金額)を支払おうと考えています。」

「銀行間電信送金なのであなたの銀行情報を教えてください」

「以下はあなたに商品を送っていただく送付先の住所です」

このような内容の返信が届きます。ここでのポイントは「銀行間電信送金を利用して送金する」です。

引き続きナイジェリア詐欺か確認のために銀行情報を相手に伝えましょう。

ナイジェリア詐欺が用いる常套手段

銀行口座情報を伝えてしばらくすると、相手方から以下の内容のメールが届きます。

「ご連絡ありがとうございます。先ほど銀行間電信送金で(具体的な金額)を送金しました。支払い確認メールが届いていると思います。確認してください。」

※実際に銀行と思われるところからメールが届きます。

「現在銀行側は、EMS経由であなたが商品を発送し、発送レシートを転送してくれることを待っています。確認が取れ次第あなたの口座に送金が完了します。」

「EMSで商品を発送したら、発送レシートをこのメールに添付して下さい。また追跡番号を教えてください。ご連絡お待ちしています。」

これが、ナイジェリア詐欺が用いる常套手段です。

最初のメールのやり取りで提出した「入金を確認した後に商品を発送する」という条件に対して、「すでに電信送金の手続きを行った、後はあなたが商品を発送して、銀行がレシートを確認できれば振り込まれる」という風に条件がすり替えられています。

あたかもすでに入金を済ませたかのように思わせるところが狡猾ですね。

上記のようなメッセージに対しては、次のように返信しましょう。

「ご連絡ありがとうございます。ただ、最初のメッセージでお伝えした通り、入金を確認するまでは商品を発送することはできません。残念ですがあなたの利用した手続きの方法ではこの条件を満たしていないため、商品を発送することはできません。あなたが処理方法を変更するまでは商品を発送できないことを今一度お伝えします。」

このように、最初から商品を発送するための条件を伝えていたこと、その条件を満たしていないので発送できないことをはっきりと伝えてください。

ナイジェリア詐欺判明

ここまでやり取りを重ねると、大抵の場合、ぱったりと連絡が途絶えます。

音信不通になった時点でナイジェリア詐欺だったということが判明するというわけです。

本当に商品を欲しいバイヤーなら条件に沿った変更をしてくれるはずです。

ヤフオクのナイジェリア詐欺の特徴をおさらい

ここで、ナイジェリア詐欺の特徴をまとめておきます。

・英文で個人的なやり取りを持ちかけてくる
・提示してくる購入金額がサイトに提示している商品価格より高額
・銀行間電信送金を利用して入金したとほのめかす
・EMS利用を求めてくる

上記のような特徴がみられる場合はほぼナイジェリア詐欺ですので、十分に注意してください。

ナイジェリア詐欺と思われる取引の持ちかけがあったときの対処法

では、ナイジェリア詐欺と思われる連絡があったときどのように対処すればいいのでしょうか?

連絡を取らない

連絡を取らないことは、最も基本的で安全な対処法です。

ヤフオク上で、英文で個人的に取引をしたいというメッセージが届いたとしても無視すればいいのです。

連絡を取らなければその後トラブルに巻き込まれることは一切ありません。

ヤフオクに通報する

ナイジェリア詐欺と思われるケースに遭遇した場合は、即ヤフオクに通報しましょう。

そうすることで、今後の被害を防ぐことができます。

まとめ

今回はヤフオクで横行しているナイジェリア詐欺に関して、その特徴や対処法をまとめてみました。

ヤフオク上でのナイジェリア詐欺は、特徴を押さえておけば比較的簡単に見破ることができます。とはいえ油断しているとだまされる可能性は高まります。

今回まとめた情報を参考に、細心の注意を払いつつトラブルを未然に防いでいきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次