物販

無在庫転売は許されない!?ヤフオクでアカウントが停止される理由とその対処法を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無在庫転売は、在庫を抱える必要がないため、人気のある転売方法です。しかし、ヤフオクでは無在庫転売は禁止されているため、無在庫転売を疑われるとアカウントが停止されてしまいます。

そこで今回は、ヤフオクでアカウントが停止されてしまう原因と、その対処方法を紹介します。

ヤフオクでアカウントが停止されてしまう理由

ヤフオクのアカウントが停止されてしまう理由を紹介します。もしかすると無在庫転売を疑われているのかもしれません。まずは焦らずに原因を考えましょう。

評価が少ない時に大量出品した

ヤフオクのアカウントを作成して間もないころに大量に商品を出品してしまうと、アカウントが制限される可能性が高まります。ヤフオク側の監視システムに引っ掛かり、自動的に制限がかけられていると考えられます。

しかし、評価が100以上のアカウントの場合は、同じ数だけ出品しても制限はかかりません。

作成したばかりのアカウントにこのような制限がかけられている理由は、過去に詐欺事件が多発したことにあります。ヤフオクでの詐欺は、高額な商品を出品し、落札者から代金だけを受け取り、商品は送らないという手口で行われます。

そのため、評価数が少なく信頼度の低い出品者には制限がかけられています。ちなみに、現在では、ヤフオクが代金を一時預かり、落札者が商品を受け取ったのを確認してから出品者に支払うシステムとなっているので、同様の詐欺事件は少なくなっています。

無在庫転売の疑いがある

ヤフオクの利用規約では、無在庫転売が禁止されています。

ヤフオク!ガイドライン細則によると、「8. 予約商品以外を、在庫が手元にない状態で出品すること」を禁止行為として定めています。

参考: ヤフオク「ヤフオク!ガイドライン細則」

また、商品説明文に以下のような記述があると無在庫転売を疑われてしまいます。

「メーカーから取り寄せますので、入金確認後から4週間前後でお届けします」

このような文面はヤフオク側のシステムで検知され、人による目視確認が行われます。その結果、無在庫転売の可能性が高いと判断されれば出品を制限されてしまいます。

偽物を出品した

偽物の商品を出品すると、当然アカウント停止になります。このような行為はヤフオクの規約に違反しているにとどまらず、法律違反でもあります。偽物の販売は絶対にいけません。

しかし、海外から多くの商品を輸入する場合は、偽物が紛れ込んでいることも少なくありません。本物か偽物かの判断は難しいですが、怪しい商品の出品は避けるようにしましょう。

ヤフオクから課されるペナルティの種類

ヤフオクのガイドラインに違反した場合に課されるペナルティを紹介します。ペナルティは、出品制限・アカウント停止・Yahoo!Japan IDの削除のいずれかです。

出品制限

出品制限は、ヤフオクのペナルティの中では一番軽いものですが、出品数が制限されてしまうため、思うように出品できなくなってしまいます。

また、自分では気づかないうちに不正ログインされ、アカウントが荒らされた挙げ句に出品制限がかけられる場合もあります。この場合は、ヤフオクに問い合わせることで復活できます。

アカウント停止

出品制限より重いペナルティが、アカウント停止です。アカウントが停止されると、ヤフオクのほぼ全ての機能が使えなくなってしまいます。

商品の発送が完了しているときは、商品の到着が確認された後に商品代金は支払われます。しかし、商品を発送する前にアカウントが停止されてしまった場合は、発送自体ができず、落札者に連絡もできなくなってしまいます。

この場合は、ヤフオクへ問い合わせて対応方法を教えてもらいましょう。

Yahoo!Japan IDの削除

Yahoo!Japan IDの削除が最も重いペナルティです。

この措置を受けると、ヤフオクだけでなく、ヤフー関連のサービスが全て利用できなくなってしまいます。いったんIDが削除されると復活は不可能なので、新たにIDを作り直すしか方法はありません。

ヤフオクでアカウントを停止されないようにするには?

ヤフオクでは無在庫転売が禁止されています。しかし、自分では無在庫転売をしているつもりはなくても、ヤフオク側の判断でペナルティが課せられる場合もあります。

そこで、アカウントを停止されないために注意すべき点を紹介します。

商品説明文の文面に注意する

商品説明の文面には注意しましょう。例えば、「落札いただいてから取り寄せますので、発送までお時間がかかります」といった記載は無在庫転売を疑われるため、通報されたりヤフオク側にチェックされたりしてしまいます。

何度も言いますが、ヤフオクでは、手元にない商品の出品は認められていません。無在庫転売ではないことがハッキリわかるような文面にしましょう。

Amazonから直送しない

ヤフオクで落札された商品をAmazonから直送する人もいますが、このような販売方法は止めておきましょう。なぜなら、ヤフオクで落札したはずの商品がAmazonから届くのは落札者にとって不愉快だからです。

ヤフオクで入力した個人情報が勝手にAmazonに通知されているのですから、落札者が不安になるのも無理はありません。このような事をしていては、悪い評価を付けられても仕方ありませんし、最悪の場合は、無在庫転売を行っているとして通報されてしまいます。

同じ商品を出品しない

ヤフオクで同一の商品を複数出品することは、ガイドラインに違反する行為です。アカウント制限がかけられるリスクが高まるので注意しましょう。

落札者に発送日時をきちんと伝える

落札者に発送までの日数を知らせるようにしてください。

また、ヤフオクでは1週間以内に商品を発送することが求められます。1週間以上かかりそうな場合は、必ず落札者にその旨通知するようにしましょう。

信頼される出品者になるためにも、小まめに正確な発送日時の連絡を行いましょう。

在庫管理を怠らない

ヤフオクで取引するなら在庫管理はきちんと行いましょう。大量の商品を出品していると、在庫が把握しきれなくなってしまう場合があります。そのため、Excel等を使ってきちんと在庫管理をしておきましょう。

また、同じような商品を続けて出品する場合は、商品価格のチェックも必ず行ってください。変動する相場にあわせて、定期的に適正価格に更新しておく必要があります。

評価が少ない間の出品について

ヤフオクのアカウントを作成したばかりの頃に大量出品を行うと、アカウント制限がかけられるリスクが高まります。

評価が少ない時の出品方法

数年前まではヤフオクで評価数が30程度あれば、大量の商品を出品してもアカウント制限がかかることはありませんでした。しかし、現在では、評価数が30あるのに400個出品したらアカウントを停止されたという人もいます。

ヤフオクは、評価数と出品可能数との関係を公式には明らかにしていませんが、評価数が100以上になれば大量出品が許されるようです。そのため、評価数が少ないうちは少しずつ商品を出品して評価数を増やしていきましょう。そして、100を超えたあたりで出品数を増やすのがおすすめです。

ヤフオクから在庫確認を求められた場合

ヤフオクで出品している商品が100以上など、出品数があまりにも多い場合はヤフオク運営側からのチェックが入ります。ヤフオクから通達が来た場合の対処方法を紹介します。

ヤフオクにメールを送る

ヤフオク側が無在庫転売を疑った場合、「3日以内に出品している商品すべての写真を送ってください」といった内容の通達がユーザーの元へ届きます。本当に手元に出品している商品があるなら問題はありませんが、そうでない場合は大問題です。

無在庫転売を疑われた場合、アカウント制限がかけられてしまいます。この場合は、ヤフオクに「海外の倉庫に商品を保管しているため、自宅に届くまで7日前後要します。商品が自宅に到着次第、写真を添付いたします。」という内容でメールを送ってください。

すると、ヤフオクからメールで「商品到着次第、写真を送ってください」と催促されるので、商品が確保でき次第すぐに写真を送りましょう。上手く行けば、1週間前後でアカウント制限が解除されるでしょう。

ヤフオクでアカウント停止を免れる方法

商品を大量に出品している場合でも、アカウント制限を回避する方法はあります。アカウント停止処置の予防策として覚えておきましょう。

海外倉庫から発送する設定にする

出品者の発送元地域を海外に設定すると、「海外倉庫から発送している」ということを通知できるので、ヤフオクのシステムによる取り締まりを回避できる可能性があります。

出品地域と商品発送元の地域を海外に設定するだけなので簡単です。

大量に商品を出品していてアカウント制限がかかるリスクが高い場合は、この方法を試してみましょう。

通報されないように工夫する

商品を大量に出品していたり、発送まで数週間かかったりすると、利用者に通報されてしまいます。通報されないためにも、Amazonからの直送を避けるなど、落札者に不安を与えないように工夫しましょう。

例えば、発送を迅速に行ったり、発送日時を正確に伝えたりといった細かな気配りを行うことが重要です。

ヤフオクでアカウント停止になっても焦らない

今回は、ヤフオクで無在庫転売を疑われてアカウントが停止されてしまう場合と、その対策について紹介しました。

商品を大量に出品する際は、アカウント制限に注意してください。アカウント停止にならないためには、事前の対策が重要です。

アカウント制限がかけられてしまっても、解除される可能性はあります。焦らずに原因を考え、今後に活かしていきましょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る