AmazonのトラッキングIDによる購入商品の追跡方法

「Amazonで購入した商品の発送状況を確認する方法を知りたい」

「商品の追跡ができない場合はどうすればいい?」

「よく聞くトラッキングIDって何?」

このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

Amazonで注文した商品を追跡することで、不在で受け取れない可能性を減らせます。商品が届かなかったり間違って注文してしまった場合にも役立ちますね。

そこで今回は

  • Amazonで購入した商品のトラッキングIDによる追跡方法
  • 商品の追跡ができない場合の対処法
  • Amazonの商品が届かない場合の対処法

これらを徹底解説します。Amazonで購入した商品の追跡方法を知ることで、安心して通販生活を楽しみましょう。

目次

Amazonの商品追跡はトラッキングIDでできる?DA番号の意味は?

通販といえばAmazonといっても過言ではないほど多くの人が利用しています。直接受け取るだけでなく、置き配対応もあるので、非接触対応が求められるいまの時代は便利ですね。

注文した商品が今どうなっているのか知りたい、きちんと届くのかといった不安解消に役立つのが商品の追跡機能です。

「Amazonで注文した商品も追跡できるの?」と思われるかもしれませんが、トラッキングIDを使って追跡できる機能もあります。どのように追跡するのか、DAから始まる番号とは何か解説します。

Amazonで注文した商品は追跡できるか

日本郵便、ヤマト、佐川急便といった大手配達業者の場合、荷物の送り状番号を公式サイトのページに入力すると、いまどこにあるのか発送状況を追跡できます。

Amazonは大手配達業者だけでなく、専門の業者や個人の代行業者も発送業務を担うケースもあります。

「大手業者ではない場合も追跡できるの?」

「そもそも追跡できる機能があるなんて知らなかった」

「Amazonのサイトでやってみたけど、やり方が分からなかった」

このように思われる人も多いかもしれませんが、どの業者の場合も商品の追跡は原則可能です。

Amazonの配送をやっている業者はどこ?

以前はヤマトや佐川急便を中心に大手がAmazonの配送を担っていました。ただし、ヤマトは配達運賃を値上げし、佐川急便はAmazonから撤退しました。

全国的に有名な大手配達業者以外でAmazonの配送を担っているのは、AmazonデリバリープロバイダとAmazonフレックスの2つに大きく分類されます。

Amazonデリバリープロバイダは地元に根ざして活躍している業者で、地域ごとに会社が異なります。東京都内の場合はギオンデリバリー、関西圏の場合はロジネットジャパンといった感じです。

Amazonフレックスは個人の配達業者です。主に個人事業主としてAmazonと契約を結び、荷物を配達する方々のことを言います。

最近はAmazonから荷物が届くと「Amazonです」と言われて、担当者から受け取る機会も増えてきました。どの業者の者かは特に言われません。

サイトに表示される配達業者の名前も「Amazon」と記載される場合があります。これは実際にAmazonという名前の配達業者があるわけではなく、AmazonデリバリープロバイダやAmazonフレックスで管理される荷物の追跡や再配達の手配をしてくれています。

AmazonデリバリープロバイダとAmazonフレックスの場合も荷物の追跡ができます。追跡する時によく使われるのがトラッキングIDという仕組みです。ヤマトなど大手の場合に送り状番号を見る機会がありますが、それと同じです。

Amazonには様々な配達業者が関わっていて、どの業者が配達してくれるのか発送されるまで分からないこともあります。もし業者ごとにトラッキングIDが発行されていると、顧客側で調べるのも大変です。Amazon専用のトラッキングIDがあるのでしょうか。

またトラッキングIDにはDAから始まる番号も関係しています。次は「DAって何?どのような時に使うの?」といった疑問について解説します。

トラッキングIDとDAについて

Amazonのサイトの「アカウント&リスト」から注文履歴に進むと配送状況を確認できます。状況によって、輸送中や配達中といった表示が変更されるので便利ですよね。

荷物の追跡機能を支えているのがトラッキングIDです。AmazonにはトラッキングIDが2種類あります。それは「DA付きのもの」と「DAなしで数字だけのもの」です。

DAや99の数字から始まるタイプのトラッキングIDの場合は、注文履歴から荷物の状況を確認できます。ただし、99以外の数字で始まるタイプの場合は、すぐに確認できません。その場合も配達業者の追跡画面で確認できるのでご安心ください。

具体的にどうすれば追跡できるのか、実際のサイトの画面を紹介しながら方法を次から解説します。

Amazonで購入した商品の追跡方法とは?

まずは、Amazonで購入した商品の追跡方法を解説していきます。商品の追跡は以下の2つの方法によって行うことができます。

1.Amazon追跡画面で商品を追跡する

2.配送業者の追跡画面で商品を追跡する

Amazonの追跡画面で商品を追跡する

Amazonの注文履歴から商品を追跡する方法です。まずは、Amazonの公式サイトにアクセスし、「アカウント&リスト」⇒「注文履歴」と進んでいきましょう。

購入した商品のお問い合わせ伝票番号もここで確認することができます。

次に、追跡したい商品の「配送状況を確認」をクリックします。

すると、以下のような画面に移動し、お届け予定日と現在の状況を把握することができます。

商品が発送されると「輸送中」近くまで来ている場合は「配達中」という表示に変更されるので、あとは待っておくだけで大丈夫です。

もっと詳しく現在地を知りたい場合は、「さらに表示」をクリックすれば、何時に何処を通過・誰が所持しているかを確認できます。

配送業者の追跡画面で商品を追跡する

2つ目は、配達業者追跡画面で商品を追跡する方法です。まずは、先ほどと同じ手順で追跡したい商品の履歴画面に移動します。

その後、表示されている配送業者追跡番号を確認してクリックします。

国内配送業者の一覧が表示されました。

ここから、先ほどクリックした配送業者の欄から追跡サイトをクリックします。

今回の場合は日本郵便です。

確認しておいた追跡番号を入力して追跡を開始します。

追跡結果が出ます。

到着が遅い等で連絡したい場合、必要に応じて連絡先を確認して連絡を取りましょう。

アプリの注文履歴から配送状況を確認する方法

「Amazonショッピングアプリ」で買い物をしている人も多いでしょう。アプリの注文履歴から配送状況を確認する方法をお教えします。以下の手順で進めてください。

①アプリを開いて、画面下部にある人型のアイコンをタップ

②「注文履歴」を開く

③確認したい注文をタップ

④注文情報や配送状況を確認

いくら経っても「注文済み」のステータスから進まない場合は、確認が必要です。原因として考えられるのは3つ。

・支払いが済んでいない
コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選択している人は、支払いが済んでいないかもしれません。期限内に支払いが完了しないと、自動キャンセルになります。すぐに払うか、支払い方法を変更するかなどしましょう。

・在庫切れが発生
注文時点では在庫があったのに、手続きしている間で在庫切れが発生したケースも考えられます。システムの影響で在庫状況がタイムリーに反映されないこともあるのです。もし在庫切れだった場合は、出品者側から注文をキャンセルされたり出荷が遅延するお知らせがメールできたりするので、随時確認してください。

・海外発送で遅れている
海外からの発送だと距離があるため、通常より遅れるのは当たり前。商品が届くまで1週間〜1ヶ月はかかると思っておきましょう。もし、お届け予定日より遅くなっているなら、問い合わせてください。

注文の配達が完了すると、注文履歴に「〜年〜月〜日に配達しました」と表示されます。詳細を確認したい場合は、該当の注文をタップし、注文情報の「注文内容を表示」を開くと、発送の詳細が分かりますよ。

商品が発送されているのに中々届かない時は、配達業者に確認をしてみてください。ただし、配達が混み合っていることも考えられるので、よっぽど遅れていない限りは、気長に待ちましょう。

参考:Amazon「配達業者の連絡先情報」

Amazonマーケットプレイスの商品は発送状況を確認できない

次に、Amazonで購入した商品が追跡できない場合の確認方法を解説していきます。商品の発送状況を確認できない場合は、以下の2つの方法で確認してみてください。

Amazonマーケットプレイスの商品は配送業者に確認をとる

まずは、Amazonマーケットプレイスの商品ではないかを確認します。Amazonマーケットプレイスとは、Amazon以外の出品者が販売していることをいいます。

このAmazonマーケットプレイスの商品は、Amazonが発送を行っていない商品も多々あります。商品の出品者が発送しているケースが多いため、発送状況を確認することができないのです。Amazonマーケットプレイスの商品の場合は、Amazonではなく配送業者に確認をとって追跡すると良いでしょう。

マーケットプレイスの出品者に問い合わせる方法

注文した商品に何か不具合や問題があった場合は、マーケットプレイスの出品者に問い合わせましょう。手順は以下の通り。

①アプリを開いて人型のアイコンをタップ

②「注文履歴」を開く

③確認したい注文をタップ

④注文情報や配送状況を確認

⑤注文商品の販売ページへアクセス

⑥販売元をタップ

⑥「質問する」をタップ

⑦アシスタントの指示に従い、チャットで問い合わせる

もし上記の方法で解決しなかった時は、「Amazonマーケットプレイス保証」を申請しましょう。こちらは購入した商品に関して、Amazonが保証してくれるサービスです。条件を満たしていれば返金も可能。詳細はAmazonの公式ページを確認してみてください。

参考:Amazonマーケットプレイス保証について

「ほしい物リスト」の商品ではないか確認する

次に、購入した商品が「ほしいものリスト」ではなかったかどうかを確認します。「ほしいものリスト」とは、自分の欲しい商品をAmazon内で簡単に登録しておけるサービスです。この「ほしいものリスト」は自分だけではなく、他人にも公開することができます。

あらかじめ登録されている住所に届ける場合は、プライバシーを保護するために商品の追跡ができません。発送状況を確認できない場合は、「ほしいものリスト」の住所へ届く商品ではないことを確認してみてください。

配送業者を活用してAmazonの発送状況を確認する

Amazonのサイト内で発送状況を確認できない場合は、配送業者に直接連絡を取ることで簡単に確認することができます。業者のホームページで確認できるため、電話をかける手間もなくて便利です。

1.ヤマト運輸

電話でも発送状況を確認できますが、ヤマト公式ホームページにアクセスすれば簡単に確認できます。再配達や日時変更などの手続きも行えますので、利用したい場合は問い合わせてみると良いでしょう。

電話番号:0120-01-9625 (AM 8:00 ~ 21:00 年中無休)

携帯電話:0570-200-000 (AM 8:00 ~ 21:00 年中無休)

050IP 電話:050-3786-3333

通話料:フリーダイヤル以外は20秒ごとに約10円

2.佐川急便

佐川急便の「お荷物お問い合わせサービス」で購入した商品の追跡ができます。「お問い合わせ送り状No.」を入力し、「お問い合わせ開始ボタン」をクリックするだけなので簡単です。

・佐川急便:お荷物お問い合わせサービス

3.日本郵便

日本郵便も公式ホームページで商品の追跡ができます。個別番号検索に「お問い合わせ番号」を入力して検索をかけるだけです。再配達を希望する場合は、「配達のお申込み受け付け」より再配達の依頼をすることも可能です。

・日本郵便:個別番号検索URL

・日本郵便:配達のお申込み受け付け

4. プラスカーゴサービス

プラスカーゴサービスの配送状況検索にアクセスしましょう。トラッキングIDを入力して「送信」すると、配送状況が確認できます。

参考:プラスカーゴサービス配送状況

AmazonのトラッキングIDが出てこない場合は?

「Amazonマーケットプレイスの商品ではない」「ほしい物リストの登録住所に届けるわけでもない」これらの条件を満たしているにも関わらず、購入した商品を追跡できない場合があります。このように、どうしても商品を追跡できない場合は、以下の条件に当てはまっていないか確認してみてください。

サイト内メンテナンスを疑う

配送業者のサイトがメンテナンス中ではないかをチェックします。配送業者が行っている追跡サービスでは、定期的にメンテナンスを行うことがあるからです。

サイト内メンテナンスやアップデートを行っている最中には、発送状況を確認できない場合もあります。Amazonや配送業者のサイトがメンテナンス中であることを疑い、正確な情報を調べてみてください。

注文情報がまだ反映されていないことを疑う

Amazonの注文情報が反映されているのかをチェックします。商品を注文した後、Amazon側に発送の情報が反映されるまでに時間がかかるケースがあるからです。

Amazonのシステム内に注文情報が反映されていない場合には、発送状況を確認することができません。少し時間をおいてから再度確認してみてください。

ポスト投函の場合

Amazonには安い商品が多く、小さいものはポスト投函で発送されることも珍しくありません。

ポスト投函されると、追跡番号がつかない場合があります。追跡番号のサービスを希望される場合は、商品購入前に発送方法を確認しましょう。

もう1度Amazonマーケットプレイスの商品ではないか確認する

もう1度Amazonマーケットプレイスの商品ではないかをチェックします。繰り返しですが、Amazonマーケットプレイスの商品は発送状況を確認できない場合が多々あるからです。商品の出品者が個人や業者ではないかを再度確認してみてください。

Amazonの配送業者をヤマト運輸に指定する方法とは?

配送業者の中には商品が予定通り到着しなかったり、再配達を依頼しても指定した時間帯に来てもらえないなど、配送業者によってサービスレベルが異なります。

そのような配送業者の中でも、ヤマト運輸(クロネコヤマト)は顧客満足度が高いです。ここでは、Amazonの配送業者をヤマト運輸に指定する方法を解説していきます。

まずは、注文方法と配送業者の法則を理解する

まずは、Amazonの注文方法と配送業者の法則を理解しましょう。Amazonでは、注文方法によって選択される配送業者があらかじめ決まっています。

【通常注文】

ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便・ヤマトホームコンビニエンス・SGムービング・プラスカーゴサービス

【コンビニ受け取り:ローソン】

日本郵便

【コンビニ受け取り:ファミリーマート】

ヤマト運輸

【お急ぎ便】

ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便

【当日お急ぎ便】

ヤマト運輸・日本郵便・佐川急便

【お届け日時指定便】

ヤマト運輸

【海外配送】

DHL・ECMS・SF Express

残念ながら、送料がかからない通常注文の場合だと、多くの配送業者からランダムに選択されます。お急ぎ便や当日お急ぎ便についても同様で、多くの配送業者からランダムに選択されてしまいます。

「お届け日時指定便」を選択する

自宅まで配送してもらいたい場合は、「お届け日時指定便」を選択することでヤマト運輸を指定することができます。

「お届け日時指定便」は、Amazonプライム会員であれば無料で利用可能なオプションサービスです。通常会員であれば510~550円かかります。

なお、以下の条件で注文する場合は「お届け日時指定便」を利用できないので注意が必要です。

・支払い方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択した場合

・受取スポットを利用した場合

・対象商品と対象外商品を同時に注文する場合(Amazonプライム会員を除く)

・Amazon定期おトク便で注文した場合

他にも、Amazonマーケットプレイスの商品については出品者によって配送業者が変わってきます。配送業者を指定したい場合は、Amazonが発送する商品を注文するようにしましょう。

Amazonの商品が届かない原因と対処法とは?

最後に、Amazonの商品が届かない原因と対処法を解説していきます。Amazonの商品が届かない1番の原因としては、配送業者による配送トラブルが挙げられます。例えば、以下のようなケースです。

・配送中に商品を紛失してしまった

・配送車が事故にあって商品が破損してしまった

上記の他にも、注文時に住所を間違えてしまったなども考えられます。

Amazonカスタマーサービスへの問い合わせ方法

商品が届かない時の対処法としては、Amazonカスタマーサービスに問い合わせるのが1番です。Amazonカスタマーサービスに問い合わせる場合は、まずカスタマーサービスページにアクセスします。

まずは、Amazonサイトのトップにある「カスタマーサービス」をクリックしましょう。

カスタマーサービスのページにアクセスしたら、「注文内容について」をクリックします。

次に、問い合わせたい商品をクリックします。

すると以下のような画面に移りますので、「配送について」をクリックします。

次に、以下の画面に移りますので、一番下の「カスタマーサービスへ連絡」をクリックします。

パソコンは以下のような画面になるので、「電話をリクエストする」または「今すぐチャットを開始する」2つの中から希望の問い合わせ方法を選択しましょう。

【スマートフォンアプリの場合の連絡手順】

①ホーム画面から右下のメニューをタップします。

②一番下までスクロールし、「カスタマーサービス」をタップします。

「注文内容について」を選択します。

④問い合わせる商品をタップします。

⑤「配送について」をタップします。

⑥一番下へスクロールし、「カスタマーサービスへ連絡」をタップすると、電話をリクエストまたはチャットで問い合わせる画面が表示されます。

【チャットで問い合わせる場合】

「今すぐチャットを開始する」をクリックすると、AIチャットボットにて提案文が送信されますので、提案に沿ってやりとりすると、解決できる場合があります。また、それでも解決できない場合は、対人でのチャットへ切り替えることもできます。

【電話をリクエストする場合】

「今すぐ電話をリクエストする」をクリックすると、電話番号の入力画面が表示されますので、番号を入力し、「今すぐお電話ください」をクリックすると、担当者から電話がかかってきますので、口頭にて状況を伝えてください。

Amazonの問い合わせ後のカスタマーサービスの対応

チャットを使ってカスタマーサービスへ問い合わせると、対応として返信が届きます。

また、荷物が届かないことに関して問い合わせるとメールが送られてきます。内容としては、注文した商品の配送状況や調査結果などです。

Amazonは、お客様をベースにして動いている企業です。そのため、商品の出品元がAmazonの場合は、調査不明になっていても申告すれば再発送してくれる可能性が高いでしょう。

再発送の商品も、追跡番号や配送業者をいつでも確認可能のため、到着まで安心してAmazonを利用できます。

注文した商品が届かない時はどうしたらいい?

注文した商品が届かないと不安ですよね。予定より遅れていたり明らかに時間がかかりすぎていたりする場合は、以下の項目を確認してください。

・注文履歴のステータスを確認
商品が届いているなら、注文履歴に「〜年〜月〜日に配達しました」と表示されます。もし配達済みのステータスになってないなら、不具合や問題が発生していることもあるので、カスタマーサービスに確認しましょう。

・商品の受け取りが手渡しじゃない
宅配ボックスや郵便ポストに入れられているパターンですね。小さい商品だと、気づきにくいのでよく確認しましょう。また商品の受け取り場所をコンビニや郵便局に変更している場合も注意が必要です。

・届け先住所を間違えている
当然届け先の住所が異なると、商品は届きません。引っ越ししたタイミングなどはやりがちです。商品が届かないなと思ったら、住所に間違いがないかもう一度確認してみてください。

・発送元に問い合わせる
色々チェックして原因が分からない場合は、発送元に問い合わせましょう。発送者がAmazonならAmazonのカスタマーセンターへ、出品者が発送しているなら出品者に確認の連絡をしてください。

出品者への問い合わせは、注文した商品のページへアクセスするとできます。出荷元がAmazonでなく、出荷元と販売元が同じなのかをチェック。

そして、販売元の名前をタップすると、「質問する」が表示されるのでタップしてください。※電話番号の記載がある場合は、電話での問い合わせも可能。

すると、アシスタントとチャットができます。アシスタントの指示通りに情報を入力して、商品が届かないことを確認しましょう。

まとめ

今回は、Amazonで購入した商品の追跡方法や商品の追跡ができない場合の対処法について解説してきました。配送業者のトラブルがない限り、購入した商品は問題なく届きます。どうしても商品の現在地が気になる場合は、今回解説した方法で追跡してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次