物販

仕入れリストで利益を倍増させる方法とは?作成のコツを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転売をビジネスとして行っているのであれば、仕入れた商品は当然リスト化していますよね?」と質問をしてみると、意外と仕入れた商品のリスト化をしていない人が多いものです。

また、リスト化していたとしても、「商品名と価格だけ」という方も多くいらっしゃいます。

実は、仕入れリストは、一手間加えて作ると資産に化け得る宝の山になるのです。

この記事では、本当に儲かる仕入れリストの作り方を紹介いたします。

仕入れリストは利益を倍増させるための大切な資産!

仕入れリストは、きちんと作るととてつもない資産に化けるものです。

しかし、仕入れリストを作成していなかったり、作っていたとしても将来的に資産となるはずの項目が入っていなかったりする場合が多くあります。

将来的に宝の山になる仕入れリストというのは、記入するべき項目が大切になってきます。
いったいどんな項目が宝の山に化けるのでしょうか。

JANコードは絶対に入れよう!

仕入れリストに記入すべき項目には、JANコードなどの製品コードがあります。
商品が届いたときに製品コードを見比べるだけで、本物が届いたかどうかを確認することができるため、製品コードを控えておくだけで検品の手間を省くことができます。

製品コードを控えていなければ、商品が届いた後に改めて調べなおさなければいけません。
これって結構手間になるんですよね。

また、後からモノレートなどで調べるときにも、製品コードで検索すれば一発でわかるので便利です。

ASINも必須!

仕入れリストに記入すべき項目には、ASINもあります。
ASINというのは、 Amazonに出品する際のコードです。

仕入れリストに入れておくと、一括商品登録ツールを使うときに仕入れリストからコピーすればいいだけなので、作業が非常に楽になります。

リサーチするときに製品コードと一緒に記入しておきましょう。

リピート仕入れに活用しよう!

販売状況も仕入れリストに残しておけば、再度仕入れるときにリサーチをし直す必要もありません。

というのは、売れた商品だけを再び仕入れれば良いからです。

売れた商品がヤフオクやメルカリなどで今でも売れているかどうかを検索すれば、 もう一度仕入れても大丈夫かどうかを判断することができます。

新しい商品を仕入れるのは不安なことですが、自分が一度売っている商品をまた仕入れるのであれば安心です。

これを何度も繰り返すことで、自分の中の鉄板商品リストができあがっていくのです。

商品名、仕入れ価格、販売価格、実際に売れた価格、を記載しておけば大丈夫でしょう。

役に立つリストと役に立たないリストがある!

一方で、「転売にリストは必要ない」という声もあります。

役に立つリストを作りあげることができればそのリストは資産化することができますが、それができなければ単なるゴミの山を作るのに手間暇かけたことになってしまいます。

いったい役に立たないリストというのはどんなものがあるのでしょうか。

リストを作る意味とは?

リストを作ると「商品が本当に売れるものなのかどうかを目利きする必要がなくなる」と言われています。
Amazonなどから高額で売れる商品をリストアップしたら、その商品をネットや店舗で仕入れるやり方です。

ですが、このやり方では本当に資産化できるリストにはなりません。
これだけのためにリストを作るのであれば、リスト化する意味は全くないといえます。

リスト化には意味がないという本当の意味

Amazonなどで売られている商品をリスト化しただけでは、実際に仕入れるときの価格がわからないことがほとんどです。

仕入れ価格との価格差がわからないままリストを作っても、本当に儲けられる商品なのかどうかがわからなければリストを作る意味がありません。

転売で儲けるためには、仕入れ先で利益の出せる商品を見つけるやり方と、Amazonなどで利益率の高い商品を探して仕入れ先で見つけるやり方の2種類があります。

リストを作るのは後者の場合になりますが、この方法でリストを作成する場合はリストを作る時点で仕入れ価格がわからないという点と、その商品を本当に仕入れられるかどうかがわからないという点がリスクになります。

このようなリストを手間暇かけて作っていたとしても、実際に利益を出せる人でなければ時間の無駄にしかなりません。

本当に儲かるリストを作る意味というのは?

本当に儲けるためのリストというのはいったいどのようなものなのでしょうか。
それは、リサーチの段階でリストを作るのではなくて、自分が売った商品のリストを作っていくことにあります。

自分が売って利益を上げることができた商品のリストというのは、自分だけの極秘リストになります。
そして、その商品は必ず売れるものであり、何度でも仕入れることができるものです。

また、その商品を仕入れることができなかったとしても、似たような商品を横展開し、利益を出すことも可能です。

リストがある程度たまってくると、商品の特徴だったり、仕入先の特徴だったり、ジャンルだったり、共通する点が見つかります。

そこからさらにリサーチを深めていくことで、自分だけのショップリストが増えていきます。

これが本当に儲けるためのリストであり、独自の資産となるリストです。

本当に儲かるリストの作り方!

本当に儲かるリストの作り方にはコツがあります。

少し前までは商品リストを作ってその商品を仕入れるという方法で稼ぐ人がたくさんいましたが、今ではリスト作って転売を行う人は少なくなりました。
商品リストを作って稼ぐのは時代遅れだという人もいるくらいです。

しかし、ちゃんとしたリストを作っていけば、今でも十分稼ぐことができます。
これから、その本当に儲かるリストの作り方を紹介します。

月収5万円以下ならリストは不要

まず、転売での利益が月5万円以下であれば、商品リストを作る必要はありません。
商品リストを作ることに時間をかけるより、経験を積んでいったいどんなものが売れるのかを体感覚でつかんでいくべきです。

月の利益が5万円に満たないということであれば、まだ販売経験が少ないか、転売が一体どんなビジネスなのかをしっかりと理解できていない可能性があるからです。

「まだ経験を積んでいないけれど、将来のことを考えて今からリストを作っていこう」という考え方は、まだ付き合っていない状態であるのに同棲や結婚の準備を始めるようなものであり、全く意味がありません。

順序を考え、きちんと必要な手順を踏んでいくことが大切です。

半永久的に使えるリストを作るには?

月に5万円以上稼げるようになったら、リストの作成に取りかかっていきましょう。
目指すはあなたが引退するまで、半永久的に使い続けることができるリストです。

半永久的に使えるリストの絶対条件は、中古品だけのリストを作ることです。

新品は新商品だからこそ売れるものが数多くあります。
ランキングも売値も上昇しますが、一過性のブームでしかない場合がよくあります。
つまり、大量に仕入れたとしても、商品の寿命が尽きたら全く売れなくなってしまう可能性が高いのです。

ところが、中古品は発売されてから数年にわたって売れ続けている商品です。
コレクター商品であれば、発売されてから時がたてばたつほど価値が上がっていくものもあります。

こうした寿命が長い中古商品のリストを作り上げてしまえば、細かく更新していく必要がありません。

半永久的に使えるリストを作りたいのであれば、寿命が長い中古商品リストを作っていくようにしましょう。

1年たったらリストは捨てるべし!

1年たったらリストを捨てるべし」というのは半永久的に使えるリストを作ろうというのとは矛盾している話ですよね。

しかし、半永久的に使えるリストの作成を初めて1年がたつと、儲けられる金額も大きくなってきていることでしょう。
そうしたら次の段階へとステップアップしていきます。

それは、外注スタッフを雇うことです。
既存のリスト処理は外注スタッフに丸投げして、あなたはさらなる未知の荒野の開拓に乗り出していくのです。

「外注スタッフを雇うのは、月に100万円稼いでいる人でもなかなか難しい」と思っている人も少なくありません。
しかし、クラウドソーシングサービスなどを利用すると、月1万円からでも雇うことができるのです。

実は、ほとんどの人が思っているよりも外注スタッフを雇うのはハードルが高くありません。
今やっている作業は他の人に丸投げして、次の段階へと行くべきです。

Amazonの転売で儲かるリストを公開します!

ここからは、Amazonの転売で儲かるリストを公開します。

このリストを使い、もっと収入を増やしていきましょう。

ちなみにこのリストは中古家電のリストです。

商品リストを使って実際に仕入れてみよう!

仕入れのおすすめ商品にはこのような商品があります。

np-tcm4という食器洗い乾燥機で、価格は30,800円です。

人気は高くありませんが、そこそこ売れている商品です。

30,800円で仕入れたのであれば、44,375円で売ってもそこそこの利益です。

検索しても見つからない場合がありますが、同じ型番で見つからない場合は、同じ商品ラインの違う型番で探してみてください。

他の人が公開したリストは使えない?

このように売れる商品を公開したら、同じ商品には他の転売ヤーが群がるので使えるわけないじゃないか」と言う人がいますが、それは素人の考え方です。

他の人が作った商品リストにも当然価値があります。
その時には仕入れることができなかったり、売れなかったりすることもありますが、他人が売ったことのある商品というのは、確かに需要のあるものです。

同じようなものを仕入れて売れないわけがありません。

こうして本当に売っている人が教えてくれる情報を活かせない人は、自分の商品リストを使いこなすことすらできていないでしょう。

商品リストを増やす方法

売れる商品を見つけたら、さらに商品リストを増やしていきましょう。

その関連の商品を見つけて売れる商品のリストを増やすのです。

型番違いや、その商品に付随するアクセサリーなど、縦展開・横展開していくと、どんどん商品の幅が広がっていきます。

仕入れるべき商品リスト 新品ゲーム編

仕入れるべき商品のリストをご紹介します。
まずは新品ゲームのリストです。

XBOX360

仕入れるべき商品リストにはXBOX360があります。

メルカリで新品・送料込み9,500円で仕入れたものがAmazonでは?

プレステ3本体

仕入れるべき商品リストにはプレステ3本体があります。
現在はプレステ4の時代ですが、根強いファンの間では古い機種にも人気があります。

送料込みで11,000円で仕入れたものが、 40,000円近くで売れるのです。

プレステ3専用縦置きスタンド

仕入れるべき商品リストにはプレステ3専用縦置きスタンドがあります。
古い機種の周辺アクセサリというのはなかなか手に入りにくいので、こういった商品もコレクターに人気があります。

送料込みで1,400円で仕入れたものがAmazonでは?

仕入れるべき商品リスト 中古ゲーム・家電編

次に、中古ゲーム家電の仕入れるべき商品リストをご紹介します。

ロックマン

仕入れるべき商品リストにはロックマンがあります。

こちらは送料込みで2900円で仕入れることができました。
最安値で売る必要は無いため、しっかりと利益を出すことができます。

Amazonのマーケットプレイスやメルカリなどでは、不用品処分で捨て値で出品されている中古ゲームがたくさんあります。
そこを狙っていきましょう。

プレステ2本体

仕入れるべき商品リストにはプレステ2の本体があります。

新品を3,990円で仕入れることができました。
こちらの商品はコントローラーが変えられていましたが、正規品に交換すれば12,000円ぐらいにはなりそうです。

変えたコントローラーやメモリーカードは別売りで出品しましょう。

ソイエ

仕入れるべき商品リスト、家電製品にはソイエがあります。

新品を送料込み3,250円で仕入れることができました。

Amazonの最安値と比べても、5千円以上の利益を出すことができます。

商品リストを作って儲けよう!

この記事では仕入れ商品リストの作り方や、儲けを出せる商品リストのご紹介をしました。

転売をしている人の多くが、「商品リストを作っていれば儲けられる」と勘違いをしていますが、本当に稼げる商品リストは、先ほどご紹介したように作り方にコツがあるのです。

コツを知っているかどうかで、儲けを出せるリストを構築していくことができるかどうかが変わってきます。
あなた独自の資産となるリストを作りあげて、儲けを出せるようにしていきましょう!

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法



物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。

あなたのビジネスを成功させるために、ぜひこの無料動画を活用して下さい。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法