物販

Amazon輸出のおすすめツール比較13選!効果的な利用方法を紹介!

Amazonで輸出ビジネスを始めるなら、ツールを使って効率よく作業をしていきましょう。しかし、ツールにもさまざまな種類があるので、初心者ではどれを使ったらいいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、便利なツールの比較を行い、おすすめのツールをご紹介します。基本的にどれを使ってもいいので、自分が使いやすいツールで効率的な作業を行ってください。

ツールの必要性とは?

そもそもツールとは何?どんな役に立つの?という人のために、まずはツールの概要やメリットについて紹介します。

ツールなしでビジネスを行うと、効率が悪くなったりミスが増えたりする可能性が高いです。無駄な作業を少しでも減らすために、ぜひ必要性について頭に入れておきましょう。

ツールを利用するメリット

ツールを利用するメリットを一言で表すなら、業務の効率化です。これは単純に作業が楽になるからという意味だけではありません。

例えばツールなしだと同じ作業を全て手動で行ったり、商品データをいちいち検索したりする必要があります。そうすると作業に時間がかかるのはもちろん、ヒューマンエラーが増えたりミスの対応に追われたりと、余計な時間がかかるのです。

そこで、ツールを使いルーチンワークや手動での作業を減らすことで、作業が速くなったりミスが減るといった効果が見込めます。自動化できる部分はツールを使って積極的に自動化していくことで、ビジネスの業務を効率化できます。

選び方のポイント

ツールには種類がたくさんあり、時代に応じた最新版も次々に開発されています。中には役に立たないものも多いので、多種多様な中から自分の役に立つツールを見つける必要があるのです。

ツール選びに迷ったら、まずは使いやすさを優先することが第一です。高性能であっても使いこなせなければ役に立ちませんし、作業のしやすさはモチベーションにも直結します。無料のツールについては実際に自分で使ってみて、しっくりくると思ったものを使っていきましょう

慣れてきたら他のツールも試してみたり、高性能で有料のものに変えていくのもありです。有料の場合は費用対効果を考え、そのツールを導入することでいくら払っていくら儲けられるのかを明確にしましょう。

有料ツールと無料ツールの違いとは?

ツールは「有料=優れている」とは限りません。無料でも使い勝手のいいものはありますし、有料で高性能なツールを使ってもそれに見合う利益を上げられない可能性もあるからです。

判断基準は、先ほど紹介した「使いやすさ」「費用対効果」をベースに考えましょう。無料ツールで満足しているなら、必ずしも有料に切り替える必要はありません。

「無料のツールでは機能が物足りなくなってきた」「今よりもっと作業を効率化させて利益をアップさせたい」と思うようになったら、有料ツールを検討してみましょう。

ツールにはどんな種類がある?

まずはツールの種類について紹介します。ビジネスのどの部分にツールが使われ、どんな効果を発揮しているのかを頭に入れておきましょう。

セラー評価依頼代行ツール

商品を販売した際には、購入者にセラー評価を依頼します。セラー評価依頼代行ツールを使うことで、この評価依頼を自動で購入者に送ることが可能になります。

セラー評価は、購入時に直接購入者に依頼しなければ、ほぼもらえませんが、全ての購入者にセラー評価依頼のメールを送るのは、とても手間がかかります。ツールを使えば、商品が売れた時点で勝手に送ってくれるようになるので、とても作業が楽になるのです。

自動価格改定ツール

Amazon市場では時間と共に商品の価格変動が起こるため、その都度全て手動で直していくのは現実的ではありません。そこでツールを使って価格変動を自動で反映させることで、市場価格と自分の商品価格との差をなくすことができます。

価格の変更にはある程度ルール付けも出来るので、市場価格と全く同じにしたり、あえて少し安めに設定したりすることも可能です。

在庫管理ツール

取扱商品が増えてくると在庫管理が大変になります。売れた時にうっかり在庫が不足していたら、トラブルやセラー評価が下がる原因となってしまいます。

そこで、在庫が少なくなった際に通知してくれるツールを使うことで、在庫切れによるミスを防ぐことができるのです。ビジネスの規模が大きくなり、管理する商品が増えるほど重宝するツールと言えます。

出品制限ツール

大量の商品を出品する場合には個々の商品の確認が難しくなるため、トラブルのリスクが高い商品も混じってしまいます。そういったリスクが高い商品を事前に対象から除外するためのツールもあり、セラー側のリスク軽減に大きく貢献しています。

市場リサーチツール

売れる商品の発掘や適正な価格の見極めには、市場リサーチが欠かせません。手動で行うと作業量が膨大になり見落としも多くなりますが、ツールを使えば必要な情報を効率的に確認することができます。

条件に合った利益の出そうな商品を抽出したり、ライバルの販売価格を調査するといった、ビジネスに欠かせない情報をツール1つで簡単に調べられるようになるのです。

ランキング調査ツール

商品リサーチには、ランキングの調査も重要です。日々変動するランキング全てを調査するのは大変ですが、これもツールを用いることで簡単に調査できます。

商品カテゴリーごとのランキング変動も逐一確認できる
ので、より精度の高い商品リサーチが可能になります。

他者の在庫確認ツール

ライバルの在庫を把握することでも、売れ筋商品のリサーチができます。全てを手動で確認するのは大変ですが、ツールを使えば簡単に把握可能です。

総合タイプのおすすめツールをご紹介

主なツールの種類を紹介したところで、続いてはおすすめツールの紹介を行います。ここでご紹介するツールは、必要な機能を一通り詰め込んだ総合タイプなので、どれか1つあればビジネスの運営には困りません。

どれも使い勝手がよく初心者サポートも充実しているので、迷ったらこの項目でご紹介するツールを使用してみましょう。

PRIMA

PRIMAはAmazonのあらゆるデータ収集が行えるツールです。Amazon独自の商品番号であるASINデータを入力することで、その商品の最安値や売れ行き、販売ランキングなど、多種多様なデータを抽出することが可能です。

日本だけでなく世界中のAmazonからデータの取得が可能なので、輸出ビジネスにおいても効果的です。データ取得スピードも速く、圧倒的に業務が効率化します。

ただし注意点として、月額5,980円と決して少なくない料金がかかります。30日の無料体験が可能なので、使い勝手を確認して、良ければそのまま使い続けましょう。

参考:PRIMA

Zeus

ZeusはAmazonビジネス初心者に特におすすめのツールです。無料のサポートやマニュアルが完備されているため、使い方が分からなくても調べたり聞いたりしながら覚えて行くことができます。

出品や価格改定、在庫管理など基本的な業務を全て自動化できるため、圧倒的な作業の効率化が可能です。注文が入ってから商品を仕入れる仕組みなので、商品の仕入れに資金を用意しなくていいのも、ビジネスを始めたてで資金の少ない人には嬉しい点といえます。

欠点は月額料金で、1ヵ国対応なら13,800円、9ヵ国対応なら24,800円とかなり高額です。ただし金額に見合った性能のツールには間違いないので、手厚いサポートが必要な初心者や作業時間が限られる人は、ぜひ利用を検討してください。

参考:Zeus

アマトピア

アマトピアは、商品リサーチ、出品管理、顧客フォロー、価格改定、在庫追跡、SEO対策、売上分析、広告運用の8つの機能を備えたツールです。プランによって必要な機能だけを使うことができるので、使いたい機能だけを厳選して利用できます。

Amazon内での作業だけでなく、広告運用のような外部に働きかける作業も可能です。全ての機能を使うなら、このツール1つであらゆる作業が自動化できます。

料金は利用する機能に応じて異なりますが、最安プランでも月額21,780円、全ての機能を使うなら月額38,280円とかなり高額です。幸い14日の無料体験プランがあるので、1度全ての機能を使ってみてから、どの機能を残すのか決めていきましょう。

参考:アマトピア

アマエビス

アマエビスは、自分で運営するショップとAmazonやeBayといったECサイトを結び付けて販売を行うサービスです。初心者向けに、サイトの立ち上げや販売までの手順などの作業プロセスを具体的に教えてくれるサポートもあるので、ツールと言うよりはコンサルタントを兼ねたサービスといった方が近いと言えます。

自分だけの財産となるショップ運営をサポートしてくれるうえ、万が一成果が出なければ全額返金対応もしてくれるので、リスクを恐れず挑戦することが可能です。

料金はコンサルティング内容に応じて異なるので、一概には言えません。とはいえ返金サービスもあるので、初心者であれば積極的な利用も検討してください。

参考:アマエビス

機能別のおすすめツールをご紹介

続いては、特定の機能に特化したツールのご紹介です。総合ツールは高性能な反面、料金も高くなりがちなので、必要な部分だけをツールに頼ることで料金の節約ができます。

ある程度ツールに求める機能が決まっている方であれば、ここでご紹介するツールの利用がおすすめです。

ZonASINHunter

ZonASINHunterは、ASINコードによって商品の情報収集を行うツールです。商品価格の分析売れ行きの調査といった、商品リサーチのための利用ができます。

ASINコード自体の一括取得も可能で、いちいちコードを調べる必要もありません。価格も37ドル(約4,000円)で1度購入すれば追加料金がかからないので、良心的な価格設定と言えます。

参考:ZonASINHunter

Prima Cloud

Prima Cloudは価格改定に特化したツールです。市場価格やライバルの販売価格を分析し、設定に応じた最適価格に自動で調整してくれます。

為替による価格変動も反映できるので、柔軟な対応が可能です。利用料金は月額5,980円ですが、30日の無料体験プランもあるので、まずはそちらから利用してみましょう。

参考:Prima Cloud

Amacon

Amaconは代行サービスをメインに行っており、Amazonでは広告運用の代行を行っています。SEOに対応した最適な販売ページの作成を行い、出品しただけでは売れない商品の販売力を向上させるのに効果的です。

プランによって料金は異なりますが、全てお任せするプランは55,000円と決して安価ではありません。絶対に売りたい商品に対してのみ活用することで、より高い販売効果を生み出せます。

参考:Amacon

FeedBackFive

FeedBackFiveは購入者に評価をお願いするツールです。商品を購入してくれた人に対して自動で評価依頼のメールを送ってくれるので、作業の手間を減らせます。

月間の売上によって料金が異なるのが特徴です。メールの送信数が月間50件までなら無料で利用でき、最大で月間8,000件を超えると月額59.99ドル(約6,600円)となります。

参考:FeedBackFive

Amzpecty

Amzpectyはライバルセラーの在庫把握に役立つツールです。ワンボタンで在庫把握ができるので使い勝手がよく、ライバルの在庫数によって自分の商品の仕入れ数を決定するのに役立ちます。

このツールはGoogle chromeの拡張機能なので、導入も簡単です。料金も月額8.3ドル(約900円)と良心的であり15日の無料期間も用意されているので、ぜひ利用して下さい。

参考:Amzpecty

おすすめの無料ツールをご紹介

始めたばかりで有料ツールに手を出すのには気が引ける方は、無料のツールから利用してみましょう。無料でも高性能なものはたくさんあるので、最初から有料ツールを使わなくても大丈夫です。

無料なので気軽に試せますし、好きなだけツールを追加できます。気になるものは積極的に試していきましょう。

Automate Pricing

Automate PricingはAmazon公式が配布している価格改定ツールです。シンプルな機能ながら使い勝手がいいので、価格改定に慣れる意味でも最初に利用すべきツールと言えます。

公式のツールなので安全性は断トツです。価格改定に慣れてきて機能に物足りなさを感じ出したら、他の有料ツールを利用しましょう。

参考:Automate Pricing

amazomix.jp

amazomix.jpは各国のAmazonでの販売価格の比較を行えるツールです。同じ商品でもそれぞれの国のAmazonによって販売価格が異なるため、それらを分かりやすく比較することができます。

売れている順や価格順などの表示もできるので、商品の比較に便利です。複数の国に向けて輸出ビジネスを行うなら、ぜひ利用してください。

参考:amazomix.jp

単位変換ツール

単位変換ツールとは、インチをメートルにしたりキロをポンドにするといった各種単位を別単位に変換するツールです。国によって基準にする単位が異なるため、越境ECビジネスでは思いのほか役立ちます。

長さや重さの単位の変換は間違えやすいので、ミスを減らすためにもぜひ利用してください。

参考:単位変換ツール

その価格OK?

その価格OK?は価格比較ツールです。インターネット上のあらゆる通販サイトの商品価格が比較でき、販売価格の決定や仕入れ価格の安価なサイトの発見に役立ちます。

一度に価格を表示してくれるのでリサーチにかかる時間を短縮でき、画面も見やすいです。無料にしてはとても使いやすいツールなので、積極的に利用しましょう。

参考:その価格OK?

まとめ

Amazon輸出に利用できるツールはたくさんありますが、適切なツールを使わないと余計な費用や手間がかかるので、安易な選択は厳禁です。

有料ツールの方が出来ることは多いですが、無料ツールで便利なものも少なくありません。大切なのは使いやすさと費用対効果なので、実際に使ってみて役立つツールを優先的に利用してください。

ツールの活用によって、飛躍的に作業を効率化させられます。一定以上の利益を出すためにはツールの活用が必須なので、色々試しながら効果的に使っていきましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?