ヤフオクで無在庫転売と疑われる!?通報される原因と対処法【要確認】

無在庫転売は、在庫を抱える必要がないため、人気のある転売方法です。しかし、ヤフオクでは無在庫転売は禁止されているため、無在庫転売を疑われると、通報されてアカウントが停止されることもあります。

そこで今回は、ヤフオクでアカウントが停止されてしまう原因と、その対処方法を紹介します。

目次

ヤフオクで無在庫転売を行うと違法となるのか?

ヤフオクで無在庫転売を行うと違法となってしまうのか、詳しく解説していきます。

無在庫転売は違法とはならない

無在庫での販売と言われると、よくトラブルが起きていて違反なのではと思われる方が多いですが、無在庫転売は法律で違反と規定されてはいません。

無在庫転売は通常の販売方法で言うと、受注生産販売や事前予約販売など注文を受注してから商品を取り寄せて販売する方法であり、昔から利用されてきたメーカーなどでも行われている販売方法です。

無在庫転売をする際の注意点

無在庫転売は前述の通り、違法ではありませんが商品を取り寄せるのが注文を受けてからという点に注意が必要であり、流れをしっかり熟知しておき仕入先を確実に確保する必要があります。

もし販売する商品の仕入先の在庫がなくなっていて仕入れられなかったりすると、購入者の方へ迷惑をかけてしまうことになるため、違法かどうかは関係なくしっかり販売できる体制を整えて販売するようにしましょう。

違法となる商品などがある

無在庫・有在庫を問わずに違法となる商品や販売するにあたって許可が必要となる商品があります。

ブランド商品の偽物や本物と偽って偽物を売る行為、私用目的でなく転売目的で購入したチケットなどの転売、取り扱いが禁止されている銃や刀剣類、動植物などは販売すると違法となり、中古品や酒類などは販売するには許可が必要です。

ヤフオクでアカウントが停止されてしまう理由

ヤフオクのアカウントが停止されてしまう理由を紹介します。もしかすると無在庫転売を疑われているのかもしれません。まずは焦らずに原因を考えましょう。

評価が少ない時に大量出品した

ヤフオクのアカウントを作成して間もないころに大量に商品を出品してしまうと、アカウントが制限される可能性が高まります。ヤフオク側の監視システムに引っ掛かり、自動的に制限がかけられていると考えられます。

しかし、評価が100以上のアカウントの場合は、同じ数だけ出品しても制限はかかりません。

作成したばかりのアカウントにこのような制限がかけられている理由は、過去に詐欺事件が多発したことにあります。ヤフオクでの詐欺は、高額な商品を出品し、落札者から代金だけを受け取り、商品は送らないという手口で行われます。

そのため、評価数が少なく信頼度の低い出品者には制限がかけられています。ちなみに、現在では、ヤフオクが代金を一時預かり、落札者が商品を受け取ったのを確認してから出品者に支払うシステムとなっているので、同様の詐欺事件は少なくなっています。

無在庫転売の疑いがある

ヤフオクの利用規約では、無在庫転売が禁止されています。

ヤフオク!ガイドライン細則によると、「8. 商品の現物が手元にない状態で出品すること」を禁止行為として定めています。

参考: ヤフオク「ヤフオク!ガイドライン細則」

また、商品説明文に以下のような記述があると無在庫転売を疑われてしまいます。

「メーカーから取り寄せますので、入金確認後から4週間前後でお届けします」

このような文面はヤフオク側のシステムで検知され、人による目視確認が行われます。その結果、無在庫転売の可能性が高いと判断されれば出品を制限されてしまいます。

偽物を出品した

偽物の商品を出品すると、当然アカウント停止になります。このような行為はヤフオクの規約に違反しているにとどまらず、法律違反でもあります。偽物の販売は絶対にいけません。

しかし、海外から多くの商品を輸入する場合は、偽物が紛れ込んでいることも少なくありません。本物か偽物かの判断は難しいですが、怪しい商品の出品は避けるようにしましょう。

禁止されている出品方法で出品した

ヤフオクのガイドラインでは、実際に手元にない商品の出品や出品者が行ってはいけない禁止行為として次のような行為を禁止しています。

・販売するつもりがない商品を出品
一旦出品して、どのぐらいの値段がつくか知りたいからといって、実際に商品を販売しないのに出品することは禁止されています。無在庫転売は手元に商品がない状態なので、違反とみなされる可能性があるので注意が必要です。

・同じ商品を他社のECサービスなどに二重に出品すること
ヤフオクで出品している商品を、他のフリマアプリなどで出品することは禁止されています。PayPayフリマには所定の条件に該当していれば同一商品が出品されますが、他のECサイトに掲載することは違反となるので、どちらが高値になるのかなどを競わせることはできません。

・設定した販売数量と実際の取引数量で異なる取引をすること
商品ページでは出品数が「1」になっているにもかかわらず、在庫があるので複数購入することができるなど、後々数を増やして購入することができるようにすることは禁止されています。

・事実と異なる表示をすること
商品の色や形状、素材や型番などの情報が実際に出品している商品の画像や説明と異なる商品説明を記載していたり、違うブランド名を設定していると違反となります。また、詳細な情報を記載されていないことも禁止されています。

・商品等の広告を目的として出品すること
商品ではなく広告自体を掲載することや、アフィリエイト目的で自社ECなどに誘導するリンクを貼ることなども禁止されています。

・自身の出品した商品に入札すること
自信で出品した商品に入札行為をすることは、入札の成否を問わず、禁止となっています。また、他の同等の商品を出品してるオークションに他に安く購入できるオークションがあるなどの連絡を行うこともやってはいけません。

この他にも様々な条件をガイドラインに挙げられていますので、出品する前には違反していないかをしっかり確認して出品するようにしましょう。

違反行為や購入者に迷惑をかけてしまうことでチェックされたことで無在庫転売が露見してしまう可能性があるので、無在庫転売を行う時は特に注意して出品から発送を行うことが必要です。

ヤフオクから課されるペナルティの種類

ヤフオクのガイドラインに違反した場合に課されるペナルティを紹介します。ペナルティは、出品制限・商品の削除や利用停止・Yahoo!Japan IDの削除のいずれかです。

出品制限

出品制限は、ヤフオクのペナルティの中では一番軽いものですが、出品中のオークションはすべて取り消されます。さらに出品、再出品、自動再出品は使用不可となります。

また、自分では気づかないうちに不正ログインされ、アカウントが荒らされた挙げ句に出品制限がかけられる場合もあります。この場合は、ヤフオクに問い合わせることで復活できます。

利用停止

出品制限より重いペナルティが、利用停止です。利用停止されると、出品中のオークションはすべて取り消され、更にヤフオクのほぼ全ての機能が使えなくなってしまいます。

商品の発送が完了しているときは、商品の到着が確認された後に商品代金は支払われます。しかし、商品を発送する前にアカウントが停止されてしまった場合は、発送自体ができず、落札者に連絡もできなくなってしまいます。

この場合は、ヤフオクへ問い合わせて対応方法を教えてもらいましょう。

Yahoo!Japan IDの削除

Yahoo!Japan IDの削除が最も重いペナルティです。

この措置を受けると、ヤフオクだけでなく、ヤフー関連のサービスが全て利用できなくなってしまいます。一度IDが削除されると復活は不可能なので、新たにIDを作り直すしか方法はありません。

ヤフオクでアカウントを停止されないようにするには?

ヤフオクでは無在庫転売が禁止されています。しかし、自分では無在庫転売をしているつもりはなくても、ヤフオク側の判断でペナルティが課せられる場合もあります。

そこで、アカウントを停止されないために注意すべき点を紹介します。

商品説明文の文面に注意する

商品説明の文面には注意しましょう。例えば、「落札いただいてから取り寄せますので、発送までお時間がかかります」といった記載は無在庫転売を疑われるため、通報されたりヤフオク側にチェックされたりしてしまいます。

何度も言いますが、ヤフオクでは、手元にない商品の出品は認められていません。無在庫転売ではないことがハッキリわかるような文面にしましょう。

Amazonから直送しない

ヤフオクで落札された商品をAmazonから直送する人もいますが、このような販売方法は止めておきましょう。なぜなら、ヤフオクで落札したはずの商品がAmazonから届くのは落札者にとって不愉快だからです。

ヤフオクで入力した個人情報が勝手にAmazonに通知されているのですから、落札者が不安になるのも無理はありません。このような事をしていては、悪い評価を付けられても仕方ありませんし、最悪の場合は、無在庫転売を行っているとして通報されてしまいます。

同じ商品を出品しない

ヤフオクで同一の商品を複数出品することは、ガイドラインに違反する行為です。アカウント制限がかけられるリスクが高まるので注意しましょう。

落札者に発送日時をきちんと伝える

落札者に発送までの日数を知らせるようにしてください。

また、ヤフオクでは1週間以内に商品を発送することが求められます。1週間以上かかりそうな場合は、必ず落札者にその旨通知するようにしましょう。

信頼される出品者になるためにも、小まめに正確な発送日時の連絡を行いましょう。

在庫管理を怠らない

ヤフオクで取引するなら在庫管理はきちんと行いましょう。大量の商品を出品していると、在庫が把握しきれなくなってしまう場合があります。そのため、Excel等を使ってきちんと在庫管理をしておきましょう。

また、同じような商品を続けて出品する場合は、商品価格のチェックも必ず行ってください。変動する相場にあわせて、定期的に適正価格に更新しておく必要があります。

最初は高額商品を出品しないようにする

取引実績が少ない状況で高額商品を出品することは控えましょう。

ブランド品などの高額商品は、利益を出しやすいのですが、高額ゆえにトラブルが多くヤフオク側からチェックされることがあります。

トラブルになる原因は、不良品や偽物の出品、商品情報の記載漏れなどがあります。不良品や偽物の出品はもちろんNGですが、傷や汚れ、注意点などの商品情報の記載漏れにも注意しましょう。

しかし出品者が気をつけていても、しっかり確認をせずに購入した購入者が、後からクレームを付けてくることもあります。低額であれば我慢できることも高額になればトラブルに発展しやすくなります。

トラブルが続くとヤフオクから目をつけられやすくなりますので、アカウント開設後すぐの高額商品の出品は避けて、100件以上の取引実績を作ってから高額商品の出品をしましょう。

違反申告を受けた場合はすぐに出品を取り消す

利用者が違反申告をした場合、出品者にも違反申告の内容が通知されます。

無在庫転売をしていた場合、ヤフオク側に調べられたらすぐにバレてしまいます。調べられる前に出品を取り消すことで、ペナルティを避けられる可能性が上がりますので、違反申告を受けたらすぐに該当商品の出品を取り消しましょう。

出品禁止物を出品しない

ヤフオクには出品が禁止されているものがあります。出品を始める前にはしっかりと目を通してから出品をするようにしましょう。

たばこや医薬品、化粧品をはじめ偽ブランド品や自身で無断複製した海賊版のCDやDVDなどももちろん販売できません。

その他、コンタクトレンズなどの医療機器や毒物・劇物、危険ドラッグや精力剤など人体へ興奮作用や刺激をもたらすようなものも禁止されています。

ナイフやスタンガン、模造刀やスリングショットなどの武器としての目的をもつようなものや動物、動物を原料とする商品や制限のかかった携帯電話などを出品することはできません。

他にも出品してはいけないものは数多くあるので、出品する前には必ず禁止物を確認することで、うっかりペナルティをもらうことがないように気を付けましょう。

評価を上げてから販売する

ヤフオクには、完了した取引に対して出品者と購入者がお互いに評価する機能があります。「非常に良い」から「非常に悪い」の5段階評価であり、良ければ+1、悪ければ-1の評価が付きます。

評価の数は同じ相手との取引では増減することはなく、別の購入者と取引を行い評価を高めていく必要があるので、少しでも多くの購入者との取引を行わなければなりません。

購入者は出品者の評価も確認して購入するかどうか参考にするポイントとしているため、評価が悪い出品者よりも評価が良い出品者の方が安心して購入できるので評価を上げることは重要なことです。

また、悪い評価が多ければYahoo!JAPAN側にもトラブルを起こしそうだとマークされやすくなってしまい、何かあればペナルティが課される可能性なども高くなってしまいます。

ストレスなく利用するためにも誠意をもって迅速に対応するように心がけて、評価を下げてしまうことがないように気を付けましょう。

すぐに大量出品をしない

開設したばかりのアカウントや、評価数などの実績がない状態でいきなり大量の商品を出品しても、利用されない可能性が高いです。

更に、評価も少ない状態でいきなり大量出品することで、何故売れる商品かどうかも分からないのにそんなに在庫を抱えているのかとヤフオク側に無在庫転売などを疑われる材料となるので、止めましょう。

商品説明を偽らない

出品する際に、商品の詳細情報を記載しますがその時に実際の商品の状態よりかけはなれて良く偽ったりすると、商品ページの情報と違うなどのトラブルになる可能性が高くなるため、詳細情報は正確に記載しましょう。

在庫切れになりにくい商品や確実に仕入れられる商品を出品

ヤフオクでは実際に在庫が確保できていない状態で出品することを禁止しているので、出品した商品は在庫がなくなってしまっていないように必ず確認をこまめに行なっておくことが必要です。

ペナルティを受けたアカウントは復活できるか

登録削除のペナルティを受けた場合は、同じアカウントで再登録や利用再開はできません。

しかし出品制限と利用停止のペナルティを課された場合は、復活できる可能性があります。

アカウント復活のためにはまず「出品制限・利用停止の解除依頼フォーム」から連絡しましょう。連絡する際は反省と今後改善する姿勢が伝わるように意識しましょう。

ヤフオク側が内容を確認して、解除が妥当だと判断されれば1週間以内にメールで通知がきます。1週間経ってもメールがこなかった場合は、解除が妥当ではないと判断されたということですのでアカウントの復活は諦めましょう。

評価が少ない間の出品について

ヤフオクのアカウントを作成したばかりの頃に大量出品を行うと、アカウント制限がかけられるリスクが高まります。

評価が少ない時の出品方法

数年前まではヤフオクで評価数が30程度あれば、大量の商品を出品してもアカウント制限がかかることはありませんでした。しかし、現在では、評価数が30あるのに400個出品したらアカウントを停止されたという人もいます。

ヤフオクは、評価数と出品可能数との関係を公式には明らかにしていませんが、評価数が100以上になれば大量出品が許されるようです。そのため、評価数が少ないうちは少しずつ商品を出品して評価数を増やしていきましょう。そして、100を超えたあたりで出品数を増やすのがおすすめです。

ヤフオクから在庫確認を求められた場合

ヤフオクで出品している商品が100以上など、出品数があまりにも多い場合はヤフオク運営側からのチェックが入ります。ヤフオクから通達が来た場合の対処方法を紹介します。

ヤフオクにメールを送る

ヤフオク側が無在庫転売を疑った場合、「3日以内に出品している商品すべての写真を送ってください」といった内容の通達がユーザーの元へ届きます。本当に手元に出品している商品があるなら問題はありませんが、そうでない場合は大問題です。

無在庫転売を疑われた場合、アカウント制限がかけられてしまいます。この場合は、ヤフオクに「海外の倉庫に商品を保管しているため、自宅に届くまで7日前後要します。商品が自宅に到着次第、写真を添付いたします。」という内容でメールを送ってください。

すると、ヤフオクからメールで「商品到着次第、写真を送ってください」と催促されるので、商品が確保でき次第すぐに写真を送りましょう。上手く行けば、1週間前後でアカウント制限が解除されるでしょう。

ヤフオクでアカウント停止を免れる方法

商品を大量に出品している場合でも、アカウント制限を回避する方法はあります。アカウント停止処置の予防策として覚えておきましょう。

海外倉庫から発送する設定にする

出品者の発送元地域を海外に設定すると、「海外倉庫から発送している」ということを通知できるので、ヤフオクのシステムによる取り締まりを回避できる可能性があります。

出品地域と商品発送元の地域を海外に設定するだけなので簡単です。

大量に商品を出品していてアカウント制限がかかるリスクが高い場合は、この方法を試してみましょう。

通報されないように工夫する

商品を大量に出品していたり、発送まで数週間かかったりすると、利用者に通報されてしまいます。通報されないためにも、Amazonからの直送を避けるなど、落札者に不安を与えないように工夫しましょう。

例えば、発送を迅速に行ったり、発送日時を正確に伝えたりといった細かな気配りを行うことが重要です。

ヤフオクで無在庫転売を通報される

違反行為や違反商品などを発見した場合は、すぐにYahoo!JAPANへ通報するようにホームページ上でも促されています。無在庫転売も他の違反などから見つかる可能性は十分にあるので注意が必要です。

違反を報告する際の方法

違反報告は、商品ページ内の「違反商品の報告」から、専用フォームで何の違反に該当するのかなどを選択するだけですぐに報告することができます。その他、ガイドラインの申告フォームからも報告することが可能です。

通報されるとYahoo!JAPAN側で調査が入り、もし違反と判断されればアカウントの出品制限や停止、削除などの措置をとられる可能性があります。もし、違反報告があった場合はガイドラインに照らし合わせて出品している商品が違反していないかを確認しましょう。

報告は簡単にできてしまいますが、Yahoo!JAPAN側が違反だと認定しない限りはペナルティが課されることはないので、違反していない場合はそのままでも大丈夫ですが、不安がある場合は念のため商品説明を書き直す、出品を取り下げるなどの対応をとる必要があります。

ヤフオクでアカウント停止になっても焦らない

今回は、ヤフオクで無在庫転売を疑われてアカウントが停止されてしまう場合と、その対策について紹介しました。

商品を大量に出品する際は、アカウント制限に注意してください。アカウント停止にならないためには、事前の対策が重要です。

アカウント制限がかけられてしまっても、解除される可能性はあります。焦らずに原因を考え、今後に活かしていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次