アリババではクレジットカード決済は避けるべし!注文方法とおすすめの決済方法

アリババは世界最大級のBtoB型ECモールです。格安の中国製品が大量に販売されています。Alibaba.comでは日本のクレジットカードも利用可能ですが、基本的には電子送金をおすすめします。

今回は、アリババの特徴と利用方法を解説します。

目次

アリババとは?

アリババは、中国の大企業「アリババグループ」が運営するBtoB型ECモールです。アリババ名義のサイトには2種類あります。

1つ目は、中国国内向けアリババ「阿里巴巴1688.com」です。表記はすべて中国語です。

参考:阿里巴巴1688.com

1688.comには、中国の現地メーカー・工場が出品しているため、ほぼ卸売価格で購入できるだけでなく品揃えも豊富です。ただし、中国国内向けであるため、日本から利用するには輸入代行サービスの利用が必須です。

2つ目は、全世界向けアリババ「Alibaba.com」です。表記は英語です。

参考:Alibaba.com

こちらは中国メーカーが海外輸出を目的に出品しており、価格は少し高めです。だからといって、品質が特別良いわけではなく、1688.comとほぼ変わりません。ただ、日本からも直接購入することができます。

アリババで仕入れるメリット

アリババには他の中国系ECモールにはないメリットが3つあります。

(1)安い
アリババの商品はとにかく安いです。理由は現地のメーカー・工場が直接出品していることが多く、卸売価格に近い価格で販売されているからです。

(2)少ないロット数でも注文可
BtoBのサイトは、通常、「20個から注文承ります」というように最低ロット数が設けられています。アリババもロット数制限が無いわけではありませんが、比較的少ないロット数から購入できるため、個人輸入に最適です。しかし、ロット数が少ないほど単価は上がるので注意してください。

(3)粗悪品が少なめ
中国のECサイトで販売されている商品は粗悪品が多いという印象がありますが、アリババは比較的少なめです。また、ほとんどの商品に補償がついています。

アリババで仕入れるデメリット

しかし、アリババも良いことばかりではありません。主なデメリットを3つ紹介します。

(1)悪徳業者
相場を大きく下回る価格で購入者を釣り、入金された途端に音信不通になる悪徳業者が一部存在します。しかし、購入前に出品者の評価を確認すれば、悪徳業者はある程度見分けがつきます。

(2)単品購入ができない
比較的少ないロット数で購入できると書きましたが、やはりBtoBサイトであるため、最低ロット数が設けられています。中には単品購入できる商品もありますが、割合でいうと少なめです。

(3)1688.comは輸入代行サービス必須
中国国内向けの1688.comでは決済にAlipayを利用するのですが、このAlipayのアカウントを作成するには中国の銀行口座が必要です。しかし、日本在住の日本人は中国で銀行口座を開設することができません。また、1688.comでは日本に発送してくれる出品者が少ないです。加えて、取引先とのやり取りは全て中国語です。以上の理由から、現地の中国人パートナーが必要になります。知り合いがいない場合は、輸入代行業者を利用せざるを得ません。

アリババのTrade Assurance

アリババには「Trade Assurance」という買い手保護制度があります。Trade Assuranceには4種類の保護が用意されています。

Payment Security(支払い保護)

Alibaba.comで定められた決済方法で支払えば、代金は全て保証されます。

Convenient Options(便利なオプション)

クレジット/デビットカード、PayPal、電信送金、Apple Pay、など、複数の支払い方法がサポートされています。

Extended Support(延長サポート)

商品到着後30日以内であれば商品が粗悪品であったり、別の商品だったりした場合も、返品・返金保証を受けることができます。

Trade Assuranceの保護条件

Trade Assuranceによる保護や保証を受けるには、2つ条件があります。

Trade Assurance対応サプライヤーから購入すること

Alibaba.comにいる全てのサプライヤーがTrade Assuranceに対応しているわけではありません。非対応のサプライヤーとの取引にはTrade Assuranceの保護は適用されません。

Alibaba指定の決済方法を利用すること

Trade Assuranceの保護を受けるには、以下のいずれかの決済方法を利用する必要があります。

・クレジット/デビットカード
・Apple Pay
・Google Pay
・電信送金(T/T)
・PayPal

電信送金の場合、サプライヤーの銀行にダイレクト送金してしまうと、Trade Assuranceの保護対象外となります。必ずAlibaba.com指定の銀行を経由して電信送金してください。

アリババでの購入方法

アリババから仕入れる方法には、大きく分けて2つあります。

直接購入

1つ目は、サイトに会員登録して直接購入する方法です。Alibaba.comなら日本からでも購入できるため、直接仕入れることができます。

輸入代行サービス

2つ目は、輸入代行サービスに注文・発送などを代行してもらう方法です。1688.comは日本へ発送してくれないため、こちらの方法で仕入れることになります。

おすすめの輸入代行業者は、イーウーパスポートです。イーウーパスポートは日本品質での検品に対応し、日本人社員が常駐しているので安心して1688.comを利用できます。

またイーウーパスポートが提供する無料で在宅中国輸入ビジネス講座では、1688.comでの商品のリサーチ方法を解説してくれます。その他にも代行業者の上手な使い方や商品の出品方法など、中国輸入ビジネスに有益な情報を紹介しています。

参考:無料で在宅中国輸入ビジネス講座を購読する

Alibaba.comの使い方

Alibaba.comで商品を注文する手順を説明します。今回は、日本版のAlibaba.comを使います。

参考:Alibaba(日本向け)

会員登録&サインイン

トップページを開いて、右上にある「 無料で参加」をクリックしてください。

あとは、画面の指示に従って必要事項を入力してください。氏名などは全て英語で入力します。

会員登録が完了したら、サインインしてください。

商品の検索

ページ上部にある検索フォームに、日本語でキーワードを入力して検索してください。

検索条件も細かく設定できます。カテゴリはもちろん、サプライヤータイプや最小注文数でも絞り込みが可能です。

商品ページは以下のようになっています。Alibabaは基本的にロット数が多いほど単価が安くなります。

決済方法・送料の確認

商品ページにある送料の金額下の「変更する」をクリックすれば、他の配送方法の送料も確認可能です。

決済方法は「ご注文を開始」をクリックすると、注文ページに移動します。そこで確認することが出来ます。

クレジットカードの登録手順

クレジットカード決済を利用する場合は、スマホでの登録手続きが必要です。申し込むとスマホにSMSが届きますので、「タップしてプレビューを読み込む」を押してください。

「Alibaba JAPAN」をタップしてください。

携帯番号を入力して「認証」をタップしてください。

すると、注文内容の確認画面になります。確認して問題がなければ「確認」をタップしてください。

「クレジットカード決済で支払う」をタップ。

注意事項を確認して「お支払画面へ(外部サイト)」をタップ。

内容を確認して問題なければ、下の「同意して次へ」をタップ。

すると、お支払い方法の選択画面になるので、クレジットカードを選択していることを確認して「次に進む」をタップしてください。

クレジットカード情報を入力して「次に進む」をタップ。

クレジットカード情報を確認して「次に進む」をタップ。

以下のような画面になればクレジットカード決済は完了です。

おすすめの決済方法

クレジットカード決済は便利ですが、大量注文する場合は決済手数料だけで結構な額になります。そのため、電子送金(T/T)をおすすめします。

サンプル請求ができる

これまで取引したことのない商品を大量注文する場合は、注文ページの「サンプルを購入」をクリックすれば注文前にサンプルを確認することができます。

ただし、すべての商品がサンプル請求できるわけではありません。

注文のキャンセルについて

Alibaba取引で、注文をキャンセルできるのは以下の3つのケースのみです。

Alibaba仕入れの注意点

Alibabaで仕入れる際の注意点を3つ紹介します。

輸入禁止商品

中国輸入も輸入品の転売も、その行為自体は違法ではありませんが、扱う商品の種類や行為によっては違法になるため注意が必要です。日本で輸入が禁止されている商品は以下のとおりです。

(1)麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤、あへん吸煙具
(2)指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)
(3)けん銃、小銃、機関銃、砲、これらの銃砲弾及びけん銃部品
(4)爆発物
(5)火薬類
(6)化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質
(7)感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等
(8)貨幣、紙幣、銀行券、印紙、郵便切手又は有価証券の偽造品、変造品、模造品及び偽造カード(生カードを含む)
(9)公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品
(10)児童ポルノ
(11)特許権・実用新案権・意匠権・商標権・著作権・著作隣接権・回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品
(12)不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

輸入規制商品

また、輸入は禁止されていないものの、事前に許可が必要な品目もあります。

(1)医薬品関係

・医薬品
・医薬部外品(染毛剤、育毛剤、浴用剤、歯磨き粉等)
・医療機器
・化粧品(石鹸、シャンプー、トリートメントなどを含む)

この4品目を販売目的で輸入する場合は、厚生労働大臣の許可を得る必要があることが薬事法に定められています。

もっとも、医薬品を自分で使用する目的で輸入する場合と医療関係者が治療に使用する目的で輸入する場合は、例外的に厚生労働大臣の許可は必要ありません。地方厚生局に報告書を提出した上で発行してもらった薬監証明書を通関手続きの際に提示すれば問題なく輸入できます。

(2)食品関係

食品・食器・調理器具・乳幼児用品などを輸入する場合は、事前に検疫所に届け出る必要があります。輸入通関の際は、食品衛生監視員から交付された食品等輸入届出書(届出済印有り)の提出を求められます。

(3)化粧品関係

また、化粧品の輸入販売には化粧品製造販売業と化粧品製造業の許可が必要になります。

「自分で製造するわけじゃないんだから、化粧品製造業の許可は不要では?」と思うかもしれませんが、医薬品医療機器等法では、商品の保管・包装作業も製造工程の一部と捉えられています。そのため、輸入した化粧品を自分で保管・包装する場合は、化粧品製造業許可も必要です。ただし、保管・包装作業を外注する場合は、化粧品製造販売業の資格だけで十分です。

化粧品製造販売業と化粧品製造業の許可は、各都道府県の薬務課に申請すれば取得できます。許可を取得したら、同薬務課に化粧品製造販売届書を提出しましょう。あとは税関に化粧品製造販売業許可証と製造販売届書の写しを提出すれば、化粧品を輸入販売できるようになります。

不良品が多い

中国製品は不良品が多いと言わざるを得ません。不良品を掴まされないためにも、購入前に商品ページの「サプライヤープロフィール」を確認しましょう。確認すべき項目は以下の3つです。

(1)評価、レビュー
(2)回答率
(3)デリバリー遵守率

評価が悪いのはもちろん、回答率とデリバリー遵守率が80%を下回っているサプライヤーは避けた方が良いでしょう。

アリババは安い

中国のECモールはたくさんありますが、その中でも特にアリババは商品が安く、品揃えも豊富です。Alibaba.comなら日本のネットショップと同じ感覚で購入できます。ぜひご利用ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次