Amazonでのau PAY プリペイドカードの使い方-残高を使い切る方法も紹介

「au契約時に店員に勧められau PAY プリペイドカードに申し込んだけれど、うまく使いこなせていない」という人も多いのではないでしょうか。この記事では、au PAYの使い道やAmazonでの買い物に有効活用する方法を紹介します。微妙に余った残高を完全に使い切る方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

au PAYとは

au PAY プリペイドカードとは、インターネットショッピングやコンビニ・飲食店といった実店舗での支払いに利用できるプリペイド式カードです。ここでは、au PAYの基本的な情報を解説していきます。

au PAYの使い道

au PAY プリペイドカードは、MasterCardと同様に使える、チャージ式のクレジットカードです。

《チャージの方法》
(1)auかんたん決済
(2)auじぶん銀行
(3)クレジットカード
(4)au PAYチャージカード
(5)Pontaポイント
(6)現金

au PAYを使って支払いをすると、税込み200円ごとに1Pontaポイントが貯まっていきます。この、貯まったポイントをチャージして使えるというのがポイントです。また、現金でチャージすれば使いすぎてしまう心配もないので、クレジットカードに抵抗がある人にもオススメです。

ポイント還元率は0.5%なのでクレジットカードと比較すると高いとはいえませんが、ポイントアップ店で利用すると2倍3倍のポイントがつきます。例えばセブンイレブンでは200円ごとに2Pontaポイントが貯まります。

《ポイントアップ店一例》
・セブンイレブン
・イトーヨーカドー
・ココス
・ドミノピザ
・紀伊国屋書店
・TOHO CINEMAS
・BIG ECHO
・出光

参考:主なポイントアップ店

Amazonでau PAYを使うことによる3つのメリット

ここでは、Amazonでの支払いにau PAY プリペイドカードを使うとどんなメリットがあるのかを解説していきます。

ポイントの交換最低額が低いから使い切りやすい

Pontaポイントをプリペイドカードにチャージして使う場合、1Pontaポイント=1円として、100円単位でチャージ可能です。ニ桁の端数は残ってしまいますが、換金するときの最低額が小さいというのは大きなメリットといえます。「換金に必要な額が貯まっていないから、使い道がない」という事態も起こりにくいです。

ポイントが貯まりやすい

au PAYは200円ごとに1ポイント貯まります。0.5%のポイント還元率です。Amazonで頻繁に買い物する人であれば簡単にポイントが貯まるので、貯まったポイントをチャージして、また買い物に使うということが延々とできてしまいます。

ポイント最大三重取りが可能

au PAYプリペイドカードを使うことで、ポイント最大三重取りが可能になります。

まずお手持ちのクレジットカードを使って、au PAYプリペイドカードにチャージをすることで、クレジットカードのポイントが貯まります。

そしてチャージしたau PAYプリペイドカードを使ってAmazonで買い物をすることで、Pontaポイントも貯まります。クレジットカードの還元率が1%だった場合、

①クレジットカードでau PAYプリペイドカードにチャージ→1%ポイント獲得

②au PAYプリペイドカードでAmazon商品購入→0.5%ポイント獲得

合計1.5%ポイント獲得

このようにクレジットカードとau PAYプリペイドの2つのポイントを獲得することができます。

ただしau PAYプリペイドカードにチャージできないクレジットカードもありますので、前もって確認しておきましょう。

またAmazonプライム会員の方はチャージタイプのAmazonギフト券をクレジットカードで5,000円以上購入すると、Amazonポイントが付与されるというキャンペーンが適用されます。(キャンペーン期間2022年12月31日まで)

そのためクレジットカードでチャージしたau PAYプリペイドカードでAmazonギフト券を購入することで、三重のポイントを獲得することができます。

①クレジットカードでau PAYプリペイドカードにチャージ→1%ポイント獲得

②au PAYプリペイドカードでAmazonギフト券購入→0.5%ポイント獲得

③キャンペーン期間中にクレジットカードで、チャージタイプのAmazonギフト券を購入→0.5%ポイント獲得

合計2%ポイント獲得

余ったチャージ残高を完全に使い切ることが可能

auを解約するときなど、au PAYプリペイドカードの残高を使い切りたい場合にオススメなのが、Amazonギフト券を購入することです。Amazonギフト券は、最低額15円から販売されていて、1円単位で任意の金額設定を行なうことができます。au PAY残高と同額のAmazonギフト券を購入することで、1円も無駄にせず使い切ることが可能なのです。

au PAYの利用手続き

Amazonでau PAY支払いを利用したい場合、まずau PAY プリペイドカードの利用申込みをする必要があります。ここでは、au PAY プリペイドカードの利用手続き手順、カードを受け取ったあとのチャージ方法を解説します。

au PAY プリペイドカードの申込手順

au PAY プリペイドカードは、au PAYサイト・au PAYアプリ・auショップ・au取扱店のいずれかの受付窓口で申し込みを行うことで発行可能です。auショップ・au取扱店での申し込みは、新規契約時もしくは機種変更申込時に限られる点に注意してください。

ここでは、au PAY プリペイドカードサイトでの申込方法を解説します。「au PAY プリペイドカード」で検索をかけてサイトに入ったら「au PAY プリペイドカードのお申し込みはこちら」を選択してください。

《申し込み手順》
(1)お客様情報を入力

氏名入力、プリペイド送付先の選択を行います。プリペイド送付先は、KDDI回線の契約住所もしくは請求書送付先住所から選択が可能です。

(2)入力内容の確認

入力した情報が間違っていないかを確認し、利用規約を確認します。利用規約に問題がなければ、「利用規約に同意する」にチェックを入れ、「申し込む」を選択すれば完了です。申し込みから1週間程度でプリペイドカードが届くので、受取を済ませたら再度au PAYサイトにいき、利用開始手続きを済ませます。

《利用開始手続きの手順》
(1)au PAYサイトにアクセスし、auIDでログインする

(2)ようこそau WALLETへ「ご利用開始はこちら」のボタンをクリック

(3)「これでお手続きが完了です」と表示されれば、手続き完了

ここまでの手順を踏むことで、プリペイドカードが利用できる状態になり、チャージが可能になります。

au PAY プリペイドカードへのチャージ方法

au PAY プリペイドカードへはさまざまな方法でチャージが可能です。はじめに、アプリもしくはサイトのトップ画面にある「チャージ」ボタンを押してください。

チャージ画面が表示され、数あるチャージ方法の中から任意のものを選ぶことができます。

《さまざまなチャージ方法》
(1)auかんたん決済

月々の携帯代金と合算して支払いできる方法です。年齢や回線契約月数により利用上限額が異なりますが、現金やクレジットカードを用意することなく支払える大変便利なチャージ方法です。

(2)auじぶん銀行

auじぶん銀行を開設していれば、auじぶん銀行口座からの入金も可能です。新たに開設したauじぶん銀行からのチャージで、チャージ額の5%ポイント還元というキャンペーンも行われているので、チェックしてみてください。

(3)クレジットカード

・au PAY カード
・Mastercard®のマークが付いたクレジットカード
・VISAマークが付いたクレジットカード
au PAY カード、クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)、UCカード、MUFGカード、DCカード、NICOSカード、TS CUBICカード、エポスカード、楽天カード、Viewカードに限る
・JCBマークが付いたクレジットカード
クレディセゾンが発行したカード(セゾンカード等)またはTS CUBICカード、楽天カード、Viewカードに限る
・アメリカン・エキスプレスマークが付いたクレジットカード

からのチャージが可能です。最初はカード情報の入力が必須ですが、一度登録したカードは次回からクレジット払いを選択するだけで利用できるようになります。クレジットカードからプリペイドカードにチャージして使うのは二度手間に感じるかもしれませんが、「同時にクレジットカードのポイントも貯まる」ことが最大のメリットです。還元率1%のクレジットカードだとすれば、au PAYの還元率と合わせて、1.5%のポイント還元を受けることができます。

(4)Pontaポイント・auポイント

Pontaポイントは1ポイント=1円、auポイントは1.2ポイント=1円としてチャージ可能です。最低交換額は100ポイントと低く設定されていますので、こまめにチャージしておくと良いでしょう。買い物でポイントを貯める、貯まったポイントをチャージしてまた買い物をするというサイクルが回せます。

《現金でのチャージ方法》

セブン銀行ATM・ローソン・auショップ内のau SaKuTTOを使えば、現金でのチャージも可能です。それぞれチャージ単位が異なりますので、よく確認して行いましょう。

セブン銀行最低チャージ金額1000円、以降1000円単位で最大500000円までチャージ可能
ローソン最低チャージ金額1000円、以降1円単位で45000円までチャージ可能
ローソン銀行最低チャージ金額1000円、以降1000円単位で最大500000円までチャージ可能
au SaKuTTO1000円・2000円・3000円・5000円・10000円・20000円・25000円・45000円のいずれか

au PAY プリペイドカードへのチャージ方法(PC版)

1.au WALLETの公式サイトでログインをしましょう。今回はWALLETポイントをau WALLETにチャージします。

2.次に「ポイントチャージ」を選択します。

3.チャージ額(今回は100円分のポイントをチャージします)を入力して、「チャージする」を選択します。1ポイント1円に変換できます。

4.内容を確認したら「チャージする」を選択してチャージ完了です。

トップページを確認するとチャージされているのが分かります。残高が500円から600円に増えているのが分かります。

Amazonでau PAYを使えるようにする手順

Amazonでau PAYを使うときは、事前にクレジットカードとして登録しておく必要があります。ここでは、au PAY プリペイドカードを使えるようにするための手順を説明していきます。

au PAY プリペイドカードを登録する手順

(1)Amazonアカウントにログインする

(2)右上の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択

(3)お支払い方法「お客様の支払い方法」を選択

(4)新しいお支払い方法を追加の「クレジットまたはデビットカードを追加」を選択

(5)au PAY プリペイドカードの情報を入力

これで設定完了です。

au PAY残高をAmazonギフト券に交換する手順

Amazonでの支払いにau PAY プリペイドカードを使う場合、一度Amazonギフト券に交換するのがオススメです。ここでは、ギフト券への交換を勧める理由、ギフト券に交換する手順を紹介します。

なぜAmazonギフト券に交換することを勧めるのか?

Amazonでの支払い方法では、併用できるものとできないものが存在します。

《併用できる支払い方法》
・Amazonギフト券とクレジットカード
・Amazonギフト券と携帯決済

《併用できない支払い方法》
・au PAY プリペイドカードとクレジットカード

au PAY プリペイドカードは、残高以上の買い物に使うことができません。欲しい商品が1100円・PAY残高が1000円だった場合、au PAYで1000円払い、残りを別のクレジットカードで払うという手段がとれないのです。

そこで、au PAY残高をAmazonギフト券に交換します。この作業によって、au PAY残高をゼロにして、商品代金に関わらず好きな商品を購入することができます。

スマホでAmazonギフト券を購入する手順

1.Amazonアプリの画面右下の「三」→「ギフト券・ギフトアイデア」→「Amazonギフト券」を選択する。

2.チャージタイプを選択する。(タイプは複数ありますがすぐにチャージできる「チャージタイプ」がおススメです。)

3.購入する金額を選択もしくは入力して「今すぐ購入」を選択する。今回は100円をチャージします。

4.「新しいお支払い方法を追加」→au PAYプリペイドカードの名義人・カード番号・有効期限を記入する。

※au PAYプリペイドカードは「MasterCard」として登録されます。

以下の黄色い枠線の中の情報を記載しましょう。

5.登録したau PAYプリペイドカード(MasterCard)を選択後、「注文を確定する」を選択する。

au PAY残高をAmazonギフト券に交換する手順

《チャージタイプの購入手順》
チャージタイプとは、自分のAmazonギフト券残高に直接チャージして使えるタイプのギフト券です。1円単位のチャージが可能で、支払い完了時に自動的にアカウントと紐付けられます。
(1)Amazonアカウントにログイン
(2)検索窓左側にある「すべて↓」をクリック

(3)「ギフト券」を選択し、虫めがねマークをクリック

(4)チャージタイプを選択

(5)1円単位で金額を入力の欄に、au PAY残高の金額を入力

(6)ご登録のクレジットカードの中から、au PAY プリペイドカードを選択

《Eメールタイプの購入手順》
チャージタイプと異なり、他人にも送れるタイプのギフト券です。注文時、受取人欄に記載したメールアドレス宛に送られるので、アドレスの入力間違いには十分注意してください。
(1)Amazonアカウントにログイン
(2)検索窓左側にある「すべて↓」をクリック
(3)「ギフト券」を選択し、虫めがねマークをクリック
(4)Eメールタイプを選択

(5)好みのデザインタイプを選択

下記にある購入選択画面でもデザインの選択が可能です。

(6)金額を入力の欄に、au PAY残高の金額を入力
(7)配送に「Eメール」、受取人に「送りたい人のメールアドレス」、送信日に「すぐ送信する」を入力

(8)カードに入れて支払い方法へ進み、ご登録のクレジットカードの中からau PAY プリペイドカードを選択
(9)受け取ったAmazonギフト券コードをアカウントに入力

Amazonギフト券の使い方

交換したAmazonギフト券は、Amazonギフト券で購入可能な商品を注文した際に、自動的に適用されます。特に手続きは必要ありませんので、通常通り買い物をしてください。反対に、Amazonギフト券残高を使わずに買い物したい場合には、お支払い方法選択画面で「Amazonギフト券、Amazonショッピングカード、クーポン」の横にあるチェックを外す必要があります。

《Amazonギフト券残高の確認方法》
(1)Amazonアカウントにログイン
(2)右上の「アカウント&リスト」から「アカウントサービス」を選択

(3)Amazonギフト券「残高の確認・ギフト券の登録」を選択

au PAY残高が減っていることを確認

Eメールタイプの場合は画像のようなメールが送られてくるので、Amazonアカウントにログインしてコードを入力し、チャージしましょう。チャージタイプの場合は自動的にアカウントに登録されるため、この手順は必要ありません。

Amazonアカウントにチャージされていることを確認したら、あわせてau PAYの残高がなくなっているかどうかも確認しましょう。残高はau PAYサイトで確認できます。

Amazonでau PAY プリペイドカード支払いをするときの注意点5つ

ここでは、Amazonでau PAY プリペイドカードを使用する際に注意するべき点を5つ紹介します。

クレジットカードとの併用不可

au PAY プリペイドカードは、プリペイドカードでありながらクレジットカード登録して使う特殊な立ち位置のカードです。Amazonでは、支払いに複数のクレジットカードを選択することはできない決まりになっているため、「au PAY残高を使い切って、残りを別のクレジットカードで支払う」という手段がとれません。

コンビニで売っているAmazonギフト券はau PAYで購入できない

Amazonギフト券はコンビニでも販売されています。しかし、コンビニでAmazonギフト券を購入するときには現金払いを求められるので、au PAY プリペイドカードで支払うことができません

Amazonギフト券の有効期限切れに注意

Eメールタイプ、チャージタイプに関わらず、Amazonギフト券の有効期限は10年です。au PAYからAmazonギフト券に交換したものの、使う機会を逃して有効期限切れ、という事態に陥らないよう注意してください。

au PAYの残高不足に注意

au PAYプリペイドカードは、事前にチャージして使うカードです。残高という概念がないクレジットカードとは別物として考える必要があります。

残高不足で購入金額の引き落としが行えなかった場合、注文がキャンセルされる可能性がありますので注意しましょう。残高不足が心配な人は、auかんたん決済やじぶん銀行との紐付けでオートチャージ機能を付与しておくことをオススメします。

決済後au PAYプリペイドカードへの反映にはタイムラグがある

実店舗などでau PAYプリペイドカードで決済した場合はすぐに残高に反映されますが、Amazonなどのネットで決済した場合、残高に反映されるまでに時間がかかります。

反映される時間の目安としてはAmazonのデジタル商品は5分程度、そのほかのAmazon商品は数十分〜数時間かかります。

またAmazonの予約商品を注文する時は、注文時ではなく発送時に残高に反映されるので注意が必要です。発送時に残高不足の場合はメールで連絡がきますので、チャージをするか他の支払い方法を設定しましょう。

そして商品の返品や購入取消しをした場合、返金までに1週間〜10日(最大45日)かかりますので、こちらも気をつけましょう。

まとめ

au PAYはポイント還元率こそ低いものの、使用できるシーンも多く、クレジットカードでのチャージでダブルでポイントが貯まっていくお得なカードです。有効活用できる手段を知り、効果的に活用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次