物販

ヤフオクで出品!商品画像を10枚以上アップロードする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクでは、出品する商品の画像を10枚分アップロードすることができます。ところが、10枚以上の写真を載せている人を度々見かけます。どうやったらそんなことができるのだろうと不思議に思われたことはないでしょうか。

今は必要なくても、この先ヤフオクで出品する時に、掲載できる写真が10枚では足りないと思う日が来るかもしれません。その日に備えて今のうちに10枚以上掲載する方法をマスターしておきましょう。

その方法は意外と簡単です。それほどパソコンに詳しくない人でも十分できるようになります。ここからは、その方法を詳しく説明していきます。

無料動画|出品するだけで売れるブルーオーシャン
韓国輸出で稼ぐ方法を暴露した対談を期間限定公開



韓国輸出はまだ実践者が非常に少なく、ブルーオーシャンの市場です。しかも無在庫販売、難しいリサーチもなし、利益率も40%と驚きの連続です。

ただ商品を出品するだけで稼げてしまう、それが韓国輸出です。そんな手法の全貌を、期間限定で無料公開中です。




10枚以上出品する商品の写真をアップロードするには

ヤフオクで出品する際、商品の写真を掲載するには、商品情報入力ページの「商品画像」に写真をアップロードするのが一般的です。そして、「商品画像」にアップロードできる写真は、10枚までと決まっています。

では、10枚以上の写真を載せるにはどうしたらいいのでしょうか。

商品説明に商品の写真を掲載する

商品画像を10枚以上アップロードするには、商品説明欄に追加する写真を貼り付けていけばよいのです。それにより上限を超えて商品の写真を掲載することが可能になります。ただし、そのためには、外部サーバーにアップロードした写真をHTMLタグで表示できるようにしなくてはいけません。

この方法なら最大で7枚追加することができるので、写真画像と合わせて17枚を掲載することができます。

以下で、その手順をご紹介していきます。

写真は外部サーバーにアップしなければならない

商品画像用の写真は、ヤフオクのサーバーに保存されています。ヤフオクは多くの人が利用しているので、掲載される写真の数も膨大です。写真の枚数を制限しなければ、サーバへの負担が大きくなりすぎます。そのため、掲載する写真の枚数が制限されているのです。また、同じ理由でオークションの履歴も一定期間が過ぎると削除されるようになっています。

そのため、商品説明に写真を掲載するには、独自にサーバーを確保してそこに写真を保存する必要があります。

外部サーバーに保存した写真を表示させるには

商品説明に写真を貼り付けるには、画像を保管する外部サーバーを確保し、そこに商品の写真をアップロードします。そして、商品説明欄にその外部に保存した写真を表示させるためのHTMLタグ<img src=”画像URL”>を入力します。

ただ、サーバーの用意や画像URLの作成は簡単ではありません。そんな難しいことはできないと思われる方もいらっしゃるでしょう。

でも安心してください。それらの作業を簡単にできる便利なサイトがあります。

それが、Yahoo!ボックスです。

Yahoo!ボックスで商品の画像を追加する

Yahoo!ボックスとは、Yahoo!IDがあれば誰でも利用できるオンラインストレージサービスです。データをバックアップしたり、動画や写真をアップしてどの端末からでも閲覧できるようにしたり、誰とでもファイルを共有したりすることができます。

Yahoo!ボックスを利用した商品説明欄への写真の表示は、

(1)Yahoo!ボックスに利用登録する
(2)ヤフオク専用のフォルダを作成する
(3)商品の写真をアップロードする
(4)商品の写真を公開設定にする
(5)商品説明欄に写真を表示させるHTMLタグを入力する

という手順で行います。

ではこれより、上記の手順を詳しく説明していきます。

Yahoo!ボックスに利用登録する

Yahoo!ボックスを利用するには、利用登録しておかなければなりません。もっとも、2013年8月12日以降にYahoo!JAPAN IDを作成した人は、登録済み扱いになるので、改めて登録する必要はありません。

登録するには、Yahoo!JAPANにログインした状態でYahoo!ボックスのサイトを開きます。

以下の画面が表示されたら、「一般」の「無料で利用する」を押します。

これで利用登録は完了です。

ヤフオク専用のフォルダを作成する

次に、ヤフオクの商品写真を保存しておくフォルダを作成しましょう。

まずは、マイボックスの「フォルダ作成」を押します(以下の画像を参照してください)。

好きなフォルダ名を入力して「決定」を押してください。

これで、ヤフオク用の商品写真を保存しておくファイルができました。

商品の写真をアップロードする

では、あらかじめ撮っておいた商品の写真を先ほど作成したファイルにアップロードします。

下の画像のようにマイボックスの「アップロード」を押します。

 

次に、「アップロードするファイルを選択」を押します。

そして、あらかじめ商品の写真を保存していたファイルをドラッグアンドドロップするか、選択して開きます。

最後に「アップロード開始」を押します。これで商品の写真をアップロードすることができました。

出品画像を公開設定にする

次に、誰でも閲覧できるようにしておくために、アップした商品写真を「公開」設定にします。

まずは、アップした複数の写真の中から追加する写真を選択します。そして、「公開」を押すと「公開設定」の画面になるので、「公開する」を押します。

すると、下の画像のような「画像のURL」が表示されるので、URLの下にある「短縮URLを発行」を押してください。改めて「画像のURL」に表示されたURLが、写真を表示させるためのHTMLタグの中に貼り付けるものです。

アクシグ読者限定!確実に利益が出るノウハウを無料公開中

ところで、あなたは今の収入やノウハウに満足していますか?
アクシグは、物販専門のメディアとして日々ビジネスで結果出した方法を集めています。
中でも多くの利益を出した方法だけを、特別に限定公開しています。

圧倒的な利益を生み出す方法

>>> 爆発的な売上を生み出す方法をいますぐ確認する

商品説明欄に写真を表示させるHTMLタグを入力する

いよいよYahoo!ボックスにアップした商品の写真をヤフオクの「商品説明」欄に表示させます。HTML形式の入力に慣れていない方は少し戸惑われるかもしれませんので、以下で解説していきます。

写真を表示させるHTMLタグの入力の例

実例をあげておきます。「通常入力」を「HTMLタグ」入力に切り替えて、HTMLタグを「商品説明」欄に

<br><br><U><B>追加画像</B></U><br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>

のように入力すると、「商品説明」欄に下の画像のように商品の写真を貼り付けることができます。

そのまま使って写真が表示できるHTMLタグ

初めての方は、まず

<br><br>
<U><B><追加画像></B></U>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>
<img src=”画像ファイルのURL”>
<br><br>

のように入力してみてください。<追加画像>と書かれた部分の下に商品の写真を7枚まで追加できます。

商品説明欄に使えるHTMLタグ

「商品説明」欄に商品の写真を追加する時に知っておくと便利なHTMLタグです。

<br>改行する
<B>~</B>~の部分のテキストを太字にする
<U>~</U>~の部分のテキストに下線を付ける
<center>~</center>~の部分のテキストを画面の中央に表示する
<a href="リンクさせるURL">~~部分のテキストを指定したURLにリンクさせる
<img src="画像のURL"> 画像を表示させる

などがあります。

慣れてきたら、見やすくなるように工夫してみましょう。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

フォトアップで商品写真を追加する

これまで説明してきたYahoo!ボックスを利用する方法では、自分でHTMLタグを作成しなければなりませんでした。しかし、「少し面倒」「試してみたけどうまくいかなかったと」いう方もいっらしゃるかもしれません。そんな方は、もっと手軽に利用できる「フォトアップ」というサービスの利用を検討してみてください。

フォトアップの良さ

「フォトアップ」の良さは、載せたい写真のHTMLコードを自動で作成してくれる点にあります。そのHTMLコードをコピーして「商品説明欄」の好きな位置にペーストするだけで商品の写真を追加するこができます。

ただ、「フォトアップ」の無料版は15日間しか保存してくれないので、この期間を過ぎても商品が落札されなかった場合は、新しく写真を「フォトアップ」にアップロードした上で、入手したHTMLタグを貼り直さなくてはいけません。

フォトアップ有料版とは

フォトアップには、無料版と「フォトアップPRO」という有料版とがあります。ここでは両者の違いについてご紹介します。

先ほど「フォトアップ」の写真の保存期間は15日と書きましたが、それは無料版の場合です。有料の「フォトアップPRO」ベーシック版なら30日、プレミアム版だと90日間保存してくれます。

また、ヤフオクの「商品説明」欄に写真を表示させるのは7枚までと決められていますが、「フォトアップPRO」には「画像結合機能」があり、その機能を利用すると最大で28枚写真を表示させることができます。

他にも、有料版は無料版に比べてより大きな写真を表示させることができます。

フォトアップの使い方

まずは、あらかじめ撮っておいた商品写真を「フォトアップ」のサーバーにアップロードします。

メニューの「アップロード」を押すと下のような画面が表示されるので、「利用規約」の「同意する」にチェックを入れ、性別・年代欄を記入して次に進んでください。

次がアップロード画面で、「ファイルを選択」を押して商品の写真をアップロードします。また、写真にコメントを付けたいときは、この画面で記入した上で保存してください。

そして下の「HTML発行へ!」を押すとHTMLコードが取得できるので、そのHTMLコードをコピーしておきます。そして、そのHTMLコードを「HTMLタグ入力」に切り替えた商品説明欄の好きな位置にペーストすると写真が表示されます。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

商品の写真をより良くする

ヤフオクを利用する人はまず写真を見て、商品の価値を判断します。そこで興味を引いた商品だけが「商品説明」を読んでもらえるのです。ですから、商品の写真はとても大事です。

この項目では、商品写真に関連するトラブルを避けるためのコツや、落札確率を上げるために気をつけたいことなどを解説していきます。

サムネイル用の写真は縦横の比率に注意

「商品画像」にアップした10枚の写真のうち、最初にアップした写真が主となる写真となります。検索結果にも、その写真のサムネイル画像が他の商品と共に表示されることになります。

アップした写真がサムネイル用に縮小される時は、縦横の比率が3:4になるように縮小されます。そのため、長すぎたり短すぎたりする写真だと空白部分が大きくなってしまい、その分写真が小さく見えてしまいます。気をつけましょう。

傷や汚れは隠さず写す

商品の傷や汚れは、商品説明欄に書いておくことはもちろん、必ず写真にも撮っておきましょう。

トラブルの予防になりますし、商品の欠点を正確に伝える正直な姿勢が高評価につながる場合もあります。

商品画像では商品の良いところをアピールできる写真を使い、商品説明欄に欠点部分の写真を追加するというのも良いでしょう。

欠点を隠しても良いことは何ひとつありません。正直な取引を心掛けましょう。

衣類はできるだけ見たままと同じ色になるよう工夫する

衣類は、実物と写真とで色が違って見えがちです。トラブルになることも多いので、元の色を正確に伝えられるようにするために、できるだけ明るい時間帯に撮影しましょう。また、電気はつけるようにしましょう。

商品説明で○○のような色、○色と○色の間のような色、などできるだけ詳しく書いておくことも大切です。それでも分かりにくい場合は、商品が載っている別サイトのURLを貼っておくのも良いでしょう。

商品ははっきりと写す

写真は商品の見た目を説明してくれるので、はっきりと商品が写っているものを使用します。

細かな傷などを撮影したいのにピントが合わないといった場合は、マクロモードを使いましょう。これなら、かなり近くまで寄ることができます。カメラによっては、1cmの至近距離からでも正確に撮影できるものもあります。

余計なものは写さない

撮影した商品写真を確認してみると、部屋にあった余計なものが写り込んでいたというケースがあるかもしれません。そういった場合は、撮り直しをおすすめします。

同じ商品なら写真がきれいな方を人は選ぶものです。落札される可能性を少しでも上げるためには、面倒がらずに撮り直しましょう。

部屋が散らかっているときは、整頓するか背景に布を張るなどの工夫をしましょう。

まとめ

HTML形式の入力などは、初めての方には難しいところもあったかもしれません。けれども、マスターしておけば後が楽です。どんどん試して慣れてしまってください。

落札してもらえるかどうかは、商品写真次第と言っても過言ではありません。商品を理解した上で買ってもらえるように、商品がはっきりと写っている写真を使うだけでなく、欠点部分を撮影した写真も必ず使うようにしましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法