物販

ヤフオク出品で、値段変更することがあるの?値引き交渉に上手く対応するコツをおぼえよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクは、基本的にオークション開催中に出品ページを修正することができません。ヤフオクでは値引き交渉や即決希望連絡などがあるのですが、その場合、値段変更はできるのでしょうか。今回は、値段変更の方法以外にも、値下げ交渉があったときの心構えや、ヤフオクでのルール、さらには「最低落札価格」オプションについて掘り下げていきましょう。

Contents

超苦手!ヤフオクで、値下げ交渉をされたらどうするべき?

人気フリマアプリ、メルカリでは、取引メッセージから自由に値段交渉が可能です。その感覚で、ヤフオクでも質問欄から値下げ交渉をしてくる人が多くいるようです。しかし、ヤフオクでは、「値下げ交渉」のオプションを設定している出品商品にしか値下げ交渉はできないことになっています。

値下げ交渉は、そもそも得意な人、苦手な人がいて、後者の方が多いのではないでしょうか。値下げ交渉をされた時、どのように考え、どのように対応するべきなのか、一緒に考えていきましょう。

想定外の値下げ交渉には、応じない方が良い

値下げ交渉のオプションをつけていないにもかかわらず、質問欄から値下げ交渉をしてくる人が多いのが現状です。そこから、親切心で、即決価格として再出品したところ、スルーされてしまったというケースは珍しくありません。

向こうはできるだけ安く、希望商品を買うことに必死ですから、値下げ交渉した商品以外に、魅力のある出品商品があれば、そちらへ移ってしまうのです。こちらとしては、値下げ交渉に対応したのに、踏んだり蹴ったりですね。こうならないためにも、値下げ交渉オプションを設定していない商品での値下げ交渉は、応じない方が無難だと言えます。

そもそも、値下げ交渉オプションをつけていないのに交渉してくるのですから、あまりルールを遵守しようという考えの人ではないのかもしれないですね。商品説明欄にも「値下げ交渉はお受けできません」などの文言を入れておくと、断りやすいです。

値下げ交渉を断る場合の文言とは

値下げ交渉の質問に回答しないと、未回答として「回答済み:なし」と表示されてしまいます。何だか、質問に応じない不親切な出品者だと思われそうですね。きっちりと対応したいと思っている出品者ほど、この現象は歯がゆいもの。

回答するのは基本ですが、文章には気を付けないと、真意が伝わらず印象を悪くすることもあります。さらに、質問は他のユーザーもチェックできますので、出品者の印象を悪くしないためにも丁寧に対応していきましょう。

「値下げ交渉のオプションは設定しておりません。お断りします。」

これでは、少し怖いですね。

「メッセージありがとうございます。出品して間もないので、今のところ値引きは考えておりません。ご理解くださいますようお願い申し上げます。」
「ウォッチリストに登録してくださっている方も多くいらっしゃいますので、個別の値下げ交渉には対応いたしかねます。どうぞよろしくお願いいたします。」

このような文章で、なぜ断るのか」を簡単に説明し、丁重にお断りするようにしてください。

値下げ交渉に対応する場合、どのようにすれば良い?

それでも、値下げ交渉に対応してでも売り切りたい時もあるでしょう。なかなか売れない出品商品だと、余計そのような心理になると思います。値下げ交渉では、次の2つのパターンがほとんどです。それぞれの場合での、最善の対応方法を模索していきます。

【パターン1】購入者希望の値段まで値下げしてほしい申し出

ヤフオクは、メルカリとは異なり、出品中の価格変更はできません。また、以前はYahoo!かんたん決済以外の支払方法で、落札後に価格変更できるものもありましたが、現在では、Yahoo!かんたん決済のみの支払方法となっているため、落札後も不可能です。

【購入者希望の値段で再出品する】

ここで注意したいのが、入札があるオークションの取消には、「取消システム利用料」が必要になってくるということです。入札がない場合は必要ありませんので、出品を一旦取消し、希望価格で再出品を行います。ここでは、希望価格で、即決の設定にしておきましょう。

ただ、再出品すると、他のユーザーが購入する可能性が出てきますので、再出品するタイミングは、購入希望者と決めておく方が良いでしょう。

【早期終了にする】

早期終了」とは、予定より早めにオークションを終了し、その時点での最高額入札者に落札してもらうシステムのことです。出品時にオプションを設定しておかなければなりませんが、早期終了をさせたのちに、値引き交渉に応じることも可能です。注意したいのは、落札システム利用料です。

オークション終了時の価格が対象となるため、値引きをしても、落札システム利用料に差額は発生しません。ちなみに、値引き交渉中のものが残っている場合は、早期終了ができません。覚えておきましょう。

【パターン2】送料無料にしてほしい申し出

パターン1よりは、とても簡単です。変更方法は次のとおりです。

落札者本人が、Yahoo!かんたん決済で支払い入力をする際、送料欄の金額を変更する

たった、これだけです。送料込みにしてほしい申し出に対応する場合は、承諾するか断るかのどちらかにすれば良いだけなので、とても簡単ですね。

ヤフオクの値下げ交渉はどうするの?失敗例もあわせて解説

ヤフオクのようなオークションサイトで、値下げ交渉があること自体、知らない人も多いのではないでしょうか。オークションと言えば、競り合うことが基本です。どんどん価格が上がっていき、それ以上の価格を提示する人がいなくなると落札!というイメージです。

ヤフオクは、オークション形式だけではありません。値下げ交渉ができる出品方法もあります。1円でも安く手に入れるためにも、値下げ交渉の方法を解説していきましょう。簡単ですから、値下げ交渉が苦手な人でも、挑戦できると思います。

ヤフオクでの「値下げ交渉」の特徴

ヤフオクの値下げ交渉は、質問欄からある場合もあるのですが、基本的に、「値下げ交渉ボタン」がある出品商品のみになっています。オークション形式ではなく、開始価格と即決価格が同じである「定額出品」のみにつけられるオプションです。

出品者が値下げ交渉のオプションを設定しなければ、値下げ交渉のボタンは表示されません。次のように表示されます。

オークション形式は、競り合うのですから、値下げ交渉の設定ができないのは、言わば当然ですね。

ヤフオクは、メルカリとは異なる点がいくつかあります。

・値下げ交渉の有り無しは表示されない
・値下げ交渉の価格は表示されない
・値下げ交渉を取り消すことができない
・値下げ交渉で承諾されると、キャンセルは不可能で、購入義務が発生する
・値下げ交渉中にオークションが終了しても、その後48時間は交渉を継続することができ、交渉成立となれば落札もできる

ヤフオクには、ヤフオクのルールや特徴があるのですね。ちなみに、値下げ交渉中に、他の人が値下げ交渉、または即決で落札することができるのは、ヤフオクもメルカリも同じです。

いざ!ヤフオクで値下げ交渉をしてみよう

ヤフオク初心者にとって、出品・落札の方法も手探りなのですから、値下げ交渉なんて、どうすればいいのか分からないことも多いと思います。しかし、ヤフオクの値下げ交渉は簡単です。

1.商品ページ「値下げ交渉をする」ボタンをクリックする

2.希望交渉価格を入力する
3.「確認する」ボタンをクリックする

あとは、出品者からの連絡を待つのみです。注意したいのは、同じ出品商品に対して、値下げ交渉が3回までとなっています。あまり安すぎる交渉を始めると、無駄に回数を重ねて、上手く交渉ができません。自分の希望価格をそのまま入力するようにしましょう。

値下げ交渉で断られたら、どうなるの?

値下げ交渉で出品者に断られたら、不成立のメールが届きます。値下げ交渉があった場合、出品者は次の4つから回答を選択し、確認ボタンを押すことになっています。

出品者は○○円以上を希望しています」を選択していたら、不成立のメールには、希望金額も表示されています。これを参考に、再度、値下げ交渉を行うか、落札を諦めるか考えましょう。

値下げ交渉が成立したら、どうなるの?

出品者が上の画像の一番上にある「受ける」を選択したら、交渉は成立です。そして、即、落札となります。

値下げ交渉自体は、とても簡単ですね。

交渉が苦手でも大丈夫!値下げ交渉に上手く対応するコツとは

値下げ交渉にうまく対応できるかどうかは、実は、出品の際の価格設定の時から始まっています。交渉が苦手だからと不安に思っている人も、値下げ交渉のしくみやコツを覚えれば、そんなに怖くはありません。上手に対応できるようにするにはどうするべきなのか、考えていきましょう。

値下げ交渉のオプションには条件がある

出品時、販売形式を選択する画面が表示されます。

3つ目に「定額で出品(値下げ交渉あり)」と表示されていますね。ですから、値下げ交渉のオプションをつけようと思ったら、「定額出品」であることが条件になります。定額出品は、開始価格と即決価格が同じです。

値下げ交渉のオプションは、無料で利用できますが、1円出品は、これ以上の値下げが不可能ですので、利用できません。

値下げ交渉が来た!まず、何をすれば良いのか

値下げ交渉が来たら、次の4つの項目から選択し、1つにチェックを入れます。

受ける
断る:ご希望にお応えできず申し訳ありません。
断る:出品者は提示価格より高い金額を希望しています。
断る:出品者は○○円以上を希望しています。

購入意思が強そうだったり、最低落札価格を伝えたい場合、4つ目を選択し、具体的な希望金額を提示するのも良いでしょう。その提示金額でも購入意思があるなら、再度、その金額で値下げ交渉が来るかもしれません。

「値下げしてあげたい」「利益を出したい」。両方を取る方法がある?

値下げ交渉があるということは、ある程度の購入意思があると言えます。膨大な出品ページの中から自分の出品ページを閲覧してくれたのです。希望金額にしてあげたくなる気持ちもありますよね。しかし、希望をそのまま聞いてしまうと、利益にはなりません。

上手く断りたいところだけど、断るのが苦手…。ヤフオクで出品慣れしている人の多くは、「希望金額より少し高め」を意識して価格設定をしています。

1. 希望金額より少し高めに価格設定をする
2. 値下げ交渉オプションをつける
3. タイトルなどにも「値下げ交渉OK!」などとアピールしてみる
4. 値下げ交渉があった場合、そのまま受けるか、相手の希望金額より少し高めに回答する

もちろん、値下げ交渉をそのまま受ける方が喜ばれます。しかし、値下げする意思はあるが、相手の希望金額ほど下げられないという時もあります。そんな場合は、「このくらいなら大丈夫」という金額を提示してみましょう。相手も、希望金額ではないものの、値下げしてくれたら嬉しいはずです。

必ず落札してくれるとは限りませんが、落札の意志の後押しになることは間違いありません。値下げ交渉が苦手な人でも、この方法なら、もっと交渉を楽しめるはずですね。

「最低落札価格」とは?設定方法や変更方法、メリットデメリットを解説します

ヤフオクの出品商品ページを見ていると、中には価格の下に「最低落札価格に達していません」と表示されるものがあります。出品者が最低落札価格を設定しているのですが、これは有料オプションです。有料オプションで利用するほど、メリットはあるのでしょうか。

落札希望者からすると、出品者の希望金額が分からないので、入札金額もどうすればよいのか分からないこともあります。この最低落札価格のオプションについて、設定方法や、変更方法、メリット・デメリットなどを解説していきます。

そもそも最低落札価格オプションとは?

ヤフオクでいう「最低落札価格」ですが、これは、出品者が「最低この価格以上で売りたい」という気持ちから、それ以下の価格で落札できないようにするためのものです。最低落札価格あり」と表示されている出品ページです。

出品ページから、最低落札価格は分かりません。設定金額は非公開です。最低落札価格に達するまで「最低落札価格に達していません」と表示され続けます。

最低落札価格が分からないので、いくらくらいの金額で入札すればいいのか分かりません。落札希望者からすると、「安くすると、落札できない」「高くすると、必要以上に支払うことになる」という心理の間に立たされますので、ヤキモキする人も多いです。

よく考えて!最低落札価格は変更できません

最低落札価格は、一度設定してしまうと、メルカリのように価格変更ができません。どうしても変更する場合は、いったん出品をキャンセルし、再出品することになります。入札者がいない状態でするのは問題ありませんが、入札者が1人でもいると、出品取消システム利用料が必要になってしまいます。

最低落札価格は、よく考えて決めましょう。

最低落札価格のオプション利用料は安い?高い?

最低落札価格のオプションをつける場合、1件につき108円が必要になってきます。例外として、下記カテゴリのみが無料で最低落札価格のオプションを利用することが可能です。

【最低落札価格オプション 無料利用可能なカテゴリ】

自動車、オートバイ > 中古車・新車
自動車、オートバイ > オートバイ > オートバイ車体
自動車、オートバイ > トラック、ダンプ、建設機械 > 車体
自動車、オートバイ > バス > 車体
自動車、オートバイ > キャンピングカー(車体)
自動車、オートバイ > 部品取り車
スポーツ、レジャー > 船、ボート > 船体

高額な商品に対しては、安いオプション料で良いかも知れません。しかし、落札されるかどうかも分からないのに、安い商品で有料オプションをつけるとなると、この108円は高い出費とも言えます。つける必要があるのかどうなのか、よく考慮してみてください。

非公開なのに?最低落札価格を確認できる時がある

最低落札価格のオプションは非公開ですから、価格そのものを確認することはできません。しかし、入札があったものの、最低落札価格に達することなく終了してしまったオークションの場合、「現在の価格」が「最低落札価格」で表示されることになっています。

オークション開催中には確認できませんが、最低落札価格に達することなく終了してしまった後だと、表示されるのですね。ちなみに、自動再出品の設定にしていた場合、最低落札価格が表示されることなく、再出品になります。

オークション開催中には確認できませんが、オークション終了後には確認できるので、あまり無謀な高額設定にしていると、出品者として印象が良くありません。あくまで一般的な相場を考慮して、「最低この価格で売りたい」という金額を設定するようにしましょう。

質問欄から最低落札価格を聞かれることがある!どうすれば良い?

最低落札価格を設定していると、たまに、質問欄から「最低落札価格を教えてほしい」と質問が来る時があります。どうしても落札したいという気持ちから、そのような行動をとるのかも知れませんが、ヤフオクのルール上、最低落札価格は非公開になっているのですから、これでは有料オプションを利用している意味がありません。

このように、強引な手法を使う人は、あまり良い取引相手とは言えません。

「最低落札価格は非公開のものです。申し訳ございませんが、お答えできかねます。」
「他の落札希望者と平等にしたいので、お答えすることができません。」

このような文言で断るようにしてください。教えてはいけないルールではありませんが、教えてしまうのなら、最初から即決価格で定額出品するべきですね。

閲覧数が上がる?最低落札価格オプションの利用のメリット

有料オプションですから、お金を支払うだけのメリットがほしいですね。

【最低の利益は確保される】

出品するからには、「これだけはほしい」という最低の利益を考えていると思います。最低落札価格を設定すれば、納得のできない価格で落札される心配はありません。逆に、落札されるときは、自分の納得する金額であることが保証されているのです。

【思ったより高く落札される可能性がある】

例えば、最低落札価格を5,000円に設定します。4,999円では落札されませんが、5,900円では落札されます。最低落札価格がもし分かっていれば、5,000円で入札するところを、それが分からないために、それ以上の金額で落札してしまうのです。

利益を確実に取りたい。駆け引きとして利用し、少しでも高めに売りたい。そんな時、最低落札価格オプションが役立つのです。

印象が悪い?最低落札価格オプション利用のデメリット

最低落札価格オプションは有料オプションですが、デメリットもあります。

【落札者側とすると入札が難しい】

どうしてもほしい商品が見つかり入札するのですが、最低落札価格が分からないと、いくらで入札すればいいのか分かりません。だからといって、落札できる金額より、はるかに高い金額で入札するのも嫌ですよね。

出品者側からすると、メリットはあるのですが、落札希望者からすると、なかなか面倒なオプションと言わざるを得ません。落札してもらってこそのオークションなのに、落札者が苦痛に感じるのは、間違いなくデメリットです。

【敬遠する人もいる】

最低落札価格を設定された出品商品の入札は面倒だと敬遠する人もいます。何より、1円でも安く買いたいという人が多いオークションなのに最低落札価格が分からないのですから、敬遠されるのは仕方ないかもしれませんね。

閲覧してもらうのも大変なのに、閲覧してもらっても敬遠されてしまうのでは意味がありません。有料オプションとして使うメリットがあるのかどうか、よく考えてみましょう。

「即決したい」とメッセージが来たら、まず何からするの?

即決価格を設定していないオークションで、たまに質問欄から、「○○円即決でお願いできませんか」という内容のメッセージが来る場合があります。即決に応じる場合、即決に応じない場合、それぞれどうすればよいのでしょうか。慌てないためにも、今から理解しておきましょう。

即決に応じる場合は、こうしよう

即決価格を設定していないオークションでも、即決に応じることはできます。しかし、オークションの状況によって対応が変わりますので注意してください。

「早期終了」設定あり⇒即決希望金額で入札してもらい、早期終了でオークションを終了させる
「早期終了」設定なし・入札者なし⇒オークションをキャンセルし、先方の即決希望金額で即決価格を設定し、再出品する

早期終了オプションを利用していれば、スムーズに処理できます。しかし、早期終了を設定しておらず再出品する場合は、先方と打ち合わせて再出品するタイミングを決めておきましょう。再出品してすぐに、別のユーザーに落札されてしまうことも珍しくありません。

「早期終了」設定なし・入札者あり⇒入札者がいると、オークションをキャンセルする場合に取消システム利用料がかかるため、即決に応じない方が良い

取消システム利用料がかかるのであれば、即決に応じない方が無難でしょう。取消システム利用料がかかるのを承知で再出品したところで、本当に落札してくれるかどうか分かりません。

即決に応じない場合は、こう回答しよう

即決希望金額が合わず、応じない方向でいきたい場合は、メッセージでお断りをします。数ある出品商品の中から自分の出品ページを閲覧してくれたのですから、失礼のないように丁重にお断りしましょう。

「ウォッチリストに登録していただいている方が複数いらっしゃいます。即決は今のところ考えておりません。メッセージありがとうございました」
「出品したてであり、即決は今のところ考えておりません。オークションをこのまま楽しんで続けたいので、どうぞご理解くださいますようお願い申し上げます」
「早期終了オプションをつけておらず、即決での取引を考えておりません。何卒ご理解くださいますようお願いいたします」

出品者としての印象が好印象であれば、このままオークションとして入札し続けてくれるかもしれません。せっかく出品商品に興味を持っていただいたのですから、誠意を持って対応してみて下さいね。

ヤフオクの値引き交渉は怖くない!コツやルールが分かれば逆に楽しいはず

ヤフオクで、値下げ交渉などのやり取りがストレスに感じることもあります。駆け引きはしたくない、上手く売れないだろうか…。そう思っていても、やはり落札希望者は、ダメもとで交渉してくるのです。ヤフオクの値下げ交渉や即決希望連絡は、値段変更の方法やルール、コツさえおさえていれば、何も怖くありません。

「値下げ交渉は、絶対嫌!」と避け続けるより、どうせやるなら、値下げ交渉を楽しめるようにしてしまいましょう。スムーズに、丁寧に、気持ちのいい取引ができるようにしてくださいね。

"

Amazon、ヤフオク、eBayなどを網羅した
売れる商品が簡単に見つかるリサーチツール「オークファンプロPlus」



物販ビジネスで稼ぐためには「安く仕入れて高く売る」が大前提です。そのため、仕入先と販売先で価格差のとれる商品をリサーチするのが何よりも重要です。

リサーチの方法は様々ありますが、最も基本かつシンプルな方法は、売れている実績がある商品を見つけること。売れている人の真似をすることが、稼げるようになるための一番の近道なんです。

ただ、リサーチは大変地道な作業のため、売れる商品を見つけられず諦めてしまう人が多いのも事実です。しかし、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオク、eBayの市場情報を網羅した「オークファンプロPlus」を使えば、価格差が1万円を超えるような商品も簡単に見つけることが出来てしまいます。

  • Amazonで定価で仕入れても利益が出る高利益商品の検索
  • 安く仕入れ、そして高く売れるタイミングがわかる価格変動データ
  • ヤフオクで稼いでいる出品者を丸裸にするトップセラー分析
  • eBayで平均より高く売れている売れ筋商品がわかる落札履歴検索
  • 国内ショッピングサイトの売れ行きを把握する戦略ツール
  • eBayやAmazonなど世界中の最安値商品を横断検索

Amazonで仕入れてヤフオクで売る、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るなど国内転売はもちろん、輸出入ビジネスでも活用することができます。

これから物販ビジネスを始める場合はもちろん、利益が伸び悩んでいるという場合にも使える、初心者から上級者まで対応したオークファンプロPlusでデータを攻略して、プラス10万円を最短で実現して下さい。




",

おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法