物販

Amazonの商品レビューを書くメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonで商品を購入する際にレビューを参考にする方は多いかと思われます。

ショッピングサイトでは商品の実物を見ることができないので、購入者からのレビューは購入の参考になることが多いですよね。

さて、このレビューですが、自分が書くことにメリットはあるのでしょうか?それともメリットがあるのは購入する側だけなのでしょうか。

この記事ではそんなAmazonレビューの書き方やメリットについて紹介していきます。

レビューを書くメリットはあるか

気になるのはやはりAmazonにレビューを書いてどんなメリットがあるのか?ということだと思います。

単刀直入に言えば、レビューを書くいわゆる「レビュアー」には特に報酬はなく、自己満足の域だと言えます。

しかし、レビューを書くと稀に「参考になった」が何千件という単位でクリックされ、大きな反響を生む事態も見受けられます。

フリー戦略とは

フリー戦略とは、簡単に言えばサービスを無料で提供することによって顧客を呼びこむことを言います。

どんなに良質なサービスを提供していたとしても、顧客がいなければ始まりませんからね。

このような戦略を最も身近で実践していると言えるのがGoogleでしょうか。

GoogleはGmailを始め、カレンダーやGoogleアナリティクスなど様々なサービスを無料で提供しています。

このような様々なサービスを無料で提供することで、有料の場合よりも多くの顧客が流れてきますし、広告クリックなどの収益もより増大します。

Amazonはこのような戦略をレビュー機能を通して実践していると言えます。

巡り巡ってメリットに

このように、レビューが増えると購入者には事実上のメリットがあります。

レビューをよく読めば、事前に商品の情報を得ることができるため、買ってみたけど思っていたものと違った、といったような事態を未然に防ぐことができます。

購入したい商品の比較をするにしても、商品画像だけでなく、実際に購入し商品を使ってみた人の意見も十分な参考材料となり得ます。

また、レビューはAmazonで商品を出品している出品者にもプレッシャーとして作用します。

というのは、悪評が多い商品を取り扱っている出品者には当然ながら評価の悪いレビューが付いてしまい、購入者もその出品者からは購入を控えることが多くなります。

そのため、このような状況にならないよう、出品者も誠実な出品を行う必要性が出てきます。

このように、Amazonでのレビューは金銭面でのメリットはないとはいえ、上手なネット取引きの材料として活用できることが望めます。

Amazon Vine 先取りプログラムへの参加

金銭的な面でのメリットはないのは上記の通りですが、良質なレビューを継続して投稿していると、Amazon Vine 先取りプログラムへ招待されることがあるようです。

このことについては次の項で詳しく解説していきます。

Amazon Vine 先取りプログラムとは

前項でも少し紹介させていただいたAmazon Vine 先取りプログラム

これは、Amazonが提供しているサービスの一つで、予約商品や新商品などの未発売商品のサンプルをAmazon Vine 先取りプログラムに登録されているカスタマーに使ってもらい、そのレビューを投稿してもらうという招待制のプログラムです。

この項目では、Amazon Vine 先取りプログラムに招待されるにはどのような条件を満たせばいいのかということについて解説していきます。

招待されるための条件

Amazon Vine 先取りプログラムに招待されるには、顧客から見て有益なレビューを定期的に書く必要があります。

Amazonにはレビュアーランキングというものがあり、顧客からの評価が特に高いトップレビュアーと呼ばれる存在になってランキングに入れば、プログラムに招待される可能性が高まるようです。

それでは、レビュアーランキングはどんな基準で順位付けをされているのでしょうか?

Amazonでは、読んだレビューが参考になったかどうかを上の画像でいう赤い枠で囲んだボタンのどちらかで評価するシステムになっています。

レビュアーランキングはその「役に立った」への投票数が基準になっています。

また、レビュアーランキングは投稿日時が新しいレビューへの評価が重視されるため、プログラムメンバーに選ばれるには高頻度かつ、顧客から高い評価を受けるレビューを書き続ける必要があります。

否定的なレビューは書かない方がいいのか

高評価を受けるためには肯定的なレビューの方が好まれると思いがちですが、実際のところは肯定的なレビューでも否定的なレビューでもどちらでも問題なく、商品に対する率直なレビューが顧客からの高評価に繋がるようです。

ただし、否定的なレビューといっても常識的な範囲内で、レビューガイドラインに反した過激な内容のレビューは投稿しないようにしましょう。

VINEメンバーになることのデメリット

VINEメンバーになると予約商品や新商品などの未発売商品のサンプルを無料で利用できるなど、いいこと尽くめのように見えますが、やはりいいことばかりではなく、悩ましい点もあるようです。

欲しい商品が入手できるとは限らない

当然といえば当然ですが、自分が欲しい商品がサンプルとして送られてくるのは年に一度あるかどうかというくらいです。

しかし最近は、一ヶ月に受け取れるレビュー商品の数が無制限になったこと、Vineメールマガジンが廃止されたことで、購入履歴や過去のレビューの情報を参考に、メンバーごとに違う商品が案内されるようになったことなどから、ある程度は欲しい商品が案内される確率は上がったようです。

他人からの妬みを買う

VINEメンバーがレビューを投稿すると、投稿者名の横にこのような表記が現れます。これをVineバッジと呼ぶようです。

Amazon Vine 先取りプログラムを知っている顧客の中には、VINEメンバーが無料で商品をもらっていることを良く思わない顧客もいるようで、「役に立たなかった」投票を大量に受けるなど、嫌がらせ行為をされる場合があるようです。

不審な低評価

この他に商品の関係者による低評価と思われるものも見受けられます。

マイナーな商品に否定的な意見をつけたレビューが数時間ほどで低評価ばかりになっている場合、一般ユーザーがつけた正当な評価とは考えづらいです。

このような標的になるとレビュアーランキングが大幅に下がる可能性があるため、ランキングを下げたくない方はAmazon Vine 先取りプログラムの招待を拒否するのも手かもしれませんね。

VINEメンバーについての疑問点

前項で述べたように、VINEメンバーに対して不信感を持っている顧客も多くいるようです。

そのような方々や、VINEメンバーになりたいと考えている方のためにVINEメンバーについての疑問点に答えていきます。

Amazonから肯定的なレビューを書けと命令されているのでは?

レビューガイドラインに従っている限りレビュー内容とそれを投稿したメンバーには手出ししておらず、レビュー内容に関する指示はありません。

この項目でも述べた通り、否定的なレビューであっても問題なく、売値設定や次回入荷数の検討などに役立つため、Amazon側の利益になります。

Amazon Vineに関連する報酬は発生していないのか?

Amazon Vine 先取りプログラムではメンバーは無料でサンプル商品が提供されるというだけで、投稿行為やレビュー内容に応じて報酬が発生するとなどといったことは一切ありません。

商品を受け取ったメンバーは原則的に商品到着から30日以内に必ずレビューを書く必要がありますが、上記の通り必ずしも好意的なレビューを書かなければならないわけでもありません。

VINEメンバーの実態は言うならば商品モニターといったところでしょうか。

メーカーからの連絡はあるのか?

Amazon Vine 先取りプログラムではメーカーなどの仕入れ先から様々なサンプル商品が届けられますが、VINEメンバーの連絡先といった個人情報はメーカー側に知らされることはありません。

そのため仕入れ先のメーカーから直接電話が来るといった事態は発生しないのでその点はご安心を。

Amazonレビューの投稿方法

以上を踏まえてAmazonにレビューを投稿する方法を説明します。

レビューを投稿する際の条件

まず初めにレビューを投稿するには過去に商品の購入をしたことがあるアカウントを持っている必要があります。無料のダウンロード商品の購入は条件から除外されています。

レビューが投稿できるようになるには初めて購入した商品の発送が完了した、もしくはデジタルコンテンツの注文が確定した後48時間を要します。

レビュー投稿の方法

Amazonにサインインした後、レビューしたい商品の商品ページを開き、「カスタマーレビューを書く」ボタンをクリックします。

商品のおすすめ度を選びます。

商品のおすすめ度を選ぶとレビュー作成画面が表示されます。レビューは30文字以上記入しましょう。

また、公開される投稿者名を設定していない場合はそのままの名前でレビューが投稿されてしまうので、登録の際に本名で登録した場合は忘れずに公開名を設定しておきましょう。

レビューの作成が完了したら「送信」ボタンを押しましょう。

写真・動画のアップロード方法

写真付きや動画でのレビューがしたい場合は「送信」ボタンの隣にある「写真/動画を追加」ボタンをクリックします。

写真や動画の追加が完了したら文字だけのレビューの場合と同じく、最後に「送信」ボタンを押しましょう。

Amazonでのレビューの書き方

レビューを書いてみたいけど何を書いていいか分からない…。

そんな方のためにレビューを書く際の要点をまとめてみました。

レビューの基本

まず大事なのは「読んでいる人にどう伝えるか」、「何を伝えるべきか」ということでしょうか。

コストパフォーマンスがいいなどといった言葉を並べても読む側にはあまり伝わらないことが多いです。

基本的には製品の品質や使い勝手に関すること、商品のスペックに関することを書くのが好ましいでしょう。

肯定的・否定的な意見

どの商品にも長所もあれば短所もあります。

それを伝えるにはその商品が「どれぐらい良いのか」、「どれぐらい悪いのか」を意識して極端すぎず、工夫して伝えられるようにしましょう。

具体的な内容

レビューで大切なのは抽象的なものではなく、地に足のついた実質的なものを書くように心がけましょう。

高品質なレビューを書くためにも、具体的な内容をしっかりまとめておくと良いでしょう。

レビューで禁止されていること

この項目ではレビューにおいて禁止されている事項について解説していきます。

不快感や嫌悪感を与える投稿

猥褻行為や性的な嫌悪感を煽るといった公序良俗に反する投稿は削除の対象となります。

特定の個人を誹謗中傷したり、悪意を含む投稿

著作者を名指しで誹謗中傷する行為は削除対象となる他、スパムとみなされる行為も禁止されています。

営利目的と思われる投稿

同一商品に対する複数のレビューや、同じ指摘を過度に繰り返しているレビューも削除対象となっています。

Amazonでレビューを書くことについてのまとめ

今回はAmazonでレビューを書くことについての心がけやメリットについて解説させていただきました。

レビューを書くときはVINEメンバーであってもそうでなくても、具体的かつ適度な情報量の内容を書くことを心がけることはとても大事ですね。

Amazonにレビューを投稿するのは基本的には自己満足の域ですが、Amazon Vine 先取りプログラムへの招待を受けることができれば、サンプル商品を受け取ることができるなど魅力的な面もあることが分かっていただけたかと思います。

色々な商品のレビューを書いてみたいという方は、VINEメンバーになることを目指してがんばってみるのもいいかもしれないですね。

アクシグから【重要なお知らせ】

物販ビジネス初心者物でも簡単!ライバル皆無の市場で出品するだけで商品が売れる。リサーチ、元手資金、商品在庫、一切必要なしの、まだ日本人が誰も知らない稼ぎ方とは?

期間限定
>> 無料公開中!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る