物販

ヤフオク!ストア出品のメリットとデメリット〜副業編〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

国内シェアの約80%を占める国内最大級のインターネットオークション、ヤフオク!には個人アカウントとストアアカウントがあります。
ヤフオク!ストアは、Yahoo!JAPANが定める基準をクリアした法人または個人事業主の店舗です。ヤフオク!ストアの成長率は高く、落札総額は前年比110%超えとなっています。

今回は、初期費用0円で始められるヤフオク!ストアのメリットとデメリットについて解説します。

ヤフオク!ストアとは?

ヤフオク!には一般アカウントとストアアカウントの2種類があるところ、ヤフオク!ストアとは、「Yahoo! JAPANが定める参加基準を満たした法人または個人事業主のことです」(ヤフオクヘルプより引用)。
ヤフオク!ストアに認定されると、ヤフオク!に店舗として出店できるようになります。いわば、ビジネスとして利用したい方向けのサービスとなっています。

ストアアカウントを取得するために費用はかかりません。維持費も無料です。

ヤフオク!ストアアカウントへの切り替え時期は?

個人でヤフオク!に継続的に出品している方で、以下のいずれかの希望をお持ちの方は、ストアアカウントへの切り替えを検討してみてください。

・落札数が増えたので大量の商品を楽に出品したい
・落札後のやり取りを楽に進めたい
・落札者をリピーター化して売上を伸ばしたい

ストアアカウントで業務効率化!

ストアアカウントを取得すると落札システム利用料が安くなるだけでなく、出品数の上限規制が緩和されます。
つまり、一般アカウントで出品できる上限数は3000個ですが、ストアアカウントなら10,000個まで出品できるようになります。また、ストアアカウントには便利な機能が数多く用意されているので、多数の落札者と効率的に応対できるようになります。

大量の商品を出品するときは一括出品機能が活躍し、多くの落札者へ連絡する際には一括メール送信や一括評価機能を使えるので、業務の効率化を計れます。

ただし、ブランド品の出品など、審査が必要な商品もあります。必ず「ヤフオク! ストア運用ガイドライン」を確認するようにしてください。一般アカウントで出品する時とはルールが違う項目もあるので、注意しましょう。

ストアアカウントを取得するための条件

ヤフオク!にストアとして出品するためには、Yahoo!JAPANが定める参加基準を満たすことが必須です。条件は次の通りです。

・過去1年間で事業として実店舗またはインターネット販売において、約1,000万円/年以上、もしくは約100万円/月以上の売上があること
・事業として1カ月あたりの出品数が200点以上、または一時点において100点以上の商品を出品予定であること

頑張れば1ヶ月で条件をクリアすることができます。まずは、売上基準を満たすことを目指しましょう。商品数に関しては、毎日コツコツ出品し続けるか、外注を利用して一気に増やすことも検討してください。

ヤフオク!ストアに申込みができるのは、代表者が満20歳以上の法人企業または個人事業主となっています。個人の方は開業届を税務署に提出しておくようにしましょう。

ストアアカウントと一般アカウントとの違い

一般アカウントでも、出品するだけなら無料でできるようになりました。
ただし、手数料が割高なことと、便利な機能を利用できないことが難点です。
Yahoo!プレミアム会員に登録すればいいのですが、毎月498円(税込)の月額会員費がかかります。

ストアアカウントなら、Yahoo!プレミアム会員に登録しなくても出品作業を効率化できるツールを無料で利用できます。月額会員費やシステム利用料など、定額の費用負担はありません。落札システム利用料も一般アカウントよりも低い設定になっています。

ここでは、ヤフオク!ストアのメリットについて解説します。

落札者の信頼感を得られやすいストアアカウント

ヤフオク!のオークションに一般アカウントで出品している人は、Yahoo! JAPANの審査を受けていません。これに対して、ストアとして出品するにはYahoo! JAPANが定める参加基準を満たし審査を通過する必要があります。

ヤフオク!にストアとして出品すると、ストアアイコンが表示され個人アカウントとは区別されます。さらに、代表者名や連絡先の住所、電話番号、メールアドレスなどがストア情報として公開されます。このような情報の公開が出品者に対する信頼となり、ひいては売上アップにつながるのです。そのため、一般アカウントよりもストアアカウントで出品するほうが有利だと言えます。

オークション運営に必要な業務ツールが揃っている

ヤフオク!に一般アカウントで出品する場合、落札の処理や発送連絡、評価などの業務を個別に処理するしか方法がありません。落札数が多くなるとそれだけ時間もかかってしまいます。

一方、ヤフオク!ストアにはオークション運営に便利なツールが多数用意されています。特に便利なのが一括処理です。一括出品管理、一括注文管理、一括在庫管理などを利用すれば、毎日の業務を効率化できます。

取引先から信頼を得られる

ヤフオク!ストアは一般アカウントで出品するのとは違い、店舗として販売業務を行うことになります。事業として経営していると見なされるため、落札者だけでなく取引先からも信頼を得ることができます。

販売方式も、競り方式のオークション出品だけでなく、一般的なネットショップのように定額で商品を販売することもできます。店構えも作り込むことができるので、店舗として差別化できるのも大きなメリットです。

データ分析で次の一手が打てる

通常、オンラインショップを運営する際は、アクセス解析やSEOを駆使して売上を伸ばすための方策を練ります。一般アカウントだと、データ解析が使えないため、個人的な経験や勘に頼る以外にありません。

一方、ヤフオク!ストアなら、統計・分析ツールを利用できます。
売上、注文数、ページビュー、訪問者数の基本データをはじめ、落札者の訪問経路、どんなキーワードで検索して対象ページにたどりついたかなど、店舗運営に役立つデータを取得することができるのです。

アクセス解析データがあれば、売れない原因を探り出し、その対策を練るのが容易になるでしょう。

自動値下げが1%から設定できる

ヤフオク!に出品してもなかなか入札されない時に、自動値下げを設定しておくと入札率アップに効果的です。自動で再出品される際、自動的に開始価格が下げられる仕組みになっているからです。

自動値下げは一般アカウントの場合は5%、ストアの場合は1%から設定できます。出品を1,000円で開始してから自動値下げが5回繰り返された場合の差は次の通りです。

5%で5回自動値下げされた場合:774円
1%で5回自動値下げされた場合:951円

一般アカウントの場合は5%ずつ値下げが行われるので、1回で大きく価格が下がります。ストアアカウントの場合、1%に設定しておけば下げ幅が少ないため、ゆっくりと適切な価格を見極めることができます。

メールマガジン発行で売り上げアップ!

ヤフオク!ストアでは、落札者を対象にメールマガジンを発行することができます。商品を出品するタイミングでメールマガジンを発行すれば、オークションへの導線作りができますし、リピーター作りにも貢献します。

メールマガジンを活用することで、アクセス数を伸ばし、落札者の購買意欲を促すことが可能です。

定型文はテンプレートを利用して時間を節約!

先にも述べましたが、ヤフオク!ストアなら業務を一括処理できます。発送完了メールやお礼メールのように内容がほぼ同じメールの場合は、テンプレートを利用して一括処理しましょう。

ヤフオク!ストア出店で気をつけたいこと

ヤフオク!ストアにはメリットが多くありますが、デメリットもあります。出店前に、ヤフオク!ストアで気をつけるべきことを把握しておきましょう。

ストアとして情報を公開する必要があります

ヤフオク!のオークションにストアとして出店するには、審査があります。
審査完了までは2~3週間かかるので、ストア出店を決めたら早めに行動しましょう。

ストアとして出品するには、特定商取引法に基づき、表記に必要な情報を公開する必要があります。事業者名、電話番号や住所などがネット上に公開されるため、営業メールや営業電話が増えるデメリットがあります。

副業禁止の場合は注意を

ヤフオク!の出品を副業としている方は、個人情報が公開されることで本業に影響が出る可能性があります。会社の就業規則で副業が禁止されている場合は、特に注意が必要です。勤務先の上司がストア情報からあなたが副業をしていることを知り、解雇や懲戒の処分を下すおそれがあるからです。

本業への悪影響を抑えるためには、何らかの工夫が必要になります。家族や親戚の方に名義を借りるなど、あなたの名前が出ない方法を検討してください。

一部のツールでHTMLの知識が必要

ヤフオク!ストアではオークションブースのカスタマイズができます。ページデザインを変更してオリジナルスタイルを適用すれば、差別化が図れます。ただし、HTMLの知識が必要です。

デザイン制作を代行してくれる会社もありますが、思った以上に高額です。カスタマイズはできる限り自分でやるようにしましょう。簡単なHTMLでも対応できる箇所から始め、少しずつ慣れていくのが良いでしょう。

一般アカウントとストアアカウントの料金の違い

ヤフオク!で出品する際、一般アカウントとストアアカウントでは、落札システム手数料などの負担額が異なります。落札する側も支払い料金に違いが出てきます。

ここでは、アカウントによって違う手数料や消費税などについて解説したいと思います。

消費税の違い

ヤフオク!では個人出品の場合とストア出品では料金会計が異なります。個人出品から落札した場合に支払う料金は「商品代金+出品者が決めた送料」です。消費税は取らない場合がほとんどです。

これに対して、ストア出品者は消費税の負担を求めてくるのが一般的なので、支払額は「商品代金+消費税+送料」になります。

例1)個人出品の価格表示
6,050円(税 0 円)

例2)ストア出品の価格表示
6,050円(税込 6,534 円)

同じ商品なのに支払い額が大きくなるのでストア出品の方が不利に見えますが、信頼度が違います。消費税の分だけ価格が高くなることは、大きなデメリットにはなりません。

ヤフオク!に出品するコストの違い

ヤフオク!ストアは個人で出品するよりも費用がかからない料金設定になっています。

■月額システム利用料
・ヤフオク!ストア:無料
・個人利用(Yahoo!プレミアム会員登録なし):無料
・個人利用(Yahoo!プレミアム会員登録あり):498円(税込)

■落札システム利用料
・ヤフオク!ストア:落札額の7.56%(税込)
・個人利用(Yahoo!プレミアム会員登録なし):落札額の10%(税込)
・個人利用(Yahoo!プレミアム会員登録あり):落札額の8.64%(税込)

■出品取消システム利用料
・ヤフオク!ストア:無料
・個人利用:540円(税込)/出品

■注目のオークション利用料(オプション)
ヤフオク!ストア、個人利用ともに21.6円(税込)~/日

■ストアホットオークション利用料(オプション)
ヤフオク!ストア:54円(税込)/出品
個人利用は使用無し

上記の他、ヤフオク!ストアなら、太字テキスト・背景色・最低落札価格・贈答品アイコン・目立ちアイコンを個人利用の場合の半額で使用できます。

副業だけじゃない。本業にもできるヤフオク!ストア

ヤフオク!は国内最大級のネットオークションサービスです。常時約6366万点が出品されています。オークションを楽しむ方から副業をされている方まで様々な方が利用していますが、本業にすることも可能です。

ここでは、ヤフオク!を本業にするメリットについて解説します。

ストア出品で注意する項目

ヤフオク!ストアは個人事業主や法人企業向けのサービスです。ストアとして出店する際には、取り扱う商品によって許可証などのコピーが必要になります。本業としてやる以上、許可・免許が必要か否かを調べておくのは必須です。忘れずに確認しておきましょう。

中古品…古物商の許可取得が必要
アルコール酒類全般…酒類販売業免許のコピー
医薬品…一般医薬品販売業許可証のコピー
コンタクトレンズ…高度管理医療機器等販売業許可証のコピー
ふぐ…ふぐ取り扱い免許のコピー
中古の自動車パーツ…自動車解体業免許の免許情報の入力
ブランド品を取り扱う場合は、事前に審査が必要です。審査が必要なブランド一覧は下記一覧をご参照ください。
審査対象ブランド一覧(2016年8月現在)

上記の他、出品が禁止されている商品があります。出品前に必ずチェックするようにしましょう。禁止商品一覧は、下記ページをご参照ください。

出品禁止物

ストア出店でリピーターを獲得できる

ヤフオク!ストアではメールマガジンを使って落札者にアプローチすることができます。商品入荷情報、新規出品情報などを落札者にメルマガで配信すれば、リピート率アップに繋がります。

個人アカウントでは不可能なメルマガ配信ができるのは、ストアアカウントならではの大きなメリットです。

業務効率化で仕入れの時間を確保できる

ヤフオク!ストアには効率よく取引業務を行える環境が整っています。
一括で出品したり、登録済み商品をボタン操作のみで出品したりできるので便利です。
落札者とのやりとりは取引ナビを利用するのではなく、フォームで完結されます。

ヤフオク!ストアを本業にしていく上では、業務の効率化が最大のカギです。利益を上げるには、仕入の検討や現状の分析などに時間が必要になるからです。

ヤフオク!ストアに用意されているツールを利用すれば、仕入商品を手早く出品し、落札後は速やかに取引を完了できます。結果、顧客サービスや売り上げ対策などに使える時間が増えます。

まとめ

ヤフオク!にストアとして出品するメリットやデメリットについて解説しました。
個人アカウントからストアアカウントへの切り替えや、副業でストア出品する際に参考にしてください。

ヤフオク!は出品だけなら無料でできるようになったため、アプリのユーザー数も増加傾向にあります。ユーザーが増えるということは、売り上げアップのチャンスが広がるということです。

ヤフオク!ストアは、落札者から信頼されやすいため、入札率が高くなる傾向にあります。ヤフオク!ストアを有効利用して、売り上げアップを目指しましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法