物販

ヤフオクのフリマとオークションはどう違う?特徴やメリットも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

メルカリをはじめとするフリマアプリの流行に伴い、ヤフオクもフリマ出品が可能になりました。ただ、こんな疑問を持ったことはありませんか?

「ヤフオクのオークション出品とフリマ出品の違いは何だろう?」

ちょっと見ただけでは違いが分かりにくいですが、オークション出品とフリマ出品にはそれぞれに特徴やメリットがあります。

今回は、ヤフオクのフリマ出品とオークション出品にスポットを当てて、その特徴やメリットを解説したいと思います。

「どちらで出品すれば良いのだろう?」と迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

ヤフオクの「フリマ出品」とは?

フリマ出品はオークション出品と違い、価格が変動しません。

つまり、出品時に決めた価格(定額)でしか落札できないのが、フリマ出品の大きな特徴です。

実は、フリマ出品は最近始まったサービスではありません。2016年から「ワンプライス出品」という名称で既にサービスが開始されていましたが、その後「フリマ出品」という名称に変更となり、現在に至っています。

「代金支払い管理サービス」採用で安心して取引ができる

フリマ出品の支払い方法はオークション出品と同じく、一部カテゴリーの商品を除いて、Yahoo!かんたん決済のみ可能になっています。

Yahoo!かんたん決済の仕組み

残念な話ではありますが、インターネットで商品を購入すると「代金を支払ったのに商品が送られてこない」とか「全く別の商品が送られてきた」などの詐欺に遭遇してしまうことがあります。

Yahoo!かんたん決済では、出品者が商品を発送後、落札者のもとに商品が到着して「受取ボタン」が押されなければ、出品者に落札代金が支払われない仕組みになっています。

この仕組みを「代金支払い管理サービス」と呼び、今まで、フリマ出品やオークション出品の一部で採用されていましたが、2018年3月から、ヤフオクのほぼ全ての出品で採用されることになりました。

こうすることで、商品が届かないなどのトラブルを防ぐことができ、より安心して取引することが可能になっています。

フリマ出品で選べる発送方法は1つだけ

オークション出品で「Yahoo!プレミアム登録」をすると、複数の発送方法を選ぶことができますが、フリマ出品では1つしか選択できないので注意が必要です。

ちなみに、オークション出品でもプレミアム登録をしなければ、フリマ出品と同じく発送方法は1つしか選ぶことができません。

選択可能な発送方法として、

・ヤフネコ!ネコポス
・ヤフネコ!宅急便コンパクト
・ヤフネコ!宅急便
・ゆうパケット(おてがる便)
・ゆうパック(おてがる便)
・クリックポスト
・定形郵便
・定形外郵便
・レターパックプラス
・レターパックライト
・ゆうメール

などがあります。選べる選択肢については、フリマ出品もオークション出品も変わりません。

フリマ出品の特徴まとめ

ここまで説明した項目も含めてフリマ出品の特徴をまとめて紹介しておきます。

・フリマ出品の特徴
無料会員出品:可能
Yahoo!プレミアム会員出品:可能
出品価格:定額出品のみ可能
決済方法:Yahoo!かんたん決済(代金支払い管理サービス)のみ可能
発送方法(出品者側):複数の発送方法から1種類のみ選択可能
発送方法(落札者側):出品者が選択した発送方法のみ選択可能
送料設定:出品者負担、落札者負担ともに設定可能
着払い設定:不可
フリマ終了日時指定:不可(7日間で固定)
出品可能アイテム数:1個
出品カテゴリ制限:有(その他 > アダルトなど特定カテゴリは出品不可)
海外発送:不可
入札者評価制限:あり
入札者認証制限:なし
自動再出品:不可
有料オプション:不可

フリマ出品の特徴やメリットを徹底解説

ここからは「フリマ出品」の特徴を具体的に解説していきます。

オークション出品や他のフリマアプリに比べてメリットがあるのか疑問に思った方は、ぜひ参考にしてください。
 

出品価格は定額(即決価格)のみ!

フリマ出品の特徴は、なんと言っても出品価格が固定されていることです。

オークション出品は出品者が販売スタート時の価格を決めて、購入希望者が入札するたびに商品価格が上がっていきますが、フリマ出品は定額でしか出品できません。

メルカリやラクマなどのフリマサービスと全く同じ販売形式ですね。

「最低でもこれくらいの値段で売りたい」という希望がある場合、最低限の販売価格を設定した上で出品できるので、オークション形式のように「思ったより安く買い叩かれてしまった」という失敗がありません。

誰でも無料で出品できる!

最近ではYahoo!プレミアム会員に登録しないでもオークション形式で出品できるようになりましたが、フリマ形式でもYahoo!プレミアム会員への登録は必要ありません。

つまり、無料で出品できるということです。

誰でも無料で取得可能な「Yahoo JAPAN ID」さえあれば、すぐにヤフオクをスタートできます。

気軽にヤフオクを始めたい人にとっては大きなメリットですね。

ただし、一般会員のままだと、実際に商品が落札された際の落札システム利用料がプレミアム会員よりも高くなってしまいます。具体的には、Yahoo!プレミアム会員が落札価格(税込)の8.64%なのに対して、一般会員の場合は10%となっています。

そのため、ヤフオクでの出品を本格的にやろうと考えておられる方は、Yahoo!プレミアム会員への登録を検討した方が良いでしょう。

出品期間が7日間で固定されている!

次は開催期間についてです。

オークション出品の場合は開催期間を8日間の間で選択可能ですが、フリマ出品の場合には、開催期間の選択肢がなく、7日間の固定になります。

そのため、もし商品が売れないまま7日間が過ぎると、販売終了となってしまいます。

メルカリなど、他のフリマアプリとほとんど変わらないように思うかもしれませんが、開催期間の概念があるか無いかの違いは意外と大きいです。

ヤフオクは開催期間が決まっているので、メルカリのように開催期間が無限定のアプリより、商品を見つけてもらいやすい傾向があるのです。

なぜなら、開催期間が無限定のフリマアプリの場合、商品が売れなければ、他の出品者の商品に埋もれてしまい、出品から期間が経つにつれて商品が全く目立たなくなってしまうからです。

しかし、ヤフオクは終了間近になると「急いで買わなければ!」という消費者心理が働き、商品に対する注目度が上がるというわけです。

ちなみに、販売終了となった商品については「再出品ボタン」を押すことで、商品タイトルや商品説明などはそのままの状態で再出品できるので、覚えておきましょう。

メルカリなどに比べて、値引き交渉の煩わしさがない!

ヤフオクは値引き交渉されにくいことも大きな特徴です

「郷に入れば郷に従え」ということわざがありますが、ヤフオクとその他のフリマアプリとの間には、まさに「文化の違い」があり、ヤフオクを利用するユーザーは値引き交渉しないという傾向があります。

実際、メルカリやラクマなどのフリマアプリでは「値引き交渉する(される)前提」で取引に参加しているユーザーが多く、値引き交渉のメッセージが何通も届きます。

値引き交渉は、落札者にとってはメリットがあることですが、出品者にとっては手間がかかって煩わしいですし、決して良い気分はしませんよね?

ヤフオクの場合、従来のオークション形式に慣れているユーザーが多く、値引き交渉をされることがほとんどないので、ストレスを感じることなく、商品販売に集中することができます。

送料によるトラブルが起きにくいシステムになっている!

オークションやフリマアプリで多いのが送料に関するトラブルです。

「送料込みで購入したはずが、いつの間にか着払いになっていた…」
「着払いの料金が購入時の料金より高くなっていた…」

最初から相手を騙すつもりで取引をする人もいますが、出品者と落札者の間の意思疎通がうまくいかなかったことが原因でトラブルに発展するケースがほとんどです。

ヤフオクのフリマ出品では、送料を「出品者負担」にするか「落札者負担」にするかを出品時に出品者が選択することになっていますが、落札者負担を選んだ場合は、具体的な送料を入力しないと出品できない仕様になっています。

送料を入力することにより、落札者が送料を明確に把握することができるので、上記のようなトラブルを防ぐことができるのです。

なお、着払いによる発送は選択できないようになっています。ご注意ください。

オークション出品と同程度の集客力を誇る!

「ヤフオクはあくまでもオークションがメイン。フリマで出品しても注目されないのでは…」と心配する人もいるかも知れません。

しかし、安心してください。「フリマ出品」と「オークション出品」とで一応のカテゴリ分けはされているものの、出品してしまえば、両方ともヤフオク内に同じように掲載されるので、注目度に違いは生じません。

フリマ形式で出品しても、日本最大級の利用者数を誇るヤフオクの集客力を利用することができます。

「ユーザーが検索しそうなキーワードを商品タイトルに入れる」などの工夫を凝らすことで、より一層露出を高めることも可能です。

一度でマスターできる。ヤフオクのフリマ出品手順を解説

ここからは、ヤフオクアプリを使ったフリマ出品の手順を紹介していきます。

アプリからの出品はすごく簡単なので、一度実践すればすぐに覚えることができると思います。

まずはアプリを起動。フリマ出品ボタンをを押す

まずはヤフオクアプリを起動してください(アプリをダウンロードされていない方は、iphoneならAppStoreで、AndroidならPlayストアでダウンロードしておいてください。検索窓に「ヤフオク」と入力し検索ボタンを押せばすぐ出てきます)。

画面下部のメニューバーにある「出品」ボタンを押してください。
そうすると、以下のような画面に遷移するので、「フリマ出品」のボタンを押して、出品作業を開始します。

商品写真、商品名、配送方法などを入力する

次は写真や商品名などを入力するページです。

商品写真は必ず挿入するようにしましょう。

あなたがどれだけ良い商品を出品していても、ユーザーに見つけてもらわなければ意味がありません。写真はユーザーの注目を集めるのに役立つので、くどいようですが、必ず掲載するようにしてください。

送料に関してですが、先ほども説明した通り、出品者負担と落札者負担のどちらを選ぶこともできます。

できるだけ分かりやすい料金設定にした方が、落札後のトラブルを最小限に抑えることができます。そのため、送料はなるべく出品者負担にするようにしましょう。

配送方法については、商品の大きさや重さ、形状によって変わってくるので、あなたが出品する商品に適した方法を選択してください。

なお「値下げ交渉を受け付ける」というスイッチをON/OFFで切り替えることができますが、基本的に値下げ交渉は受け付けない方が良いです。

なぜなら、相手からの交渉メッセージに対応する手間がかかりますし、「値下げ」は売れなかった場合の最後の手段としてとっておくべきだからです。

「期間限定セール」や「人数限定割引」など、販売者主導で値下げキャンペーンを行う余地を残しておくためにも、相手からの値下げ交渉は受け付けないようにしましょう。

出品前にプレビューで最終チェック

商品写真や商品名、配送方法などが全て入力できたら「プレビューで確認する」ボタンを押して、入力内容を見直しましょう。

問題がなければ、ページの一番下にある「ガイドラインと上記規約に同意して出品する」ボタンを押してください。

出品完了

以下の画像のように「出品が完了しました!」というメッセージが出れば、商品の出品は完了です。

値下げ交渉を受け付けなければ、出品後に交渉メッセージがくることはありませんが、商品に関する質問などは送られてくる可能性があります。

メッセージが届いた場合は、できるだけ丁寧な対応を心がけるようにしてください。

商品を出品するなら「ヤフオク」と「メルカリ」どちらが良いのか?

中古品売買の代表的なサービスである「ヤフオク」と「メルカリ」ですが、どちらのサービスを利用しようか迷ったことはありませんか?

もしも、あなたが購入者の立場であれば、正直、ヤフオクでもメルカリでも、価格が安い方を利用すれば良いと思います。

しかし、販売者として利用するなら話は別です。出品手数料や売上金の管理方法など、明確な違いがあるので、どちらのサービスを利用するかは慎重に選ぶべきです。

ここからは、ヤフオクとメルカリそれぞれのサービス内容を出品者の視点で比較していきますが、先に結論をいうと、出品するならヤフオクがおすすめです。

それでは、なぜヤフオクをおすすめするのか、順番に説明していきます。

メルカリは常識外れの値引き交渉をされる可能性がある

メルカリは値引き交渉をされるケースが圧倒的に多いです。

メルカリでは「値引き交渉」が認められているので、交渉すること自体に問題はありません。ただ、交渉してくる購入者の中には、かなり非常識というか、出品者に失礼な内容で値引きコメントを送ってくる人も多いです。

「学生でお金が無いので○○円で売ってください!」とか「半額なら即決します!」などのコメントが普通に送られてきます。

値引きを丁寧に断ったとしても、稀に、暴言を吐いたり、逆ギレとも取れるコメントを返したりするユーザーも存在しています。

プロフィールや商品ページに「大幅な値引きはスルーします」などと記載しておくという手もあります。ただ、そこまでしたとしても値引き交渉が完全になくなることはありません。

「値引き交渉ができるのがメルカリの文化」だと割り切れる人は良いでしょうが、気疲れしやすい人にはおすすめしません。

一方、ヤフオクの場合は、値引き交渉はオプションになっているので、あらかじめオプションをつけなければ、値引交渉のコメントが送られてくる心配はありません。

商品のリサーチや販売だけに集中したいのであれば、ヤフオクがおすすめです。

振込手数料がかからない!

次は売上金の振込手数料についてです。

メルカリの場合、10,000円未満の売上金を指定の口座へ振り込む場合、210円の手数料がかかります。金額が10,000円以上の場合は手数料はかかりません。

一方、ヤフオクは、売上金の額にかかわらず手数料無料で振込申請が可能です。

振込申請から入金までの早さに関しては、ヤフオクもメルカリもほぼ変わりなく、最短でも1営業日〜2営業日で指定口座に振り込まれます。

ただ、ヤフオクに関しては、ヤフオクと提携している「ジャパンネット銀行」へ振込をする場合に限り、振込申請をしてからすぐに口座へ着金するので、できるだけ早く売上金を回収したい場合には大変便利です。

メルカリはマナーやモラルが低い傾向にある

最後はユーザーのマナーやモラルの問題です。

この章の最初に紹介した「値引き交渉の文化」と関連しているのかもしれませんが、メルカリでは気持ちよくやり取りできないケースがたまにあります。

例えば、

・商品を購入するので取り置きしてほしい。とメッセージがきたので商品を売らずに取っておいたら、結局、購入されなかった。
・「クリスマスプレゼントにしたいので、ラッピングして発送してください」と言われた。
・感謝の気持ちを込めて「おまけ」を同梱して発送したら、「こんな物で喜ぶと思ったのか?」というメッセージがきた。

などなど、値引き交渉以外の場面でも、デリカシーのない質問やメッセージが送られてきたりします。

ヤフオクに比べてユーザー層が若いことが原因かもしれませんが、販売する側にとってはストレスになってしまいます。

ヤフオクでも悪意のあるユーザーに出会うことはありますが、全般的にビジネスライクなやり取りが多く、取引上でストレスを感じることはあまりありません。

まとめ

結論としては、「ヤフオク」と「メルカリ」ならヤフオクのフリマ出品を、ヤフオクの「フリマ出品」と「オークション出品」を比較した場合はオークション出品を選んでおけば良いでしょう。

昔のヤフオクなら、「Yahoo!プレミアム会員」へ登録しなければオークション出品ができなかったので、無料で出品しようと思えば「フリマ出品」一択でした。

しかし、Yahoo!プレミアム会員に登録せずともオークション出品が利用できるようになったので、無料で出品できるというフリマ出品のメリットは無くなりました。

ただ、今後の展開を見据えると、フリマ出品を選択すべきケースがでてくる可能性は否定できません。

なぜなら「フリマ出品」は完全にメルカリを意識して誕生した出品形態であり、もしも、メルカリで新しい機能やサービスが増えた場合、ヤフオクのフリマ出品も同じように追随する可能性があるからです。

サービス内容の改定は突然行われます。

今のところは「オークション出品」を選んでおけば問題ありませんが、今後の動向には注意しておきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法