物販

Amazon.com(米国Amazon)で購入して日本に送ってもらう方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazon.com(米国のAmazon)では、Amazon.co.jp(日本のAmazon)で販売されていない商品があります。また、国内では高いのですが、海外だと安い商品もあるので、輸入ができれば仕入れ先の一つになります。Amazon.comでも国内への発送が出来る商品もあるので、今回はその方法を詳しくご紹介します。

アメリカのAmazonで購入して日本に送ってもらう方法

アメリカのAmazonでは販売されているけれど、日本のAmazonでは売っていない商品は多数あります。また、アメリカのAmazonの方が価格が安いという場合があります。

そのような時はアメリカのAmazonで購入して日本へ送ってもらう事も商品によっては可能です。送料と到着日数が気になりますが、今回は詳しくご紹介します。

アメリカのAmazonで欲しい物を探す

アメリカのAmazonで欲しい商品を見つけます。海外では商品名が違う場合もあるので、検索する時は型番を入力すると間違いありません。

トップページ上部にある検索欄に「Kinesis Freestyle2 Blue Wireless Ergonomic Keyboard for Mac」と入力して検索します。

いくつか該当商品が出てくるので、クリックして商品の詳細をチェックします。

日本の配送ができる販売者を探す

アメリカのAmazonで販売している商品は、すべてが日本への発送に対応しているわけではありません。次に、見つけた商品が日本への発送に対応しているのかを確認しましょう。

商品ページの右側にある「Deliver to」を確認して「Japan」になっていれば大丈夫ですが、それ以外の場合は「change country」をクリックして「Japan」を選びます。

見つからなければ他のショップを探します。アメリカのAmazonでは日本のAmazonと同じように、同じ商品でも複数のショップから販売されていますので送料を含めた金額が一番安いところをみつけましょう。
商品説明の下にあるリンクに同じ商品を販売しているショップ数が記載されています。

ここで、Conditionの欄を確認して、新品だけに絞り込んでの検索も可能です。

ショップ一覧が表示されている状態で、チェックするべきポイントは「Delivery」欄に「AmazonGlobal Priority Shipping」と記載されているショップです。

これはAmazon国際優先配送に対応しているショップで早く安く送ってもらえます。
ショップも決めたら「Add to cart」をクリックします。

ここで「Proceed to checkout」をクリックすれば配送先を登録できます。

アメリカのAmazonでアカウントを作成する

アメリカのAmazonでは日本のAmazonとは別アカウントになるので、新たにアカウントを作成する必要があります。トップページの右上にある「Account&Lists」をクリックして「Start here」をクリックします。

登録画面が表示されますので、すべて半角で入力していきます。氏名、メールアドレス、パスワード、パスワードの再確認を入力して「Create your Amazon account」をクリックすると、登録したアドレスにメールが送られます。そのメールに記載されているコードを次の画面に入力すれば、アカウントの登録は完了です。

配送先の遠配送方法について

アメリカのAmazonサイトで購入する時にはアカウントの作成が必要です。商品が決まって購入する時には、配送先を入力して配送方法を選択します。

アメリカのAmazonでは日本への配送でも、住所はローマ字で記入する必要があります。
記入する順番が日本と逆になって
「番地(Street Address 1)」
「建物名と部屋番号(Street Address 2)」
「市区町村(City)」
「都道府県(State、Province、Region)」
の順に記入します。

他には
「郵便番号(ZIP Code)」
「国(Country)」
「電話番号(Phone Number)」
をそれぞれ入力します。

最終的に見るのは日本の配達員なので、記入する箇所に多少の間違いがあっても問題ありません。また、慣れないうちは自分の住所を英文表記へ変換できるサイトもあります。

住所の入力が終われば次は配送方法を選択します。

色々な種類はありますが、基本的にAmazon特有の配送手段である「Amazon Global Shipping」を使用しましょう。
配送は、日数別で3種類あり、全て関税などの費用込みの送料となっています。
目安としては、
「Standard」では最短9日から最長14日
「Expedited」では最短6日から最長10日
「Priority」なら最短2日から最長4日で配送できます。

配送方法の選択が終われば「Continue」をクリックします。
送料は大きさや種類で変わりますが、最安値でだいたい1000円程で送ることも可能です。

支払い方法の設定

アメリカのAmazonで買い物をする時には現地の銀行口座がなければ、クレジット払いが無難です。
使用できるブランドはVisaやMasterCard、JCBなどの主要ブランドの他にDelta, Electron, Eurocard, American Express, Switch, Soloなども使用できます。
クレジットカードを登録する時には
「氏名(Name on Card)」
「カード番号(Card Number)」
「有効期限(Expiration Date)」
をそれぞれ入力します。

入力が完了したら「Add your Card 」をクリックしてカードを登録します。
支払いする通貨はクレジットカードの支払いでは様々な通貨での支払いが可能ですが、アメリカドルで支払うのが手数料も安いので特別な理由がなければアメリカドルで支払いをしましょう。
自動的に両替をして支払うので、両替手数料が発生します。
Amazonで両替する事も可能ですが、クレジットカードで両替した方が安く1.63%〜となっています。

支払い方法を選択して「Continue」をクリックして次に進みます。
次の画面では請求先の住所を入力しますが配送先と同じでよければ「Use this address」をクリックすると配送先と同じ住所で登録できます。

注文内容の最終確認

最後の画面で最終確認を行います。内容に間違いが無ければ「Place your order」をクリックします。

アメリカのアマゾンはアプリでも利用できる?

アメリカのAmazonはインターネットのサイトだけではなく、アプリで購入することも可能です。

シンプルでわかりやすいので、アメリカのアマゾンで買い物をしたい時にはぜひアプリもチェックしましょう。

日本のアマゾンアカウントでも購入できる

アメリカのAmazonのウェブサイトからだと、アメリカのAmazonのアカウントを作成する必要があります。アプリにおいても新規アカウントが必要になります。

参考:Amazonショッピングアプリ(App Store)

参考:Amazonショッピングアプリ(GooglePlay)

画面の表示は英語になりますが、操作も簡単なのでとてもオススメです。

アプリの設定を変更する

アプリを使って海外のAmazonで買い物するには、アプリの設定を変更する必要があります。アプリでログインした後の画面で左上のメニューを開きます。

メニューの下部にある「設定」をクリックします。

設定画面を開いて「国と言語」をクリックします。

そこで色々な国が表示されますが、「インターナショナルショッピング」を選択します。

この「インターナショナルショッピング」を選択すると海外のAmazonで買い物ができるようになります。
日本語表示には対応していないので「英語、スペイン語、ドイツ語、中国語」から選びます。

もう一度ログイン画面が表示されるので、いつものアカウントでログインします。

設定はこれで完了です。買い物はいつも通りギフトカードやクレジットカードで
行えます。

表示は外国語表記ですが、いつもの日本のAmazonと記載内容は大きく変わらないので、調べながら見ていけば問題なく買い物ができます。

日本へ配送可能な商品は多数

日本への配送が可能な商品は多数あり、2019年4月時点では4000万以上の商品があります。操作自体も日本のアマゾンで購入するのと同じような感覚で行えるので簡単です。

海外のAmazonから輸入して、転売をして稼ぐことも可能です。アメリカでしか販売していないものも多数あるので、そういった商品を国内で転売して稼いでいる人も実際にいます。

海外からの到着日数について

海外からの荷物の配送でもスピード便であればアメリカから最短2日で到着します。ブラジルでも最短4日で到着します。

Amazonの発送手段は先ほどご紹介したように3種類から選べるので、急ぎではない場合は安いプランを選びましょう。最長で3週間ほどかかりますが、転売する場合においてもコストは安いに越したことはありません。

料金は、例えば一番安い本であれば400円前後から利用可能です。一番早い便であれば1500円前後です。この送料には関税などの手数料も含まれているので、通常の配送料よりも安くなります。

日本へ配送可能な商品を絞り込む

日本へ配送できるかどうかの判断は「This item ship to Japan」と商品説明に記載があれば可能です。一つずつチェックするのは大変なので、アプリ内の画面左側にある「Deliver to Japan」にチェックを入れると日本へ配送できる商品に絞りこんで商品検索が可能です。

アメリカのAmazonから日本へ送れるか確認する方法は?

海外のAmazonで販売されている商品が、日本に発送できるかどうか確認する方法を詳しくご紹介します。以前は日本への発送が可能だったものが、今回はできなくなっているという場合もあるので購入する時は毎回確認をしましょう。

アメリカのAmazonで日本へ送れるかどうかの確認方法

今回は「Dyson DC34 Handheld」という商品を参考にしてご紹介します。

価格が表示されている下部にメッセージが表示されている事がほとんどです。

一つ目は「Deliver to Japan(この商品は日本へ発送できます)」という文章です。ただこのように書かれていても、まれに更新を忘れているだけで発送不可の場合もあるので他の説明も確認しましょう。

二つ目は「This item does not ship to Japan(この商品は日本へ発送できません)」や「Please check other sellers who may ship internationally(日本へ発送できる他の販売者を探してください)」という文章です。

どちらの文章の場合でも他の販売者を探す作業が必要になります。また、Amazon公式発送方法の「AmazonGlobal Shipping」を利用できる販売者がおすすめです。

三つ目は「Available from these sellers(こちら販売者は日本への発送ができます)」という文章です。「These Sellers」というところのリンクをクリックすると、他の販売者のページが表示されます。

商品詳細の下部に出品総数が表示されますがアメリカのアマゾンのページでは日本と違って、中古と新品の出品者数の合計が表示されるので注意しましょう。

「Used & new◯◯from $◯◯」か「Available from these sellers」をチェックすると、世界中への配送ができる商品なのか、アメリカ国内だけの発送なのかを見分けられます。また、新品と中古品に分けてフィルターをかけることも可能です。

日本へ発送できない販売者の確認方法

商品が日本へ送れるかどうかは、フィルターをかけて検索するのが一番楽に行えます。
商品一覧の「Delivery」には発送元の記載しかしていない場合が多いです。
また、日本へ発送できるかどうかは明記されていません。

日本へ発送できる場合の確認方法

日本へ配送ができる商品を選択すると、配送について記載されているページが表示されます。また、商品ページからもある程度どの配送方法があるかを確認できます。

まず一つ目は「Arrives between October 11-18」という表記の場合は「10月11日から18日に到着します」という内容です。そのあとに配送方法を選択する画面が表示されます。

例えばこの場合、選択できるのは「AmazonGlobal Standard Shipping」のみです。

二つ目は「Arrives between October 18-30」 と「Want it delivered Monday, October 16?Choose Expedited Shipping at checkout」 の二つが書かれている場合です。これは「10月18日〜30日に到着します」と「16日までの到着が希望の場合は会計時に優先配送を選択してください」という内容です。この内容から「通常配送」と「優先配送」の二つから選べると確認できます。

会計画面まで進むと「AmazonGlobal Standard Shipping」と「AmazonGlobal Expedited Shipping」の二つから選べます。

三つ目は「Want it delivered Friday, October 6…choose AmazonGlobal Priority Shipping at checkout」と書かれている場合は「10月6日までに到着希望の場合は速達を選んでください」という内容です。この記載内容から「通常配送」と「優先配送」と「速達配送」が選べるということがわかります。

会計画面では「AmazonGlobal Standard Shipping」と「AmazonGlobal Expedited Shipping」と「AmazonGlobal Priority Shipping」 から選べます。

実際に購入する流れとしては欲しい商品を探して「Delivery」欄に「AmazonGlobal Priority Shipping」と書かれているのを確認しましょう。確認後に「Add to cart」をクリックして次の画面に進みます。

次の画面では「Proceed to checkout」をクリックします。

Deliver to this address」をクリックして配送先の住所を選択します。

Choose a delivery option」をクリックして配送方法の選択画面へと移ります。「AmazonGlobal Priority Shipping」を選択して「Continue」をクリックします。

Select a payment method」のところで支払方法を選択して「Continue」をクリックします。

最後は「Review your order」をクリックして最終的な合計金額を確認します。内容として配送料とクレジットの手数料が確認できます。

アメリカのAmazonで個人輸入するメリットは?

アメリカのAmazonを利用しているユーザーはアメリカ国民だけではなく、世界中のユーザーが利用しています。そのうちの上位国はインド、イギリス、カナダ、中国となっていて、それぞれの国のAmazonがありますが、それでもアメリカのAmazonを利用しています。アメリカのAmazonを利用するメリットをご紹介します。

アメリカのAmazonを利用するメリット3つ

アメリカのAmazonを利用する3つのメリットをご紹介します。

まず一つ目は、アメリカのAmazonでは2019年4月時点では4000万以上の商品に関して、アメリカ以外への配送が可能だという点、そして商品によっては自国よりも低価格な点です。

二つ目は、日本のAmazonページの作りと他の国のAmazonページの構成が同じなので、他の国の言語に不慣れでも手軽に利用できるという点です。また、日本語は対応していませんがいくつかの他の国の言葉には対応しています。

三つ目は、Amazonという安定したシステムがあり、配送なども明瞭なシステムなので手軽に利用できるという点です。

アメリカのAmazonから取り寄せる為の方法

商品によって日本への発送ができるものとできないものがあるので、まずは日本へ発送できるものを探しましょう。ちなみにアカウント登録をしておくと商品ページを開いた時に、送料と関税などの費用が算出されます。

日本への発送が可能なものを絞り込む方法は、ログインをした際に左上に「Deliver to Japan」と表示されるので、そこから確認ができます。表示が違う場合はクリックして設定をしておくと、日本に発送可能な商品だけを絞り込む事ができます。

中には表示されていても日本へ発送できないものもあるので、商品の詳細ページを開いて以下の表示があるかを確認します。「Shipping&Import Frees Deposit」と「This Item Ships to Japan」で、それぞれ「配送料と関税の費用」と「日本へ発送が可能」という意味です。時期によってはAmazonが販売している商品に限り送料無料で購入する事もできます。

また、商品によっては送料と関税の金額が表示されない場合があります。そのような時は次の方法で確認ができます。まずは商品詳細ページに「Available from these sellers(この出品者から購入できます)」と表示されている場合は、出品者の一覧ページに「Arrives Between(配送の予定)」が記載されていれば発送が可能です。その後、商品を買い物かごに入れて、注文確認画面まで進むと総量などが表示されます。

どうしても必要な商品が日本への発送をしていない、もしくは送料がものすごく高いという場合は「転送サービス」も使えます。少し手間はかかりますが、アメリカの配送代理業者が日本へ送ってくれるサービスです。

いくつもの転送サービスがありますが、安い商品であれば「Planet Express」がオススメです。

商品の価格が高い場合は「Shipito」がオススメです。

アメリカのAmazonで日本へ発送できない商品の見分け方と対処法

英語で表記されていてアメリカのAmazonで出品されている商品が、日本へ送れない物かどうかの判断がつかない時の見分け方と対処法をご紹介します。

「This item does not ship to japan」と書かれている時

「This item does not ship to japan」と商品の詳細ページなどに記載されている場合は「日本への発送はできません」という内容です。Amazonにログインしていない場合にもこの表示がされますが、Amazon側では日本からアクセスしている事はわかるので、表示している販売者が日本への発送をしていないというのを表示しています。そのため、この表示がされている場合は原則的に、日本への発送をしてもらう事は出来ません。

登録した住所が表示されている

例えば住所が横浜であれば「This item does not ship to Yokohama japan」と表示されます。これはログインしていると、登録した住所への配送が可能かどうかを表示しています。

また、注文画面まで進むと「Sorry, This Item Can’t Be Shipped To Your Selected Address」と表示されていて、「この商品は選択された住所に配送できません」という内容が表示されています。

国際発送自体を行なっていない場合

商品の詳細ページに「This item is not eligible for international shipping」と表示されている場合は、その商品は国際配送自体をしていません。アメリカ国内のみの発送で、日本はもちろん他の国への配送もしていないという意味です。

まとめ

アメリカのAmazonで個人輸入する方法をご紹介しましたが、思っていたよりも簡単にできるという印象ではないでしょうか?慣れ親しんだAmazonのシステムでお得にアメリカの商品を購入できるので、越境ECをする時にとてもオススメです。

初めは英語表記のページに戸惑うかもしれませんが、日本のAmazonと表示されている箇所は基本的に同じなのでわかりやすいです。ぜひ今回の内容を参考にしてAmazonを通じて越境ECにチャレンジしてみましょう!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る