物販

PayPalへのチャージ方法と、ポイントサイトで貯めたポイントをPayPalを経由してお金に交換する方法

海外で買い物をする際の決済にPayPalを利用する人は多くいます。
ただ、PayPalを使った支払いに慣れていない人だと、PayPalへのチャージ(入金)方法がいまいちわからないかもしれません。

そこで今回は、PayPal残高へのチャージ方法を紹介します。

PayPalへの入金方法

PayPalは世界中の人が利用しているオンライン上の決済サービスです。
PayPalは年会費無料で利用できるため、今までにPayPalを利用されたことのある人も多いでしょう。

PayPalについて

PayPalのアカウントを作っておけば、海外通販の支払いにも使えるのですごく便利です。

しかし、PayPalは銀行とは違うのでお金を預けることはできません
また、複数のアカウントを作ることもできません

登録方法

PayPalはブラウザもしくはアプリから登録をすることができます。

  1. アプリをダウンロードして、画面右下の新規登録を押す
  2. 電話番号を入力し、SMS認証をする
  3. メールアドレスとパスワードの入力をする
  4. 国籍、名前、生年月日を入力する
  5. 住所を入力します。

これで登録が完了します。
PCから登録する場合は1の代わりにアカウントの種類を選ぶ画面が表示されます。
アカウントの種類については後述します。

PayPalアプリについて

アプリはiOS版とAndroid版の2種類がリリースされており、世界中で使用されています。
PCブラウザからの操作と遜色なく素早く便利に使うことができます。

全体評価は4.5以上と高いものの日本語で書かれたレビューは低評価が多く主にサポートとうまくやり取りが出来なかったというものがほとんどでした。

登録できる支払い方法

また、PayPalは電子マネーとも異なります。
電子マネーであれば、あらかじめお金をチャージしておかなければ使えません。
しかし、PayPalでは、事前に登録してある支払い方法で支払うことになります。

支払い方法は、PayPalのアカウントを開設する際に登録しておきます。
登録できるのは、

  • クレジットカード払い
  • デビットカード払い
  • Visaプリペイドカード払い
  • 銀行口座振替

です。クレジットカードをお使いの場合は三井住友VISAカードが安心でしょう。

参考:三井住友VISAカード

銀行口座振替ならPayPay銀行をオススメします。

参考:PayPay銀行

支払い専用でPayPalを使うなら、「残高」は気にしなくて良い

PayPalで自分の情報を確認すると、「残高」という項目があります。
PayPalでは支払いの前にチャージする必要がないにもかかわらず、なぜ「残高」があるのでしょうか。

「残高」は誰かから支払いを受け取った場合にのみ反映される計数です。
したがって、支払専用でPayPalを利用する人は、「残高」項目を気にする必要はありません

他の人からの入金について

上述のように、誰かから入金や送金があった場合は、「残高」にその金額が反映されます。
その金額を受け取ることもできますが、個人アカウントで10万円以上を受け取る場合は本人確認手続きが必要となるので、注意しましょう。

ちなみに、ビジネスアカウントを作成すれば、新規登録後30日間は本人確認手続きなしで代金を受け取れます。

PayPalで代金を受け取る方法

それでは、PayPalで支払いを受け取るにはどうすればよいのでしょうか。
ここからは、PayPalで代金を受け取る方法を紹介します。

PayPalのアカウントには2種類ある

PayPalには2種類のアカウントがあります。
それは、パーソナルアカウントビジネスアカウントです。
どちらも登録料や月額料金がかからない点は同じです。

パーソナルアカウント保有者は、10万円までなら本人確認無しで、10万円以上は本人確認手続きをすることでアカウントに貯まった「残高」の支払いを受け取れます。

ビジネスアカウントを作成すると、1回あたり100万円まで支払いが実行できます。
しかし、クレジットカードの利用枠の限界を超えての支払いはできません。

パーソナルアカウントとビジネスアカウント

基本的に個人でPayPalを利用する場合はパーソナルアカウントを利用すると良いでしょう。
個人事業主であれば、ビジネスアカウントが役に立ちます。
ビジネスアカウントであれば、「法人名」や「屋号」を表記できるからです。
「屋号」を使用すると個人名を開示せずに利用できるので便利です。

また、異なるメールアドレスを使用することで、パーソナルアカウントとビジネスアカウントの両方を作成することも可能です。
用途によって使い分けると良いでしょう。

ビジネスアカウントへのアップグレード

PayPalのパーソナルアカウントは、ビジネスアカウントへアップグレードが可能です。
その方法を紹介します。

1.マイアカウントへ移動後「設定」マークをクリックし設定画面へ

2.ページ左下「アカウントオプション」の下にある「ビジネスアカウントのアップグレード」を選択

3.新たにアカウントを作成するか、今のアカウントをアップデートするかの確認を求められます。どちらかを選んで「続行」をクリックします。

本人確認の画面になりますので、「続行」をクリックします。

ビジネスアカウントを利用するには本人確認手続きが必要です。
そして、ビジネスアカウントにアップグレードすれば、10万円以上の支払いやビジネスで入金された金銭を受け取れるようになります。

本人確認で使える書類

個人事業主の人など個人でアカウントを開設する場合の本人確認手続きに使用できるものは以下の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカード
  • 住民票または全部事項証明書
  • 健康保険証
  • 年金手帳
  • 福祉手帳
  • 在留カード(外国籍の方)

また法人の場合は、法人の本人確認書類も必要です。

アカウントを作成し終わると、登録した住所に暗証番号が届けられます。

この暗証番号を入力すればビジネスアカウントを利用できるようになります。

銀行口座の口座振替設定による本人確認手続き

もう一つの方法として、次のいずれかの銀行で口座振替を設定すると即時に本人確認手続きが完了し、銀行口座からの支払い、受取った代金の銀行口座への引き出しができるようになります。

PayPalの諸費用について

アカウント利用や取引があった際にかかる様々な費用について紹介します。

パーソナルアカウントにかかる手数料

アカウントの利用は登録も年会費もかかりません。
また、日本国内の日本のアカウント同士で日本円の送金であれば手数料もかかりません。

ただし、海外への送金は1回499円かかります。
これは取引金額100万円までの場合です。

また、通貨が違う相手との取引の場合は購入した側に2.5%、取引先側に3.5~4%の手数料がかかります。

最後にアカウントに送られたお金を引き出す場合には5万円未満の場合は250円、それ以上の場合は無料です。

ビジネスアカウントの手数料

パーソナルアカウントと同様に登録費用や年会費はかかりません。
ただし、決済時に手数料がかかります。
日本国内の取引の場合は3.60% +40円、海外との取引の場合は4.10% +(取引先の国に応じた固定の手数料)が必要です。

PayPalアカウントからの引き出しはパーソナルアカウントと同じ手数料がかかります。

維持費はかかるのか

アカウントを維持するのに費用はかかりません。
月額料金も年会費もありません。

送金に限度額はあるのか

送金は1回に100万円までの範囲で実施できます。

為替手数料はかかるのか

海外の通貨で取引され、受け取ったお金を日本円に換算する際には4%の手数料がかかります。

PayPalではVプリカが利用できる

VisaプリペイドカードもPayPalの支払いに利用できます。

ここからは、Visaプリペイドカードについて紹介します。

Vプリカについて

Visaが発行しているプリペイドカードは「Vプリカ」と呼ばれています。
プリペイドカードなので審査無しに作ることができるにもかかわらず、ネット上でクレジットカードのように使えるため大変便利です。

Vプリカは、コンビニエンスストアやクレジットカードからチャージすることができます。

VプリカをPayPalに登録

VプリカをPayPalで利用するには、PayPalに登録しておく必要があります。

PayPalのアカウントを開設したら、PayPalアカウントにVプリカの番号を登録しましょう。

1.個人ページ上の「ウォレット」をクリックします。

2.「カードの登録」をクリックします。

3.Vプリカの番号を入力します。

これで終わりです。簡単ですよね。

Vプリカの購入・チャージ方法

前述の通り、Vプリカはセブンイレブンやローソンなどの大手コンビニエンスストアで購入できます。

ただ、コンビニで購入しなければならないわけではなく、Vプリカの公式サイトでも購入できます。
先にアカウントを開設してからマイページにログインして、支払い方法などを設定するとVプリカが発行されます。

また、インターネットからVプリカへチャージすることもできます。

コンビニでのチャージの方法

コンビニでチャージする方法を紹介します。

  1. コンビニでVプリカのカードを購入します。このときアカウント作成が必要になる「Vプリカ」よりも登録不要の「Vプリカギフト」をおすすめします。
  2. 購入したVプリカの情報をPayPalアカウントの[ウォレット]内の[クレジットカード・デビットカードを登録]-[カードの登録]に入力します。

ポイントタウンのポイントをPayPalにチャージ

ポイントタウンというポイントサイトをご存知でしょうか。
このサイトを経由して楽天市場やヤフーショッピングを利用するとポイントタウンのポイントが貯まります。

10円からチャージ可能

ポイントタウンで貯めたポイントは、10円からPayPalに入金してもらうことができます。
交換手数料は無料ですし、交換されたお金はPayPalでの支払いに使用できるので、貯まったポイントはどんどんPayPalを通して現金化してもらうと良いでしょう。

さらに、ポイントタウンでは、「ポイントタウンを経由してPayPalに登録すると3000ポイントプレゼント」というお得なキャンペーンを実施することもあるので要チェックです。

PayPalにチャージできるポイントサイト

ポイントタウン以外にも貯まったポイントをPayPalを通してお金に交換できるポイントサイトは複数あります。
ここからは、そのうちのいくつかを紹介します。

モッピーから交換

モッピーというポイントサイトで貯めたポイントは、1ポイント1円として交換できます。
申し込んでから3日以内にポイント交換が反映されるので、とても便利なサイトです。

参考:モッピー

GetMoney!から交換

GetMoney!では、手数料無料で貯めたポイントを交換できます。
最低交換ポイントは5000ポイント(500円)で、申し込みから4営業日以内に反映されます。

ただし、本人確認手続きが完了しているPayPal会員以外は交換できないので注意してください。

参考:GetMoney!

ポイントタウンからPayPalへチャージする方法

それでは、ポイントタウンからPayPalにポイントを交換する方法を紹介します。

1.ポイントタウンにログインします。

2.画面右上の「ポイント交換」をクリックします。

3.交換先一覧が表示されるので、「PayPal」を選択しましょう。

4.PayPalの画像の下にある「交換申請する」をクリックします。

5.PayPalへのログイン画面が表示されるので、ログインしましょう。

6.「PointTownは以下の操作ができるようになります。」と表示されるので、よく読んでから「同意する」をクリックします。

7.ポイントタウンで設定した秘密の質問に答えましょう。

8.「ポイントをPayPalに交換する」画面が表示されるので、ポイントタウンのパスワードを入力します。

9.交換したいポイントを入力して、「交換申請をする」をクリックしましょう。

この流れでポイントタウンのポイントをPayPalに交換できます。基本的にリアルタイムで交換されるので、PayPalにログインして入金されていることを確認しましょう。

増えたPayPalの残高は、お買い物時の支払いに利用できます。

参考:ポイントタウン

PayPalを利用して楽しくショッピング

今回は、PayPalで代金を支払う方法と、PayPalの残高へ入金(チャージ)する方法を紹介しました。

通常はPayPalにクレジットカードを登録しておいた方が便利でしょう。

参考:三井住友VISAカード

また、ポイントサイトをよく利用する人であれば、ポイントサイトのポイントをPayPalの残高に入金するのもおすすめです。

PayPalの仕組みをしっかりと理解して、買い物を楽しんでください。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【限定公開】成功者続出の秘密のノウハウ

日本未上陸のノウハウで先行者利益が得られる大チャンス到来!

  • 月間利益195万円を突破した本人による最新成功事例の紹介
  • 世界トップ3位の日本人が誰も知らない革命的販売手法とは
  • アカウント停止リスクの無い安全なビジネスモデル
  • 無在庫でも販売できる最新の方法
  • Amazonの5倍成長しているマル秘プラットフォームとは
  • 利益率80%超えの超マル秘仕入れ手法

など、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!