物販

楽天リーベイツを経由すればAliExpressがさらにお得になる!

この記事では、AliExpressでお得に買い物ができるポイントサイト「Rakuten Rebates(楽天リーベイツ)」について解説していきます。

AliExpressは、元々利点の多いサイトですが、それにポイントが加わればさらにお得に利用することができます。AliExpressを利用するなら必ず知っておきたい情報をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

Rakuten Rebatesとは

まずは、Rakuten Rebatesについて解説していきます。

Rakuten Rebatesは、楽天グループのポイントサイト

Rakuten Rebatesは、楽天グループのポイントサイトです。Rakuten Rebatesを経由して買い物をすれば、ポイントがもらえる仕組みになっています。

ポイントバック率は?

買い物をした金額に対するポイントの付与率が、ポイントバック率です。

Rakuten Rebatesをはじめとする各種ポイントサイトは、色々なサイトと提携していて、それぞれのサイトごとにポイントバック率は異なっています。

Rakuten Rebatesを経由してAliExpressを利用した場合のポイントバック率は、最大3.5%です。ただし、商品カテゴリーによってポイントバック率は異なっており、3.5%になるのは、「携帯アクセサリー」や「衣類・アクセサリー」など特定のカテゴリーの商品を購入した場合に限られます。

Rakuten Rebatesの利用方法

Rakuten Rebatesにログインするには楽天IDが必要になるので、まだ持っていない方は事前に登録しておいてください。

Rakuten Rebatesにログインしたら、検索窓にAliExpressと入れて検索しましょう。カタカナでアリエクスプレスと入力してもOKです。

次に、画面左にある「ストアにすすむ」をクリックしてください。

すると、ポイントバックについての案内画面が表示されます。しばらく経つと、AliExpressのページに移動します。急いでいるときは「すぐにストアにすすむ」を押せば、すぐに画面が切り替わります。

キャンペーン期間中はさらにお得に

Rakuten Rebatesでは、ポイントバック率がさらに上がるキャンペーンが実施されていることもあります。

通常の2倍のポイントがもらえたりするので、キャンペーン実施中は積極的に利用していきましょう。

AliExpressの信頼性とトラブル解消法

この項目では、AliExpressについて解説していきたいと思います。まだAliExpressを利用したことがない方は、ぜひ当項目を参考にしてください。

AliExpressは、阿里巴巴集団(アリババグループ)が運営するECサイトです。中国のサイトですが、国際取引を意識しているため、サイトは英語で作られており、日本語版のサイトも存在しています。

AliExpressの信頼性

AliExpressについてネット検索すると、あまり良くない評判も目にします。これは、AliExpressがテナント型のECモールであることが理由です。

テナント型のECモールでは、実際に商品を販売しているのは個々のセラーです。中にはあまり質が良くないセラーも混ざっており、そういったセラーに当たってしまうとトラブルは避けられません。その結果として、ネット上に良くない評判が書き込まれることになるのです。

ただ、そういったセラーは少数にとどまるので、以下で解説する点に気を付けていれば、トラブルになることはほぼないと言ってよいでしょう。

AliExpressの支払い手段

AliExpressでは、カード決済が基本です。AliExpressに不信感を持っている人は、カード情報を伝えることに不安があるかもしれません。

そんな場合にこそ利用したいのがセラーにカード情報を渡さずに決済ができるPayPalですが、基本的にAliExpressではPayPalは使うことができません。

そこでおすすめしたいのが、Vプリカのようなネット決済に使えるプリペイドカードです。カード情報の流出が気になる方は、こういったものを利用するとよいでしょう。

AliExpressで起こり得るトラブル

AliExpressで起こり得るトラブルには、以下のようなものがあります。

まずは、「商品が届かない」というトラブルです。もっとも、最終的には届くことが多く、「届かない」のではなくて、「届くまでに時間がかかる」と言った方が正しい表現です。無料配送を使うと1カ月~2ヶ月かかることも珍しくないので、急ぎの商品は有料の配送方法で送ってもらった方がよいでしょう。

また、「商品写真と違う商品が届く」こともあります。色違いだった場合は、セラーの単純なミスの可能性もあります。しかし、商品写真とは品質が明らかに異なる商品が送られてきた場合は、悪質な詐欺である可能性があります。

AliExpressでのトラブルを未然に防ぐ方法

トラブルに対する最善の対処法は、そもそもトラブルに巻き込まれないようにすることです。

前述のとおり、AliExpressでは、商品は個々のセラーが販売します。したがって、信頼できるセラーを見つけてそこから購入するようにすれば、大半のトラブルは防げるでしょう。

優良なセラーを見つけるには、セラーの評価が参考になります。パソコンでAliExpressを利用している場合は、商品ページを下に少しスクロールすれば評価を見られるようになっています。

アプリを利用している場合なら、商品ページを下にスクロールすれば、セラーの評価が確認できるようになっています。

少し面倒ですが、評価はパーセンテージの部分だけでなく、コメントの部分まで見た方が確実です。

このとき、購入者がレビューを写真付きで載せてくれている場合は、その写真が大いに参考になります。画像に加工が施されていない商品写真を見ることができるからです。

レビューをチェックする以外には、適切な配送方法を選ぶこともトラブルを避けるという意味では大事です。無料配送の場合は、到着まで時間がかかりますし、追跡番号も発行されません。

特に、高価な商品や早く確実に届いて欲しい商品は、有料の配送方法を選んでおきましょう。

商品ページで「○○(配送業者名)によってJapanへ」と書かれている欄をクリックすれば、配送方法の選択ができるようになっています。

基本的に、早く確実に荷物が届く配送方法ほど配送料金は高くなります。商品単価が安いものを高い配送料で送ってもらうのは割に合いませんから、最終的にはバランスを考えて選んでください。中でも追跡番号が発行されるものから選ぶことをおすすめします。

トラブルが起こってしまった場合の対処法

AliExpressには、バイヤープロテクションという返金保証制度があります。トラブルが起こった場合、最終的にはこの制度を使って返金を求めていくことになります。

ただし、バイヤープロテクションを使う前に、まずはセラーに連絡してみましょう。「私の注文(My Orders)」から該当する商品を探して、「Contact Seller(販売者に連絡する)」をクリックしてください。

セラーとのやり取りは、基本的に英語で行います。英語が苦手な方は、翻訳サイトなどを活用して事前に問い合わせる内容を英文にしておいて、コピペするだけにしておくと便利です。

この段階でセラーが誠意ある対応をしてくれれば、問題解決です。

セラーが返答しなかったり、セラーの返答に納得できなかったりした場合は、バイヤープロテクションを使います。具体的には、「Open Dispute(公開紛争)」というものです。

Open Disputeを申請すると、当事者双方の言い分を聞いた上でAliExpressが裁定をしてくれます。こちらに非がないと判断されれば、代金は全額返ってきます。

Open Disputeの詳細については、ヘルプページの「How to open dispute?」を参照してください。

Rakuten Rebatesのメリット・デメリット

Rakuten Rebatesは、アメリカのキャッシュバックサイトの「Ebates」を楽天が買収し、日本で展開しているサイトです。楽天グループの一員で、ログインする際には楽天IDが必要になります。

この楽天グループの一員であることが、Rakuten Rebatesの大きなメリットになっています。ポイントが楽天ポイントでもらえるので、楽天市場などをよく利用している方にとっては、使い勝手のいいポイントサイトとなります。

楽天グループが運営しているとあって日本国内の提携企業が多く、様々なショップでポイントバックが受けられます

一方で、楽天IDが必須になるので、楽天を利用したくない方にとっては使いにくいサイトです。AmazonやYahoo!ショッピングといった楽天市場と競合するECサイトと提携していないのもデメリットとして挙げられます。

Rakuten Rebatesを利用する際の注意点

Rakuten Rebatesでポイントバックを受けるには、Rakuten Rebatesを経由して、各ショップで買い物をする必要があります。これを忘れて、直接ショップにアクセスして買い物をしても、履歴が残らず、ポイントバックの対象になりません。

なお、MacユーザーでブラウザにSafariを使っている人がRakuten Rebatesのポイントをもらうには、設定を変更する必要があります。詳細については、ヘルプページの「MacコンピューターのSafariでポイントバックを有効にする設定方法」を参照してください。

Rakuten Rebatesの登録方法

Rakuten Rebatesは、楽天IDを持っている人ならそのIDでログインできるので、別途登録する必要はありません。

逆に言うと、楽天IDを持っていない場合は、Rakuten Rebatesにログインすることができないので、まだ楽天IDを持っていない方は、事前に楽天IDを作成しておきましょう。

ポイントの付与条件について

提携するショップによって付与条件は異なりますが、商品代金のみにポイントが付与されるというのが基本です。送料や消費税、海外サイトを利用した場合の関税、提携ショップのポイントやクーポンの利用額などは、ポイントバックの対象になりません。

AliExpressで楽天カードが使えない?

AliExpressで楽天カードを利用しようとした際、カードが使えないという不具合が発生するケースが度々報告されています。この項目では、楽天カードが使用できなかった場合の対処法について解説していきます。

楽天カードに限らずカードが使えなくなることはある

Rakuten Rebatesを利用する人は、支払いも楽天カードにした方がポイント獲得の面で有利になります。しかし、AliExpressで楽天カードが使えないというケースもあります。

これは、楽天カードに限らず、クレジットカード全般に起こり得ることです。例えば、それまで購入履歴がほとんどないカードで大量の買い物がされた場合などには、詐欺や不正利用の可能性が疑われて、カードの利用が一時停止されることがあります。

カードが使えない場合の対処法

クレジットカードが使えなくなる理由は、上に挙げた以外にも色々あります。ヘルプページの「How to solve payment issues?」を参照して、該当するエラーコードの欄を見てみてください。

手っ取り早く解決したいときは、エラーが出ているクレジットカード以外のクレジットカードか、またはデビットカード、プリペイドカードなどを利用するのがよいでしょう。

AliExpressの会員ランクについて

AliExpressには、会員ランクがあって、購入実績などによってLevelが上がる仕組みになっています。

ランクはそれぞれシルバー、ゴールド、プラチナ、ダイアモンドに分けられていて、それぞれのランクになるために必要なポイントが決まっています。ポイントは毎月計算されて、規定のポイントが貯まらないとランクダウンします。

ランクの確認の仕方

自分の会員ランクを確認したいときは、まずAliExpressにログインします。

トップページの右側の「アカウント」をクリックしてください。表示されたページ左側のShortcutsのメニューに「会員センター」とあるのが確認できると思います。

会員センターをクリックすると、自分の会員ランクなどが表示されたページへ移動します。

このページでは、次のランクになるための必要ポイント数も確認できます。

会員ランクを上げる方法

会員ランクはポイントの獲得数で決まります。ポイントは、大きく分けて「ショッピングポイント」、「ファンポイント」、「ボーナスポイント」の3種類あります。

ショッピングポイントは、買い物をすることで貯まるポイントです。ファンポイントは、AliExpressのサイトを訪問したり、フィードバックを書き込んだりすることで貯まります。ボーナスポイントは、プロモーションなどでもらえるポイントです。

1日のポイント付与数には上限がある場合があるので、一度にまとめて購入するよりもAliExpressで頻繁に買い物をした方が、ポイントが貯まりやすい仕組みになっています。

AliExpressの会員ランク上昇によるメリット

会員ランク上昇によるメリットはいくつかあります。

例えば、プラチナ会員、ダイアモンド会員に限定の特典として、「Fast Refunds」があります。

これは、文字通り、早く返金されるというもので、セラーが返品を承諾した段階で商品の追跡番号を通知すれば、返金処理がなされます。

通常は、返品した商品がセラーのところに届いてから返金処理がなされるので、かなりの時間短縮になります。

Open Disputeが有利になるかも?

これは正式な情報ではありませんが、会員ランクが高いユーザーの方が、Open Disputeの際に自分の主張が認められやすくなると言われています。

会員割引の割引率が高くなる

それほど大きく変わるわけではありませんが、会員割引の割引率は、会員ランクが上がるほど高くなります。AliExpressで沢山買い物をするほど、お得になるシステムとなっています。

セレクトクーポンのコインとの交換率が良くなる

AliExpressのアプリにはコインが貯められる仕組みがあります。このコインと交換できるセレクトクーポンというものがあるのですが、会員ランクが上がると、少ないコインでクーポンをゲットできるようになります。

使いたいクーポンがあるときは、ランクが高い方が少し有利になります。

Rakuten Rebatesを使って、AliExpressをもっとお得に利用しよう

今回の記事では、Rakuten Rebatesに関する話題を中心に、AliExpressの情報についても解説させていただきました。

AliExpressは、色々な商品が安く手に入るお得なサイトです。日本国内の数分の1の価格で購入できるときもあります。

ただでさえお得なAliExpressですが、Rakuten Rebatesを使えばさらにお得になります。楽天IDがあれば面倒な手続不要ですぐに使えるようになるので、AliExpressで買い物をする際は、是非Rakuten Rebatesを使ってみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

インターネットを活用してビジネスを始めること自体は簡単です。そのためインターネット上にはあらゆるレベルの教材やサービスが存在しています。最新の情報にアップデートされているものから、途中で放置されているものまで本当にいろいろです。

そして、どんな教材やサービスを選ぶかによって、成功の度合いも大きく異なってきます。

評判も良いものから悪いものまでさまざまです。このように評価が安定しないのは、各々の教材のサービスの質が一定していないことが原因です。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【無料レポート】中国輸入ビジネス成功の秘訣

安定して稼げる物販、副業として話題の中国輸入ビジネス。 「中国の卸サイト」で仕入れて、「アマゾン」「メルカリ」「ヤフオク」で売る、誰でもできる分かりやすい物販ビジネスです。

数万円の仕入れからスタートできる! 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる! 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

  • 数万円の仕入れからスタートできる!
  • 完全在宅でもOKだから、自分のペースでできる!
  • 中国語不要、安く仕入れて検品・納品までしてくれる仕組みも紹介!

行動力とやる気があればOK! サラリーマン、派遣社員、公務員、シングルマザー、自営業、フリーターなどあらゆる環境の方がどんどん成功しています。

この無料メール講座執筆者も、元は時給800円フリーターでしたが、 1年後には年収1,000万円、2年後には年収2,040万円を実現しました。

あなたも、中国輸入ビジネスで年収1,000万円を達成してみませんか?

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • ・まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • ・取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ・ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【無料レポート】けいすけ式、eBay輸出大百科

4130分以上の有料級動画コンテンツを無料プレゼントします!

この大百科を見てeBay輸出を実践していただければ、全くの初心者でも完全在宅で月収30万円を達成できる内容になっています。

その方法に興味がございましたら、ぜひ無料で394本のこの動画を受け取ってください。