海外輸入のせどりはブルーオーシャン!おすすめ仕入れ先7選

国内転売には多くのライバルがいます。

それでも探せば未開拓市場はありますが、一般的にはせどり初心者には稼ぎにくい市場ばかりです。

それに対して、海外輸入のせどりはライバルが比較的少ないため、初心者でも稼ぎやすくなっています。

今回は、海外輸入のせどりのコツと、おすすめの仕入れ先サイト・販売先サイトを全て解説します。この記事を読んで、ぜひ海外輸入せどりにチャレンジしてください。

目次

転売とは何か?仕組みや主な方法を解説!


そもそも転売とはなんなのでしょうか?ここでは転売の仕組みや種類について解説していきます。

転売を始める前に基本を見ていきましょう。

転売の仕組み

転売とは「商品を安く仕入れ利益をのせて高く売る」ビジネスです。基本的には物販ビジネスですが、主に問屋から安く商品を仕入れる小売とは違い、転売は利益の出る商品を小売店で探すのが主です。

さらに小売はある程度決まった問屋からしか仕入れませんが、転売では複数の場所で仕入れるので、幅広い商品を仕入れられ、様々な運営手法を試せます。

商品を仕入れる方法仕入先の数
小売問屋から卸価格で安く仕入れるある程度決まった問屋
転売小売店から安い商品を見つけてくる無数の小売店など

主な国内転売の方法

主な国内転売の方法は以下の2つです。

1.店舗せどり
2.電脳せどり

国内転売は転売初心者におすすめの方法です。比較的かんたんに取り組めるので1つずつ確認していきましょう。

①店舗せどり
店舗せどりは量販店やディスカウントストアなどの実店舗から商品を仕入れ転売する方法です。

大抵の商品はインターネット通販のほうが安いですが、実店舗だと思わぬ掘り出し物や特価商品が売られていることがあります。しかし、1店舗だけでは利益商品を見つけられないので何店舗も回る必要があり、その分手間や時間がかかります。

余談ですが、「せどり」とは本来、古書店で古本を仕入れ転売することを指していました。現在では古本に限らず転売全般を「せどり」と呼びます。

②電脳せどり
店舗せどりに対し、仕入れから販売までを全てインターネットで行う転売を電脳せどりと呼びます。ECサイトで見つけた商品をそのまま自分のネットショップで販売するので、在庫保管や店舗を回る手間がないのが特徴です。

ハードルが低い分、競争率が高く生き残りが難しいので、長期的に稼ぐのにはあまり向いていません。

主な海外転売の方法

海外転売の方法はこの2つです。

1.輸出転売
2.輸入転売

国内転売に比べて難しいですが、その分競争率が低いので本腰を入れて取り組む価値はあります。

①輸出転売
輸出転売とは国内の量販店やECサイトで仕入れた商品を海外で転売する方法です。海外のECサイトで販売すれば、国内にいながら輸出販売ができます。取引に英語は必須ですが、今は海外向け配送サービスが充実しているので思ったほど難しくありません。

国内ではさほど人気のない商品でも海外では高い需要がある場合も多いので、ターゲットをより広げられます。ある程度大きな利益を求めるなら輸出転売はおすすめの手法です。

③輸入転売
海外で商品を仕入れ国内で販売する方法もあります。昔なら海外に行って、エージェントと現地の言葉を使って交渉をしなければ輸入転売はできませんでしたが、今ではECサイトを使えば簡単に輸入転売ができます。

国内のECサイトで仕入れるよりも競合が少なく、利益商品も多いので国内転売の中でも利益を出しやすい転売です。

輸入転売の仕組み

輸入転売は自宅で完結する在宅ワークです。仕組みを簡単に説明します。

海外のECサイトで購入

まずは、海外のネットショップから転売する商品を仕入れます。

海外のサイトは外国語であることが多いですが、最低限の単語と使い方さえ覚えれば日本の楽天市場やAmazonと同じ感覚で使えるようになります。

日本のECサイトで販売

海外には日本で買えない商品が格安で販売されています。そのため、輸入した商品を日本のECサイトで転売すれば利益が出せるようになっています。

輸入転売のメリット

輸入転売は以下のような流れで進みます。

1.需要調査
2.国内外の市場調査(価格差の大きい商品を探す)
3.仕入れ
4.出品
5.注文発生
6.梱包・発送
7.代金受け取り

無在庫転売をする場合は、注文発生後に仕入れることになります。
おおまかな流れは国内転売と変わりません。

違うのは市場調査の規模です。
海外の市場調査(相場調査、仕入れ先の選定)が初心者には結構面倒くさいです。
そのため、輸入転売を敬遠する転売屋は多くいます。

しかし、これこそが大きなメリットなのです。

ライバルが少ない

手間や時間がかかるビジネスは、ライバルが極端に少なくなります。
そのため、輸入転売には初心者でも稼げる市場がたくさんあります。

輸入転売のデメリット

輸入転売にはデメリットも存在します。

  1. 納品までに時間がかかる
  2. 品質が良くない場合がある
  3. 国内で仕入れるよりもコストがかかる

1つずつ見ていきましょう。

納品までに時間がかかる

輸入転売ではどうしても納品までに時間がかかってしまいます。時間がかかる要因は様々です。例えば、通関の手続きや法律の規制で時間がかかることなどが考えられます。

輸入転売では時間は遅れるものという前提でビジネスの計画をしましょう。

品質が良くない場合がある

海外の製品は日本の製品と比べ品質が良くない場合が多いです。そのため検品が必要なので時間がかかってしまいます。不良品が納品された場合は返品をしなければならず、再納品された商品をまた検品しなければなりません。

商品の状態を確認するのはもちろん、不良品が納品されたときの取り決めもあらかじめしておきましょう。

国内で仕入れるよりもコストがかかる

商品を輸入すると、代金以外に様々なコストがかかります。送料は国内よりも高く、輸入消費税や関税等の税金も発生します。

場合によっては数千円、数万円と商品代金よりも付随コストがかかってしまうこともあるので、事前にコストがいくらかかるのかをきちんと調べておきましょう。

輸入転売では相場チェックが重要

輸入転売をするなら取り扱う商材の相場チェックは欠かせません。

価格比較サービス、おすすめはオークファン

参考:オークファン

相場を調べるのに非常に便利なサイトがオークファンです。
ヤフオク!、Amazon、eBay、モバオク、楽天など、国内外のサイトの販売価格を見ることができるので相場を知るのに必要不可欠です。

無料プランでも検索はできますが、検索可能サイト数が少ないので確実な相場を知りたいならプレミアム会員に登録しましょう。

おすすめの仕入れ先7選

輸入転売におすすめの仕入れ先サイト7選を紹介します。

1.Aliexpress
2.淘宝網(タオバオ)
3.アリババ
4.Qoo10
5.Amazon.com(アメリカ版Amazon)
6.eBay(アメリカ)
7.Wish(ウィッシュ)

1つずつ解説していきます。

Aliexpress

参考:Aliexpress

Aliexpressは中国のECサイトですが、中国国外のユーザーをターゲットにしています。日本語にも対応しており、日本のクレジットカードも利用可能です。また、日本まで直接発送してもらえます。格安の中国製品の仕入れに最適なサイトです。

淘宝網(タオバオ)

参考:淘宝網(タオバオ)

淘宝網は個人間取引中心のECサイトです。
日本でいうところのメルカリやヤフオクにあたります。
上記のAliexpressよりも品揃えが豊富で価格が安いのが特徴です。

しかし、サイトの表記が全て中国語で、日本へ直接発送してくれる出品者もほとんどいません。
そのため、淘宝網からの仕入れには輸入代行業者の利用が必須です。

アリババ

アリババは中国の企業間取引中心のECサイトです。
単品ではなくまとめて仕入れたい時におすすめです。

アリババには2種類のサイトがあります。

1つ目は、中国国内向けアリババ「阿里巴巴1688.com」です。表記はすべて中国語です。

1688.comには、中国の現地メーカー・工場が出品しているため、ほぼ卸売価格で購入できます。品揃えも豊富です。ただし、中国国内向けであるため、不良品が多いのも事実です。

2つ目は、全世界向けアリババ「Alibaba.com」です。サイト内の表記は英語になっています。

こちらは中国メーカーが海外輸出を目的に出品しており、価格は少し高めとなっています。
だからといって、品質が特別良いというわけでもなく、1688.comとほぼ変わりません。

個人輸入には、価格の安い1688.comがおすすめです。

Qoo10

参考:Qoo10

Qoo10はeBayJapanが運営するECサイトです。
サイトも日本語表記なので、ここなら日本のAmazonや楽天と同じ感覚で海外製品を購入できます。

Amazon.com(アメリカ版Amazon)

参考:Amazon.com

Amazonは元々アメリカ発のECサイトです。
本家のAmazon.comは日本のAmazonよりもさらに品揃えが豊富です。
サイトのレイアウト・デザイン・システムが日本のAmazonと変わらないため非常に使いやすいです。

eBay(アメリカ)

参考:eBay

eBayは世界最大級のオークションサイトで、その市場規模はヤフオクの10倍以上です。日本では買えない商品が多く出品されており、価格も日本より安くなっています。日本へ発送してくれる出品者も多いのでとても便利です。

Wish(ウィッシュ)

参考:Wish

Wish(ウィッシュ)はアメリカの企業が運営するECサイトです。出品しているのは中国の業者なので、格安で中国製品を仕入れられます。海外サイトですが日本語対応もしており、カスタマーサポートも日本語で行ってくれるので安心です。

セールも頻繁に開催されているので、より安く仕入れることができます。

輸入転売におすすめの販売先サイト

輸入品の転売におすすめのサイトを4つ紹介します。

Amazon(日本)

参考:Amazon

Amazonは新品・中古品両方の転売先として優れたサイトです。
利用者も多く、Amazonの月間利用者数はPC・スマホ合わせて5,000万人を超えています。
集客力は日本一と言えます。

また、FBA(fulfillment by amazon)を利用すれば、Amazonの物流拠点であるフルフィルメントセンター(FBA倉庫)に商品を事前に納品しておくことで、商品の管理・注文処理・配送・返品を全てAmazonが代行してくれます。

しかし、販売手数料が若干高いのがたまにキズです。

カテゴリによって異なりますが、8~15%に設定されています。また、販売手数料に加えて商品1点ごとに100円の基本成約料も徴収されます。
大口出品の場合は基本成約料がかからない代わりに、月額4,900円(税抜)の利用料が徴収されます。

ヤフオク

参考:ヤフオク

ヤフオクは中古品やアウトレット品の転売先におすすめです。

オークション形式であるため、

・非売品
・限定品
・賞品
・生産終了製品

などの希少価値の高い商品は、相場を大きく上回る価格で落札されます。
利用者の年齢層も幅広く、経済的に余裕がある入札者も多いため、高額なコレクター商品であっても比較的短期間で購入してもらえます。

ヤフオクでは商品価格の10%(税込)が落札手数料として徴収されますが、月額508円(税込)を払ってプレミアム会員に登録すれば8.8%(税込)で済みます。

ただし、ヤフオクは個人間取引のサイトであるため、いたずら目的で入札したり、落札後に一方的に取引をキャンセルする迷惑な入札者もいます。

メルカリ

参考:メルカリ

メルカリはノーブランドの中古品転売に適したサイトです。
20~30代の女性利用者が多いため、アパレル商品、ファッション雑貨、ベビー・キッズ用品などの需要が特に高くなっています。
アウトレット転売とは特に相性の良い市場と言えます。

ただ、メルカリにはフリマサイト特有の「値下げ交渉に応じるのが当たり前」という独自の文化があります。
そのため、値下げする前提での価格設定が必要です。また、送料を出品者側で負担しないと売れない傾向があります。

メルカリの販売手数料は10%です。

BUYMA

参考:BUYMA

BUYMAは海外ブランド品に特化した通販サイトです。
BUYMAでは無在庫転売が公式に認められています。

発送期限は注文発生から18日以内に設定されています。

ただし、BUYMA転売にはいくつか注意点があります。

・出品できる商品は新品のみ(中古品はNG)
・輸入が禁止、制限されている商品の出品はNG
・商品情報は詳細に書く
・注文から18日以内に発送できない場合は延長申請を行う
・発送前に必ず検品する
・買い付け禁止リストに入っているサイトから仕入れない

minne(ミンネ)

参考:minne

minneは国内最大級のハンドメイドマーケットです。プロアマ問わずハンドメイド作品を出品販売しています。

もちろんここで作品を購入して別サイトで転売という方法もありです。しかしminneの利用者や販売者は転売を極端に嫌うので通報されれば最悪の場合アカウント停止になってしまいます。

販売先として使うのであればアクセサリーパーツや布、糸などハンドメイドに使用する材料がおすすめです。
色々な商品を出品するよりも〇〇の専門店というように特定の商品だけを集めて認知度を上げていくことが売れるポイントです。

ネットショップを開設しよう!国内のECサイト3選

ECサイトなら自分だけの転売用ネットショップが開設できます。国内のECサイトの中から3つおすすめサイトを紹介します。

BASE(ベイス)

参考:BASE(ベイス)

開設数5年連続No1!のBASEの最大の魅力は無料で本格的なネットショップが簡単に開設できることです。
登録はもちろん、月額費用も無料なので固定費がかかりません。

・完全無料でオープンできる
・運営も簡単
・新機能追加も無料
・おしゃれなテンプレートが豊富

リスクなくおしゃれなネットショップを開設したいと考えている初心者さんにおすすめです。

STORES(ストアーズ)

参考:STORES

STORESを使えば気になる運用コストを抑えて低リスクでネットショップをオープンすることができます。

・手数料が安い(業界最低水準)
・Instagramとの販売連携で集客&売上アップ
・各種サポートが充実
・シンプルで洗練されたデザイン

Instagramからの集客はかなり強みになります。すでにある程度のフォロワーを獲得しているのであればSTORESを選びましょう。

カラーミーショップ

参考:カラーミーショップ

ネットショップを運営していると気になるのが手数料ですよね。なんと、カラーミーショップなら販売手数料が0円です。

・SNSで商品アピールから直接ショップへ誘導
・売れる!ための機能が充実している
・電話、メールでのサポート有り
・商材に合ったテンプレートを選ぶだけでサイトが完成

ネットにあまり詳しくなくネットショップの運営に不安があるという人には手厚いサポートのカラーミーショップが一番です。

輸入転売におすすめの商品

輸入転売で稼ぎやすい商品の特徴と、おすすめの商品ジャンルを紹介します。

転売で稼ぎやすい商品の特徴

個人転売に向いている商品は小さくて軽くて壊れにくい商品です。

小さくて軽い商品は送料が安く、在庫を管理する際もスペースを取りません。
また、壊れにくい商品は配送途中のトラブルが少ないため、クレームが来にくくなります。

逆に、大きくて重い商品は個人転売には向きません。例えば、冷蔵庫や洗濯機などの大型家電は、仕入れの段階からして大変です。実店舗で仕入れる場合は持ち帰るのが大変ですし、発送する際の送料も高くなります。また、配送途中に商品が破損するリスクもあります。

ここからは、おすすめの商品ジャンルを3つ紹介します。

家電

ルンバなどの小型家電はよく売れます。ただし、直輸入できない商品は現地のパートナーが必要になります。

ブランド品

海外ブランド品は日本より現地の方が安いのが一般的です。ブランドにもよりますが、価格差は大体2~3割程度とされています。

現地の店舗やネットショップから現地価格で仕入れ、これを日本の相場で販売すれば簡単に利益を上げることが可能です。

ゲーム・DVD

日本のゲーム・DVDの逆輸入版は扱いやすく、利益も上げやすいので転売にもってこいです。

輸入転売は合法?違法?

最後に個人輸入・輸入転売の違法性について解説します。

行為自体は違法じゃない

個人輸入も輸入転売も、その行為自体は違法ではありません。

しかし、扱う商品の種類や行為によっては違法になることがあります。

違法になる商品

以下の商品を許可なく個人輸入した場合は違法となります。

・医薬品、化粧品、医療機器
・酒類
・たばこ

サプリメントも、専ら医薬品に使われる成分が含まれていると医薬品とみなされます。

関税未払い

海外から商品を輸入する場合、関税を支払わなければいけないことがあります。

関税を支払わず、請求書が来ているにもかかわらず滞納していると違法となります。

輸入転売には原則として古物商免許は不要

国内で中古品を転売するには、古物商免許が必要です。ただし、海外から輸入した商品を新品のまま転売する場合は、古物商免許を取得する必要はありません。

例外的に中古品でも自分が所有している物を処分する目的で販売する場合も古物商免許は必要ありません。しかし、過去に一度でも取引されている物を販売目的で購入し販売する場合は、中古品の扱いになり古物商免許が必要になりますので注意しましょう。

古物商免許を受けずに中古品転売をすると罰金や懲役などの重い刑罰に処される場合もあります。初心者は中古品転売に安易に手を出さないほうが無難です。

参考:愛知県警察 古物営業法の解説

輸入転売はブルーオーシャン

輸入転売は難しいというイメージがありますが、慣れてしまえば国内転売と大差ありません。
ライバルが比較的少ないため、初心者でも稼ぎやすい転売手法です。ぜひ始めてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ビジネスのノウハウを実践ベースで徹底的に追求するのがアクシグ。
世界で最も専門的で網羅的なコンテンツを提供し、ノウハウを惜しげもなく提供していきます。

目次