ヤフオク即決とは?やり方と上手く売買するコツを徹底解説!

ヤフオクには「即決」という便利な機能があります。商品価格の前に「即決」とあれば、その値段ですぐに売り買いができます。

出品者からすれば、売りたい価格で早く売れる可能性が増えますし、購入者にすれば、欲しい商品が望みの価格で安く買える可能性がグンと広がります。

そこで今回は、ヤフオクの「即決」の方法を出品者と購入者の両方の立場から解説していきます。また、即決のメリットやコツ、ありがちな疑問にもお答えします。これからヤフオクを楽しみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

ヤフオクの「即決」とは

ヤフオクは、ご存知のように日本最大級のオークションサイトです。よって、基本的には、商品を購入したい人たちが購入希望価格を入札し、制限時間内で最高額をつけた人が落札することになります。

しかし、ヤフオクには「即決」という別のシステムもあります。出品者も購入者も知っていると得することが多いので、おすすめです。早速、その詳細をお伝えしていきましょう。

ヤフオクの「即決は」は「すぐ買う」「すぐ売る」が可能!

ヤフオクの「即決」とは、出品者が即決価格を設定していれば、オークションを経ることなく、即座にその価格で買うことができる仕組みのことです。

例えば、あるスニーカーが、「即決価格4,000円」で出品されていたとします。これに対して、「即買いだ!」と思った人が「今すぐ落札」をタップすれば、その時点で売買が成立する。これがヤフオクの「即決」です。

ヤフオクの「即決」には2パターンある

ヤフオクの「即決」には、2パターンあります。

1つは「即決のみのパターン」で、もう1つは「即決とオークションの併用パターン」です。

まず、「即決のみのパターン」は、出品者が即決設定していて、その即決価格で購入者が落札するという、即決としてはオーソドックスなパターンです。

一方、「即決とオークションの併用パターン」は、オークション形式で入札を行いつつも、即決希望者がいれば、いつでも出品者が設定した即決価格で落札できる、というパターンです。例えば、先ほどのスニーカーのように「4,000円」で即決価格が設定されていて、1,000円からオークションがスタートし、3,000円まで入札者が現れたとします。しかし、どうしてもそのスニーカーが欲しいという購入者は、「即決」を使ってオークション終了時刻を待たずに「4,000円」で落札できるということです。

よって、この「即決とオークションの併用パターン」で出品されている場合は、どうしても欲しい商品ならいきなり即決で落札してもいいですし、少しでも安く手に入れたい場合は、入札状況を見ながら「即決」は最終手段としてとっておくという戦略を採ることもできます。

出品者がヤフオクの「即決」を利用するメリット

出品者にとってヤフオクの「即決」を利用するメリットをご紹介しましょう。

オークションより早く買い手がつく

「即決」を設定した場合、もし出品したアイテムがどうしても欲しいという購入者がいれば、出品してすぐに売れる可能性があります。例えば、断捨離を考えていて一刻も早く売りさばきたいという場合は、早く売れる可能性のある「即決」を使うメリットが大きいでしょう。

想定額で売ることができる

オークションの場合、希望する販売価格があっても実際にそこまで競り上がるかは、オークションが始まってみなければわかりません。しかし、「即決」であれば、自分が希望した額でそのまま売ることができるので、見積り通りの金額が手に入るメリットがあるでしょう。

購入者の「即決」利用法

ここからは、スマホブラウザでの「即決」利用方法と上手く利用するコツをお伝えしましょう。まずは、購入者側からです。

「即決」のプロセスを把握しよう

購入者としてヤフオクの「即決」を利用する場合は、全部で9つのプロセスを踏んでいきます。

  1. まず最初に、欲しい商品を画面に出したら検索結果一覧の一番上にある「相場を調べる」をタップして、その商品が過去にいくらで売れているかといった相場や入札条件などを確認します。
  2. 次に狙っている商品を検索します。検索一覧の上にある「絞り込み」をタップ、続いて欲しい商品と一緒に「即決」のキーワードを入力し、「即決」設定されているものだけを表示させましょう。
  3. 一覧の中から希望する商品を絞って、商品画像右横にある「☆」をタップしてウォッチリストに登録しましょう。
  4. 「商品説明・商品情報」を確認して、即決で落札したい商品の詳しい情報を確認しましょう。商品の保存状態や機能、大きさや重さ、カラー、規格などに問題がないかを吟味します。発送方法や送料、支払い条件なども必ず確認してください。
  5. 出品者の評判をチェックして、問題のない相手かどうかを確かめましょう。あまりに評価が低い場合は購入自体を考え直した方が良いかもしれません。
  6. 問題がなければ「今すぐ落札」をタップして即決購入しましょう。ただし、「即決とオークション併用パターン」の場合は、「入札額」欄に現在価格か即決価格のどちらかを入力します。高くても即決価格で良い場合はその額を、少しでも安く買える可能性を追求するなら現在価格を入力してオークションを続けます。
  7. 無事落札ができたら、「取引を始める」を選んで、落札した旨と喜びの気持ちを出品者に報告しましょう。
  8. できるだけ早く支払い手続きを行いましょう。ヤフオクでは、購入者が支払いを済ませないと商品が送られてきません。よって支払いを早く済ませるに越したことはありませんし、支払う日時がわかっているのであれば、その日付も出品者に伝えておく方が親切です。
  9. 商品が送られてきたら中身を確認し(たまに違った商品が送られてきたり、破損している場合があったりするので要注意です)、問題なければ、出品者を「非常に良い」「良い」「どちらでもない」「悪い」「非常に悪い」の5段階で評価して終了です。

即決の際の注意事項とポイント

ヤフオクでは、紳士的な態度で接する人が非常に高く評価される傾向が強いです。よって、購入するからといって偉そうな態度を取らないように気をつけましょう。

大げさにいえば、「買ってあげる」より「買わせていただく(売ってくれてありがとう)」くらいの態度でいるほうが好ましいです。

例えば、先ほどのプロセスの(6)で「即決」手続きをする前に、メッセージで一言「即決で買わせていただいて良いですか?」と尋ねるのがおすすめです。この一言を入れるだけで、出品者からの心象は大きく違ってきます。

さらに、落札できたら、「この度、落札させていただいた○○と申します。○○が買えてとても嬉しく思っております。なお、○月○日には、お支払いできると思いますので、どうぞよろしくお願いします。」といったメッセージを送っておくとさらに好印象を持ってもらえるでしょう。

即決価格は変更を希望できる

即決価格が設定されていると、その額でなければならないと思い込んでしまうかもしれません。しかし、実際はそうでもありません。よほどの名品だったり人気アイテムでもない限り、出品者側も「この価格で売れるだろうか?」「高すぎないだろうか?」と思いながら値段を設定している場合もあるのです。

そこで、上記のように丁寧な文言で、「即決で落札したいので、○○円くらいまで安くしていただけませんか」ともちかけてみるのもよいでしょう。状況によっては、変更に応じてくれることがあります。ダメでもともと、くらいの気持ちで一度トライしてみると案外上手くいくことがあるので、おすすめです。

さらに、オークション設定のみであっても、ダイレクトメッセージで依頼すれば「即決」設定に応じてもらえることもあるので、どうしても欲しい商品ならトライしてみてください。

出品者の「即決」利用法

続いては、「即決」の出品者側の利用法についてお伝えします。ポイントはズバリ、「値決め」です。そして、即決価格について交渉を持ちかけられた時にどの様に対処すべきか、心得ておきましょう。

即決価格設定のコツ

ヤフオクで「即決」設定に向いている商品は、ある程度高価な商品かレアな商品です。その理由は、ヤフオクやその他のフリマアプリ市場に出回っていない高価品や希少性の高い商品は、こちらが決めた価格で買い手がつく可能性が高いからです。よって、この手の商品を扱う場合は、買取相場の3割増しくらいの強気の価格設定で構いません。

逆に、市場に多く出回っている商品は、「即決」には不向きです。普通のオークション形式の方が高く売れる可能性が高いと認識しておきましょう。また、もし「即決」でなかなか買い手がつかない時は、オークションに切り替えるのもおすすめです。またその際は、商品にもよりますが、ライバルよりも少し安めの価格設定にした方が入札者が集まりやすいので覚えておきましょう。

「即決」価格に対して値引き交渉を持ち込まれることも珍しくありません。そのような場合、安くしてでも売りたい状況であれば交渉に応じましょう。ただし、値引き交渉の末、結局買わずじまい、ということもあるので、あまりにしつこい場合は、きっぱりと断りましょう。値引きに応じるつもりがない場合は無視しても構いませんが、他のユーザーの手前、あまりにそっけない態度はとらないようにしましょう。マメで丁寧な回答を心掛けることをおすすめします。

ヤフオク「即決」の疑問解決!

ヤフオク「即決」を実際に始めようとすると、色々な疑問がわいてくるものです。そこで良くある疑問について解説していきましょう。

「即決」後にキャンセルできるの?

ヤフオクでは、基本的に落札後のキャンセルは不可となっています。とはいえ、現実にはさまざまな事情によって、やむを得ずキャンセルするほかないこともあるでしょう。その際は、出品者にその旨を伝えてキャンセルをお願いしてみましょう。もし、出品者が納得して落札を取り消してくれれば、キャンセルは成立します。

現在は、キャンセルによる自動での「悪い」評価はつかなくなっていますが、キャンセル時でも任意で出品者・落札者双方を評価できます。一方的なキャンセルなど正常に取引が進まなかった場合、相手から「悪い」評価を付けられることもあるため、最後まで丁寧に対応しましょう。

「即決」には手数料がかかるの?

ヤフオクでは、「即決」で落札された場合も、オークション同様に出品者に対して手数料がかかります。

具体的には、Yahoo!プレミアム会員なら落札価格の8.8%(税込)Yahoo!プレミアム会員登録なしの場合は同10%(税込)です。ちなみに、Yahoo!プレミアム会員は、月額508円(税込)で誰でも登録可能です。

「即決」で落札したのにオークションンが継続されているのはどうして?

「即決」で落札すると、その商品は落札者のものになります。ところが、落札後も何故かオークションが続行されていて、終了しないことがあります。こうなると「どうして?」と戸惑ってしまうかもしれませんが、心配無用です。

このケースは、商品が複数あり、まだ在庫が残っているという状況なのです。すべて売り切るか、オークションが終了する時刻になれば、落札表示になります。

ヤフオクの便利機能と「即決」の豆知識

最後にヤフオクで「即決」をする場合に、出品者と購入者のいずれにとっても便利な機能を「即決」の豆知識とともにご紹介しましょう。

出品者は「自動延長機能」を使おう

ヤフオクには、「自動延長機能」という機能があります。これを使うと、オークション終了時刻の5分前に入札があった場合、終了時刻が5分間自動延長されます。さらにその5分間で新たな入札があり、価格が上がった場合は、再度5分間延長されます。これが価格の上昇がなくなるまで続きます。

よって、「即決のみのパターン」の場合は別ですが、「即決とオークションの併用パターン」で出品する場合は、自動延長機能を設定することにより、少しでも高値で売れる可能性が高まります。

購入者は「自動入札機能」が使える

ヤフオクでは、購入者向けに「自動入札機能」というサービスを提供しています。オークションの醍醐味は、入札状況に合わせて入札額を変えながら1円でも安く競り落とすことです。しかし、そのためには、常に画面をチェックしている必要があります。ただ、場合によっては、忙しくてそうもしていられないこともあるでしょう。

そんな時に便利なのが、「自動入札機能」です。この機能を使うと、こちらが設定した額までは勝手に入札してくれます。よって、少なくともその額に達するまでは、知らない間に落札されていた、ということがなくなるので安心です。

新規IDを取得して間もないうちは「即決」は控える

ヤフオク初心者の場合、まだサイト内での信用がまったくない状態のため、いきなり「即決」で落札しようとすると、怪しまれることがあります。なかには、「新規IDの方はご遠慮ください」という形で参加自体を拒否する出品者もいるくらいです。

これを聞くと、寂しくなったり、「何で?」と腹立たしく思ったりする方もあるかもしれません。しかし、これは全てのヤフオクユーザーが通る道なので、あまり気にしないようにしましょう。それよりも、まずはオークションというオーソドックスな形式でヤフオクを楽しみ、ある程度評価をもらえた時点で「即決」に参加すれば良いでしょう。

まとめ

ヤフオクの「即決」について詳しくお伝えしました。「即決」は、出品者にも購入者にもメリットのある便利なシステムです。販売者としては購入意欲の強い買い手がつく可能性が高まりますし、購入者としては欲しい商品が確実に手に入ります。

ただし、出品するにしても購入するにしても、マナーを守った丁寧なやり取りを心掛けましょう。そうすれば高評価をつけてもらますし、結果としてヤフオクを楽しめる可能性が広がります。「即決」を上手く活かして、ぜひ素敵な売り買いを楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次