Amazonランキングの仕組みと売れる商品を見つける方法

Amazonに出品をして商品を販売するのは、気軽に始められる副業として注目されています。サラリーマンや主婦なども空き時間を利用して稼ぐことができるので人気のビジネスです。

しかしAmazonへの出品を始めても、順調に売り上げが伸びるとも限りません。

Amazonで売り上げを伸ばしていくには、Amazonのランキングの仕組みを理解して、売れやすい商品を出品する必要があります。

目次

Amazonのランキングの仕組みを把握しよう

Amazonランキングとは、Amazonが発表している商品カテゴリー別の売れている商品のランキングです。

売れ筋ランキングの他にも下記のランキングがあります。

新着ランキング
人気度ランキング
ほしい物ランキング
人気ギフトランキング

購入者の目的に合わせてランキングが用意されています。

Amazonランキングはどういう仕組みで決定される?

Amazonランキングは、売り上げ高ではなく、商品の注文された回数で判断されます。つまり売れる回数が多い商品は、ランキングの上位に入っていくのです。

もしA商品が現在売れているとして、A商品が1位に入っています。しかし1時間後にはB商品が売れるようになると、ランキングは変更され、B商品が1位、A商品は2位と刻刻とランキングの順位は変更されます。

つまり現在の時点でのランキングをチェックしておくと、何が売れるのか判断しやすいのです。

さらにこのランキングは、売れない商品であれば、徐々にランキングが下がっていってしまいます。
今はランキング1万位に入っていても、売れないと一週間後には。10万位まで落ちているという事もあります。

Amazonランキングの独特の仕組みを把握し、不良在庫に注意する

Amazonランキングを参考にして商品を仕入れる時に注意したいのは、売れない商品を仕入れてしまう事です。

というのは、Amazonランキングの特徴から、順位が低い商品でも何点か売れると、一時的にランキング上位に食い込むことがあります。

その時にランキングを参考にして、商品を仕入れると、実は売れない商品を大量に仕入れてしまう危険性があるのです。

Amazonのランキングは、商品の仕入れの参考にはなりますが、完全に仕入れの判断にするべきではありません。

Amazonのランキングを一見して、これなら売れると判断するのには危険性があるのです。ツールなどを活用しながら、本当に売れる商品を探して、どのくらいのペースで売れているのか調べると良いでしょう。

Amazonランキングを参考にしても売れない?仕組み vs ユーザー視点

Amazonのランキングで注意したいのは、Amazonのランキングから検索をして売れることは少ないという事です。

楽天などの場合は、ジャンルからランキングを参照し、ランキング順に並べて商品を探す事もあります。
しかしAmazonの場合には、ランキングはあくまでも参考にしかせずに、欲しいものを購入する傾向があります。

ユーザーの検索の視点を考えておくと、Amazonへの出品をする際にどのような商品を仕入れるのか判断する材料にできます。

Amazonランキングの仕組みを活用する方法

どれが人気の商品なのかを判断するのに、Amazonのランキングを参考にすることができます。

しかしAmazonのランキングは1時間ごとに更新されるものもあるので、ランキングの順位はすぐに入れ替わります。

日用品のランキングなどは、様々な種類が良く売れるので、順位が変わりやすいと言えます。

Amazonのランキングから5位までを調査

本当に人気のある商品なのかは、ランキングの5位までの商品を比べて欲しい商品を見極めることができます。

例えばシャンプーを例に考えてみましょう。

その時によってランキングの順位は変わりますが、1位には育毛のためのシャンプーがランクインしています。そして2位は皮膚アレルギーでも使える、低刺激のシャンプー。さらに3位にはフケやかゆみを防ぐ薬用シャンプー。4位には天然由来の成分を配合したシャンプー。最後の5位は、フケやかゆみを防ぐシャンプー。

用途が異なる様々なシャンプーがランクインしています。もし天然由来の成分のシャンプーを探しているのであれば、ランキング5位以内には、1つの商品しか入っていません。しかしフケやかゆみを防止するシャンプーが欲しいのであれば、5位以内に2つのシャンプーが入っていますので、選択肢が広がります。

ランキングを探っていくと、自分が欲しい用途の商品を探し出すことができます。別の方法として、「カスタマーレビュー」もオススメです。

実際に商品を購入した方が、どのような印象を持ったのか、レビューされているので、本当にその商品が売りやすいのか、購入者の反応を見ることができます。

Amazonランキングの仕組み、別の使い方

Amazonランキングと言っても、実は5つのランキングがあります。

売れ筋ランキング:これまで売れた商品のベストセラー(1時間更新)
新着ランキング:新着アイテムおよび予約商品のベストセラー(1時間更新)
人気度ランキング:過去24時間で最も売上が伸びた商品(1時間更新)
ほしい物ランキング:最も多くほしい物リストに追加された商品(毎日更新)
人気ギフトランキング:ギフト設定されて最も注文されている商品

その後左にある「すべてのカテゴリ」にある見出しを選択します。

Amazonデバイス・アクセサリ
Audibleブック・オリジナル
DIY・工具・ガーデン
DVD
kindleストア
PCソフト
Prime Video
アプリ&ゲーム
おもちゃ
ギフト券
ゲーム
シューズ&バッグ
ジュエリー
スポーツ&アウトドア
デジタルミュージック
ドラッグストア
パソコン・周辺機器
ビューティー
ファッション
ベビー&マタニティ
ペット用品
ホビー
ホーム&キッチン
ミュージック
大型家電
家電&カメラ
文房具・オフィス用品
服&ファッション小物

楽器・音響機器
洋書
産業・研究開発用品
腕時計
車&バイク
食品・飲料・お酒

この中から自分が欲しい商品を探していきます。カテゴリを選択した後に、さらに詳しいカテゴリに進んでいくと、ランキングが表示されて何が人気の商品なのか一目で分かります。

ファルコンにアクセスしてAmazonランキングをより深く調査する

Amazonの商品ランキングと価格推移などをグラフや数値で理解できるのが、ファルコンというウェブサービスです。

ブラウザだけでなく、スマホやタブレットからでもアクセス可能です。

また、ファルコンの特徴として、Amazonに出品されている商品の、3か月ごと、6か月ごと、12か月ごとなど期間別に、ランキングや価格推移を確認することができます。

参考:FalconでAmazonランキングを調査する

Falcon(ファルコン)の詳細

Falcon(ファルコン)は、Amazonに出品する際に役立つ、ランキング、価格帯、出店者数などを一気に調査できるサービスです。

データを元にして、利益がでる仕入れ金額、出品の際のコンディション、出品価格などを比較しながら検討できます。

他のサービスもありますが、一番使いやすいのがファルコンです。

参考:ファルコン

商品検索する方法

まずはファルコンにアクセスします。

参考:ファルコンにログインする

ページ上部または中央にある検索ボックスにASINを入力して、商品検索をしていきます。

商品分析する方法

ファルコンの商品ページは6つに分かれています。

・商品情報
・グラフ
・損益分岐点
・利益計算
・月ごとの販売数
・最安値一覧

・商品情報

ここに記載されているのは、ASINコードやカテゴリーです。

・グラフ

グラフでは、以下の4つの状況を確認できます。
・最安値
・中古コンディション別価格(送料込み)
・出品者数
・ランキング

・損益分岐点

カート・新品・中古商品の価格とAmazon本体が出品しているかどうかなどの情報を一覧で表示します。

・利益計算

商品価格が自動で挿入されており、いくらで仕入れすれば利益が出るかを画面上で即座に計算できます。

・月ごとの販売個数

過去3ヶ月の月ごとの販売数と平均を参照することができます。

・最安値一覧

グラフで確認しづらい細かい値も、最安値一覧から確認することができます。

Amazonランキングの仕組みと見方、売りやすい商品を判断する方法

通常のランキングでは、売り上げ数量を元にしてランキングを形成します。

しかしAmazonのランキングは、独自の仕組みを利用して販売しているので、ランキングが高いからと言って一番売れているとも限りません

それでAmazonに出品して稼ぐには、このAmazonのランキングの仕組みを理解して初めて、売れる商品を見つけ出すことが可能です。

Amazonランキングの見方を仕組みから探る

Amazonランキングが変動している過程を見ると、本当に売れている商品なのか判断できます。

例えば、1か月に30回の変動があったのであれば、最低でも1か月の間に30個は売れている商品になります。

1変動あたり1個だけとも限りませんので、ランキングの変動を見ればおおよその検討がつきます。

Amazonランキングだけで商品を仕入れてはいけない

Amazonランキングは、売り上げ数量をベースにしていないので、ランキングだけを見て仕入れてはいけません。
Amazonランキングは、売れ方や売れ行き具合をベースに、時間によっても変動していきます。

チェックした時にランキング上位であっても、その後は順位を落とす一方の商品の可能性もあります。

Amazon出品で稼ぐにはどんな仕組みのデータを見る?

本当に売れている商品を探すには、一定の期間でどれほど売れているのかがポイントです。

一定期間でのランキングを調査すれば、売れている商品が分かります。
ランキングの変動が激しい商品であれば、一定の売り上げがある商品となります。

中国で仕入れてAmazonに出品する

中国から仕入れを行って利益が出ている商品を見てみましょう。
Amazon上では、数百万点もの中国で仕入れてAmazonで販売している商品があります。個人のセラーが販売している物も多く、その数は日々増しています。

Amazonで多く販売しているセラーから売れる商品を探す

輸入をしてAmazonに出品しているセラーのほとんどが、中国から商品を仕入れています。利益が多そうな商品をたくさん扱っているセラーから、どんな商品を扱っているか情報を集めます

それらの情報を元にして、仕入れを行うと、セラーとして成功への近道になります。

Amazonで売れているカテゴリーは?

中国で輸入をしたものは、各カテゴリーで多種多様な商品があります。

以下のカテゴリが人気です。

グラフがあるカテゴリーは比較的販売しやすいジャンルです。

しかし平均的に売れているのは、単価が1000円から3000円くらいまでの比較的安い商品です
中国から輸入してAmazonに出品するのであれば、この価格帯の商品を販売するのが稼ぎやすいです。

Amazonで実際に売れている商品

あらゆるカテゴリーで中国から輸入した商品がAmazonに出品すると、高い利益率で販売することができます。

例えば、子供服などは経費を含めて2000円以内で仕入れて、3000円でも売れます。

小さな各種電化製品も、1500円ほどで仕入れて、2500円で売れる商品も多数あります。

1個当たりの利益としては、1000円ほどなのですが、この1000円の利益が1日に何十個も売れるとなると、莫大な利益になります。仕入れ価格なども日々変動しますが、それでも中国から輸入をして売れる商品を見つけることは、各種カテゴリーで可能です。

Amazonで売れる商品をリサーチする方法

物販をするのに大切なのは、慎重なリサーチです。売れる商品をリサーチで見つけて初めて、実際に出品する時に販売することが可能です。

しかしランキングを見ても、どの商品が売れるのか分からなかったり、売れている商品をタオバオでも探す事ができなかったりします。

売れる商品をリサーチする方法を考えていきましょう。

Amazonの仕組みの中で商品を探す

Amazonの検索から売れる商品を見つけていきます。

中国で仕入れができる商品という点を重きにおいて商品を探します。

日本でよく売れている商品をタオバオで見つけることができれば、それは利益が出やすい商品になります。

代行手数料や国際郵便の諸経費を差し引いても、かなりの安値で仕入れることができますし、たくさんの仕入れをすると経費も安くなります。

売れる商品をAmazonのランキングから探す方法とは?

では実際に売れる商品を探していきましょう。

まずはAmazonの検索窓に、「並行輸入品」と入れて検索しましょう。

こうすると、中国から仕入れているものがたくさん表示されます。
表示された商品を、タオバオで入手できるかチェックしてみます。

その後可能性がある商品を、ランキングの中から探してみます。

もし売れている商品であれば、ランキングに表示されますし、売れていないのであれば表示されません。

ある程度ランキング内の物を探すと、売りやすい商品を探す事が可能です。

最後に売れそうな商品の動きを1週間ほどチェックします。

価格が変更になったり、ランキングがどのように変化しているかを確認しておきます。

実際に売れているのであれば、仕入れリストに入れて代行業者に発注するだけになります。

実際に中国から仕入れたら、Amazonでどうする?

基本的な値付けとして、中国から仕入れた値段の2倍から3倍の値段が良いです。
実際にその値段で売れるのか、オークションやAmazonなどでもチェックしてみましょう。

日本で販売されている価格よりも安いのであれば、ユーザーは喜びますので、価格をチェックしてみてどのくらいの値段で販売可能か確認してみましょう。

2週間でAmazonカテゴリーランキング1位を取るための仕組み対策

ランキング上位に表示させることができると、売れている商品となり、Amazonの検索でも上位表示させやすくなります。

レビューが集まると、さらにユーザーが安心して購入しやすくなるので、相乗効果が期待できます。
特にオリジナル商品を新規で販売することができると、有効な手段です。

Amazonランキングで1位を取ると変わる仕組み

ランキング1位になると、ベストセラーと表示されるようになります。
小カテゴリの中での1位になりますが、それでも1位を取ると、1日で何十個と商品を販売することが可能です。
1日にこれだけの商品が売れれば、月にするとかなりの金額を稼ぐことができます。

ランキング1位になると、ベルトセラー1位というこのようなマークがつきます。

検索結果にこのようなタグが付いていると、注目されるので売りやすくなります。

Amazonランキングで1位を取るためにする事

Amazonに出品する時には、次の5点に気を付けて販売します。

1:Amazonで販売する商品について

カテゴリーに勢いがある場合、ランキング上位を取れた時に販売しやすくなります。Amazonで販売されていない商品を見つけた場合は、上位表示しやすくなります。

2:AmazonのFBAを利用する

ランキング上位に表示させるのには、「レビュー」「在庫数」「今の売れ行き」が関係しています。

FBAを利用すると、安定した配送を実現できます。配送が早いと購入者の満足度も高くなり、良いレビューを書いてもらえる可能性が高くなるので、次の販売へとつながります。

3:Amazonで検索されやすいキーワードを意識する

Amazonで販売するキーワードは、基本的なキーワードだけでなく、検索されやすい大・中キーワードを利用します。

サジェストキーワードなどを含めると、実際に検索されやすいワードになります。補助的なキーワードを含めると、販売する商品にぴったりのキーワードを含めた商品紹介になります。

4:Amazonのセールの仕組みを活用する

短時間のセールをすることで、ランキングの向上を図ります。注目を集めるためのセールをしますが、もし効果がないのであれば、需要がない商品と判断することもできます。

5:Amazonのレビューの仕組みを活用する

レビューはAmazonの仕組みで、購入者にとっても販売者にとっても重要な判断要素になります。レビューの評価が低い商品よりも、高評価の商品を探そうとします。そこで高評価を得る方法として、良い商品を扱う配送スピードを上げるカスタマーサービスという3つのポイントに気を付けます。どれもAmazonのシステムを上手に活用する方法になります。

6:カートボックスの獲得を目指す

Amazonでは膨大な数の商品が出品されています。その中から購入者が欲しいものを探しやすいように様々な機能があります。その機能の一つにカードボックスがあります。

カートボックスは誰でも獲得ができるわけではなく、Amazonでは条件が決められている為、その条件に達していない場合は獲得することができません。

【カートボックスを獲得する為の条件】

・大前提、「大口出品者」となっている事

・同じ商品の中で「一番安い金額」になっている事

・今までの出品実績と購入者の評価が基準をクリアしている事

・在庫はいくつあるか

大口出品の他に小口出品がありますが、小口出品ではカートボックスを獲得する事はできません。その場合は購入者が出品されている商品を探すには、出品者の一覧を探していかなければいけません。

多くの同じ商品がある中でわざわざそんなことをする可能性は低いです。しっかりと不良在庫なく売る為にはカートボックスを獲得する事が重要な事になります。

7:自己発送でもマケプレプライムを付ける事

FBAを利用しない場合、マケプレプライムは付けなくても大丈夫ですができるだけ付けるようにしましょう。認証を受ける事で購入画面にプライムマークが表示されます。

プライムマークが付くことで購入者からの信頼が上がり、カートボックスを利用する条件に当てはまったり、買われやすくなります。

マケプレプライムにも条件があります、以下の通りです。

【マケプレプライムの条件】

・定められている実績や配送されたときの品質をしっかりと維持している事

・出品者が選択できるプライムの対象地域への<お急ぎ便>を提供している事

・プライム会員の購入者へはお急ぎ便と通常配送を無料としている事

・Amazonが定めている返品と交換に対応している事

これらの条件をクリアしている必要があります。

8:上位表示で販売機会を増やす

Amazonを利用する購入者の80%が検索をして目的の商品を購入すると言われています。検索をされたときにAmazonのアルゴリズムに適したSEO対策をしておくことが大切です。

【SEO対策に有効な項目】

・分かりやすい商品タイトル

・誤解がないように丁寧な商品仕様

・使い方が分かるように商品説明

・商品を紹介しているコンテンツ

・探してもらえるようなキーワード

SEOで一番重要視されるのがタイトルです。検索される時をイメージしてキーワードを選択して書いておきましょう。但し、不自然にならないように自然な文章で書くことを意識しましょう。

SEO対策に気を取られ過ぎないように、購入者が読んで分かるように商品の仕様や説明、コンテンツがあれば記載するなど分かりやすさを意識して書いていきます。

色々なキーワードで検索されたいという気持ちで、詰め込むのは読んでいる購入者からすると意味がわからない、不自然な説明となりやすいので注意しましょう。

例えばネックレスを出品する場合は、キーワードをブランド名、色、特徴程度の3つくらいにしておくのが良いでしょう。4つ以上キーワードを入れたり同じキーワードを繰り返したりし過ぎはアルゴリズム上で評価が下がってしまう事があります。

ネックレスなのに、指輪やブレスレットなどという違った種類のワードを入れるのもNGです。

9:有料のセラー広告を使ってみる

SEO対策などでもうまく書くと上位表示はされますが、競合が強いなどの場合はうまく上位に上がってこない事もあります。その時はAmazonセラー広告を使うのも一つの方法です。

有料にはなりますが、使用すると上位表示がされやすくなるばかりではなく、アルゴリズム上でも上位表示されていると判断され、通常でも上位に表示がされやすくなる傾向があります。

<スポンサープロダクト広告>を利用すればクリックされたときに料金が発生するので余計な経費を抑えながら広告することができます。

InstagramやTwitterなどでもご自身でリンクを貼り宣伝をする方法があります。外部流入はSEOにとっても有効な手段となり、有料広告を使わずとも上位表示がされやすくなります。

10:買われやすい商品をリサーチする

どんなにSEO対策をしても有料広告を使っても需要が低い商品は売れにくくなります。それらが増えすぎると不良在庫となってしまうのでリサーチをして買われやすい商品を探していきましょう。

Amazonでは売れ筋商品を表示できるので活用するのもいいです。しかし、気を付けなければいけないのが、売れ筋という事はそれだけ競合が増えているということです。

競合が多いと総じて価格競争になりがちです。安くしないと売れない、やっと売れても赤字という事も起きてしまうので慎重に見極めて出品しましょう。

間違えて仕入れをしてしまっても、過去の売れ行き具合を把握しておくと時間をおけば売れる事も多々あります。

過去の色々な商品の売れ行きを把握しておくと、競合が増える前に出品ができ利益を伸ばすチャンスにもなります。

Amazonの過去の売れ行き具合を把握する便利なツールの一つに<keepa>があります。

ツールを使用するとAmazonで販売されている商品の価格推移などを見る事ができます。

無料版では使用できない機能もあります。月額1,800円かかりますが使いこなしていけば金額以上の価値は出せるので検討してみるのもいいでしょう。

Amazonランキングの上位をキープするために

1:Amazonの在庫を切らさないこと

1度ランキングの上位に入り込むと、安定して売れるようになりますが、在庫切れには注意しましょう。売れ行きでランキングを決めているので、在庫が切れて販売できないと、ランキングが一気に落ちていきます。

万が一在庫が切れそうな時には、予約販売機能を使います。入荷の目安が分かっているのであれば、入荷予定日+2日ほど追加して、予約販売が可能です。予約販売であれば、在庫有の時よりは売れにくくなるものの、ランキングは維持できます。

2:Amazonで短期セールをする

上位表示されてから、勢いが落ちてきた時には、セールをして販売促進できます。短期セールなどのメンテナンスをすることで、上位表示を維持できます。

Amazonのランキングと仕組みをリサーチして出品する

Amazonのランキングの仕組みを知っていれば、どんな商品がどのタイミングで売れるのか予想することができます。

そして適切なタイミングで、仕入れをすることができるので、上手にAmazonに出品をして利益が得られます。

ツールなども活用したり、ランキングの情報を参考にしながら、どの商品が売りやすいのか判断していきましょう。

Amazon出品に必要なリサーチを徹底することで、失敗することなくAmazonでの販売が可能です。

この記事で解説した情報を元に、利益がでそうな商品を見つけていくことで、副業から収入を得ていくことができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次