物販

AlibabaとAliExpressの違いを知って賢く買い物をしよう!

この記事では、中国のECサイト「阿里巴巴(アリババ)」と「AliExpress(アリエクスプレス)」をご紹介します。アリババには英語版のAlibaba.comもありますが、この記事でご紹介するのは、中国語サイトの阿里巴巴1688.comのほうです。

阿里巴巴1688.comとAliExpressにはそれぞれ特徴があります。その特徴を把握するために、ぜひこちらの記事をご覧ください。

中国輸入ビジネスを始めたい人へ

阿里巴巴1688.comやAliExpressの具体的な中身に入る前に、まずは輸入ビジネスを始めるにあたって知っておくべき知識についてご紹介しておきます。

輸入した商品の販路について

以前は、メルカリでの無在庫販売が流行りました。無在庫販売というのは、在庫を仕入れないまま商品を販売し、購入されてから商品を実際に調達して顧客に発送する販売方法のことです。リスクを最小化できる有利な方法だったのですが、現在では禁止されています。

この手法が使えない現在では、Amazon(amazon.co.jp)で販売を始めるのが得策です。FBAを利用すれば、少ない労力で商品を販売できます。

手間はかかりますが、アメリカ版のAmazon(amazon.com)で販売するという方法もあります。

中国以外の仕入れ先も検討する

輸入ビジネスを成功させるためには、低価格で高品質の商品を継続的に仕入れられるかがカギです。最近では、ベトナムで商品を仕入れると安く良いものが手に入ります。

ただ、中国にはこの記事でご紹介する阿里巴巴1688.comやAliExpressのような使いやすいサイトがありますから、輸入ビジネスを始めるなら中国を仕入れ先とするのが得策です。

中国輸入をメインにしつつ、ベトナムをはじめとする他のアジア諸国からの仕入れにもアンテナを張っておくのが良い方法でしょう。

最終目的は、オリジナリティのある商品を開発すること

副業として中国輸入ビジネスを行うなら、輸入した商品を転売するだけでも問題ありません。ただ、転売ビジネスは、同じ商品を扱うライバルがいると価格競争になることが避けられません。そうなると、どうしても利幅が小さくなってしまいます。

そのため、本業で中国輸入を考えている人や、最初は副業から始めても後々本業にしていきたいと思っている人は、価格競争にならない独自商品の開発を目指すべきです。他店では扱っていないオリジナル商品を販売できるようになれば、価格競争に陥ることなく利益を上げられるようになるでしょう。

中国はオリジナル商品の生産拠点としても魅力的な国です。すぐにオリジナル商品の開発に着手するのは困難だと思いますが、最終的な目標として頭の片隅に置いておくのは悪くありません。

阿里巴巴1688.comとAliExpress

それでは、阿里巴巴1688.comとAliExpressについて見ていきましょう。

阿里巴巴1688.comとAliExpressは共に阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するECサイトです。

この2つのECサイト以外にも、阿里巴巴集団はAlibaba.com、天猫(Tモール)、淘宝網(タオバオワン)といったECサイトを運営しています。

今回ご紹介する阿里巴巴1688.comは中国国内向けですが、Alibaba.comは世界の190以上の国と地域のバイヤーが参加しているワールドワイドなECサイトです。

中国以外のバイヤーと取引したい場合は、Alibaba.comを利用することも検討してみてください。

参考:Alibaba.com(英語サイト)

参考:Alibaba.com(日本語サイト)

阿里巴巴1688.comの特徴

阿里巴巴1688.comは、BtoBのECサイトです。企業間取引を基本としているため、大口取引を主に想定しています。インターネットで仕入れができる卸売りのサイトと考えればいいでしょう。

卸売が基本のサイトであるため、商品価格が安いのが特徴です。一度に多くの商品を購入すると単価が安くなる販売形態を採用しているショップも多くあります。

もっとも、取引先によっては、1回に数十個単位で購入しないと受け付けてくれないところもあるので注意が必要です。

 

AliExpressの特徴

阿里巴巴1688.comに対してAliExpressはBtoCのECサイトなので、いわゆる通販サイトと考えて間違いありません。

商品は1個単位から購入できます。少量の仕入れにも使えるサイトですが、阿里巴巴1688.comと比較すると単価は高めです。

また、阿里巴巴1688.comは中国国内向けのサイトなので中国語表示ですが、AliExpressは国際的な取引を想定しているので基本的に英語表示です。ただし、様々な国の言語に対応したサイトも設けられており、日本語サイトもあります。

もっとも、日本語サイトの翻訳は機械翻訳によるものなので、不自然な場合も結構あります。そういった場合は、英語サイトに切り替えると良いでしょう。ページの上部にある国旗マークから言語の切り替えができます。

阿里巴巴1688.comのメリット

阿里巴巴1688.comの利用には、以下の3つのメリットがあります。

大量の商品の発注が可能

阿里巴巴1688.comは卸売サイトなため、工場直営のショップも出店しています。そのため、小売店中心のECサイトとは違って、大量注文にも対応可能です。

小売店に大量の注文をした場合は、在庫が切れていると再入荷まで相当の時間がかかることもあり、結果として商機を逃すこともあります。しかし、阿里巴巴1688.comの場合はその心配がありません。

一方で、少量の注文には応じてもらえないことがあります。お試しで少しだけ仕入れたいときは、AliExpressの方が便利です。

とにかく安く仕入れられる

阿里巴巴1688.comは、とにかく商品が安いのが特徴です。工場直営のショップが多く、中間業者が入らないことも手伝って、他の中国系ECサイトと比べても低価格となっているのです。

交渉次第では、大量注文と引き換えにさらなる値下げも可能です。

価格重視で商品を仕入れるなら、阿里巴巴1688.comが最有力候補と言えるでしょう。

多くの商品が販売されている

阿里巴巴1688.comは、取り扱い商品が幅広く、種類が豊富なのも魅力です。アパレルや日用雑貨を中心に、様々な商品が販売されています。

阿里巴巴1688.comを利用する際に注意すべきこと

上記のようなメリットがある阿里巴巴1688.comですが、利用するにあたって注意すべきこともあります。

品質のチェックが欠かせない

阿里巴巴1688.comで販売されている商品は安い代わりに品質に問題がある場合があります。

そのため、大量に商品を仕入れる前に、サンプルを送ってもらうなり、代行業者を使って現地で検品を行うなりする必要があります。

不良品を仕入れて販売してしまうとクレームに繋がってしまいます。商品の品質には十分気を付けましょう。

出品者の対応が悪い場合もある

前述のとおり、阿里巴巴1688.comには工場直営のショップも出店しています。こういった普段販売業を営んでいないショップの場合、問い合わせに対する反応が悪いことがあります。

対応が悪い出品者から購入することは避けたいので、事前に問い合わせを行ってみて、反応は早いか、返事は丁寧かなどを確認しておくと良いでしょう。

原則としてショップとのやり取りは中国語

阿里巴巴1688.comを利用する際に問題となるのが、中国語です。英語以上に中国語に抵抗感がある人は多いはずです。

もっとも、流暢な中国語を駆使する必要はないので、通常は翻訳サイトなどを使えば何とかなります。

最近では、ネットで翻訳を依頼できるサイトもあります。例えば、coconalaで中国語の翻訳を依頼するのも良いでしょう。

AliExpressを利用するメリット

阿里巴巴1688.comの次はAliExpressのメリットについて解説していきます。阿里巴巴1688.comと違って小売メインのサイトなので、少量の買い物をする際に便利です。

送料無料のショップが多い

AliExpressは送料無料のショップが多いことが特徴です。多くのショップで標準的な配送方法になっているAliExpress Standard Shippingを選ぶと、送料無料で配送してくれます(より短時間で到着する有料の配送方法を選べる場合もあります)。

例えば、以下のような5,000円程度のSSDも送料無料です。

それどころか、500円程度のマウスでも送料無料になっています。

多くの商品が販売されている

阿里巴巴1688.com同様、AliExpressも商品の豊富さでは負けていません。

アパレルや日用雑貨はもちろん、スマホや家電のような単価の高い商品も充実しています。

日本で販売されているものとはテイストの違った商品もあるので、サイトを眺めているだけでも結構楽しめます。

日本語サイトがある

AliExpressには日本語サイトがあります。翻訳の精度はあまり高くありませんが、それでも中国語表記の阿里巴巴1688.comに比べれば、格段に使いやすいと感じる人が多いはずです。

AliExpressを利用する際に注意すべきこと

AliExpressを利用する際も注意すべきことはあります。

商品が届くまでに時間がかかる

これは他の中国系ECサイトにも当てはまることですが、商品が届くまでには相当の日数がかかります。AliExpressの商品詳細画面に表示されている日本までの配送期間を見れば分かるとおり、2~3週間は普通にかかります。時には、もっと長くかかることもあります。そのため、急ぎの場合は、有料の配送手段を利用するようにしましょう。

商品の質に問題がある場合も…

AliExpressでも商品の質に問題がある場合があります。悪質なものになると、商品写真と実物が違ったり、偽ブランド品だったりすることもあります。

ただ、AliExpressには返金を保証してくれるバイヤープロテクションという制度があるので、問題がある商品が届いても、少なくとも金銭的には補償してもらえるという安心感はあります。

ショップとのやり取りは英語

AliExpressでは、ショップとのやり取りは英語で行います。

ただ、中国語以上に英語の翻訳サイトは充実しているので、通常のやり取りで言葉の壁を感じることは少ないはずです。

自分に合ったサイトを見つけよう

阿里巴巴1688.comとAliExpressについて紹介してきました。阿里巴巴1688.comは大量仕入れ向きで、AliExpressは中国サイトを初めて使う人向きだと言えます。それぞれの特徴を知って、自分に合ったサイトを使うようにしましょう。

また、アリババグループは、淘宝網(タオバオワン)や天猫(Tモール)といったECサイトも運営しています。機会があれば、これらのサイトも覗いてみてください。