物販

ヤフオクの出品作業を効率化する方法・ツールを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクの出品作業は結構手間がかかります。商品数が多くなると出品作業だけで1日が終わってしまうほどです。ヤフオクで長く安定して稼ぐには作業の効率化が欠かせません。

そこで今回は、ヤフオクの出品作業を効率化する方法・ツールを解説します。

ヤフオク出品を効率化する方法

まずは基本的なヤフオク出品効率化法を解説します。

デザインテンプレートを使う

まず1つ目は、デザインテンプレートを活用することです。

ヤフオクを見ていると、「キレイで見やすいデザインの出品ページ」がありますが、あれはゼロから作っているわけではありません。デザインテンプレートを使っているのです。

今は無料で使えるデザインテンプレートが数多くあります。テンプレートの利用にHTMLの専門知識は必要ありません。ヤフオクの出品フォーム同様に必要事項を入力して、デザインを選択するだけです。

商品説明文のテンプレートを作る

2つ目は、商品説明文をテンプレート化することです。

項目や毎回書く注意事項などをテンプレートとして保存しておけば、説明文を書く時間を大幅に削減できます。

例えば、洋服の説明文なら、以下のようなテンプレートを作っておきましょう。

——————–
閲覧ありがとうございます。

◆商品名
◆ブランド名
◆サイズ
◆生地
◆色
◆商品の状態
◆購入時期
◆着用頻度

家で猫を買っているため、猫アレルギーの方はご遠慮ください。
——————–

あとは出品時に必要な情報を穴埋めで入力するだけで済みます。

経費支払い・仕入れは全て現金で行う

3つ目は、経費の支払いや商品の仕入れを全て現金で行うことです。

お金を借りて仕入れや支払いを行っていると、資金繰りが大変です。特に在庫が増えてくると手に負えなくなります。

しかし、全て現金で決済していれば、通帳を見るだけで資金状況を把握できます。

ネットバンクを利用する

4つ目は、ネットバンクを利用することです。

ネットバンクは土日祝日24時間いつでも取引ができるため、入金や代金受け取りがスピーディーに行なえます。また、ネットバンクは支店がないため、各種手数料が安く経費削減にも繋がります。

中でもジャパンネット銀行はヤフオクと特に相性が良いためおすすめです。

出品前にターゲットを明確化する

5つ目は、ターゲットを明確化することです。

出品前に、この商品のターゲットが誰なのかを明確にしておくことで、出品作業全てを効率化できます。

例えば、コレクター向け商品なら「商品状態の良さをアピールする」とか、美容師向けの商品なら「美容院が休みの火曜日にオークションが終わるようにする」など、ターゲットが決まればやることがはっきりします。

管理番号で在庫管理

6つ目は、管理番号で在庫管理することです。

在庫が増えてくると、商品を探すだけでも一苦労です。管理番号をつけて効率的に管理しましょう。

管理番号は自分の好きな番号で構いません。ただし、日付にするのはやめましょう。古い日付だと売れ残りだと思われて売れにくくなります。

また、家電などの大きな商品は1商品ごとに管理番号をつければ良いですが、アクセサリーやフィギュアなどの小物類は、個別に管理番号をつけるとかえって手間がかかります。小物類はカテゴリごとに箱分けして、箱に管理番号をつけるようにしましょう。

出品期間を5日以上にする

7つ目は、出品期間を5日以上にすることです。

出品期間を短くすると、落札額も上がりにくい上、出品回数が増えるため手間もかかります。

したがって、出品期間は5日以上、できれば7日確保するようにしましょう。

ただし、フリマ出品する場合は出品期間は2日以内がおすすめです。なぜなら、フリマ出品は出品終了まで2日を切ると検索結果で上位表示されやすくなるからです。

終了日時は連休最終日の夜

8つ目は、オークション終了日時を連休最終日の夜20~24時にすることです。

通常であれば日曜の夜です。この時間帯にヤフオクの利用者が最も多くなるため、入札数が増えて高額落札されやすくなります。

ただし、これは一般的な利用者をターゲットにした場合です。美容師など平日が休みの人をターゲットにする場合は、休みの日の夜に終了するように出品しましょう。

作業効率化ツール「オークファン」

ここからはヤフオク取引を効率化するツールを紹介します。

1つ目は、オークファンです。オークファンは過去の落札相場が調べられるサイトで、リサーチに重宝します。他にも無料で使える出品テンプレートもあります。

オークファンから出品する方法

また、オークファンでは「過去の落札商品」から簡単出品することもできます。

自分が出品したい商品を検索してください。同じ商品を見つけたら、クリックして商品ページを開きます。

商品ページは以下のように表示されます。ここで商品名・型番などをコピーしておきましょう。

続いて、商品ページの右下に「出品する」というボタンがあるのでクリックしてください。

すると出品ページに飛びます。商品ページから来ると、以下のようにカテゴリが全て選択された状態から始められます。

まずは商品名に先ほどコピーした商品名・型番を貼り付けましょう。あとは事前に作っておいた商品説明文テンプレートを貼り付けて、必要事項を入力すれば完了です。

このように、オークファンを使えば出品作業を効率化できます。

クリップボードアプリを併用する

商品説明文のテンプレートは、クリップボードアプリに登録しておくと便利です。

クリップボードアプリに登録しておくと、指定したショートカットキーで簡単にテンプレートを挿入できます。

クリップボードアプリは、Windowsなら「Clibor」、Macなら「Clippy」がおすすめです。

ヤフオク出品テンプレート作成ツール「@即売くん」

続いて紹介するツールは、ヤフオク出品テンプレートを作成できる「@即売くん」です。テンプレートの種類に関しては、オークファンよりはるかに豊富です。

クリップボードアプリを併用する

@即売くんのインストール方法を説明します。まずは以下のリンクを開いてください。

@即売くん

すると右上にダウンロードリンクがあるので、クリックしてインストーラーをダウンロードしてください。

インストーラーを起動すると以下のようになります。「次へ」をクリックしてください。

すると使用許諾契約書が表示されます。内容を確認したら「同意する」を選択して「次へ」をクリックします。

続いてインストール先を指定して、「次へ」をクリックします。

続いてプログラムグループを指定してください。

最後に追加タスクを選択して「次へ」をクリックすれば、インストールできます。

「@即売くん」の使い方

「@即売くん」の基本的な使い方を説明します。

ソフトを起動したら、最初にYahoo!IDを入力して保存してください。次に初期設定をします。

初期設定が終わると、テンプレートが作成できるようになります。作成画面は以下のようになっています。「種類」の「サンプル」をクリックすれば、デザインを確認できます。

入力が終わったら、プレビューを確認しましょう。問題がなければ一番下の「実際の出品作業に進む」をクリックしてください。

すると以下のようにテンプレートのHTMLコードが表示されます。これでテンプレート作成は完了です。

あとはこのHTMLコードをコピーしてヤフオクの出品フォームに貼り付ければ、テンプレートを使用できます。

落札後の作業を効率化する「取引ナビブラウザ」

続いて、落札後の作業を効率化するツール「取引ナビブラウザ」を紹介します。

取引ナビブラウザ2

これは取引ナビによる連絡をメールのように管理できるツールです。

落札後は、下記の画像の赤枠で囲った部分に落札商品・落札者の名前などが一覧で表示されます。

以下のようにメッセージテンプレートを作っておけば、ワンクリックで落札者とのやり取りができます。

かんたん取引ナビ

ソフトをインストールしたくない人には、「かんたん取引ナビ」がおすすめです。これはヤフオク公式ツールです。

かんたん取引ナビ

かんたん取引ナビは、通常の取引ナビのように毎回文章を入力する必要はありません。事前に住所などの出品者情報を登録しておけば、ボタン操作だけで落札者にメッセージが送れます。

その他、ヤフオク出品におすすめのツール

最後に、その他の効率化ツールを用途別にまとめて紹介します。

出品効率化ツール

まずは出品作業効率化ツールから紹介します。

一括で大量出品したり、予約出品したい場合は、「オークタウン」がおすすめです。

オークタウンはクラウド型の無料サービスです。CSVファイルに商品情報を入力してアップロードすれば、一括商品登録できます。あとは出品したい商品を選んで出品ボタンを押すだけです。他にも簡単出品機能や商品画像管理機能などもついています。

ただし、オークタウンは少し操作が難しいのがマイナスです。ツール初心者には「AppTool」をおすすめします。

AppToolもオークタウン同様、クラウド型の無料サービスです。管理画面がシンプルである他、わずか3クリックで一括出品が完了するなど操作性に優れています。特に再出品作業の効率化に優れたツールです。

画像編集ツール

続いてヤフオク利用者におすすめの画像編集ソフトを紹介します。以下のソフトは全て「オークション支援ツール配布サイト」から利用できます。

オークション支援ツール配布サイト

1つ目の画像編集ソフトは「Easyピクト」です。複数の画像を1枚に結合できるため、画像を沢山投稿したい人におすすめです。また、文字の挿入も簡単にできます。

2つ目は、「@簡単縮小」です。こちらは画像の縮小が簡単にできます。複数の画像を一括変換することも可能です。

お金管理ツール

次にお金を管理するツール「MoneyLook」を紹介します。

MoneyLook

MoneyLookはネットバンキング利用を効率化するツールです。ログインID・パスワードを記憶してネットバンキングに自動ログインできます。「ログイン情報管理マネージャー」と併用すれば、セキュリティ面も安心です。

MoneyLookは以下のように複数の口座の残高をひと目で確認できます。

「銀行総合詳細」をクリックすれば、取引の詳細も確認できます。

商品価格比較サイト

続いて商品価格を比較できるサイトを紹介します。

まず1つ目は、「Ritlwebオークション検索」です。ヤフオクを含めた複数のオークションサイトの価格を一括検索できます。

Ritlwebオークション検索

2つ目は、「価格.com」です。こちらは市場価格を一括検索できます。

価格.com

送料比較サイト

最後に送料比較サイト「送料の虎」を紹介します。

送料の虎

「送料の虎」では、ゆうパック・ヤマト宅急便・佐川急便など31種類の宅配業者の配送料を比較できます。

作業を効率化すれば、出品数も増やせる

今回紹介した方法・ツールを使えば、出品にかかる時間を大幅に削減できます。ぜひご活用ください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る