スキル

ビジネスで失敗する人の共通点!ビジネスを成功させるためにできることとは

起業するにあたって、準備に準備を重ねたにもかかわらず失敗してしまう人がいます。

なぜ、このようなことになってしまうのでしょう?

失敗する人達には失敗する共通の理由があるのですが、本人はなかなかその理由に気づけていません。

今回はビジネスで失敗する人の共通点についてご紹介しようと思います。ご自身が当てはまっていないか、是非チェックしてみてください。

ビジネスで失敗する人の共通点

現在、起業することが簡単になり、独立を目指す人が増加しています。しかし、実際に成功している人はそこまで多くありません。

前述のとおり、事業を失敗してしまう人には、いくつかの共通点がみられます。早速、その共通点を見ていきましょう。

他力本願な人

ビジネスでは、自分で考え実行する行動力が必要です。

ビジネスで上手くいかない人は他力本願である場合が多いです。他力本願には二つのパターンがあります。

1つ目が、業務の一部を人に任せる場合。この場合、失敗を人のせいにしてしまう傾向があります。成果が出ないことを他人のせいにして文句だけ言う人は成功できません。

2つ目が、人に丸投げするパターン。儲かる話に乗って出資だけするパターンです。何の知識もなくただお金だけ出している人も成功できません。

ビジネスで人の力を借りることは大切です。しかし、自分にも知識がなければなりません。

「自分はわからないけど、この仕事をお願いします」では、失敗は目に見えています。

大切なことは、自分も知識を身につけたうえで人を動かすことです。知識がなければ正しい決断や行動を生み出すことはできません。

ビジネスのスキルがない

ビジネススキルがなければ成功はあり得ません。にもかかわらず、ビジネススキルがないまま勢いで起業してしまう人が大勢います。

ビジネススキルには「対人スキル」「対課題スキル」「対自己スキル」などがあります。

対人スキルとは、人に対するスキルのことで、コミュニケーション能力や営業力、会話力などが代表的なものです。

対課題スキルは問題解決や生産性の向上などに対するスキルです。

対自己スキルはセルフマネジメントのことで、アンガーマネジメント(怒りのコントロール)などが挙げられます。

どのスキルが欠けていてもビジネスは成立しません。

ブランディング力が欠けている

ブランディング力とは、簡単に言うと自社ないし自社製品をブランド化する能力のことです。

例えば、家電を買うとき、国内有名ブランドの製品と、聞いたこともないブランドの製品があった場合、多くの人は価格を考慮してもブランド力のある製品を手にするでしょう。それほど、ビジネスをする上でブランディングは重要なのです。

行動しない

行動しない人にビジネスでの成功はありえません。

「行動しているのに成果が出ない」という人は、一度自分の仕事内容を見直してみましょう。

例えば、自分の限界を勝手に決めてしまっていませんか。

心当たりのある人は、思いついたことは即行動に移す限界を決めずに可能な限り行動する自分に厳しくする、以上3点を意識してみてください。

ビジネスで失敗する5つの法則

コカ・コーラ社の元社長、ドナルド・R・キーオが著した「ビジネスで失敗する10の法則」という本があります。

成功例をマネしても成功するとは限らないが、失敗例をマネすると失敗するとドナルド・R・キーオは言いました。

彼が示したビジネスで失敗する法則について見ていきましょう。

1.リスクをとるのを止める

新しい世界を目指して現在のアメリカへ渡ったヨーロッパ人がアメリカ人の祖先だといわれています。

その当時、海を渡ることは相当なリスクを伴うものでした。しかし、そのリスクを取った人たちが現在のアメリカの礎を気づいたのです。

リスクを取らないという選択もあるでしょう。しかし、 リスクをとるのを止めてしまっては発展は難しくなります。これはビジネスにも当てはまります。

経営者になると、リスクをとることが怖くなる時があるでしょう。しかし、リスクを取らない人は、ある程度はうまくいっても、それ以上の発展を目指すことは難しくなります。安全なところにいるだけでは競合相手に追い越されてしまうものなのです。

2.柔軟性がなくなる

柔軟性がなければビジネスの発展は望めません。

特に専門的な職業の場合、専門分野以外のことが目に入らなくなり、結果として思考が硬直化しがちです。

そのような場合でも外部から専門外の人間を入れるなどしていれば、個性のぶつかり合いの中で新たなケミストリーが生まれるものですが、思考パターンが同じ人ばかりが集まってしまうと柔軟な考えが出にくくなってしまいます。

このような事態を避けるためにも、自分の頭が固くなっていないか常に観察しておきましょう。

3.部下を遠ざける

社長が部下を遠ざける環境では、ビジネスの発展を望むことはできません。

ただし、なれ合いの関係がよいわけではありません。

いたらぬ点を監督・指導しつつも、部下の意見を取り入れるなど、よい関係性を築くことが大事です。

社長と部下の関係性が悪いと、部下は社長とのコミュニケーションを避けるようになってきます。

すると、社長が知らなくてはいけない事情を知ることができなくなってしまいます。

部下から社長に話しかけるのは難しいものです。そのため、社長の方から部下に話しかけるようにして些細なことでも報告しやすい環境を作っていくことが大切です。

4.自分は絶対に正しいと考える

自分は絶対に正しい、自分に間違いはないという考えは改めなければなりません。

人間一人の能力など、たかが知れているものです。

自分が絶対だと考えているようでは他人の知恵を活用することができないので、そのうち困った事態に陥るのは必然です。

経営者だからといって驕らず、部下のほうが正しい場合もあることを肝に銘じておきましょう。

5.反則すれすれの経営を行う

近年、コンプライアンスが大きな問題となっており、企業側を訴える社員も増加している中、反則すれすれの経営を行っているようでは危うさが伴います。

合法なのか違法なのかをよく見極めましょう。反則すれすれのところではなく、合法であることが大切です。

社員は違法行為に気づいても組織に警告することをためらいます。警告した結果、左遷や退職を強要される危険があるためです。

立場の弱い社員は、会社が決めた方針通りに働くしかないのです。

経営者として、クリーンな環境づくりが大切です。

起業を成功させる心得

起業を成功させるにはいくつか大切なポイントがあります。

・副業から始める
・資金は最小限にとどめる
・小規模で始める

これらのポイントについて解説します。

副業から始める

何か事業を起こそうと思い立ったとしても、まずは副業から始めてみることをおすすめします。

現在正社員として就業しているのなら、退社後や休日を利用して小さくビジネスを始めてみましょう

ビジネスを始めるのに24時間365日が必要なわけではありません。まずは副業から細々と始めてもよいのです。

独立するのは、しっかりとしたビジネスモデルや安定した収入源を確保できてからでも遅くはありません。

まず、起こそうと思っているビジネスが空き時間を利用してできないものか考えてみましょう。

投資すべきところにお金を使う

起業するには何かとお金がかかります。にもかかわらず、大きな事務所を構えたり、人を大勢雇ったりする人がいます。これでは早晩資金がショートするのは目に見えています。

最初は最低限必要なものと最小限の人数で始めれば十分です。

そして、技術開発など、投資すべき分野に投資するべきです。無駄なことにはお金を使わないよう心得ておきましょう。

無理に事業を大きくしない

無理して事業を大きくしようとすると、失敗する可能性が高まります。

自宅の一室で始めた事業が成功したことから、都心に大きなオフィスを構えようとする人がいます。その結果、自宅なら必要なかった高額の賃料や固定費がかかるようになり、資金繰りが悪化して倒産という失敗例は多く存在します。

小規模の事業でも成功している人は成功するものです。

雇用人数を増やす、オフィスを拡大するということは、それだけリスクを伴うものだということを心得ておきましょう。

ビジネスの失敗例

つづいて、ビジネスで実際に失敗した例を見ていきましょう。

ビジネスを広げすぎる

手を広げすぎると、経営状況も危うくなります。

経営者は、自分のビジネスにできる限りの時間を費やさなければなりません。ビジネスの手を広げてしまうと、すべてが中途半端になってしまう可能性があります。

小さくても、ひとつのことに集中できる環境のほうがビジネスは成功しやすくなります。

合併は慎重に

ビジネスをしていると、合併の話も出てくるかもしれません。合併は正しく行えば事業に好影響をもたらすでしょう。

しかし、合併によって無駄な税金を払う羽目に陥ることもあります。

どの企業と合併することがベストなのか、外部の専門家に相談するなどして慎重に考えましょう。

ビジネスパートナーに注意する

ビジネスの世界では相手が本当に信頼できる人なのかを見極める必要があります。

ビジネスパートナーだからといってすべてを打ち明ける必要はないのです。信頼している人に裏切られた、お金だけ搾取されたというのは、ビジネスではよくある話です。

雇う人間を見極める

ビジネスが大きくなってくると、人を雇う必要が出てきます。知人にあたったり、求人広告を出したりして従業員を探すことになるでしょう。条件によっては多くの応募が来るかもしれません。その際、どの人を雇用するかは経営者の判断にゆだねられています。知人や周りの人が進める人が必ずしもよい従業員であるとは限りません。しっかりと人物について調査し、自分の目で見極める必要があります。

優しいだけの経営者では務まらない

経営者と従業員の関係は良好であるべきですが、ときには厳しさも必要です。

経営者が厳しくなければ、経営者の目が届かないところで従業員が手を抜くこともあります。

従業員に課題を与え、成果を出させることでいい加減な仕事はしなくなります。遅刻や手抜きはもちろん、従業員としての心構えをしっかり指導することが大切です。

起業に失敗する人の共通点

ここからは、起業に失敗する人の共通点を見ていきましょう。

目的が明確でない

起業するにあたり、明確な目的がなければ失敗する可能性が高まります。「かっこいいから」「会社を辞めたいから」そのような曖昧な理由で起業するのは間違いです。

起業するのであれば、目的を明確にしておきましょう。なぜその事業を行いたいのか、事業を起こした先に何があるのかを明確にすることで、ビジネスの進むべき未来が見えてくるでしょう。

ビジネスモデルをあてにしすぎる

成功者のビジネスモデルを参考にするのはよいことです。しかし、ビジネスモデルだけを頼りに起業する人も失敗する傾向にあります。

ビジネスモデルはあくまでもモデルであり、それがすべての企業に当てはまるわけではないのです。

ビジネスモデルを参考にしつつも、経営についての知識と事業を広めたいという強い意欲が必要です。

ビジネスモデルを模倣して自分も成功した気になっていてはいけません。

経営の知識がない

起業に必要不可欠なものの一つが、経営の知識です。

どんなに良いアイデアがあっても、経営の知識がなければビジネスは失敗してしまうでしょう。アイデアや勢いだけで起業してはいけません。

実行力がない

何かアイデアを思いついたとき、すぐに実行する力が必要になります。

ビジネスの先駆者となるには、誰よりも早く実行する力が大切。実行力がなければ、アイデアだけで終わってしまう、またはほかの人に実行されてしまう可能性もあります。

失敗例から学ぼう!

思い付きや勢いで起こしたビジネスは失敗に終わりやすい傾向があります。

起業をする前にはしっかりと準備をし、失敗を招かないよう注意してください。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
など専門家が独自に入手した、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。