物販

一回だけでも利用できる!アマゾンの定期便はとっても便利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事で紹介するのは、Amazonの「定期おトク便」です。名称からもサービス内容が想像できるかもしれませんが、注文した商品を定期的におトクなお値段で配達してくれるサービスです。

配達のタイミングを指定することもでき、いつでもキャンセルすることができるので、非常に使い勝手の良いサービスとなっています。定期的な購入が必要になる消耗品を購入するのに便利なサービスなので、この記事を読んで是非実際に利用してみてください。

利用しないのは損!「定期おトク便」とはこんなサービス

まず定期おトク便のサービス内容を確認しておきましょう。定期おトク便というのは、その名前の通り、定期的に商品を配送してくれるサービスです。

配送の頻度は、1か月ごとから6か月ごとまでの範囲で自分が商品を消費するスピードに合わせて選べます。一度の配送で配達してもらう商品の個数も選択できます。

もちろん、途中キャンセルも可能で、手元に商品が残っていたら、1回分だけキャンセルすることもできます。「最低でも○か月は利用しないとキャンセルできない」といった縛りもありません。

また、最大10%の定期おトク便の割引があるので、価格の面からもお得になります。月に3件以上の定期おトク便を使うと、おまとめ割引が適用されて更にお得です。

沢山のジャンルの商品がお得になる

定期的に商品が届くというサービスなので、定期おトク便の対象商品は、消耗品となります。食料品や飲料、日用雑貨などが中心ですが、サプリメントや浄水器の交換カートリッジなど、定期的な購入が必要になる商品が数多く定期おトク便で販売されています。

定期的に商品が届くので、買い忘れの心配もなく、買い物の手間も省けて便利です。

定期おトク便で売れている商品

実際にどのような商品が定期おトク便で売れているのかをチェックしてみると、飲料水や野菜ジュースなどの、自分で買いに行くと重くて持って帰るのが大変な商品が目立ちます。

シャンプーやボディソープなどもよく売れています。サプリメントなどは、継続して服用していれば、毎日同じ量を飲むことになるので、消費量が予想できて定期おトク便に適した商品です。これらも良く売れています。

気になる定期おトク便の送料は?

定期的に商品が送られてきて便利で、割引もある定期おトク便ですが、送料や手数料が発生して結果的に割高になってしまっては意味がありません。送料などはどうなっているのでしょうか?

定期おトク便には、特別な利用料金はありません。送料は通常配送と同じです。つまり、プライム会員なら商品価格にかかわらず無料、非プライム会員なら注文金額が2,000円以上で無料になります。

ただし、配送料が無料になる場合でも、「特別取扱商品」に関しては別途取扱手数料がかかります。特別取扱商品というのは、とくに大きなサイズであったり重量が重かったりすることで、配送時に特別な取扱いが必要になる商品です。定期おトク便の対象になる商品の中では、飲料を箱で買ったりする場合が該当します。

特別取扱商品については、商品ページにも記載があります。注文画面の合計金額でも確認できるので、チェックしてから購入を決めるようにしてください。

配送予定日の変更も可能

定期おトク便は、配送予定日の変更が可能です。もっとも、定期おトク便は、通常配送の扱いで日時指定便ではないので、この場合の配送予定日の変更は、「この日に配達します」という意味ではなく、「遅くともこの日までには配達されます」という意味になります。

したがって、予定日よりも早く届く場合があります。この点は、お届け日時指定便とは違うので気をつけてください。

また、配送予定日の変更の受付は、数日前には締め切られるので、予定日を翌日にするといったことはできません。すぐに商品が欲しい場合には、定期おトク便では対応できないということになります。

このような場合も、定期おトク便の対象になっている商品をお急ぎ便で別途注文することは可能です。ただし、この場合は定期おトク便の割引は受けられないことになります。

注文代金は、その都度支払い

この定期おトク便のような、定期的に商品を配送してくれるサービスについては、代金支払いの時期も気になりますが、Amazonの定期おトク便の場合、支払いは商品が届いた際に、その都度支払いということになっています。いつでもキャンセルしやすいシステムです。

なお、商品の代金は最初に注文したときの価格で固定されるわけではなく変動があります。毎回の正確な支払額については、その都度確認する必要があります。

利用可能な支払い方法は?

定期おトク便は、通常のAmazonの注文よりも支払い方法が限定されていて、携帯決済・コンビニ払いなどが使えません。利用できる支払い方法は、クレジットカードと代金引換となります。ただし、Amazonギフト券の利用はでき、クーポンやAmazonショッピングカードの残高については自動的に適用されます。

非プライム会員でも利用できる

Amazonのサービスの中には、プライム会員限定のものも色々とありますが、定期おトク便に関しては、プライム会員でなくても利用することができます。

プライム会員でなくても、定期おトク便の割引は受けられるので、普段はあまりAmazonを利用しないという人でも、消耗品に関してだけ定期おトク便を利用することもできます。

プライム会員でない人は、送料に注意

非プライム会員の場合、注文金額が2,000円を越えないと送料が無料になりません。そこで、プライム会員でない人が定期おトク便を使う際には、注文金額が2,000円を越えるようにすることをオススメします。また、一部のカテゴリーは対象から除かれますが、同月に3件以上の定期おトク便を注文すると5%の「おまとめ割引」があるので、いくつかの商品を定期おトク便で購入するようにすると、さらにお得です。

定期おトク便の注文・キャンセル・変更の方法

ここからは、具体的に定期おトク便の注文方法などを見ていきます。定期おトク便をキャンセルする方法、定期おトク便の内容を変更する方法も併せてご紹介しますので、参考にしてください。

定期おトク便を注文する方法を手順を追って紹介

まず、Amazonのトップページの左上にある三本線のマークをクリックしてください。カテゴリーを選択することができる画面が開きます。下の方に「すべてのカテゴリー」とあるので、それを選びます。

カテゴリーの一覧が表示されます。「Amazon定期おトク便」は、「食品・飲料・お酒」のカテゴリーと「ドラッグストア・ビューティー」のカテゴリーにあります。どちらでもいいので、クリックしてください。

Amazon定期おトク便のページが開きます。先ほどの2つのリンクのどちらから開いても、開いた先のページは同じです。

次に欲しい商品を探します。ページの左側にカテゴリーを選択できる場所があるので、こちらから探すか、検索窓に欲しい商品の名称等を入力して検索してください。

欲しい商品をクリックすると、商品の詳細ページが開きます。

商品ページ右側の欄で、「定期おトク便」にチェックが入っていることを確認して、「配達頻度」を1か月~6か月の中から適当なものを選びましょう。

なお、配達頻度については、商品の個数や平均的な消費量をもとにした、オススメ頻度が「1か月(おすすめ)」といったように選択されているので、特別な事情がなければ、オススメを選択したままにしておけば大丈夫です。

消費量が多め・少なめの人は、オススメを参考に、頻度を上げたり下げたりしてください。

お届け予定日を確認して、「申し込み」を押してください。お届け先住所、支払い方法などを確認して注文を確定してください。お届け予定日などについては、申し込んだ後で変更をすることもできます。

定期おトク便をキャンセルする方法を手順を追って紹介

次は、定期おトク便をキャンセルする方法です。定期おトク便そのものをキャンセルすることもでき、次回の配送分だけキャンセルすることもできます。前者はAmazonでは定期おトク便の停止、後者は定期おトク便のスキップと呼ばれています。

Amazonのページの右上の方にある「アカウント&リスト」にマウスポインタを置いてください。

表示されたプルダウンメニューの右側にある「ご利用中の定期おトク便の変更・停止」をクリックします。

キャンセルしたい商品を選んで、「定期おトク便を停止する」をクリックします。ちなみに、1回分だけ配送を止めたい場合は、「次回配送分をキャンセルする」を選びます。

解約する理由を選択して、「解約を確認」をクリックすれば、手続は完了です。キャンセルを確認するメッセージが表示されます。

定期おトク便の注文内容を変更する方法を手順を追って紹介

最後は、定期おトク便の注文内容を変更する方法です。こちらも順を追って説明します。Amazonのページの右上の方にある「アカウント&リスト」にマウスポインタを置いてください。

表示されたプルダウンメニューの右側にある「ご利用中の定期おトク便の変更・停止」をクリックします。この点も先ほどと同じです。

変更したい商品を選んだら、「数量または発送スケジュールを変更」を選びます。

1度に配送する個数を変更できます。

配達頻度も変更可能です。

Amazonの定期おトク便のマイナス面

商品を定期的に配達してくれて、割引も受けられる、プライム会員なら送料も無料と、とくに欠点らしい欠点がないように思われるAmazonの定期おトク便ですが、ここでは、そのような定期おトク便のマイナス面について、あえて考えてみました。

商品価格が上がる可能性がある

定期おトク便の価格は一定ではなく、変動する可能性があります。値下がりする分には問題ありませんが、最初に注文したときよりも大きく値上がりするようなら損をしてしまいます。

実際には、それほど極端な値上がりは考えにくいのですが、定期おトク便では配送前に確認のメールがくるので、それを確認して値段が大幅に上がっているようなら、キャンセルすることも考えましょう。

配送は通常配送で、急に必要になった場合には対応できない

この点も既に触れていますが、定期おトク便の配送は通常配送です。お急ぎ便を使って配送をしてもらった場合には、定期おトク便の割引が利きません。ただ、配送予定日の変更はできるので、変更が可能な範囲内であれば、当初予定よりも配送を早めることはできます。

配達日時の指定はできない

これも定期おトク便は通常配達の扱いであるということと関連しますが、配達日時の指定ができません。時間指定はそもそもできず、配送予定日を変更しても「その日までに着く」という意味で、予定日以前に着くことがあります。留守がちで宅配ボックスもないという人には、この配達日時が指定できないという点は、不便に感じるかもしれません。

定期おトク便を利用する際に注意したいこと

この記事の最後は、定期おトク便を利用する際に注意したい点についてお話します。これまでの記述と重複する点もありますが、ご容赦ください。

定期おトク便の配達頻度は、ときどき見直す

定期おトク便は、そのまま放置していると、最初に設定した商品の個数、配送頻度で商品が届き続けます。

たとえば、飲料であれば夏と冬とでは消費量が違うでしょうし、ロングヘアの人がショートヘアにするとシャンプーやリンスの減り具合がかなり違ったりもします。

また、子供のオムツを定期おトク便で申し込む場合、子供の成長に応じてオムツのサイズは変わっていきますが、1パックに入っているオムツの数は、サイズが大きくなると少なくなっていきます。同じ個数・頻度で定期おトク便を使っていると、オムツが足りなくなったり余ったりします。

定期おトク便で注文している商品が足りなくなったり余ったりしないように、ときどきは配送個数や頻度を見直すようにしてください。

消費量が増えることが予想できるなら注文数を増やす

定期おトク便の配送日を早めることには限界があります。実際に変更しようとすると、下の画像のように、指定できない日にちはグレーで表示されます。

これを見ても分かるように、定期おトク便は、明日や明後日には欲しいというニーズには対応できません。先ほど例に挙げた飲料のように、「これから暑くなるから飲み物が欲しくなるだろうな」といった予想ができる場合は、前の月の配送個数を予め増やしておくことをオススメします。少し面倒に思えるかもしれませんが、配送の個数や配送頻度をまめに調節することで、より快適に定期おトク便を利用することができるようになります。

まとめ

Amazonの定期おトク便について解説してきました。買い物に行く手間が省けて、割引も受けられる定期おトク便は非常に便利です。

定期おトク便の対象商品にはさまざまなものがあるので、日常的に使っている消耗品について定期おトク便が使えないか調べてみてください。1回だけ利用してキャンセルしても何ら問題はないので、一度試してみる価値はあります。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る