物販

Amazonとは別の会社が販売・発送を行うマーケットプレイスは危険?個人情報の漏洩も心配?

この記事のテーマは、Amazonのマーケットプレイスです。Amazonで販売する商品は全てAmazonが販売していると思っている人もいるかもしれませんが、実際には、他の会社(個人の場合も)が販売する商品もかなりあります。このAmazon以外の出品者が販売する形態がマーケットプレイスです。

以下では、マーケットプレイスの特徴や、利用する際の注意点などを解説していますので、是非参考にしてください。

マーケットプレイスが存在することによるメリット

マーケットプレイスという言葉には、市場(いちば)や取引市場といった意味があります。つまり、Amazonのマーケットプレイスというのは、市場のように多くの商店が軒を連ねているイメージになります。

Amazonという場所を使って商品を販売している業者が多数いるわけです。楽天市場が同様のシステムなので、楽天市場をよく利用する人は理解しやすいでしょう。

楽天市場との違いは、サイトの各ページがショップ単位ではないことです。商品単位でページが作られているので、Amazon自身による販売か、マーケットプレイスによる販売かが分かりにくくなっています。まずは、マーケットプレイスのメリットから解説します。

出品者にとってのメリット

自らショッピングサイトを立ち上げて、商品を販売する場合と比べて、Amazonの知名度は圧倒的です。自社のショッピングサイトであれば、サイトの存在を消費者に認知してもらうための宣伝活動だけでも大変なものになりますが、マーケットプレイスでは、宣伝をする必要がないのです。また、Amazonというブランドの信用力を使って商品を売ることができるというメリットも大きいといえます。

ただ、マーケットプレイスを利用した場合、Amazonに販売手数料を支払う必要がありますし、Amazonのサイト内でも価格競争がありますから、思ったより収益が伸びないこともあり得ます。それでもメリットの方が大きいと考えられるため、多くのショップがAmazonに出品しているのです。

商品を買う側にとってのメリット

商品を買う側にもメリットはあります。一つは、Amazonの商品の品揃えが良くなるということです。例えば、Amazon自身は中古品を販売していません。「既に製造中止になった商品を、中古でもいいから欲しい」といった場合、マーケットプレイスがなければ、Amazonでは買えないことになります。

また、販売するショップが増えることで、Amazonのサイト内で価格競争が生まれて、安く商品が買えるというメリットもあります。マーケットプレイスによって商品購入の選択肢が広がるのは、基本的には購入者にとっては良いことです。しかし、出品者が多くなると、中には悪質な出品者が混ざってしまうことがあるので、この点はデメリットといえます。商品を購入する側に、出品者の良し悪しを見分ける目が必要になるのです。

Amazonで販売される商品には発送方法が2種類ある

このマーケットプレイスという仕組みがあることによって、Amazonには2種類の発送方法があることになります。

Amazonによる発送

まずAmazonが発送する商品があります。Amazon自身が販売者になっている商品は、Amazonが発送しますが、マーケットプレイス出品者の商品についても、Amazonが発送を請け負っているケースもあります。このAmazonが発送を請け負うサービスのことをFBAといいます。

FBAではAmazonが責任を持って商品を発送しているので、配送に関するトラブルが少ない傾向があります。

マーケットプレイス出品者による発送

マーケットプレイス商品の場合、出品者が自ら発送を行っていることもあります。この場合、商品を確実に素早く発送してくれるか否かは、出品者次第ということです。もちろん、全ての出品者が良くないわけではないのですが、質の悪い出品者もいるので、Amazon発送の場合と比べるとトラブルが多くなる傾向があります。

Amazonの商品には、3つの販売・発送形態がある

上記のように、Amazonの商品には、Amazon自身が販売するものとマーケットプレイス出品者が販売するもの、Amazonによって発送されるものとマーケットプレイス出品者によって発送されるものがあります。これを組み合わせると以下のようになります。

1.Amazonが販売する商品をAmazonが発送

2.マーケットプレイスの商品をAmazonが発送

3.マーケットプレイスの商品を出品者が発送

Amazonで商品を購入する際には、この3つの形態があることを意識しておいた方がいいでしょう。

Amazonが商品を販売、発送を行う場合

まずAmazonが販売し、発送も行う商品です。Amazon自身が商品を管理しているので、商品が偽物であったりする心配はまずありません。初期不良があったりする可能性はないとは言えませんが、そういった場合には、交換や返金の対応を行ってくれます。

マーケットプレイスよりも、安心感がある販売・発送形態です。

マーケットプレイス出品者が商品を販売し、Amazonが発送を行う場合

出品者に対してAmazonが行っている発送サービスのことをFBA(フルフィルメント バイ アマゾン)といいます。このFBAを使っている出品者は、Amazonの倉庫に商品を入庫しておけば、商品の注文管理や発送から、返品があった場合の処理まで、物流関係の手続の多くをAmazonが代行してくれます。

購入者の立場から言えば、Amazonの配送システムを使って商品が送られてくるのですから、出品者自身が発送をしている場合よりも、安心できます。ただし、この場合、商品自体の品質等については、Amazonが管理しているわけではありません。悪質な出品者から商品を買わないように注意する必要があります。

マーケットプレイス出品者が商品を販売、発送を行う場合

この場合は、商品の品質や発送のタイミングなどは、全て出品者次第です。偽ブランド商品が販売されていたり、商品を注文してもなかなか発送されなかったりといったことは、この販売・発送形態の場合に起こりやすくなります。

もちろん、多くの出品者は、問題のない商品を速やかに発送してくれますが、たちの悪い出品者に当たると、詐欺的な商品が送られてきたり、商品がいつまで経っても届かないといったことにもなり得ます。このマーケットプレイス出品者が販売・発送をする商品に関しては、出品者の評価などを参照して、慎重に購入するか否かを決める必要性が高くなります。

マーケットプレイス出品者による悪質な販売

マーケットプレイス出品者の中には、まれに詐欺的と言ってもいいような販売手法を取っている者がいます。詐欺的な手法などの悪質な販売方法には、どんなパターンがあるのか、ご紹介します。

相場よりも遥かに高い価格での販売

マーケットプレイスの商品は、出品者がそれぞれに値段をつけています。商品の価格は需給関係で決まるので、希少価値があるものは、それなりの高値になっても仕方がない面もあります。定価以上の価格で売っていたとしても、それだけで詐欺的とまでは言えません。

しかし、コロナウィルスの流行が始まったときに多かった、法外な価格でのマスクの販売のように、購入者の窮状に付け込んで異常な高値で販売するような商法は、悪質なものといえるでしょう。

偽物、偽ブランドの販売

Amazonで販売している商品に関して、「Amazonだから安心」といった信頼感を持っている人がいます。これを悪用する形で、偽物を販売する出品者もいます。

この記事で何度も書いているように、Amazonの商品の全てをAmazonが販売しているわけではありません。Amazonも偽物を扱う出品者に対しては厳しい態度で臨んではいますが、マーケットプレイスの商品に関しては、偽物が含まれている可能性はゼロではありません。

明らかに低品質な商品を販売

偽物との区別が微妙な場合もありますが、有名ブランドの商品を真似て作った、質の劣るコピー商品が販売されていることがあります。このような商品のレビューを見ると、意外に星5が多かったりする場合もあるのですが、いわゆるサクラ(やらせレビュー)が混ざっていないか疑う必要があります。サクラに騙されないためには、サクラチェッカーというサクラを見抜くサイトがありますから、これを利用してみるのもいいでしょう。

参考:サクラチェッカー

また、簡単にサクラを見分ける方法としては、星5の次に数が多い評価が星1だったりすると、怪しいといえます。本来であれば、星5が多い商品でも星4や星3の評価もそれなりの数があるはずです。星5だけが飛びぬけて多く、次が星1といった不自然なレビューの集まり方をしているものは、サクラが含まれている可能性が高いのです。

そもそも商品が送られてこない

そもそも商品が送られてこないというケースもあります。出品者に問い合わせをしても、「海外から商品を取り寄せて、それから発送するから時間がかかる」などの言い訳をして、発送を行いません。

小額の商品であれば、そのまま泣き寝入りしてしまうこともありますし、様々な言い訳をされているうちに、Amazonのマーケットプレイス保証の申請期間が切れてしまったりするケースもあります。マーケットプレイス保証については、後で解説します。このような場合、商品は手に入らず、商品代金を騙し取られることになります。

最初から個人情報の収集が目的

商品を売ることが目的ではなく、注文をした人の個人情報を収集することを目的にする出品者もいます。収集した個人情報が悪用されると、思わぬ被害を受けることもあるので、ある意味で一番注意すべき出品者ともいえます。

マーケットプレイス商品の見分け方

上に挙げたような悪質な商法の被害を避けるための確実な方法は、Amazonが販売する商品だけを購入することです。そして、Amazonによる販売がない商品の場合は、マーケットプレイスを利用せざるを得ませんが、マーケットプレイスの商品であることを事前に知っていれば、商品を注文する前に出品者の評価などを調査することもできます。ここでは、マーケットプレイス商品の見分け方について解説します。

商品ページで見分ける

マーケットプレイスの商品は、商品ページで見分けられます。商品ページの右側の欄を注目してください。

「この商品は、Amazon.co.jpが販売、発送します。」とあれば、マーケットプレイスの商品ではありません。マーケットプレイス商品の場合、「この商品は、(ショップ名)が販売、発送します。」あるいは、「この商品は、(ショップ名)が販売、Amazon.co.jpが発送します。」という表記になっています。

出品者一覧で見分ける

商品ページの右側の少し下の方に「新品&中古品(数字)点」と表示された欄があります。これをクリックすると出品者一覧が見られます。また、ページ中央の商品名などが書かれたところにも、青い文字で「新品&中古品(数字)点」とあります。ここからも出品者一覧にリンクしています。

ここを見ると「販売/出品」という欄があります。

ここが「amazon.co.jp」になっているものは、Amazonが販売する商品です。それ以外のショップ名等が書かれているものは、マーケットプレイスの商品ということになります。

Amazonマーケットプレイス保証について

Amazonでは、マーケットプレイス商品についても保証を設けています。保証の対象になれば、少なくとも返金はしてもらえます。

マーケットプレイス保証の条件

マーケットプレイス保証を受けるためには、以下のいずれかであることが必要です。

1.商品が届いておらず、お届け予定日から、または配送ステータスが配達完了となってから3日が経過している

2.注文とは違う商品が届いた場合で、出品者に返品リクエストを送信している

3.商品を返品したが、出品者による返金がなされていない

これらの場合は、Amazonマーケットプレイス保証を申請することができます。

マーケットプレイス保証も万能ではない

上記を見ても分かるように、マーケットプレイス保証は、商品が届かなかったり、品違いだったり、返品をしたのに返金がない場合を想定しています。例えば、品質が悪い商品の場合で、出品者が返品を受け付けない場合は、直接にはマーケットプレイスの対象ではありません。こういった場合は、Amazonのカスタマーサービスに連絡してみてください。

もっとも、最良の方法は、そもそも悪質な出品者から商品を買わないことです。マーケットプレイスの商品を購入するときは、出品者のレビューなどをよく確認して、信頼できる出品者からのみ購入するようにしてください。

まとめ

Amazonマーケットプレイスについて解説してきました。多くの場合は、マーケットプレイスの出品者から購入しても、特に問題は起こりません。ただ、まれに悪質な出品者がいることも確かです。保証を受けることも可能ですが、保証申請をしたりすることにも手間がかかります。

繰り返しになりますが、まずは悪質な出品者でないかをよく確認することが肝心です。マーケットプレイスについて心配が拭えない人は、Amazonが販売・発送する商品だけを購入するようにすれば、トラブルはほとんど防げます。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。