物販

Amazonでおトクに使えるクレジットカードはどれか?比較評価して徹底検証!

この記事では、Amazonでおトクに使えるクレジットカードについて、いくつかのカードを比較しつつ解説しています。クレジットカードにも色々ありますが、「Amazonで使う」上で有利なカードをご紹介しますので、Amazonをよく使う人は、是非参考にしてください。

Amazonでの買い物に有利「Amazon Mastercard クラシック」

Amazon Mastercardは、amazon.co.jpが三井住友カード株式会社と提携して発行しているクレジットカードです。2種類あって、「クラシック」は条件達成で年会費が無料になるタイプです。

年会費が無料になる条件は、まず初年度は無条件に無料です。2年目以降は、年会費1,375円(税込)ですが、前年度に1回以上利用すれば、翌年度の年会費が無料になります。つまり、Amazonを定期的に利用する人なら、実質年会費無料で入会できるクレジットカードです。

Amazonを利用した際の高いポイント還元率が魅力

Amazon Mastercard クラシックは、Amazon以外で使用した場合の還元率は1%です。これも決して低い数字ではありませんが、特筆すべきなのはAmazonの買い物で使用した場合で、通常会員でも1.5%の還元率、プライム会員なら2%の高還元率になります。

この場合のプライム会員には、無料体験中の人も含まれ、プライム家族会員、Prime Student会員、Amazonファミリー会員も含まれます。

ポイントの還元はAmazonポイントで

Amazon Mastercardのポイント還元は、Amazonポイントで行われます。Amazonポイントは、amazon.co.jp以外では使えませんが、Amazonで使う場合は、1ポイント1円で、1ポイントから使えます。Amazonをよく利用する人なら、使い勝手のいいポイントです。

なお、Amazonポイントの有効期限は、Amazonでの最終購入日または最終ポイント獲得日から1年間ですが、期限内にAmazonで注文するかAmazonポイントを獲得すれば、その時点から1年間に延長されるので、定期的にAmazonを利用する人であれば、期限切れを心配する必要はありません。

3分程度で審査が完了する「即時審査サービス」

Amazon Mastercardの入会申し込みにあたっては、「即時審査サービス」を利用することができます。以下に挙げる条件を満たす必要がありますが、3分程度で審査が完了し、すぐにAmazon Mastercardの利用を始められます。即時審査サービスの利用条件は、9時から19時の間の申し込みであること、満20歳以上であること、指定金融機関の口座を利用代金の支払い口座に指定することです。

これらを満たした場合、登録日の翌々月の末日まで有効なテンポラリーカードの番号が発番されます。上限30,000円まで利用可能です。なお、テンポラリーカードは、番号のみが発番され、プラスチック製のカードは発行されません。

Amazon Mastercard クラシックの不利な点

Amazon Mastercard クラシックは、Amazonでの買い物には便利ですが、逆に言うと、Amazonでの買い物以外のメリットがほとんどありません。例えば、旅行傷害保険や、空港ラウンジサービスといったものは付帯しません。これらの付帯サービスも利用したい場合は、次にご紹介する「Amazon Mastercard ゴールド」の利用を検討してください。

ワンランク上のAmazon Mastercard ゴールド

Amazon Mastercard ゴールドも、amazon.co.jpが三井住友カード株式会社と提携して発行しているクレジットカードです。Amazon Mastercard クラシックよりもグレードが高いカードで、年会費も有料になります。

Amazon以外で買い物に使った場合のポイント還元率は1%で、クラシックとの差はありませんが、以下でご説明するように、Amazonがクラシックよりも更におトクに使えます。また、海外・国内旅行の傷害保険、空港ラウンジが無料で利用できるといった特典も付きます。

Amazonプライム特典が追加負担なしで使い放題

Amazon Mastercard ゴールドに入会すると、Amazonプライムの特典が利用できます。プライム特典には、お急ぎ便などのAmazonの配送サービスが無料になる、Prime Videoの映像作品が視聴できる、雑誌や小説、漫画などがPrime Readingで閲覧できる、Prime Musicで200万曲が聞き放題など、様々なものがあります。

Amazonプライムの会費は、月500円、年間プランなら年4,900円です。Amazon Mastercard ゴールドの年会費は11,000円ですが、プライム特典を利用する人なら、実質6,100円の年会費ということになります。なお、後でご説明しますが、Amazon Mastercard ゴールドの年会費は割引を受けることも可能で、割引の適用条件を満たした場合は、年会費は実質ゼロ円以下にもできます。

Amazonポイントの還元率が更に高くなる

Amazon Mastercard ゴールドには、Amazon利用時のAmazonポイントの還元率がクラシック以上に高くなるというメリットもあります。クラシックの場合、プライム会員の場合であっても還元率は2%でしたが、ゴールドの場合は、2.5%です。なかなか見かけないくらいの高い還元率です。クラシックの場合と同様、Amazonポイントでの還元で、他のサイト・サービスではポイントが利用できないというデメリットはありますが、Amazonを頻繁に利用する人であれば、この点は欠点にはならないはずです。

高いポイント還元率が魅力「JCB CARD W」

次にご紹介するAmazonでおトクに利用できるクレジットカードは、「JCB CARD W」です。年会費無料で、高いポイント還元率が特徴のカードになっています。

貯まったポイントがAmazon以外でも使えるのが、Amazon Mastercardとの大きな違いです。

Amazonを利用することで、おトクなキャンペーンも

AmazonのユーザーがJCB CARD Wを利用することで受けることができる恩恵の一つが、おトクなキャンペーンが実施されていることです。この記事を執筆している時点で実施されているのは、2020年3月31日までのキャンペーンですが、キャンペーンは随時行われているので、タイミングがあえば、キャンペーン時の入会がおトクです。

現在行われているキャンペーンでは、Amazon利用でポイントがもれなく10倍になります。10倍のポイントの内訳は、通常のポイント1倍、JCB CARD Wを利用することによる1倍、新規入会キャンペーンで2倍、AmazonがJCBの優待店であることによる1倍、Amazon利用のキャンペーンによる5倍です。これらを合計して、ポイント10倍の計算になります。

なお、この後ご説明するように、Oki Dokiランドを経由した場合、更に1倍されて、合計11倍のポイントになります。

Oki Dkiランドを経由すれば、常時ポイント3倍

JCB CARD WをAmazonで利用する際には、Oki Dokiランドを経由することでポイントを3倍にすることができます。Oki Dokiランドというのは、JCBが運営するポイント優待サイトです。

参考:Oki Dokiランド

通常の1倍に、Oki Dokiランド利用分の1倍と、MyJチェック登録分の1倍分が足されて3倍になります。なお、MyJチェックに関しては、JCB CARD Wに入会する際に登録されているので、改めて手続をする必要はありません。

詳細については、以下のURLのJCB ORIGINAL SERIESのホームページを参照してください。

参考:JCB ORIGINAL SERIES

Oki Dokiポイントは、Amazonでも利用可能

JCBカードで貯まるポイントは、Oki Dokiポイントです。このOki Dokiポイントは、「パートナーポイントプログラム」を使うと、直接Amazonで使用することができます。

参考:パートナーポイントプログラム

一度登録を済ませてしまえば、後は1ポイント3.5円分として、Oki DokiポイントがAmazonの支払いに利用できるようになります。

直接Amazonでポイントを使えるので、クレジットカードで貯まったポイントを手軽に利用したい人には便利です。

JCB CARD Wの不利な点

JCB CARD Wの欠点は、一つは、申し込み対象年齢が限られていることです。18歳以上39歳以下であることが条件となっています。本人または配偶者に安定継続収入があることも必要です。高校生は除かれますが、学生の方でも申し込めます。

もう一つは、カードのブランドがJCBであることから生じる欠点で、海外では使えない店舗がやや多いということがあります。国内では強いJCBですが、海外で使用する場合は、MastercardやVISAよりも不便に感じる場合があります。海外で使う機会が多い人なら、Amazon Mastercardの方が便利かもしれません。

常に1%以上の高還元率「Orico Card THE POINT」

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)も高い還元率を売りにしているクレジットカードです。Orico Card THE POINTは、年会費永年無料です。更にサービスが充実して、年会費が1986円(税込)のOrico Card THE POINT PREMIUM GOLDもあります。

Orico Mall(オリコモール)を経由すると、更にポイントアップ

Orico Card THE POINTのポイント還元率は、通常1%です。オリコモールを使用した場合、オリコモール利用分として0.5%アップ、さらにOrico Card THE POINTの特別加算で、合計2%になります。PREMIUM GOLDの場合は、特別加算1%で、合計2.5%の高還元率です。

参考:オリコモールのamazon.co.jpのページ

Orico Card THE POINTの場合は、年会費無料で高還元率。PREMIUM GOLDの場合は、年会費はかかりますが小額ですから、Amazonで頻繁に買い物する人や、高額商品を買う人は、すぐに取り戻せます。

入会から6ヶ月間は、更におトク

Orico Card THE POINTは、入会後6ヶ月間については、ポイント還元率が2%にアップします。これは、PREMIUM GOLDも同じ比率です。

Amazonをオリコモール経由で利用した場合は、合計3%のポイントが還元されます。PREMIUM GOLDの場合は、合計3.5%です。

かなりの高還元率になるので、高額商品を購入する前にOrico Card THE POINTに入会すると有利です。ただし、入会後6ヶ月の特別加算には、5,000ポイントの上限があります。

Amazonで使用できるのは、500ポイント単位

Orico Card THE POINTで貯まるのはオリコポイントです。オリコポイントをAmazonで使いたい場合は、Amazonギフト券に交換することになります。

電子ギフト券との交換が可能で、交換できるのは500円分か2,000円分、それぞれ500オリコポイント、2,000オリコポイントで交換できます。ポイント交換後、即時使用可能なので便利ですが、500ポイント単位でしか交換できない欠点はあります。

オリコポイントの有効期限は12ヶ月

オリコポイントの有効期限は、ポイント加算月を含めて12ヵ月後の月末までです。この期限が過ぎれば失効で、Amazonポイントにあったような、新たにポイントを取得すると、それまでに保持していた分も含めて有効期限が延長されるといった制度にはなっていません。獲得したポイントは、約1年以内には使用するように気をつけましょう。

結論 Amazonで使用しておトクなクレジットカードはコレ!

ここまでにご紹介したクレジットカードの中で、Amazonで使用することを前提にした場合、一番おトクなカードはどれなのでしょうか。

ポイント重視なら、Amazon Mastercardゴールド

ポイント還元率を重視するなら、Amazon Mastercardゴールドがオススメです。Orico Card THE POINTも、特に入会から6ヶ月間はかなりの還元率ですが、常時2.5%の高還元率なのがAmazon Mastercardゴールドの魅力です。

年会費は、11,000円かかりますが、これは割引になる制度もあります。まず、カードの申し込み時に「マイ・ペイすリボ」を選択すると、5,500円が割引になります。更に、WEB明細書割引も受ければ、1,100円が割り引かれます。つまり、合計6,600円が割引になり、最終的に支払う年会費は4,400円で済みます。

上記の割引の適用条件の詳細については、以下のURLをご確認ください。

参考:Amazon Mastercard(三井住友カード)

この記事でも書いたように、Amazon Mastercardゴールドの会員は、Amazonプライムの特典が無料で利用できるので、プライムの年会費4,900円がかからないことになります。したがって、割引の適用を受けた場合、実質年会費はゼロ円以下ということになります。プライム特典を利用することを前提にすると、Amazon Mastercardゴールドは非常におトクです。

その他のカードがオススメな場合

上記は、プライム特典を利用することが前提なので、プライム特典が必要ない場合は、他のカードを選択する余地もあります。

例えば、Prime Videoなどには興味がないが、買い物はAmazonが主体という人は、Amazon Mastercardクラシックがいいでしょう。継続して使っている限り、実質年会費は無料で、Amazonポイントが高還元率でもらえます。Amazonポイントは、ギフト券などに交換しなくても、そのままAmazonで使えるというメリットもあります。

Orico Card THE POINTは還元率が高いことが魅力です。Amazonギフト券以外のギフト券に交換すれば、Amazon以外のサイトでも貯まったポイントが使えます。Amazon以外でもポイントを使いたい人、一度ギフト券に交換する手間が面倒ではない人にオススメです。

一方、JCB CARD Wには、貯まったOki DokiポイントがAmazonで直接使えるというメリットがあります。Orico Card THE POINTと同様、貯まったポイントは他のサイトでも使えます。

Amazon Mastercardゴールドに入会したら、最低でも3年間は利用すべし

この記事の最後は、プライム特典を利用することを前提に、Amazon MastercardゴールドとAmazon Mastercard クラシックのどちらが得かを比較してみましょう。もっとも、ポイントの還元率が違うので、単純な比較はできませんが、年会費の面だけに絞って比較してみます。

まず、Amazon Mastercardゴールドの年会費は、「マイ・ペイすリボ」の割引を受けた場合、初年度は5,500円です。WEB明細書割引は、条件を満たすと翌年から適用になるので、初年度は割引になりません。2年目以降は、年会費4,400円にまで下げられます。

一方、Amazon Mastercard クラシックは、実質年会費無料ですが、Amazonプライムの年会費が4,900円かかります。

つまり、初年度は、5,500円対4,900円です。クラシックの方がおトクです。2年目は、累計で9,900円対9,800円です。まだ、クラシックの方がおトクです。そして、3年目は14,300円対14,700円になります。ここでゴールドが逆転します。

以降は、クラシックとゴールドの差は開いていく一方です。以上から、年会費の点については、3年以上使うなら、Amazon Mastercard ゴールドの方がおトクという結果になります。逆に言えば、Amazon Mastercard ゴールドに入会した場合、少なくとも3年は使わないと損をするということになります。

まとめ

Amazonで使う際におトクなクレジットカードについて解説してきました。結論としては、プラム特典を利用する人で、年会費の割引条件を見たせる人には、Amazon Mastercard ゴールドをオススメします。

ただ、上記の条件を満たさない人の場合には、おトクなカードは変わってきます。また、今回は、Amazonで使うことを前提にしていますが、他のショッピングサイトとAmazonでカードを使い分ける方法もあります。最終的には、その人の生活スタイルに合ったカードが一番良いということになるので、この記事を参考に、自分にとって一番おトクなカードはどれなのか考えてみてください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!