物販

amazon.comのアカウントを作って、アメリカ版Amazonで買い物を楽しもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Amazonの本家はアメリカのAmazon(amazon.com)です。日本のAmazon(amazon.co.jp)のアカウントを持っていても、アメリカのAmazonで買い物をすることはできません。

この記事では、アメリカ版のAmazon(amazon.com)のアカウントの作成方法などをご紹介しています。これを機会にアメリカ版Amazonでの買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

アメリカのAmazon(amazon.com)のアカウント作成方法

アメリカのAmazonを利用するためには、amazon.comのアカウントを作成する必要があります。Amazonのアカウントは、日本と中国は別扱いですが、他の国では共通に管理されています。つまり、amazon.comのアカウントを作成しておけば、他の国のAmazonも利用することができます。

米Amazonにアクセス

まずは、amazon.comにアクセスしましょう。普通にアドレスを入力しても、もちろんアクセスできますが、日本のAmazon(amazon.co.jp)からも飛べるようになっています。日本のAmazonのページを一番下までスクロールさせてください。

「日本」と書かれたボタンを押す

一番下までスクロールしたら、「日本」と書かれているボタンがあります。

これを押すと、各国のAmazonを選択できます。

各国のAmazonの選択画面へ

「日本」のボタンを押したら、以下のような画面が表示されているはずです。

画面にあるように、ここから各国のAmazonが選択できます。

米Amazonを選ぶ

今回の場合、目的はアメリカのAmazonですから、「アメリカ合衆国(United States)」を選択します。

決定ボタンを押す

画面右下の「サイトを選択」が決定ボタンに当たります。

押してみましょう。

米Amazonが表示される

以下のように、アメリカ版のAmazonが表示されます。

次は、アカウントの作成手順です。

アカウント作成手順1

米Amazonのトップページが表示されると「Sign in」という表示が出ています。そして、その下には青字で「Start here」とあるのが確認できます。この青字をクリックしてください。

なお、「Sign in」はしばらくすると消えてしまいますが、「Account & Lists」とあるところにカーソルを合わせれば再度表示されます。

アカウント作成手順2

先ほどの「Start here」をクリックすると、以下のような必要事項を入力する画面が表示されます。

上から、名前、メールアドレス、パスワード、パスワードの再入力です。パスワードは最低6文字の入力が必要です。

アカウント作成手順3

上記の4つの必要事項の入力が終わったら、下の方にある「Create your Amazon account」を押してください。

Amazonから登録したメールアドレスに確認用のコード(6桁の数字)が送られてきます。これを入力すると、Amazonにログインできるようになります。これでアカウントの作成は終了です。

アカウント作成手順4

Amazonにログインしたら、以下のような画面のページに移ります。

右上の方に「Hello,~」とありますから、「~」に自分の名前が表示されているか確認してください。

米Amazonの特徴

この記事の最初の方でも指摘しましたが、アメリカのAmazonのアカウントは、他の国のアカウントとも共通になっています。つまり、アメリカのAmazon(amazon.com)でアカウントを作っておけば、別にアカウントを作り直す必要がありません。各国のAmazonに興味がある人は、アメリカのAmazonのアカウントを作った後で試してみてください。

アカウントが共通な各国のAmazonについて

アカウントが共通な各国のAmazonには、以下のようなものがあります。

アメリカ合衆国(amazon.com)
アラブ首長国連邦(amazon.ae)
イタリア共和国(amazon.it)
インド共和国(amazon.in)
オーストラリア(amazon.com.au)
オランダ王国(amazon.nl)
カナダ(amazon.ca)
スペイン(amazon.es)
ドイツ連邦共和国(amazon.de)
トルコ共和国(amazon.com.tr)
ブラジル連邦共和国(amazon.com.br)
フランス共和国(amazon.fr)
メキシコ合衆国(amazon.com.mx)
英国(amazon.co.uk)

なお、日本(amazon.co.jp)、中華人民共和国(amazon.cn)は、別アカウントによる管理となっています。

米Amazonで買い物をする方法

アメリカ版のAmazonのアカウント登録を済ませたら、さっそく買い物に挑戦してみましょう。

サイトは当然英語で表記されているので慣れない内は不安もあるかもしれませんが、幸いなことに、Amazonのサイトの作り方は各国のサイトでほとんど違いがありません。

日本のAmazonで買い物をしたことがある人であれば、それほど戸惑うことなく、アメリカのAmazonでも買い物をすることが出来ます。

欲しい商品を探す

まずは商品の探し方です。下の画像にもあるように、Amazonの画面の上部には検索窓(検索ウインドウ、検索ボックス)があります。欲しい商品の名称やメーカー名、ブランド名などをここに打ち込んで検索ボタンを押すことで、商品検索が出来ます。

もっとも、ここに入力するのは当然英語ですから、英語表記が分からなかったりする場合もあるでしょう。こんな場合は、カテゴリから選んでいく方法もあります。

メニューの中に「Departments」がありますから、この上にカーソルを合わせてください。カテゴリが表示されます。ここから小さなカテゴリを順番に選んでいくと、欲しい商品のカテゴリにたどり着きます。

日本のAmazonと同じように売れ筋ランキングもあります。米Amazonでの表記は、「Amazon Best Sellers」です。

商品の評価をチェックする

欲しい商品が見つかったら、その商品を実際に購入した人の評価もチェックしておくと安心です。米Amazonでもカスタマーレビューが掲載されています。商品ページを開いたときに、タイトルの下に「customer reviews」とあります。

ここをクリックすると、評価の詳細を確認できます。もっと多くのコメントを読みたいときは、「5 star」などの書かれたところをクリックしてください。

以下のように、それぞれの星をつけた人のコメントを読むことができます。

商品を購入する

評価もチェックして、その商品を買うと決めたら、具体的な購入手続に入っていきましょう。日本のAmazonと基本的には同じやり方です。

商品ページの右側にある「Add to Cart」を押してください。他にも出品者がいる商品の場合は、下の方に掲載されている「Other Sellers on Amazon」の欄に青い文字で表記してある「Renewed~」をクリックして確認します。

なお、本を購入する場合には、商品ページを開く前にKindleunlimited(月額の読み放題サービス)の案内が出ることもあります。「No, thanks」を押せば、先に進みます。

「Add to Cart」を押したら、商品がカートに入ったこと確認する画面が表示されます。他にも購入したい商品があるときは、そのまま商品を探すこともできますし、他に買うものがなければ、「Proceed to checkout」で決済手続に移ります。

表示画面が変わったら、配送先の住所を指定します。画面に表示されているAmazonに登録された住所に発送する場合は、「Deliver to this address」を押せば大丈夫です。

「Add a new address」で新しい住所を指定することもできます。友人にプレゼントを贈りたい場合には、友人の住所を入力してください。

なお、アメリカのAmazonでは、配送方法は3段階に分かれていて、配送にかかる期間が変わります。配送料も順に高くなります。

配送方法配送にかかる期間
Standard Shipping9~14営業日
Expedited Shipping6~10営業日
Priority Shipping2~4営業日

日本に直送してくれない場合は

配送方法も選択したら、送料も含めた金額が表示されます。とくに問題がなければ、「Place your order in JPY」をクリックしてください。JPYは日本円のことです。

なお、出品者によっては、配送はアメリカ国内だけで日本への直送は行っていない場合もあります。このような場合は、転送業者や輸入代行業者を使いましょう。手数料はかかりますが、アメリカ国内で一旦荷物を受け取って、そこから日本に発送してくれます。

アプリで簡単に買い物できる「Amazon International Shopping」

これは、アプリ版だけの機能なのですが、日本にいながら米Amazonの品物が簡単に買えるInternational Shoppingという機能が追加されました。この機能についても簡単に説明します。

国内のショッピングサイトを使う感覚で利用できる

これまで説明してきたように、アメリカのAmazon(amazon.com)にアカウント登録して買い物をするのも決して難しくはありませんが、スマホで簡単に利用できるとすると、International Shoppingの方が手軽だと感じる方が多いはずです。日本でも売れそうな商品を見つけて国内のフリマアプリなどを使って販売すれば、ちょっとしたお小遣い稼ぎをすることも簡単にできます。

取り扱っている商品は、4500万点以上です。個人輸入がぐっと身近になる機能です。

日本までの配送日数は

配送にかかる日数は、配送方法によっても変わってきますが、最短では2~4日くらいで到着します。これは、国内で東京から北海道や沖縄に荷物を送るときと同じくらいか、場合によってはそれより早いくらいです。

3つの配送方法

International Shoppingを使った場合も配送方法は3種類です。基本的に早く着くものほど価格が高く、配送に時間がかかるものほど価格が安くなります。

先ほども書きましたが、最も早いものでは国内の配送とほとんど変わらないくらいのスピードで荷物が届きます。最も遅い配送方法を取った場合でも3週間程度あれば到着するので、急ぐ必要がなくコストを抑えたい場合は、遅い配送方法を利用してください。国内で荷物を送る場合と同じように、送る品物のサイズや重さによっては、追加料金がかかります。

まとめ

アメリカのAmazon(amazon.com)のアカウントの登録方法などを中心に説明してきました。ここまで読んでわかることは、アメリカのAmazonも日本のAmazonもサイトの作り方はほぼ同じなので、日本のAmazonを使っている人であれば、多少英語が苦手でも何とか注文できます。

日本のAmazonを使っても、アメリカで売られている商品は並行輸入品などの形で手に入れることができるケースも多いですが、その多くは割高な価格になっています。amazon.comで注文するのは少し面倒ではありますが、平行輸入品を買うよりも安く済む場合が多いので、手間を惜しまなければお得に買い物をすることができます。

もちろん、平行輸入品などの形でも日本に入ってきていない商品もあるので、直接アメリカのAmazonで商品を探すのも楽しいです。実際にやってみるとそれほど難しいものではないので、この記事を読んで興味を持ったら、是非アカウント登録をするところから始めてみてください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法