物販

【初心者向け】AliExpressとは?領収書の代用方法と注意点まとめ

中国の大手ショッピングモール「AliExpress(アリエクスプレス)」は、ネットショップの運営を考えている人にとって今後利用する可能性が高いECサイトです。業務上で購入した商品は領収書が必要になりますが、AliExpressは領収書が発行されません。

いざという時に「領収書が発行されない!」と慌てないためにも、AliExpressについて詳しく知っておきましょう。また、AliExpressに限らず今後領収書が発行されなかったときのために、領収書の代わりになる書類について知っておくと便利です。

そこで今回は、AliExpressで領収書を発行する方法と、代用できる書類についてお教えします。さらにAliExpress利用の際の注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。

AliExpress(アリエクスプレス)とは?

まずは、AliExpressについての基本的な情報から知りましょう。知っていると便利な情報が満載なので、ぜひチェックしてみてください。

AliExpressについて

AliExpressは、中国の大手企業「アリババ」が運営している海外向け通販サイトです。AliExpressで出品されている商品は中国製や香港製が大部分を占めていて、価格がとても安いのが最大の特徴です。

取り扱っている商品ジャンルも非常に多く、アパレルや化粧品・自動車部品・生活雑貨・おもちゃ・電子機器・健康関連商品など多岐にわたっています。日本の楽天市場やYahoo!ショッピングのように品数がとても豊富で、高級ブランド品も取り扱っています。

ただし、AliExpressは中国や香港からの出品が多いため、時にはコピー商品だったり別の商品が届いたりといったトラブルも発生することもあります。ブランド品のバッグや財布といった高額な商品はコピー品が出品される可能性があり、万が一コピー品を仕入れてしまった場合の損失が大きくなります。

信頼関係が第一のネットショップでは、100%正規品と分かったものでないと自社のショップの信頼度がガタ落ちしてしまいます。高額のブランド品を仕入れる場合はAliExpressを利用せず、正規店で購入するのがオススメです。

AliExpressの安全性には疑問点が残る

AliExpressは大手企業が運営しているからとはいえ、安全性にはいまだに疑問が残ります。誤解されないように説明すると、AliExpressの運営は健全です。決済システムにも問題はありません。しかし、AliExpressに出品されているショップの運営が安全ではない場合もあり、同時に出品されている商品にも問題があるケースがあるのです。

先ほどの説明のように高額ブランド品のコピーが出品されていることがあったり、商品の検品が甘いところがあります。電化製品などの作りが雑で動作不良や故障を起こす・すぐに壊れるといったトラブルも少なくありません。

アパレル関係では写真と実物の商品が全く違っていたというケースや、生地がペラペラ・ボタンが取れやすい・表記よりも寸法が小さい(大きい)といったこともあります。

品質が良いショップや健全なショップももちろん存在していますが、そうでないショップもあるのが問題です。まだまだ安全面や信頼性においては安心できません。しかしAliExpressの運営元は大手なので今後改善の可能性があり、価格が非常に安いのはネットショップ経営者にとってはメリットでもあります。たまには失敗することがあるかもしれませんが、品質を見極めて買い物をするように心がけましょう。

郵送方法は選択できる

AliExpressで購入する場合は、カートに商品を入れて購入ボタンを押すだけで注文が完了します。通常は「China Post Registred Air Mail」で届きますが、郵送業者を指定したい場合は「Shipping Details」ボタンを押しましょう。送料は無料や100円程度とたいへん利用しやすくなっています。

領収書の代用方法

AliExpressの買い物では領収書が発行されませんが、同時に貰える書類で代用できます。支払い方法によって方法が異なりますので、1つずつ詳しく確認していきましょう。

AliExpressで収書が発行されない理由

残念ながら、AliExpressでは商品を購入した際に領収書が発行されません。理由は二重決済の防止のためです。AliExpressで領収書を発行すると、代用できる書類でも領収書として申請できてしまうからです。

AliExpressと決済機関から領収書が発行されると、領収書が二重に発行されてしまいます。不正に計上されるのを防ぐため、AliExpressでは領収書を発行していないのです。もし業務上で領収書が必要な場合は、購入時に送られる明細書を利用しましょう。

クレジットカード・デビットカード決済

クレジットカードやデビットカードの支払いでは、各クレジットカード会社から「ご利用明細書」が届きます。

利用明細書は領収書に代用可能です。国税庁によると以下の条件に当てはまる項目が全て記載された利用明細書が領収書として代用できます。

  • 利用明細書作成者の氏名または名称
  • 商品を販売した年月日
  • 商品販売内容
  • 合計金額
  • 注文者の氏名または名称

上記の項目を全て満たした利用明細書は「消費税法第30条第9項」に規定する請求書等に該当しており、領収書として代用できます。より詳しく確認したい場合は、国税庁の「カード会社からの請求明細書」のページもチェックしてみましょう。

銀行振込

ネットショップで購入した代金を銀行振込で支払った場合は、振込時に発行される「振込依頼明細書」が領収書として代用できます。銀行口座間でお金を送金した場合には「引き落とし明細書」でも代用が可能です。

AliExpressの購入履歴確認方法

購入した商品や金額の履歴を確認するにはまず、AliExpressのトップページで、右上にある「アカウント」にマウスカーソルをかざします。

下にタブが現れるので、「私の注文」をクリックしましょう。

すると、注文管理画面が開くので、今まで購入した商品の購入日時や金額などの詳細が確認できます。

また、トップページにある紫色の「注文」アイコンからも、同様に注文管理画面を開くことができます。

領収書が発行されるショップはあるの?

AliExpressでの領収書の代用方法は理解できましたが、領収書が発行されないのは何かと不便です。大手ECサイトでも領収書が発行されれば仕入れもスムーズに進みます。

AliExpress以外のECサイトでは、領収書が発行できるところは多いです。この項目では購入時に領収書が発行できる大手ECサイトをご紹介します。

Amazon

Amazonでは領収書が発行されており、発行方法も簡単です。Amazonで買い物した商品の注文履歴を見てみると、「領収書」の文字が表示されています。領収書の文字をクリックすると「このページを印刷してご利用ください」と表示されるので、印刷を押すと領収書が印刷されます。

「Amazonマーケットプレイス」で購入した商品の場合は、領収書の発行者名には購入した商品の出品者名が表示される仕組みです。「Amazon」とは表示されないので注意しましょう。

楽天市場

楽天市場でも領収書が発行できますが、Amazonとは違う方法で発行します。楽天市場にはAmazonのように領収書を発行・印刷する機能がありません。領収書を希望する際は注文時に購入店に発行を依頼する必要があります。

基本的にはカートの注文確定前に、備考欄に「領収書を希望する」とチェック・または記入する流れが一般的です。万が一忘れてしまった場合はショップに直接連絡をして発行してもらう必要があるので注意しましょう。

ショップに直接領収書発行を依頼する場合は、購入履歴でショップの連絡先を確認して直接連絡します。楽天市場では発行の代行などは行っていないので、注文確定前には隅々までチェックをしましょう。

Yahoo!ショッピング

Yahoo!ショッピングは注文履歴から領収書が発行できます。注文履歴で「領収書を発行する」と記載されています。(ただし領収書が発行できるのは2020年4月8日15時以降の注文からとなります。)

領収書が発行できるのは支払い方法に「PayPay残高払い」「クレジットカード決済」「ポイント全額払い」「キャリア決済」の場合です。コンビニ払いや銀行振込では領収書が発行されません。購入したショップに直接連絡をとって発行してもらいましょう。

多くのショップは夜間や休日は営業していないため、早急に領収書を発行したい場合は営業している時間帯に連絡をとりましょう。連絡先は注文確認メールやショップの概要ページに記載されています。

法人カード決済の注意点

法人カード決済の場合、領収証は基本的に不要です。しかし、いくら不要とはいっても領収証を処分するのは不安だという方のために、法人カード決済の注意点をご紹介します。

手書きの領収書を貰う

法人カードで領収書を発行する場合は、手書きがオススメです。レジで発行されるレシート型の領収書には「クレジット払い」としか記載されていません。実際の取引明細が分からないため、レシート型の領収書では正式に使用できないのです。

手書きであれば、領収書作成者の捺印があるので信頼性が高まり、領収書の補助書類として使えるようになります。

正式な領収書扱いになるもの

領収書として正式に使用するためには、決められた情報が記載されているものになります。

  • 購入日
  • 購入者の名前または会社名
  • 金額
  • 商品名または内容
  • 但し書き
  • 領収書を発行した社名や店名

法人カードは信用取引です。クレジット払いと記載されているものでは正式に利用できません。手書きで領収書を発行する場合は、支払い方法も記載してもらいましょう。

計上の重複に注意

カード決済をすると領収書や売上票が発行されますが、書類はひとまとめにしておくことをオススメします。バラバラにしておくと、重複して計上する恐れがあるからです。

会計ソフトなどで入力する際は、書類がバラバラだと入力済と未入力の区別がつかなくなります。万が一重複していると税務署に不正とみなされて、ペナルティを受けることもあるのです。

同じ買い物の書類は、一つにまとめておけば重複を防げます。少しの手間で後々の作業が楽になるので、こまめに管理しましょう。

請求書は領収書に使えない

請求書は決済履歴の一覧が記載されているので、正式な領収書として使えません。法人カードの請求書はカード会社が発行しているため、実際に購入した店が発行したものではないからです。

カード会社はあくまでも中間業者なので、正式に使用できないので注意が必要です。領収書発行は購入店に依頼しましょう。

AliExpressのオススメ輸入商品ジャンル

AliExpressで個人輸入をする際にオススメの商品ジャンルをご紹介します。ぜひ、ショップ経営に役立ててください。

コスメや美容グッズ

中国製の商品は心配だという人もいますが、毛穴パックリップグロスなどの人気商品は評価も高いです。トリートメントやコスメも安く手に入るため、中国製でも多く購入されています。

消耗品のつけまつげや、香水を持ち歩くアトマイザーも人気が高いオススメ商品なのでチェックしてみてください。

スマートフォン用アクセサリー

スマホスタンドUSBケーブル液晶保護フィルムといったスマートフォン用のアクセサリーも販売ランキングでも上位にランクインしています。商品が小さくて軽いため、送料も安いです。

安価な商品は消費者の購入リスクが低く、多めに購入しても良いでしょう。高額な商品よりも扱いやすく、リスクも少ないです。

レディースアパレル

おしゃれを好む女性向けのアパレル商品も狙い目です。日本で流行している商品を低価格で輸入・販売できます。流行りのファッションは数年着れば満足されるので、「安い服でじゅうぶん」と考えている消費者が多いです。

まとめ

ネットショップでは領収書の発行方法が特殊なケースが多く、面倒に感じることもあるでしょう。しかし海外の商品が安く手に入るAliExpressは輸入ビジネスに大変有効です。

これから開業するなら法人カードを利用して、経費の管理を簡単にしましょう。慣れてしまえば楽になります。こまめに管理して重複計上に注意しながら、AliExpressを活用してください。