物販

Amazonで注文をキャンセルするには?エラーが発生した時の対処法も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonでのお買い物、楽しいですよね。ですが、間違ったものを注文してしまったり、注文後に他でもっと安く買えることがわかって後悔したりすることってありませんか?

今回は、「Amazonの注文をキャンセルしたいときはどうするの?」「キャンセルしたいのにエラーが発生した!どうしよう!」といった疑問やトラブルに対してお話ししていきます。Amazonでのお買い物で損をしないためにも、キャンセル方法を把握しておきましょう。

注文履歴からキャンセルができる

間違って注文した商品のキャンセルの可否は、注文履歴から確認することができます。キャンセルできる商品とできない商品がありますので、できる場合はそのまま注文履歴からキャンセルしましょう。

注文履歴からのキャンセル方法

まずは、ご自身のAmazonアカウントの注文履歴にアクセスしてください。注文履歴はAmazonのHP上部にあります。

キャンセルできる商品の場合は、注文履歴に「商品をキャンセル」というボタンが表示されています。

ボタンを押し、キャンセルしたい商品の横にあるチェックボックスにチェックを入れましょう。

「チェックした商品をキャンセルする」や「キャンセルをリクエストする」「Eメールを送信」などのボタンが表示されますので、クリックしキャンセルを確定させてください。

注文がきちんとキャンセルされた場合は、その旨記載されたEメールが届きます。「キャンセルされた注文」として注文履歴にも表示されますので、併せて確認しておくと安心です。

Amazonフレッシュのキャンセル方法

プライム会員向けの生鮮食品配送サービスであるAmazonフレッシュでも、同様に注文履歴から注文をキャンセルすることができます。

Amazonフレッシュの注文履歴画面で「注文を表示または編集」を選択します。

商品ごとに青い「削除」ボタンが表示されていますので、注文をキャンセルしたい商品の削除ボタンを押しましょう。

注文詳細の上または下にある「注文の全商品をキャンセルする」ボタンを押せば、すべての商品を一括でキャンセルすることもできます。

こちらも、キャンセル後にEメールでの案内が来るので、きちんとキャンセルできたか確認しましょう。

キャンセルができない注文もある

注文履歴画面に「商品をキャンセル」ボタンがない商品はキャンセルできません。商品をいったん受け取り、その後に返品手続きを行ってください。

Amazonが販売・発送元でないAmazonマーケットプレイスの商品は、販売元ごとに異なる返品ルールが定められている場合があります。ですが、出荷通知メールが送信される前にキャンセルリクエストを行っていれば、返品ルールにかかわらず商品を返品することが可能です。

一緒に注文していたモノの配送が遅くなる

同時に複数の商品を注文していて、その中の一部の商品をキャンセルする場合は、残りの商品の発送準備を再度やり直す必要が出てきます。この場合は、配送のオプションに関わらず当初の予定より商品の到着が遅れることもあります。

キャンセルしたいのにエラーが出た!

Amazonで注文した商品をキャンセルする手順について説明してきましたが、場合によってはキャンセルできず、代わりにエラーメッセージが出ることがあります。

キャンセルリクエストエラーが出るのにはいくつかの原因が考えられます。そこで、今後エラーが出た場合でも慌てることのないように、エラーが出る3つの理由についてお話していきます。

1、キャンセルできる期間を過ぎてしまった

Amazonでは、注文が入ると配送センターで商品のピックアップと発送準備が行われます。この発送準備がある程度まで進んでしまうと、システムからキャンセルするのが間に合わなくなってしまいます。しかも、Amazonは商品の梱包から発送までを迅速に行うので、キャンセル可能期間はどうしても短くなりがちです。そのため、あっという間にキャンセルできなくなってしまいます。

2、コンビニ支払いを選択している

支払方法が「コンビニ払い」になっていると、キャンセルリクエストエラーが出ることがあります。コンビニ払いを選択した場合は、「お支払い番号が通達されてから6日以内」はキャンセルリクエストができません。

それでは、コンビニ支払いを選択した場合は注文のキャンセルができないのでしょうか?

実はそうではなく、コンビニ支払いを選択した場合、支払わずにいれば自動的にキャンセル扱いになります。支払い番号が通達されてから6日以内という期限は、コンビニ支払いの猶予期限です。その期間内に支払わなければAmazonからメールでキャンセル案内が届きます。

3、PCのトラブルやシステムエラー

出荷準備が始まっているわけでも、コンビニ支払いを選択したわけでもないのにキャンセルエラーが出る場合、システムやPCのトラブルの可能性があります。

まずは、ブラウザのキャッシュとCookieの削除を試してみましょう。ブラウザに情報がたまりすぎると処理が重くなってしまいサイトの読み込みや表示に不具合が起こる場合があります。

上記の方法を試してもエラーが改善されないのであれば、Amazon側に何かしらのシステムエラーが起こっている可能性があります。速やかにカスタマーサービスへ問い合わせるのが良いでしょう。Amazonへの問い合わせは、電話やメール、チャットなどで行うことができます。

Amazonカスタマーサービスへの問い合わせ方

Amazonのシステムエラーが疑われる場合のカスタマーサービスへの連絡方法を確認しておきましょう。

参考までに、「キャンセルリクエストエラー」では以下のような文章が表示されます。

重要なお知らせ

リクエストの処理中にエラーが発生しました。できるだけ早くこの問題を解決いたします。申し訳ございませんが、後ほどもう一度手続きをお願いします。

メッセージにあるように、しばらく経ってから再度手続きしてみてもよいと思いますが、キャンセルリクエストは時間との勝負です。キャンセル可能期限を過ぎる前に解決するためにも、エラーが出たらカスタマーサービスに相談してみましょう。

カスタマーサービスへの連絡方法

それでは、PCからAmazonのカスタマーサービスへの連絡方法を見てみましょう。まず、Amazonのサイトの一番下まで画面をスクロールします。画面内右にある「ヘルプ&ガイド」の一番下「ヘルプ」をクリックしましょう。

すると、「ご希望の操作を選択してください」というページに飛び、カテゴリごとに分かれたヘルプを見ることができます。

今回はヘルプを参考にするのではなくカスタマーサービスに問い合わせたいので、「トピックから探す」項目の中の一番下「問題が解決しない場合は」をクリックします。

すると「カスタマーサービスに連絡」というリンクが出てきますので、クリックしましょう。

お問い合わせフォームに飛ぶことができましたね。ここでは、「1、お問い合わせの種類」と「2、お問い合わせの内容」を聞かれます。それぞれ「注文について」「注文内容の確認、変更、キャンセル」を選びましょう。

そうすると、Amazonのヘルプを参考にするよう促すアドバイスが出てきます。ですが、「キャンセルにエラーが出た場合」のようなヘルプ項目はないので、カスタマーサービスに連絡します。「3、お問い合わせ方法の選択」として「電話」「Eメール」「チャット」と3種類の問い合わせ方法が選べるようになっています。また、それぞれの待ち時間も表示されます。

電話で問い合わせる

お問い合わせフォームから「電話」での問い合わせを選択すると「Amazonからお電話いたします」というページに飛びます。問い合わせたい注文の商品を選択し、自分の電話番号を入力しましょう。

あとは、「今すぐ電話が欲しい」ボタンをクリックして、Amazonから電話が来るのを待つだけです。

チャットで問い合わせる

チャットで問い合わせるを選択すると、別のウィンドウでライブチャットの画面が開きます。

空欄にお問い合わせ内容を記入し、「チャットを開始」ボタンを押しましょう。空欄下にあるチェックボックスにチェックを入れておくと、チャット終了後に会話内容をメールで保存することもできます。

チャットに使用する名前はAmazonのアカウント名になっていますが、すぐ横の「チャットで使用する名前を入力する」から好きな名前に変更することもできます。

Eメールで問い合わせる

「Eメールで問い合わせる」を選択することもできますが、電話やチャットと違って時間がかかるのがデメリットです。飛んだ先の問い合わせフォームには「通常12時間以内にご返答いたします。」と書いてあります。つまり、12時間後に連絡が入る可能性があるということです。以上より、Eメールでの問い合わせは、時間的に余裕のある時に利用する方法と言えます。

Eメールでの問い合わせの具体的な方法は、電話の時と同じように、問い合わせたい注文を選択し、下の空欄に問い合わせ内容を記入します。「1、注文番号」「2、商品の名前」「3、お問い合わせ内容」が問われるので、それぞれ記入できたら「メールを送信」ボタンを押しましょう。

Amazonマーケットプレイスは出品者へ問い合わせよう

Amazonマーケットプレイスに出品されている商品は、Amazon以外の出品者が販売しているものなので、Amazonのカスタマーサービスではトラブルの解決が難しいかもしれません。そのため、出品者へ直接問い合わせるようにしましょう。

注文履歴中にある「出品者へ連絡」という項目から問い合わせます。出品者によっては、問い合わせ先をAmazonのカスタマーサービスに指定していたり、そもそもキャンセルや返品を受け付けていなかったりします。後々のトラブルを回避するためにも、注文前に出品者情報をしっかりと確認しておきましょう。

Amazon Kindleの注文をキャンセルしたい時

Amazon Kindleで誤って注文してしまった時のキャンセル方法も見ていきましょう。

Kindleだけでなく、Amazonには「1-Clickで今すぐ買う」という注文機能があります。本当に1クリックで注文が完了してしまうので、誤操作で注文してしまうミスが頻発します。

そういったことも踏まえてか、Kindleでは注文完了後すぐにキャンセルできるよう「注文をキャンセルする」というボタンを設置してくれています。ですが、それでも「キャンセルリクエストエラー」が起こることもありますので、その際の対処方法についてお話しします。

通常のキャンセル手順

Kindleで書籍を購入した後は、すぐに次のような画面が表示されます。

「誤って購入してしまいましたか?」のメッセージとともに「注文をキャンセル」とう青文字が表示されます。誤って注文してしまった場合は、そこをクリックしてキャンセルしましょう。

注文後すぐに「0円と勘違いしていたけど、通常価格だった!」「紙本と電子書籍を間違えた!」「買うつもりはなかったのに誤って1-Click購入ボタンを押しちゃった!」といった誤りに気づいた場合は、この手順でキャンセルするのが最もわかりやすく簡単です。

「注文をキャンセル」でうまくいかない場合

非常に簡単な「注文をキャンセル」ですが、注文から時間が経っていると、そもそもキャンセルボタンが無かったり、キャンセルボタンを押してもエラーが出てキャンセルできなかったりすることがあります。

その際は、カスタマーサービスに返金依頼をすることになります。返金依頼の際はいくつか注意点がありますので見ていきましょう。

Amazon Kindleの返金ルール

AmazonのヘルプにはKindleの返金対応について以下のように書いてあります。

「Kindleストアでご購入いただいたKindle本は、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限りAmazonの裁量にて返金を承っております。」

大事なのは、「購入間違いであること」「注文から7日以内であること」「Amazonの裁量であること」です。

注文から7日以内というルールはその言葉通りの意味ですが、「Amazonの裁量」とはどういう意味でしょうか?これは、「購入間違いである」という条件にも関わってきます。

最近は、ネットショップでの悪質な返品依頼や受け取り拒否などが問題になっています。そのため、Amazon側はキャンセルリクエストがあった場合、それが悪質なものかどうかを判断しようとします。もちろん、誤操作や紙本と電子書籍の取り違えなどは「購入間違い」として対応してくれますが、返金を何度も繰り返していたり、ありえないと思いますが「読んだけど面白くなかったから」といった理由で返金を要望したりしても受け付けてくれません。

返金を希望する本は読まないこと!

「間違えて購入したのでキャンセルしたい、返金してもらいたい。」と問い合わせるわけですから、読んでしまっていては誤購入と認められにくくなります。

間違って購入した場合は、すぐさま「注文をキャンセルボタン」から自動キャンセルする、それができなかった場合は7日以内にカスタマーサービスへ連絡する、そのような手順を踏んでいくわけですが、その間買った本は読んではいけないし、できればダウンロードもしないほうが良いでしょう。

エラーメッセージってどんなもの?

最後に、Kindleでキャンセルリクエストができなかった場合のエラーメッセージも見ておきましょう。エラーの場合は、以下のようなメッセージが表示されます。

このように、「ご注文のキャンセル時にエラーが発生しました。」と出てくると、「注文をキャンセル」ボタンではうまくいかなかったということです。通常のAmazonの問い合わせと同じように、カスタマーサービスへ連絡しましょう。7日間の猶予があるので、Eメールでの問い合わせでも大丈夫です。

キャンセル依頼は落ち着いてやれば大丈夫!

今回はAmazonで間違って注文してしまった場合のキャンセルの依頼方法や、キャンセルリクエストが通らなかった際の対応方法などについてお話ししました。

キャンセルで大事なことは、すぐ行動することです。早く行動すれば、出荷前にキャンセルすることができるので、いったん届いた商品を返品する手間も発生しません。

ですが、キャンセルできなかったとしても、Amazonのカスタマーサービスに問い合わせれば問題ありません。正当な理由に基づいた問い合わせであれば、返品・返金に対応してもらえるのでご安心ください。

もちろん、注文前にしっかりと注文内容を確認することも忘れないでくださいね。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法」
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田ゆうすけが、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐLINEで限定情報を入手してください。

友だち追加



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る