物販

Amazonのセラーリサーチの方法とおすすめツールを紹介

輸入をしてAmazonで出品をする時にはセラーがカギになります。

作業の中で一番悩むところではありますが、結果に結びつく作業でもあります。

セラーリサーチに必要なツールやリサーチ方法などを、この記事では解説していきます。

Contents

Amazonセラーリサーチとは

Amazonのセラーリサーチとは、実際に利益を出しているセラーを探して、販売する商品や仕入れ先を丸々コピーする方法です。

既に利益を出しているセラーを真似することで、知識やスキルがなくても、短期間で成果を出すことができます。リスクも少ないので、初心者におすすめです。

Amazonセラーリサーチのメリット

Amazonセラーリサーチの大きなメリットは、初心者にも簡単にできて短期間で成果を出しやすいという点です。

リサーチが簡単で、知識やスキルがなくても高いヒット率を出せます。一度にたくさんの仕入れができるため、効率的に稼げるのも特徴です。

Amazonセラーリサーチのデメリット

セラーリサーチは、あくまでも利益を出しているセラーのリサーチ方法を真似するのがメインです。デメリットは、真似しているセラーの頑張りによって利益が左右されてしまう点です。

また、簡単に誰でもできる方法なので価格競争に巻き込まれやすいという特徴があります。自分の商品も同じ方法で真似されるリスクがあるので注意が必要です。

Amazonセラーリサーチをする意図

始めたばかりの頃は、売れる商品のリサーチ方法がわからず、利益を出すイメージが湧かない方もいるはずです。

セラーリサーチをすることで、成果を出している人がどのように仕入れをしているかがイメージしやすくなります。

Amazonセラーリサーチの役割

セラーリサーチというのは、Amazonの出品者が出品中の商品を調べることです。

他の出品者が出品している商品を調べる事で、利益が出る商品を探す事ができます。

セラーリサーチをする前にせどらーを見分ける

セラーリサーチをするには、その出品者がせどらーなのかを見分ける必要があります。

見分ける基準としては、「3桁以内の評価実績」「プライムマークが付いている」「新品商品も販売している」「さまざまなジャンルの商品を販売している」などです。

こちらを参考にして、せどらーを見分けてからセラーリサーチを行いましょう。

Amazonセラーをリサーチする方法

セラーリサーチをする際のポイントとして、電脳せどりの出品者を探すという事です。
店頭せどりをしている出品者の商品をチェックしても、同じ商品を見つけて販売するのは難しくなるからです。

例えば、ドライブレコーダーを例としてセラーリサーチしてみましょう。

Amazonで「ドライブレコーダー」とタイプして検索します。

表示された結果から、一つの商品を選び、クリックします。

詳細ページに移動すると、「新品」という部分がありますので、クリックします。

その商品の出品者の一覧が表示されます。

価格の横に「prime」と書かれていると、FBA出品になりますので、出品者の詳細を見てみます。

評価の数が多ければ、せどらーと考えられますので、出品者名をクリックして、さらに情報を見てみます。

出品者の連絡先や、責任者などのストア情報が書かれています。

「ストアフロント」と書かれている部分をクリックすると、その出品者の出品している商品の一覧が表示されます。

他のジャンルの商品も出品していれば、リサーチをするとよいでしょう。

一定のジャンル以外でも出品していれば、その商品は利益がでる商品という事も考えられます。

Amazonでセラーリサーチをする重要ポイント

上記の方法で、ドライブレコーダー関係の商品でFBA出品者がいるのであれば、リサーチをしていくと良いでしょう。多種多様な商品をリサーチしていくと、より利益が出やすい商品を見つける確率が向上します。

ポイントとして、評価の数が多い出品者をチェックすることです。

新規出品者よりも、評価数が多い出品者の方が、Amazonで販売している期間が長く、もしくは出品数が多いと考えられます。

さらにリサーチをする際に、キーワードを変えて入力してみても効果的です。

有力な出品者を見つければ、利益が出そうな商品をたくさん見つけることができます。

セラーのチェックポイント

チェックポイントとして、画面に表示されているセラーの情報を確認し、自分と雰囲気が似ているセラーを探しましょう。

例えば、「販売している商品」「発送方法」「最新月の評価数」「出品の際のコメントの書き方」などをチェックしておくといいです。在庫数がどれくらいあるかも確認しておくといいですね。

また、自分よりも出品数が多いセラーを選ぶのがおすすめです。

店舗せどりの場合は、所在地も確認しておきましょう。

セラーを選ぶ際の注意点

次に、リサーチ対象にするセラーを選ぶ際の注意点を解説します。
セラーを選ぶ基準として、評価数や出品商品が多すぎる場合は、業者の可能性があるので避けたほうがいいでしょう。

また「悪い評価が多い」「新規の出品者」などに当てはまっている場合も注意が必要です。
新規出品者の場合、危険な商品に手を出してしまうリスクもあるので注意が必要です。

上記に当てはまっていなければ、基本的には問題ありません。

また「評価のパーセンテージが95%を超えていないとダメ」と言われていることもありますが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

セラーリサーチのおすすめカテゴリー

セラーリサーチをする際、仕入れ先や商品ジャンル、カテゴリーがなるべく統一されているセラーを狙いましょう。仕入れ先メーカーや商品ジャンルがバラバラだと、リサーチがしずらいです。逆に、商品すべてが同じ店から仕入れている場合は、かなりセラーリサーチがしやすくなります。

せどりの種類によってもおすすめカテゴリーは変わりますが、それぞれ紹介します。

電脳せどりの場合は、「PC周辺機器」「おもちゃ・ホビー」「ゲーム」「家電」「靴」
などがおすすめです。定期購入できる商品や予約転売できる商品なども稼ぎやすいです。

中古せどりの場合は、「アパレル」「ゲーム」「本」「電化製品」などがいいですね。ヤフオクやメルカリを利用するのもおすすめです。

店舗せどりの場合は、ジャンル問わず近場の店を探しましょう。家電量販店やローカルショップなどが穴場になりやすいです。

セラーリサーチ対策の突破方法

セラーによっては、Amazon商品のデータを大量にアップロードし、自分の商品をカモフラージュする人がいます。セラーリサーチの対策を行っているのです。

セラーリサーチ対策を突破するには、Google Chromeの「ショッピングリサーチャー」という拡張機能を導入しましょう。

導入することで上記写真のように、それぞれの商品にグラフが表示されます。赤色で表示されている帯がAmazonが販売している商品です。

このように、セラーが販売している商品とAmazonが販売している商品を簡単に見分けることができます。

この方法を使えば、リサーチ対策を行っているセラーでも問題なくリサーチが可能です。

Amazonセラーリサーチの注意点

次に、セラーリサーチをする上での注意しておくべきことを解説します。

セラーリサーチで調べた商品価格は、あくまでもライバル出品者の価格であり最安値ではありません。出品者の価格が、最安値よりも大幅な値段差で販売されていることは珍しくないのです。

上記写真の場合は、出品者の価格と最安値に1000円程の差があります。

出品者価格で販売を想定して仕入れた場合、最悪赤字になってしますリスクがあります。
そのため、仕入れる前にAmazonの最安値を確認しておくことが重要です。

Amazonのセラーリサーチのまとめ

セラーリサーチは、せどりの初心者から上級者まで誰でもできるリサーチ方法です。

セラーリサーチを徹底することで、利益が出る商品を多数見つけることができます。

せどりでは、いかに商品を探し当てるかが、利益を出していくのに大切です。

リサーチを効率よく行い、売り上げや利益を向上させていきましょう。

自分がセラーリサーチをされた時の対策方法

もちろん、自分がセラーリサーチの対象にされ、商品を真似られるケースもあります。もし、自分がターゲットにされてしまった場合、どのような対策をとればいいのでしょうか。

セラーリサーチをしてくる人の特徴

結論をいうと、セラーリサーチの対象にされた場合の完璧な対策はありません。電脳せどりをしていれば、仕入れ先を隠すことが不可能なので丸わかりの状態になります。アカウントを変えるという対策はとれますが、再度またターゲットにされたら意味がありません。

ただ、セラーリサーチをしてくる人の特徴を把握しておくのは大切です。特徴としては、販売している商品が「Googleで検索するとすぐに出てくるもの」しか取り扱いがない場合が多いです。問屋やメーカーの商品など、Google検索で簡単に見つからない商品には手を出さないのです。

これを踏まえて、「問屋やメーカーから商品を仕入れる」「OEM製品を取り入れる」「メルカリで仕入れた物や中古品などを取り扱う」「店舗で仕入れる」といった対策ができます。

その分、難易度は高くなりますが、慣れてきたらやってみるといいでしょう。

出品時に便利なAmazonセラー向けのリサーチツール

Amazon出品に使うと良いツールは以下の通りです。

ASIN収集ツール

リサーチツール

在庫更新ツール

価格改定ツール

商品情報取得ツール

AmazonSEOツール

顧客フォローツール

一つの機能だけでなく、複数の機能を持っているツールもありますので、利用する目的に合わせて必要なツールを使い分けましょう。

Amazonセラー必須の商品ASIN収集のツール

商品のASINを収集するために用いるツールです。

無在庫販売を行いたい時に、このASINを収集できるツールの存在は大きいでしょう。

ぜひ活用していきたいツールです。

リサーチツールとは?

商品のリサーチのためのツールです。

国内外でASINを元にして、価格差を抽出するのに活用するツールです。

AmazonSEOツール

検索ワードに対しての、自分の商品の順位を見ることができます。

日本ではこのタイプのツールは少ないですが、海外では活用されています。

Amazon出品時に使える3つの無料リサーチツール

色々なツールやサイトがありますし、GoogleChromeの拡張機能などもありますので、それらを活用できます。

最終的には自己流にアレンジしていきますが、基本的な使い方をマスターしていきましょう。

Amazonセラーなら必須のリサーチツール「ショッピングリサーチャーfor web」

ショッピングリサーチャーfor webは、Amazonでのランキングの変動を見ることが可能です。

変動は、表示期間を設定すると好きな日数で見ることができます。

ランキングの上昇の仕方を見ると、1か月での売り上げ予想に使えます。

ただし1個しか売れていない場合でも、数個売れた場合でもランキングは上昇するので、正確な個数は予測しにくいです。

バリエーション商品や、アパレルはデータに反映されていないこともあるのがデメリットです。

過去の履歴から、予測をしたり、ライバルの価格推移を見ていくのに活用できます。

参考:ショッピングリサーチャーfor web

グラフで商品チェックできるリサーチツール「keepa」

Amazonの商品ページに、セールスランクや価格の変動をグラフに表示することができます。

最安値の際の値段や、セール時の価格などをグラフでチェックできるので、利益がどれほど出るのか確認することが可能です。

ランキングでの変動の仕方や、中古価格での表示もできるので、商品のリサーチに役立つ情報を比較できます。

参考:Keepa

Amazonセラーが一目でわかる利益計算ツール「FBAシミュレーター」

FBAシミュレーターは、Amazonの公式ツールなので、利益計算をするのに欠かせません。

カテゴリー手数料や配送料など、ややこしい部分もありますので、利益計算をするのにこのツールは役立ちます。

参考:FBA料金シミュレーター

Amazon出品時に時短できる有料リサーチツールの存在

これまで紹介したツールは無料のものでしたが、有料のツールについても考えてみましょう。

Amazonセラーが得する有料リサーチツール

有料リサーチツールメリットは以下の通りです。

・リサーチ時間の短縮

・ASINがつながっているものを発見できる

Amazonセラーが失敗する有料リサーチツール

・リサーチに時間がかかる

・ASINがつながっていないものは発見できない

・費用がかかる

これらの点は、有料である以上避けられないデメリットです。

賢いAmazonセラーが使用する有料ツールと無料ツールの違い

大きな違いは、AISNがつながっていないものは発見できないことです。

ASINがつながっていると発見しやすいのですが、それはライバルでも同じです。

ASINがつながっていると利益率が高い傾向もあるので、ツールを使ってASINがつながっているものを探しASINがつながっていないものは自力で探していく必要があります。

出品でAmazonセラーがツール使用時に注意すること

Amazon出品を考える時に、ツールを選択する方法についても考えてみましょう。

失敗しないためにも、次のようなツールは避けておきたいものです。

業界最速を宣伝文句にしている

業界最速を宣伝にしていても、Amazonの商品API(MWS)を取得できるのは、1時間で3000から4000と決まっています。

MWSが複数なのであれば、確かに業界最速なのかもしれませんが、コストが上がります。

業界最速という宣伝文句の背景には、プログラミング言語の違いがあるかもしれません。

しかしプログラミング言語の違いや、それほどプログラミング言語の違いが早さに影響を与えているのかは分かりません。

多くの場合に、ツールの速さはそれほど変わらないのが実情です。

オリジナルであることを宣伝文句にしている

他社のツールがパクリであるかのように宣伝しているツールもあります。

これに関しては、特許を取るしか解決方法はありません。

サービスの質で勝負をしているのであれば、機能が真似されても他の部分で差別化できるので、気にならないはずです。

他のツールにはないサービスや機能、さらに付加価値を加えてこそ本当に良いツールでしょう。

完全出品自動化を宣伝にしている

そもそも完全自動化でできてしまうのであれば、自社での運用をして儲ける方が効率が良いです。

完全自動化していても、その情報は他のユーザーにも共有されているので、同じことをしている出品者が増えるので、情報の価値は下がります。

ユーザーが考えた戦略をサポートし、調べる時間を短縮するのに役立つのがリサーチツールなのです。

Amazon出品に使える有料リサーチツールの紹介

Amazon出品に使える有料ツールは以下の2つです。

・ショッピングリサーチャー

・アマテラス

1つずつ詳細を見てみましょう。

グーグルのリサーチツール「ショッピングリサーチャー」

ショッピングリサーチャーは、GoogleのChroomの拡張機能で使えるツールで、無料版と有料版があります。

拡張機能をダウンロードするだけですので、難しい設定はありません。

主な機能としては、Amazonの商品ページに以下の機能が追加されます。

・プライスチェックなどの外部サイトへのリンク表示

・商品ページ内での利益計算

・ライバルが出品している商品のASINの抽出

無料版と月3980円の有料版の2段階の価格帯がありますが、無料版からまず使ってみましょう。

Amazon登録商品のリサーチツール「アマテラス」

アマテラスはセラーIDや商品名などを検索すると、Amazonに登録している商品が表示されます。

中国に限らず、欧米輸入や欧米輸出にも使えるツールです。

表示価格も最安値だけでなく、カート価格が表示されているのもポイントです。

プライスチェックの様に、一括でASINを検索できる機能もあります。

アマテラスの価格は、

アドバンスプラン:月額9,800円

プロプラン:月額19,800円

になっていて、どちらも30日間の無料お試し期間があります。

Amazonセラーが注目するリサーチツールのまとめ

ぜひ使っていきたいのは、ショッピングリサーチャーfor webプライスチェックの2つのツールになります。

無料のツールか有料のツールかに関わらず、性能は高く上手に活用することで、売り上げにつなげることができます。

Amazon輸入で成功するためには、商品をリサーチする力が必要です。

上手にリサーチすることができないのであれば、出品をしても稼ぐことなどできません。

性能が高いツールを使って、商品をリサーチし、利益が高い商品を見つけることがAmazonでのせどりに大切なのです。

ここで紹介したリサーチツールを活用して、Amazonでの利益を上げるために正しいリサーチをしていきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!