物販

1円オークションには罠が潜んでいる?ヤフオク!で入札する際の注意点を解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事では、ヤフオク!のオークションに潜む罠について解説します。「罠」というと少し大げさかもしれませんが、ヤフオク!では何も知らずに落札すると、不当に高い値段で落札させられてしまうことがあります。巧妙な出品者の罠に引っかかって損をしないために、この記事をしっかり読んで、上手に落札するようにしてください。

ヤフオク!で不当に高い価格で落札をしないために

ヤフオク!は、オークションで商品の値段を決めるサイトです。つまり、落札価格が一番高かった人が商品を手に入れられる仕組みです。これを悪用する出品者がいるので注意をしなければいけません。

出品者の自作自演に騙されるな!

ヤフオク!はオークションですから、落札希望者が複数いれば、価格は徐々に競りあがっていきます。このこと自体は正常なものなのですが、出品者が自分の商品に入札をして価格を操作しようとする不正が行われていることがあります

例えば、本来であれば1000円くらいの落札相場の商品を、相場の何倍もするような高い金額で出品者が自ら入札するのです。冷静になれば、相場よりも異常に高い金額なら入札を控えればよいのですが、オークションに熱くなっていると、つい不当に高い金額で入札をしてしまうことがあります。こういった行為を「吊り上げ」といいます

吊り上げ行為がなされると正常なオークションが行われなくなるので、ヤフオク!でも禁止しています。具体的には、禁止事項として「自身の出品したオークションに入札行為を行うこと。なお、入札の成否を問いません。」と「ヤフオク!ガイドライン細則」に書かれています。

更に例として「偽名を使用したり第三者を通したりするなどして商品等に入札する」とも書かれているので、自分自身が偽のアドレスで入札するだけでなく、仲間を使って吊り上げを行うことも禁止されています。

もっとも、別アドレスを用意して入札を行うことは、簡単にできる行為ですし、偽アドレスであることを見抜くもの難しいので、吊り上げを完全に無くすことは難しいと考えられます。

更に巧妙な吊り上げ行為

この吊り上げですが、複数の偽アカウントを使うと、もっと巧妙に行うことが出来ます。複数のアカウントを使って、徐々に値段が競りあがっているように装うわけです。複数の人が競り合っていると印象付けることで、商品が魅力的なものに感じられ、つられて入札してしまう人が増える可能性が高まります。

こういった吊り上げ行為によって不当に高い値段で買わされないようにするためには、最初に予算を決めておいて、それ以上の値段のときは買わないようする方法があります。大事なのは、熱くなりすぎず、冷静な気持ちでオークションに参加することです。

なお、吊り上げ行為をした場合、最終的に一番高値を付けたのが偽アカウント(つまり、出品者自身)になることがあります。このような時、出品者は「落札者と連絡が取れなくなった」といって、次点となっていた入札者に「あなたが入札した価格でお売りしますが、いかがでしょうか」といったような連絡をしてきます。

このような順位が繰り上がって落札する繰上げ落札は、普通にオークションが行われた場合にも起こりえることですが、吊り上げ行為の結果として起こった場合は、出品者からの連絡にイエスと答えると、相場よりも高値で買わされることになります。もし、こういった事態に遭遇したら、その価格で納得するのであれば買っても構いませんが、一旦冷静になってよく考えて、相場よりも高値になっていて納得できない場合は、申し出を拒否しましょう。

自動入札を悪用した手口も

自動入札を利用して、入札者に必ず最高入札額まで支払わせる手口もあります。自動入札というのは、予算の上限(最高入札額)に達するまで、自動的に価格を上げながら入札をする仕組みです。ヤフオク!の入札は、自動入札によって行われます。

例えば、他に入札者がいない現在価格が2,000円のオークションがあったとします。このオークションに、最高入札額4,000円の人(Aさん)が入札した場合、入札価格は、入札単位100円が加算された2,100円となって、他に入札者がいなければ、Aさんが落札します。

ちなみに、この加算される入札単位は、現在価格によって決まっていて、現在価格1,000円から5,000円のオークションの場合は100円です。この例の場合、入札後の現在価格は2100円に更新されます。この時点で、他に3,000円を最高入札価格で入札する人(Bさん)がいた場合、今度はAさんの入札価格を3,100円に自動的に変更して、入札がなされます。これが、最高入札額である4,000円に達するまで繰り返されるわけです。

悪意がある出品者がこれを利用すると、入札者の最高入札額を知ることができます。例えば、先ほどの例で、出品者が偽アカウントを使って6,000円の最高入札額で入札すれば、入札価格は、Aさんの最高落札価格に100円を加えた4,100円になります。つまり、出品者は4,100円で落札したという情報があれば、Aさんの最高落札価格が4,000円であったことが推理できてしまうわけです。

最高落札価格が分かったら、偽アカウントの落札を取り消して、別のアカウントで今度は3,900円で入札します。そうすると、自動的にAさんの入札価格は4,000円となり、出品者は、Aさんから引き出せる最高の価格で商品を売ることができたということになります。

この場合、Aさんとしては、もともと自分で出せると思っていた額(最高入札額)で落札しているのですから、損はしていないと言えなくもありません。しかし、本来であれば、もっと安値で落札できた可能性もあるので、やはり不利益があったと考えるべきでしょう。

このような自動更新を使った不正行為に引っかからないためには、最高入札価格を最初は低めにしておいて、オークションの流れを見ながら調節していくことが有効です。

吊り上げ行為に引っかからないためには?

ここからは、いわゆる吊り上げ行為を見抜く方法についてご紹介します。

入札者のIDに注目する

もし、あなたが落札しようとしているオークションに、あなたが入札すると直ぐに少し高い金額を即座に入札してくる人がいたら、吊り上げ行為を疑った方がいいかもしれません。もっとも、単に上のような状態が続くだけなら、「あなたが落札しようとしている商品を是非とも欲しい人がもう一人いて、熱心に入札を繰り返しているだけ」という可能性もあります。

そこで、こういった場合は、入札者のIDを調べてみましょう。そのIDの評価が全くないかごく少数だった場合、それまでにオークションに参加経験がほとんどないIDということになるので、出品者が吊り上げのために用意した偽IDかもしれません。

他の商品もチェックしてみる

もし、偽のIDを使っている可能性が疑われたら、その出品者が出品している他の商品もチェックしてみましょう。他の商品でも同じIDから同様の入札が行われていたら、吊り上げ行為の可能性が高まります。

偽のIDについては、複数用意しているかもしれないので、同じIDが使われていなかったとしても、それだけで吊り上げ行為の疑いが晴れるわけではありません。

繰上げ落札の場合は要注意

この点は、前にもお話ししましたが、吊り上げが行われた場合、出品者自身(あるいは、出品者が用意したサクラ)が、落札者になるケースがあります。このようなときは、出品者は落札をキャンセルして、次に入札価格が高かった人に連絡してきます。

この場合、落札価格は一般的な相場よりも高くなっている可能性がありますから、もう一度、その価格で満足なのか再検討してみてください。

最高入札額は、最初から高くしない

この点も上で指摘済みですが、最高入札額は最初は控えめにしておきましょう。この値動きを注視している暇がない人は、最初から予算額一杯の最高入札額にしてしまいがちですが、これでは吊り上げの絶好のターゲットになってしまいます。できるだけ、最高入札額はオークションの様子を見ながら少しずつ上げていくようにしましょう。

オークションを見ている時間的な余裕がない人は、仮に吊り上げが行われて最高入札額で落札することになった場合でも後悔しないか、よく検討しておいてください。

入札する商品の相場を調べておく

もしかすると、これが一番の対策かもしれません。ヤフオク!で欲しい商品を見つけたときは、すぐに入札をするのではなく、過去に落札された結果を見て、大体の相場を調べておきましょう。オークファンのようなサイトを使えば、過去の落札価格の平均も簡単に知ることができます。

参考:オークファン

相場を知っていれば、必要以上に高値で落札してしまうこともなくなりますし、予算を考えるときの参考にもできます。更に言えば、相場が分かっていれば、フリマ出品された商品の値下げ交渉をすることもできます。オークションをより楽しむためにも、相場を知っておくことは重要です。

最低落札価格が設定されたオークションについて

落札に関係するものとして、最低落札価格についても見ておきます。最低落札価格は、出品者が有料オプションで設定できるものです(自動車、オートバイなどのカテゴリーでは無料で設定できます)。

最低落札価格が設定されていると、「最低落札価格に達していません」と表示されるので、設定されていることは入札者にも分かりますが、具体的にいくらに設定されているかは入札者には分からない仕組みになっています。

入札があればオークション終了後に価格が判明

最低落札価格は、オークションに入札がなかった場合は最後まで明らかになりません。入札があった場合には、オークション終了後に「現在の価格」が最低落札価格に置き換わるので、この時点で価格が判明することになります。

ただし、自動再出品が設定されている場合は、やはり最低落札価格は明らかにならずに、再出品されます。先ほども書いたように、自動車やオートバイのカテゴリーでは最低落札価格を無料で設定できるので、多くの商品で設定されています。

出品者に直接聞いてしまう方法も

このように最低落札価格はオークション終了まで明らかになりません。しかし、どうしても知りたい場合は、出品者に問い合わせてみるという方法もあります。

これはヤフオク!のガイドラインなどで禁止されている行為ではありません。ただ、出品者には答える義務があるわけではありませんから、そのまま無視されることもありますし、最悪ブラックリストに入れられて、その出品者のオークションに参加できなくなる可能性もあります。また、教えてくれる出品者の場合でも、公開の場で教えることは避けたいので、「個別にメールアドレスを連絡してくれたら教える」といった対応になることが多くなります。

最低落札価格の存在意義

最低落札価格というのは、入札する側にとっては、なんだかモヤモヤする制度です。1円オークションで、「安く買えるかも」と思って入札していても、最低落札価格が思ったよりも高値だと、結局落札することができず、残念な思いをすることになります。

もっとも、出品者側の「最低でもこの値段でなければ売りたくない」という気持ちは理解できると思います。「即決価格を使えばいいじゃないか」と思われるかもしれませんが、この場合は、それ以上の高値になる可能性を放棄することになります。

入札者の側からすると、出品者にばかり有利な制度に思えてしまうかもしれませんが、この制度があるから、安心して出品できるという面も否定できません。出品するにせよ、入札するにせよ、最低落札価格の制度をよく理解して、上手に使うようにしてください。

1円オークションに出品する意味

開始価格1円からスタートするオークションのことを1円オークションといいます。順調に価格が競り上がっていけばいいのですが、上手くいかないと最悪1円で商品を売ることになるオークション形式です。

出品者にとってはリスクが大きいオークションに見えますが、なぜ1円で出品するのでしょうか。それは、1円オークションに出品することには、それなりの意味があるからなのです。

他のオークションの集客に繋げる

1円オークションをすると、入札者が多く集まります。1円オークションに興味がある人は、安い商品を探しているので、同じ出品者の他のオークションについても興味を持ってくれる可能性が高いといえます。つまり、1円オークションをきっかけに、自分のオークション全体に人を集めることが期待できるのです。

上位に表示される可能性が高まる

ヤフオク!のオークションは、表示される順序をソートして並び替えることができます。「価格の安い順」に並び替えることができるので、安い商品を探している人は、この機能を使います。そうすると、1円オークションは上位に表示され、興味を持ってもらえる可能性が高まります。

入札数を増やす

オークションの場合、誰も入札していない商品には、興味を惹かれにくいものです。逆に、入札数が多いと、「人気のある商品なのかな」「お買い得の商品なのかな」と興味を惹かれます。

このように入札数が多いということはそれだけでメリットがあるので、入札数を増やすための手段として1円オークションを用いる意味があります。

価格の競り上がりを期待

オークションというのは不思議なもので、一度入札をすると、その商品を欲しいという気持ちだけでなく、落札すること自体に対する欲のようなものが生まれます。この「落札したい」という気持ちを持つ人が増えると、高値が付く可能性が高まります。

このような出品者にとって良い流れを生むためには、まずは入札者の数を集めることが効果的です。そして、そのためには、1円オークションが適しています。

良い出品者であることをアピールできる

1円オークションをして、最低落札価格も設定していないとなると、商品の価格は純粋に入札額によって決まります。落札価格が低いと出品者は損をすることになりかねませんが、オークションの結果を全面的に受け入れることを表明することで、入札者の好感度が上がります。

好感度を上げることができれば、リピーターになってくれる可能性も上がるので、1円オークションには、一種の宣伝効果もあることになるわけです。

新規の顧客を掴む

初めてオークションに参加するようなヤフオク!初心者にとって、1円オークションは、とりあえず入札してみるのに適当なオークションになります。

このような初心者を新規の顧客として取り込むための入り口としても1円オークションは効果的です。

在庫処分ができる

なかなか売れない不良在庫であっても、保管スペースは必要ですし、何の管理もしないというわけにもいきません。つまり、不良在庫には、保持しているだけで無駄なコストがかかっています。そこで、不良在庫は、仮に多少の損をしてでも売り切ってしまった方が結果的には得になるということが多々あります。

このような場合には、1円オークションにかけてしまえば在庫は一掃できて、これまでに書いてきたような宣伝効果なども見込めて、出品者にとっては利益があります。このように1円オークションは、出品者にとっても意味があることなのです。

1円オークションを使った戦略

上に書いたことと重複する内容も含みますが、1円オークションを使った戦略について見ていきましょう。入札する側にとっても、1円オークションの裏にある出品者の意図を知っておくことは、オークションを利用する上でプラスになります。

集客を狙う

既に指摘済みですが、1円オークションには大きな集客効果が期待できます。仮にそのオークション単体では赤字になったとしても、顧客を集めることができれば後の利益に繋がるという戦略です。

露出を増やす

この場合の露出というのは、ヤフオク!に長期間掲載されていること、つまり出品日数が長いことを指します。1円オークションにかけることで人が集まります。その状態で出品日数を長くすれば、人目につく機会が増えて、宣伝効果が上がるという戦略です。

価格調査の代替手段として使う

これは例外的な使い方かもしれませんが、一度1円オークションに出してみて、その商品の市場価値を測るという使い方です。オークションの結果を次回以降の出品の参考にしようという戦略です。

送料で儲けを出す

この手段は、かつてAmazonの1円出品で使われていた方法です。以前はAmazonの配送料は商品カテゴリーごとに固定されていたので、送料の実費との差額が利益になっていました。

もっとも、配送料の決定方法が変わった現在では、このような形の出品は減ってきています。ヤフオク!では基本的にこの方法で儲けを出すことは行われていませんが、念のため送料についてもしっかりチェックしましょう。

まとめ

ヤフオク!で行われている出品者による価格の吊り上げや、最低落札価格、1円オークションを開催する意味などについて解説してきました。

オークションで落札するのは楽しいものですが、中には裏がある出品者もいます。あまり神経質になる必要はありませんが、この記事でご紹介したような手口にはのらないようにして、適正な価格で落札するようにしてください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法