物販

アマゾン輸入転売の特徴と儲かる商品のリサーチ方法

海外製品は価格が安いため、輸入転売は利益率の高いビジネスと言えます。ただ、海外のECサイトは日本語に対応していないことが多いため、英語が全くできない人は最初は手間取ります。

でも安心してください。アメリカのAmazon.comであれば、サイトのデザインやレイアウトが日本のAmazonと同じであるため、英語が全くできない人でも普通に利用できます。

今回は、Amazon輸入転売のコツを解説します。

Amazon輸入転売とは?

Amazon輸入転売とは、アメリカのAmazon.comで輸入した商品を日本のAmazon.co.jpで転売することを指します。

Amazonで仕入れてAmazonで売る

同じ商品でもアメリカのAmazonと日本のAmazonとでは相場が違うので、前者で安く販売されているものを買い、後者で転売すれば立派にビジネスとして成立します。

Amazon輸入転売のメリット

Amazonを使った輸入転売には、他のプラットフォームにはないメリットが2つあります。

FBAがある

最大の魅力はFBAがあることです。FBA(fulfillment by Amazon)とは、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれるサービスのことです。FBAを利用すると作業を効率化できるだけでなく、購入率も上がります。

輸入代行業者を利用すれば、アメリカから日本のAmazonのFBA倉庫に直送してもらうこともできます。

使いやすい

2つ目のメリットは、アメリカのAmazon.comがとにかく使いやすいことです。

参考:Amazon.com

サイトを見てもらえれば分かりますが、日本と全く同じレイアウトです。ボタンなども同じデザインなので、ページを翻訳さえすれば日本のAmazonと同じ感覚で仕入れが可能です。

Amazon輸入転売のデメリット

しかし、Amazon輸入転売も良いことばかりではありません。主なデメリットを3つ紹介します。

日本に発送してくれるとは限らない

アメリカのAmazonには、日本への発送に対応していない商品もあります。日本に発送可能な商品は、検索結果のページで見分けがつきます。値段の上に「Shipiping to Japan」と表記されているものが、日本への発送が可能な商品です。

逆に言うと、「Shipiping to Japan」の表記がない商品は日本への発送に対応していません。

また、日本への発送に対応していない商品は、商品ページの右側に「This item does not ship to Japan. Please check other sellers who may ship internationally」というメッセージが表示されています。

日本に発送してくれない商品をどうしても仕入れたい場合は、輸入代行業者を利用する必要があります。

FBA手数料がかかる

FBAを利用する場合、通常の販売手数料に加えて配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。2019年7月時点での具体的な手数料については以下のリンク先を参照して下さい。

参考:Amazon出品サービス

関税がかかる

関税とは、安い海外製品が売れて国内製品が売れなくなることを防ぐために設定された「輸入品にかけられる税金」のことです。

Amazon.com(アメリカ版Amazon)に出品されている商品はアメリカから発送されるものがほとんどなので、これを日本まで送ってもらうとなると当然関税がかかります。

関税は、輸入した商品代金と送料・保険料の合計額に対して課されます。関税の計算方法は以下のとおりです。

関税=(商品代金+送料+保険料)×関税率

関税率は品目ごとに異なり、毎月更新されています。詳細は税関のホームページで確認してください。

参考:輸入統計品目表(実行関税率表)

ただし、商売目的ではなく個人使用目的で輸入(個人輸入)する場合は、商品代金の60%が課税価格(関税をかける対象となる金額のこと)となります。そのため、関税の計算式は以下のようになります。

関税=(商品代金×0.6)×関税率

また、個人輸入の場合は、課税価格が1万円以下なら、基本的に関税はかかりません。つまり、商品代金が16,666円以下の場合は免税となるのです。

しかし、1つの商品の課税価格が1万円以下でも、同梱された商品の合計課税価格が1万円を超える場合は例外です。例えば、課税価格が9,000円の商品を単品で輸入した場合は関税はかかりませんが、5,000円の商品を4つ購入してまとめて梱包・発送してもらった場合は、同梱商品の合計課税価格が1万円を超えるため、関税がかかります。複数の商品をまとめて配送してもらえば送料は安くなりますが、場合によっては関税がかかるので注意してください。

Amazon輸入転売のリサーチ方法

転売は商品が売れなければ赤字になります。そのため、事前のリサーチが非常に重要です。

Amazon輸入転売のリサーチ

リサーチの大まかな流れは以下の通りです。

1.Amazon.co.jp(日本版Amazon)で人気商品調査
2.Amazon.com(アメリカ版Amazon)で仕入れ値調査
3.損益計算をして儲かる商品を選定

Amazon(日本)人気ランキング

まずは、日本のAmazonランキングで需要のある商品を確認しましょう。Amazonではカテゴリごとに売れ筋ランキングがまとめられているので、こちらをチェックしてください。

参考:Amazon売れ筋ランキング

ただし、人気のある商品=売れる商品ではありません。需要が大きくても、その商品を取り扱っているライバルが多いようでは売れません。したがって、人気商品を把握したら、次は市場調査をする必要があります。

Amazon(日本)の市場調査

Amazon(日本)の市場調査にはモノレートを使います。

参考:モノレート

使い方は簡単です。モノレートのホームページを開いて、一番上の入力フォームに商品名、もしくはASINかJANコードを入力して検索してください。

そして、検索結果から該当商品を探してクリックしてください。

すると、以下のように3つのグラフが表示されます。

一番上のグラフは最安値です。出品するときの価格設定の参考になります。最安値で仕入れて最高値で売るのが理想です。

二段目は出品者数のグラフです。

出品者数が多いほど売れにくい傾向にありますが、出品者数=ライバル数とは限りません。Amazonで実際にその商品の出品商品を見たときに、全員が最安値で出品していた場合は出品者全員がライバルとなりますが、価格差が大きい場合は、上位5人までがライバルです。

三段目はAmazonにおけるその商品の人気ランキングです。山になっている時期がよく売れた時期です。

グラフの統計期間はグラフ右上の「3ヶ月」「6ヶ月」「12ヶ月」「すべて」をクリックすることで変更できます。

また、左上の「すべて」「新品」「中古品」「コレクター」のタブで商品の状態を限定することもできます。

さらに、グラフの下までページをスクロールすると、日別にランキング順位・出品者数・最安値の変動を新品・中古品・コレクター品別に確認できます。

Amazon.com(アメリカ版Amazon)の調査

日本のAmazonで売れる商品が分かったら、アメリカのAmazonにおけるその商品の価格相場や、送料・関税などを調査しましょう。

損益計算

最後にFBA料金シミュレーターで利益計算をしましょう。

FBA料金シミュレーターとは、商品価格や仕入れ値、FBA倉庫への送料を入力するだけで、出品手数料やFBA利用にかかる手数料などを自動で計算してしてくれるツールです。損益率も算出してくれるため、ひと目で利益の出る商品かどうかの判別ができます。

まずは、FBA料金シミュレーターのページを開いてください。

参考:FBA料金シミュレーター

商品名やASINコードで検索して、商品を選択してください。

下に代金の入力フォームが表示されるので、「FBA発送の場合」の列にある商品代金・Amazonへの納品・商品原価を入力して、下の「計算」ボタンをクリックしてください。

すると、出品手数料・FBA手数料が自動計算され、純利益・利益率が表とグラフで表示されます。

Amazon FBA Calculator Widget

Google ChromeでFBA料金シミュレーターを使用する場合は、拡張機能「Amazon FBA Calculator Widget」を導入すると便利です。

参考:Amazon FBA Calculator Widget

Amazon FBA Calculator Widgetを導入すると、ブラウザ右上にニコちゃんマークのようなアイコンが表示されます。

その状態でAmazonの商品ページを開いて右上のアイコンをクリックしてください。すると、自動でFBA料金シミュレーターのページが開き、勝手に商品情報が入力されて計算結果が表示されます。

Amazon輸入転売におすすめの商品

Amazon輸入転売で狙い目の商品の特徴を5つ紹介します。

ランキング10000位以降

ランキング上位の商品はライバルが多いため、新規参入者は出品してもなかなか売れません。

それに対して、ランキング10000位以降の商品は上位ほど爆発的に売れませんが、安定して売れる商品が結構ありますし、ライバルも少ないのでおすすめです。

安く仕入れられるもの

転売はいかに安く仕入れるかが利益を左右します。

Amazon.comには日本の相場の半額以下で売られている商品も結構あるため、優先的に仕入れていきましょう。

規制に引っかからないもの

日本の輸入規制やAmazonの規約に引っかからない商品を扱っていきましょう。

特に輸入規制にひっかかってしまうと、税関で商品が没収されて赤字が確定してしまいます。

少しマイナーな商品

「アメリカではかなり有名だけど日本ではあまり知られていないメーカー」の商品は、今はそれほど売れませんが、今後爆発的に売れる可能性があります。ライバルが少ないうちに転売を始めて地盤を固めておきましょう。

なかなか見つからない商品

人気商品の関連商品など、深くリサーチしないと見つからない商品はライバルも少なく狙い目です。

Amazon輸入転売は儲かる

輸入転売は非常に利益率の高いビジネスです。Amazon.comなら日本のAmazonと同じ感覚で仕入れができるため、初心者でも簡単に稼げます。ぜひご利用ください。