物販

ヤフオクはアプリを使えば楽々!無料会員はこうすれば簡単に出品できる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ヤフオクは、以前までYahoo!プレミアム会員でないと出品することができませんでした。現在では、いくつか制限があるものの、無料会員でも出品することができるようになっています。

「Yahoo!プレミアム会員になる必要があるから敬遠していたけど、無料会員でも出品できるなら挑戦してみようかな」。そう思う人もいると思います。無料会員はどのように出品することができるのか、オークション出品、フリマ出品ともに、解説していきましょう。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




無料会員でもオークション出品が可能になった!

2018年3月より、Yahoo!プレミアム会員でなくても、スマホアプリ限定で「オークション出品」ができるようになりました。そして現在では、アプリ以外でも利用できるようになっています。つまり、現在は有料会員・無料会員ともに、オークション出品・フリマ出品を問わず利用できるのですね。

しかし、無料会員は出品機能に制限もありますし、落札システム利用料も高めです。

たまに出品する人、頻繁に出品する人、それぞれ自分のスタイルに合った登録方法を検討してください。

ヤフオク!オークション出品について

以前はヤフオクアプリ限定でオークション出品が可能でしたが、現在はブラウザでも可能です。しかし、Yahoo!プレミアム会員と比較すると機能に制限がありますので注意しておきましょう。

ヤフオク!ヘルプ 
出品形態、会員ごとに利用できる機能の違いについて

出品個数が1個まで、値下げ交渉ができない、着払い設定にできない、配送方法が1種類しか設定できないなど、大きく違いがありますね。オプション設定も、自動延長や早期終了などを「ON」にしておけば利用できますが、有料オプションはまったく利用できないのです。

大きく違うのは、落札システム利用料がYahoo!プレミアム会員の8.64%に対し、無料会員は10%必要になってくるところです。頻繁に出品するなら、機能のこともふまえ、Yahoo!プレミアム会員に登録する方が良い場合も出てくるでしょう。

ヤフオク!フリマ出品について

メルカリのように、ヤフオクでも定額で出品できる方法があり、それが「フリマ出品」です。

価格を競り合うのがヤフオクの醍醐味ですが、フリマ出品は価格は最後まで変わることがありません。オークション形式を希望している人にはフリマ出品は向きませんが、確実な利益を確保し、即決してもらいたいなら、断然フリマ出品なのですね。

開催期間は7日間で固定、着払い設定にできない、配送方法が1種類しか設定できないなどの制限があり、また、有料オプションはまったく利用できません。落札システム利用料も、10%とYahoo!プレミアム会員より高めです。しかし、高額出品でない限り、落札システム利用料のことはあまり気にしなくても大丈夫そうですね。

ヤフオク!オークション出品に挑戦してみよう

ヤフオクアプリのオークション出品画面を見てみましょう。

ヤフオクの出品画面で10枚までの画像を登録することができます。カメラマークをタップして写真を撮るだけですので、とても簡単です。商品名やカテゴリ、商品の状態、商品説明などを順に漏れなく、間違いなく登録していきます。配送についても、正確に選択していきます。

オークション出品では、次の項目の入力が必要です。

・終了する日時
・開始価格

これが終われば、プレビューで出品ページを確認します。良ければ、「ガイドラインと上記規約に同意して出品する」のタブをクリックしましょう。とても簡単ですね。では、各項目での注意するべきポイントをまとめましたので、見ていきましょう。

商品画像登録について

先述した通り、画像は10枚まで登録することができます。

オークション出品の1番上の画面にこのように出ますので、ここをクリックします。そうすると、次のように表示が出ます。

今から撮影する画面の下に、「アルバムから選択」という文字も出ますので、これを選択すれば、すでにアルバムに存在する写真を利用することもできます。また、そのまま今から撮影することもできます。まず、被写体にピントを合わせましょう。

ピントが合えば、カメラボタンを押して、撮影します。画像加工の機能も搭載していますので、商品がより良く見えるように、工夫してみてください。

商品名について

重要なタイトルになります。このタイトル次第で閲覧数も大きく変わってきますので、こだわって作りましょう。65文字までですので、ブランド名、商品名、型番、色、サイズなど、入れられるものは入力してしまいます。くれぐれも長すぎて分かりにくくならないように注意してください。

【美品】【限定品】【新品】【非売品】【値下げ可】など、目を引く単語を頭に持ってくる人も多いですね。参考になさってください。

カテゴリについて

カテゴリの文字をタップします。そうすると、次のような画面になります。

「出品カテゴリを選択」ということで、次の3つのタブのうち、1つを選択します。

・すべて(手動でカテゴリを選びます)
・商品名から(商品名から、カテゴリの候補を挙げてくれます)
・出品履歴(過去に出品したカテゴリを表示)

「商品名から」だと、1番近いものが検索されますので選択しやすいです。同じ商品の出品が多ければ、「出品履歴」で探すのも便利ですね。自分が使いやすいものを選択しましょう。

商品の状態について

落札希望者がとても気にする条件の1つに「商品の状態」があります。新品なのか、中古なのか、傷や汚れがあるのかないのか、これを考慮して価格とのバランスを考えるのです。

2019年1月以降は、「中古」の項目は廃止となり、現在の商品の状態の項目は、「新品、未使用」から始まり、「未使用に近い」「目立った傷や汚れなし」「やや傷や汚れあり」「傷や汚れあり」「全体的に状態が悪い」など、6つに分かれています。

返品を受け付けるかどうかも選択してください。

商品説明について

商品についてはできるだけ詳細に、漏れなく記載していきましょう。「思っていたものとは違った」「こんな欠点があるとは思わなかった」など、トラブルにならないためにも、面倒がらずに丁寧に入力します。

画面下のほうに「定型文」のタブがありますので、文章が苦手な人や初心者の人は利用してみるのもおすすめです。自分でテンプレートを作成しておくのも便利ですし、カテゴリ共通で使える定型文もあります。

カテゴリ共通で使える定型文は、次のようなものです。

非常に簡潔ではありますが、必要な項目はすべてありますね。そして、見やすいです。自分で作成する場合の見本にもなりますね。

発送元の地域について

発送元の地域については、「どこから発送するのか」ということなので、自分が住んでいる都道府県を選択しましょう。もちろん、他府県にいる場合に発送することになれば、発送する予定の都道府県を選択します。

発送までの日数について

発送までの日数については、落札者が支払い手続きをしてからいつまでに発送するかの日数を選択します。

4つの選択肢があります。もちろん、1~2日で発送するのが望ましいですが、最低でも、3~6日で発送できるようにしたいですね。それ以降の日数は、よほどの理由がない限り、選択しないようにした方が良いでしょう。

送料の負担について

送料はどちらが負担するかということですが、これは、落札されるかどうかに関わってくるほど重要なものです。落札者は送料をふまえて検討するということを理解しておきましょう。

ヤフオクは、送料落札者負担の場合が多いですが、もちろん、出品者が負担する方が好印象で売れやすいです。

配送方法について

発送方法は、落札者にとって非常に重要な項目の1つです。匿名配送にこだわる人は、匿名配送以外の配送方法だと落札しません。

【出品者負担送料】


【落札者負担送料】


ヤフネコ!ネコポス

・出品者負担⇒全国一律195円(税込)
・落札者負担⇒全国一律225円(税込)

ヤフネコ!宅急便
 
・出品者負担⇒600円(税込)~
・落札者負担⇒657円(税込)~

ヤフネコ!宅急便コンパクト

・出品者負担⇒380円(税込)~
・落札者負担⇒444円(税込)~

ゆうパケット(おてがる版) 

・出品者負担⇒全国一律175円(税込)
・落札者負担⇒全国一律210円(税込)

ゆうパック(おてがる版) 

・出品者負担⇒600円(税込)~
・落札者負担⇒630円(税込)~

ヤフオクは、どちらが負担するかで送料が違います。このあたりも理解しておきたいですね。

終了する日時について

終了する日時についてですが、オークション終了日時は、以前は翌日の夜でしたが、現在は改定されています。

スクロールできるので、日時を選択してください。最大7日後までで時間は自由にできるようになっていますので、金曜の夜や土日に開催スタートにすることがおすすめです。2回休日をまたぎ、より多くの閲覧数を期待できるでしょう。

開始価格について

いくらでスタートするか決定します。

最低の利益を確保したければその金額を入力するのですが、1円スタートの方が閲覧数は上がります。1円スタートだから必ず安く売れてしまうわけではありません。

開始価格のすぐ上に、「いくらで売れるか調べる」という文言が出ますので、そちらをクリックすると、過去の落札相場も見ることができます。なお、無料会員は即決価格は利用できませんのでご注意ください。

出品者情報について

出品者情報は、登録時にすでに登録してある情報が出てきます。変更がある場合のみ、修正しておきましょう。

通常、何もなければ入力の必要はありません。

プレビューについて

出品者情報のすぐ下に、「プレビューで確認する」というタブが出ます。

ここをクリックして、出品ページが問題なく作成できているかチェックしてください。

問題なければ、「ガイドラインと上記規約に同意して出品する」のオレンジ色のタブをクリックしていきます。

出品ボタンをクリックする

「ガイドラインと上記規約に同意して出品する」のオレンジ色のタブをタップすると「出品が完了しました!」と出ます。

「出品した商品を確認する」「続けて出品する」の2つが出ますので、どちらか選択してください。慣れないうちは、出品ページを確認するようにしてくださいね。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

ヤフオク!フリマ出品に挑戦してみよう

ヤフオクは、オークション出品だけではありません。価格を競い合うのがオークションですが、フリマ出品は、定額価格(即決のこと)で取引ができ、初心者にも分かりやすい出品方法でもあります。

オークション出品は、時間をかけて競り合うことが特徴です。一方、定額価格であるフリマ出品は、欲しいと思う人がいれば即時に売れるのが特徴です。ヤフオクのフリマ出品にも挑戦してみましょう。

これが肝心!フリマ出品は、価格のリサーチが大事です

フリマ出品は、即決でそのまま売買が成立します。ですから、価格リサーチはとても重要です。まず、過去にどのくらいの値段で売れているのか、相場をリサーチしましょう。

【ティファール 電気ケトル 1.2リットル】

ティファール系はギフトや景品などに人気で、その中でも値段が手ごろな電気ケトルはよく扱われています。よくあるのは「二次会でもらったが、もうすでに持っている」「ギフトでいただいたが、うちでは使いそうにない」などの理由で、出品していることが多いですね。

手放す人もそこそこいるのに、しっかりと需要もある商品でもあります。この商品でリサーチします。

価格ドットコムでは、送料込みでも、最安値で3,000円以上します。

メルカリでも、新品で検索すると、カラーにもよりますが、3,000~3,800円ですね。

ヤフオクの落札相場は、オークファンによると、2,771円と出ます。2,000円前半の価格も数点ありますね。

即決価格は、送料も考慮することを忘れずに

送料を考えて、2,200円くらいで出品すると売れやすいですが、過去の履歴ではそれ以上でも売れています。2,200~2,500円くらいで設定しても、需要はあるでしょう。「値下げ交渉を受けつける」という項目は、ONにすると興味を持つ人も多くなりますが、交渉が苦手であればOFFで良いと思います。

「絶対に値引き交渉はOFFで!」と硬くなるより、「2,500円にして、2,200円までの値引き交渉なら、受け付けてみよう」など、柔軟に対応してみて下さい。

フリマ出品は、結構簡単にできます

フリマ出品は、価格リサーチさえ間違えなければ簡単です。ただし、できるだけ状態が分かるように、画像は多方面から撮るようにしてください。パソコンからの出品でもスマホからの出品でも、画像を綺麗に撮るようにしたり、商品説明を詳細に記載していれば好印象だと思います。

パソコンの出品画面

スマホの出品画面

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

オークション出品にはない、フリマ出品の2つのメリットとは

ヤフオクは、オークションであってこそヤフオクな感じがしますが、フリマ出品にはオークション出品にはないメリットがあります。このメリットを生かして、フリマ出品を楽しみましょう。

【メリット1】フリマモード画面に出品商品が表示される

フリマ出品では、定額価格(即決価格)で出品します。ヤフオクでは、以前「ワンプライス出品」と呼ばれていましたが、現在では、「フリマモード」と呼んでいます。即決価格が設定されたオークション商品や、フリマ出品だけを絞り込んで、検索にヒットさせることができます。まず、ヤフオクアプリを起動させましょう。画面下にある、検索をクリックします。

検索窓に、キーワードを入れて検索します。

すると、検索窓すぐ下あたりに、「すべて」「オークション」「フリマ」と出ますので、フリマを選択してください。

メルカリに慣れていると、余計に感じることですが、「送料の計算や、結局いくらになるのか分からないまま数日間過ごすのがしんどい」「今すぐ気に入ったものがあれば、すぐ即決したい」という場合、フリマ出品はとてもありがたい方法なのです。

即決価格を設定しているオークション出品もヒットしますから、「今すぐ欲しい」と思っているユーザーにはとても便利です。とりあえずオークション出品にしておいて即決価格を設定しておくとどちらにも表示されますが、オークション出品だと、即決価格以下で落札されることもありますので、そのあたりをよく考慮してください。

オークション出品よりも手軽!

メルカリを中心にして、ヤフオクにも市場を広げようとしているのなら、メルカリ方式でもあるフリマ出品にしても良いと思います。オークション出品は、同じ商品でも出品するたびに売れる価格に変動があります。それがオークションの醍醐味でもありますが、利益を気にしている人ほど、売れるまで気が気ではありませんね。

また、フリマ出品は、出品する時の入力項目も少なくてすみます。スタート時の価格設定や、オークション終了日などを検討することもありません。フリマ出品は、配送方法や送料の設定、有料オプションなどに制限がありますが、制限があると、「上手く売る」ということが、しづらいですね。

しかし、「手軽に売る」ということができるのが、フリマ出品でもあるのです。初心者ほど、分かりやすいフリマ出品をおすすめします。

【セミナー講師募集のお知らせ】

もしもあなたが教える側の立場になって、講師としても活躍したいならこちらをご確認ください。

セミナー講師になって活躍する!

>>> 講師募集要項を確認する

【ヤフオクのフリマ出品】VS【メルカリ】どちらで売っても同じではありません

オークションサイトやフリマアプリが人気で、今や個人の所有物を簡単に売れる時代になりました。ヤフオクのみならず、メルカリ、フリル、ラクマなど、人気アプリはたくさんあります。そこで疑問になるのが、次のようなことです。

「同じ商品なら、どのサイトで売っても売れるのか」…。

サイトごとに、特徴やメリットが違います。ですから、同じ商品の売れ行きが、一緒というわけではありません。そのあたりを解説していきましょう。

ヤフオクなら○○、メルカリなら○○。売れ筋商品に違いあり

あるアンケートでは、次のような結果が出ています。

・ヤフオク⇒家電やスマホ、カメラなどの機械製品が豊富
・メルカリなどのフリマアプリ⇒ファッション系が豊富

そういえば、利用していても、メルカリはファッション系の商品が豊富です。ファッションといってもいろいろですが、少々難ありでも、消耗品だと思って安く手に入れたい人が多いですから、手軽なフリマアプリは本当に便利です。

一方、家電など、高額商品が多い機械製品などは「できるだけ安く、でも、故障されても困る」ということで、少し高めでも状態の良いものを購入したいと思う傾向にあります。また、サッサと購入するより、上限額を決めてその中で競り合うヤフオクのようなオークションの方が、思った以上に安く手に入ることも期待できます。

ユーザーも、そのあたりをよく分かっている人が多いので、ファッション系ならメルカリのようなフリマアプリ、家電などの高額商品はヤフオクの方が、断然売れやすい傾向にあります。使い分けて、上手に売るようにしましょう。

ヤフオクアプリがあれば、無料会員でも、手軽に売れる!

以前は、Yahoo!プレミアム会員に加入していないと参加できなかったヤフオクですが、今では無料会員でも、制限はあるものの、こんなに手軽に出品することができるのです。オークション出品、フリマ出品ともに参加できますので、コツさえつかめばメルカリよりも売りやすく感じることもあるはずです。

ヤフオクって何だか難しそうだと、敬遠していた人も、まずは、簡単で分かりやすいフリマ出品から挑戦してみてください。ヤフオクの特徴やコツがつかめてくれば、オークション出品にも自信をもって挑めます。

価格を競り合うオークション出品と、メルカリのような手軽なフリマ出品。どちらの機能もあるヤフオクで、上手く商品を売ってくださいね。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法