物販

ヤフオクの出品や入札を中止する方法!落札後の取消は要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクでは、原則として落札後のキャンセルはできない決まりになっています。しかし、商品が破損したり、商品代金が払えなくなるなど、やむを得ない場合は双方の合意のもと取引の中止が可能です。

そこで今回は、出品や取引を中止する方法を、出品者・入札者双方の視点から解説します。

ヤフオクで出品中の商品をキャンセルする方法

最初に、オークションに出品中の商品をキャンセルする方法を解説します。

入札者がいない場合の出品取り消し方法

入札者が1人もいない場合は、無料で出品を取り消せます。

ヤフオクのマイオクページで「出品中」をクリックしてください。すると以下のように出品中の商品が一覧表示されます。出品を取り消したい商品の「管理」をクリックしてください。

すると以下のように選択項目が表示されます。「オークションの取り消し」をクリックしてください。

注意事項をよく読んでから、「取り消す」をクリックしてください。

これで出品取り消しは完了です。

入札者がいる場合の出品取り消し方法

入札者が1人でもいる場合は、取り消しの手順は入札者が1人もいない場合と同じですが、1出品あたり540円の出品取消システム利用料がかかります。

また、商品説明に出品を取り消す理由を記載するのがマナーです。取り消し理由を説明欄に追記しましょう。

出品取り消しによる評価変動

出品取り消しによる評価変動はありません。ヤフオクで評価をつけられるのは取引後だけです。オークション開催中は取引前なので、出品を取り消しても悪い評価をつけられる心配はありません。

入札を取り消す方法

続いて、ヤフオクへの入札を取り消す方法を、入札者・出品者双方の視点から解説します。

入札者が入札を取り消す方法

入札者が入札を取り消す手順は以下の通りになっています。

  1. 出品者情報ページを開く
  2. 「出品者に質問する」をクリック
  3. Yahoo!IDと取り消す旨・理由を入力して送信

ヤフオクでは入札者が自分で入札を取り消すことはできません。取り消し申請して、出品者が入札を取り消してくれるまで待ちましょう。

ただし、申請しても出品者が入札を取り消してくれない場合もあります。また、一度入札を取り消した商品に再入札することはできなくなるので、ご注意ください。

出品者が入札を取り消す方法

次に出品者が入札を取り消す手順を説明します。

まずマイオクページを開いて、出品中をクリックしてください。そして商品一覧から入札をキャンセルしたい商品名をクリックしてください。

続いてオークション管理にある「入札取り消し」をクリックしてください。すると入札者の一覧が表示されます。入札を取り消したい入札者を選択して、「取り消し」をクリックしてください。

確認画面が表示されるので、取り消し内容に間違いがないことを確認して、「入札を取り消す」をクリックしてください。

今後も取引をしたくない入札者の場合は、取り消しに加えてブラックリストへ追加しておくと良いでしょう。

ヤフオク落札後(決済前)にキャンセルする方法

続いて、落札後・決済前にキャンセルする方法を出品者・落札者双方の視点から解説します。

出品者側が落札後にキャンセルする方法

まず出品者のキャンセル手順を以下に示します。

  1. 取引ナビで落札者にキャンセル連絡
  2. 落札者の合意を得る
  3. マイオクページでキャンセルしたい商品を選択
  4. 「落札者を削除」を選択
  5. 「出品者都合」か「落札者都合」を選択して「削除」をクリック

以下のような理由でキャンセルする場合は「出品者都合」を選択しましょう。

  • 商品説明に記載ミスがあった
  • 商品が破損した
  • 商品が別のところで売れた

以下のような理由でキャンセルする場合は「落札者都合」を選択しましょう。

  • 落札者と連絡が取れない
  • 落札者からキャンセル申請された

出品者都合で削除した場合は出品者に、落札者都合で削除した場合は落札者に、最低評価がつきますのでご注意ください。

また、入札者が複数いる場合は、落札者だけを削除すると2番目に入札額が高い人が補欠落札者となります。出品者都合で削除する場合は、全ての入札者を削除しましょう。

落札者が落札後にキャンセルする方法

落札者が落札をキャンセルしたい場合は、取引ナビで出品者にキャンセル申請してください。

落札者が直接落札を取り消すことはできません。出品者がキャンセルに合意して削除してくれるのを待ちましょう。

落札者からキャンセル申請した場合は、問答無用で落札者都合のキャンセルとなり、落札者には最低評価がつきます。

落札者を削除できない場合もある

以下の場合は落札者を削除できないので注意しましょう。

  • オークション終了から42日以上経過している場合
  • 既に入金済みの場合
  • 落札者削除件数が上限を上回った場合
  • 補欠落札者が繰り上げされた直後
  • 即決価格で終了日時より早く落札された場合
  • 「まとめて取引」に同意している場合

決済後の返金手順


続いて入金後に取引をキャンセルする場合の返金手順について説明します。

商品発送前の返金手順

商品発送前の返金手順は以下のとおりです。

  1. マイオクページで返金したい商品を選択
  2. 取引ナビで落札者に連絡して同意を取る
  3. 取引ナビで「取引を中止する」をクリック
  4. 確認画面で「落札者に連絡しました」にチェックして「取引を中止する」をクリック

以上の工程を経て返金処理されます。売上金管理ページに「キャンセル」と表示されたら返金完了です。

二次元バーコード発行後は返金できない

ただし、商品発送前でも、「ヤフネコパック」「ゆうパック」「ゆうパケット」のいずれかの配送方法で二次元バーコードを発行している場合は、上記の手順で返金処理することができません。

二次元バーコードが表示されているリンクから、ヤフオク運営に返金手続きを申請してください。

商品発送後の返金について

次に、商品発送後のキャンセル・返金について説明します。

発送後はもうヤフオクのシステム上でキャンセル・返金手続きをすることができません。取引相手に直接連絡を取り、口座に直接返金しましょう。

その際にかかる送料・手数料は、キャンセル申請した側が負担するのがマナーです。

入札者・落札者によるキャンセル例と原因

最後に入札者・落札者から連絡が来ない理由、キャンセル申請される理由を紹介します。また、その対処法も解説します。

支払い期限が明記されていない

まず落札後に落札者から連絡が来ない・入金されない理由として最も多いのは「支払い期限が明記されていないこと」です。

Yahooかんたん決済の支払い期限は、支払い方法によって以下のように設定されています。

  • コンビニ払い:落札日から7日以内に決済番号発行、決済番号発行から5日以内に支払い
  • 銀行振込:落札日から5日以内に振込先口座発行、振込先口座発行から5日以内に支払い
  • 上記以外の支払い方法:落札日から7日以内に支払い

「落札から3日以内」など、独自で支払い期限を設定する場合は、商品説明欄に明記する必要があります。明記がない場合は、上記の期限での支払いとなるため、落札から支払いまで最大12日かかります。

落札者側としては、獲得予定のTポイントを消化するため支払いを遅らせる方がメリットになるケースもあります。

早く入金してほしい場合は、必ずその旨を商品説明欄に明記しましょう。

掛け持ち入札

続いて落札後のキャンセル理由を紹介します。

1つ目は、掛け持ち入札です。ヤフオクでは、欲しい商品を確実に落札するために複数の同一商品に入札する利用者が一定数います。その結果、同じ商品を複数落札できてしまうケースも少なくありません。

その結果、落札額が一番安い商品のみ購入し、それ以外の取引をキャンセルしようとする人がいるのです。

落札後の相場下落

2つ目は、落札後の相場下落です。

これは、商品を落札した直後に商品の市場価格が下落して落札額を下回ったために、「もっと安く買えるようになったからキャンセルします」などという身勝手な理由でキャンセルされるケースです。

予想を超える高額落札

3つ目は、落札額の高騰です。

オークションでの入札合戦に夢中になり想定よりも高い金額で落札してしまった落札者が、音信不通になったりキャンセル申請したりすることがあります。

手違い入札

4つ目は、手違い入札です。

これは、単純な操作ミスなどで間違って落札してしまったケースです。

いたずら入札

5つ目は、いたずらです。

愉快犯が嫌がらせ目的で入札・落札して、キャンセルしてくるケースです。

身勝手な要求をされた場合の対処法

上記のような身勝手な理由でキャンセル要求された場合、出品者が泣き寝入りするケースがほとんどです。ただし、「落札者都合」でキャンセルすることで最低評価をつけることはできます。

また、有料オプションを利用している場合は、オプション料金を請求することも可能です。

いたずら入札防止方法

身勝手な入札者との取引を避けるためにも、出品時は必ず入札者認証制限を利用しましょう。

これを使えば、総合評価が低い人や、悪い評価の割合が多い人の入札をある程度防止できます。

いたずら入札トラブル対策

悪質な入札者によって悪い評価をつけられたり金銭的被害を被った場合は、「いたずら入札トラブル申告制度」の利用を検討しましょう。

いたずら入札トラブル申告制度

上記のリンクから、落札システム利用料・オプション利用料の返還要求、不当な評価の取り消し要求ができます。

ただし、申告前に落札者と連絡掲示板でやり取りをした上で、落札者都合で削除をする必要があります。

ヤフオクは原則としてキャンセルNG

ヤフオクは原則として入札後や落札後にキャンセルできない決まりになっています。双方の同意の下であれば可能ですが、トラブルに発展するケースも少なくありません。

慎重な取引を心がけ、キャンセルせざるを得ない状況にならないよう注意してください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法