物販

スーパー?コンビニ?ダンボールを無料で入手する方法とは?

荷物の配送や引っ越しの荷造りなどに欠かせない「ダンボール」

単価はそれほど高くないものの、引っ越しなどで大量に必要な場合は、かなりのコストがかかってしまいます。また、使い終わった後は処分することが多く、できるだけお金をかけずに入手したいと考える方も多いことでしょう。

そこで今回は、ダンボールを無料で手に入れる方法や使用後の処分方法について解説します。これから引っ越しなどでダンボールが必要になる方はぜひ参考にしてください。

ダンボールを無料で入手するには?

ダンボールは、地域のホームセンターなどの店舗に行って交渉すればたいていの場合無料で入手できます。

各店舗で販売されている商品の多くは、ダンボールに梱包されて配送されてきます。しかし、商品が取り出されるとダンボールの役目は終わり、後は処分されてしまいます。

そのため、店舗の人に頼めば、無料で手に入れられることが多いのです。

もちろん、家族や友人などからもらう方法もありますが、個人が持っているダンボールの数には限りがあり、何十枚も譲ってもらうのはあまり期待できません。そのため、まずは近くの店舗などを回って数を集め、足りないときに家族や友人たちに声をかけてみましょう。

ダンボールの入手先の例

ダンボールは、スーパーやコンビニをはじめ、ホームセンターや家電量販店など様々な店舗で入手することができます。また、大きめサイズが欲しい場合は、カー用品店でタイヤ用のダンボールをもらうのも良い方法です。

タイヤ用のダンボールは直方体の大型サイズなので、引っ越しの際に毛布や洋服などを入れるのに役に立つでしょう。

ただし、ダンボールを譲ってもらう際には、店舗の方に丁寧な態度でお願いするように心がけましょう。勝手に持って帰ったり、無理なサイズを指定したりすることは厳禁です。また、貰った後はきちんとお礼を言って持ち帰りましょう。

また、せっかく店舗まで足を運んだのにダンボールの在庫がなく、貰えないこともよくあることです。そのようなことにならないためにも、事前に店舗に電話をしてダンボールの在庫があるか、また譲ってもらえるかなどを確認することをおすすめします。

無料でダンボールを入手する際の注意点とは?

ダンボールは、店舗によってサイズや状況が異なります。ここでは、無料のダンボールを選ぶ際の注意点をご紹介しましょう。

できるだけきれいなダンボールを選ぶ

ダンボールを店舗から入手する場合は、できるだけきれいで状態の良いダンボールを選ぶことが重要です。特に以下の点を入念にチェックしましょう。

【傷や汚れ】
ダンボールに傷や汚れがあると、ダンボールが破れたり、荷物が汚れたりするおそれがあります。

【虫】
長い間倉庫などに積まれていたダンボールには虫がいることがあるため、必ずダンボールの中身をチェックしましょう。

【強度】
ダンボールの強度も重要なポイントです。できるだけ厚みのあるしっかりとしたダンボールを選びましょう。

ダンボールのサイズはできるだけ揃える

ダンボールを選ぶ際は、できるだけサイズを揃えましょう。

サイズが異なると、荷物を積むときに隙間ができやすくなり、運搬中の振動で荷物に傷がついたり、破損したりする場合があるからです。

なお、引越し用に使う場合は、2~3種類のサイズを用意すると梱包や運搬がしやすくなります。

使用後のダンボールの処分方法

使い終わった大量のダンボールがいつまでも部屋に残っていると、スペースが奪われて生活の邪魔になりがちです。

そこでここからは、使用後のダンボールの処分方法について詳しく解説します。

引っ越し業者に回収してもらう

引っ越しで使用したダンボールは、引っ越し業者に回収してもらうと一気に処分することができます。

自社のダンボールしか回収してもらえない場合もありますが、交渉次第では自社以外のダンボールも引き取ってもらえることがあるので、一度依頼してみましょう。

自治体の古紙回収に出す

自治体の古紙回収日に不要になったダンボールを出す方法もあります。ただし、大量のダンボールを一度に出してしまうと回収してもらえないケースもあるので、自治体のゴミ回収のルールに従って出すようにしてください。

なお、大量のダンボールを一気に処分したい場合は、自治体のリサイクルセンターに直接持ち込むか、民間のリサイクル業者に回収を依頼しましょう。

フリマアプリで売却する

使用後も状態が良いきれいなダンボールであれば、フリマアプリなどで売却するのも良い方法です。

引っ越しシーズンの1月~4月は特に売れやすいので狙い目です。

店舗別!使用済みダンボールの在庫事情

使い終わったダンボールの数や状況は各店舗によって異なります。

ここでは、使用済みダンボールの在庫事情を店舗別にご紹介します。

家電量販店のダンボール

家電量販店は、壊れやすい家電製品を梱包するため、強度の高いダンボールが多い傾向にあります。また、サイズもテレビや冷蔵庫、洗濯機などが入った大型のものが多くみられます。

ただし、店舗によっては使用済みのダンボールを商品管理などに使用することもあり、いつでも譲ってもらえるわけではないようです。

ドラッグストアのダンボール

ドラッグストアのダンボールは、トイレットペーパーやティッシュ、おむつなどを入れるための大型で高さのあるタイプが多い傾向にあります。

また、店舗によっては、ダンボールの在庫を抱えないように毎日ごみ収集に出している場合もあります。この場合は店舗に在庫が全く残っていないため、当然譲ってもらうことはできません。

スーパーのダンボール

スーパーのダンボールは、生鮮食品や生活用品を入れることが多いので、小さめのサイズが多い傾向にあります。ただし、強度があまり高くないため使い勝手が悪いかもしれません。

また、地域密着型の小規模スーパーでは、店舗の敷地内の一角に使用済みのダンボールを積み上げ、「ご自由にお取りください」と書かれたメモなどが貼られている場合があります。

さらに、中規模のショッピングセンターであれば、レジ横に無料ダンボールコーナーを併設し、ショッピングバッグ代わりに使ってもらっているところもあります。ただし、これは買い物をしたお客様用としている場合も多いので、勝手に持って帰らないように注意しましょう。

ホームセンターのダンボール

ホームセンターでは、多種多様な商品を扱っていることから、大小様々なサイズのダンボールを置いている傾向にあります。

したがって、いろいろなサイズのダンボールが必要な方におすすめです。

コンビニのダンボール

コンビニは他の店舗に比べて商品数が少ないこともあって、ダンボールの数が少なく、サイズも小さめです。しかし、店員さんに頼めば譲ってもらえる場合が多く、中には事前に連絡しておけば、残しておいてもらえるケースもあるようです。

ダンボールにつく虫とは?

先ほども説明しましたが、使用済みのダンボールには虫がいる可能性があります。では、具体的にはどのような虫がいるのでしょうか?詳しく解説します。

どうしてダンボールに虫がつくの?

まず、ダンボールに虫が付く理由から説明しましょう。

ダンボールは三層構造になっているため、内部の温度と湿度が一定に保たれやすくなっています。そのため、虫にとって非常に産卵や孵化がしやすい環境となっているのです。

そのまま放置していると、害虫の温床になる可能性が高くなるため注意が必要です。

ダンボールに付く虫の種類とは

それでは、ダンボールにつく虫の種類をご紹介します。

【ダニ】
ダニは、濡れたダンボールについたカビを食べるために発生します。

【シロアリ】
シロアリは、木材だけでなくダンボールもエサにします。

【クモ】
クモは、エサであるダニを求めてダンボールに集まります。

【ゴキブリ】
ゴキブリは、ダンボールのホコリや粘着剤を食べるほか、卵も産み付けます。

濡れたダンボールは特に注意

ダンボールは保湿力が高いため濡れるとカビが発生しやすく、カビをエサにする虫がやってくるようになります。

また、「カビをエサにする虫」を狙う害虫もやってくるため、害虫の温床となってしまうのです。

特にスーパーは生鮮食品を扱うため、食品から出た水分が染み出してダンボールが濡れやすくなります。また、長く放置されているダンボールも虫が寄り付きやすいため注意が必要です。

虫が苦手な方は新品がおすすめ

日本のダンボールのリサイクル率は95%以上であり、ほとんどが清潔で状態の良いものです。

しかし、ダンボールをリサイクルに出さずに長い間保管していたり、濡れたまま放置していたりすると虫がつきやすくなってしまいます。

そのため、どうしても虫が苦手な方は、コストがかかっても新品のダンボールを購入したほうが良いでしょう。

また、自分の引っ越しに使用するのであれば使用済みダンボールでも構いませんが、荷物の配送に中古のダンボールを使ってしまうと、届け先に害虫を発生させてしまうおそれもあり、こうなると信用問題に発展しかねません。そのため、荷物の配送用に使うのであれば、できるだけ新品のダンボールを利用することをおすすめします。

ダンボールを購入するならAmazonがおすすめ

Amazonには豊富な種類のダンボールが出品されています。クリックポスト用のミニサイズから、200サイズ以上の大きなダンボールまでいろいろです。

また、ダンボール会社も出品しているため、高品質なダンボールを購入することも可能です。

さらに送料無料となっていればコストも抑えられるので、ダンボールの仕入先に迷ったときはAmazonで検索してみるのも良い方法です。

「使用済み」「新品」は人それぞれ

引っ越しなど大量にダンボールが必要な場合は、無料で提供してくれる店舗を利用すればコストをかなり抑えることができます。

しかし、場合によっては虫が付いていることがあるなど注意すべき点もあり、状況によっては新品を購入した方が良いときもありますが、そうすると高額になってしまいがちです。

このように、使用済み、新品のどちらにもメリット・デメリットがあるので、自分の経済状況なども考慮しつつ選ぶようにしましょう。

引っ越しにおすすめのダンボール2選

最後に、引っ越しにおすすめの以下の2つのダンボールをご紹介します。これから引っ越しを控えている方はぜひ参考にしてください。

  1. ボックスバンクダンボール 引っ越しセット
  2. アースダンボール ハンガーボックス

ボックスバンクダンボール 引っ越しセット

「ボックスバンクダンボール 引っ越しセット」は、

  • ダンボール箱
    (1~2名用:100サイズ10枚・120サイズ5枚)
    (3~4名用:100サイズ20枚・120サイズ10枚)
  • プチプチ
  • 布団袋
  • クラフトテープ

など、引っ越しに必要な資材がセットになった商品です。

さらに、段ボールの側面に内容を書き込めるメモ覧もあるので、荷作りや荷解きをはじめ、引っ越し業者への指示にも役立ちます。

アースダンボール ハンガーボックス

「アースダンボール ハンガーボックス」は、ハンガー付きのダンボールです。男性用の上着なら10着まで掛けられるなど、かなりの収納力を誇ります。

また、プラスチックを一切使用していないので引っ越し後の処分も簡単ですし、そのままハンガーボックスとして利用することも可能です。

店舗に依頼すればダンボールは無料で入手できる!

今回はダンボールを無料で入手する方法について解説しました。

ダンボールは、スーパーやホームセンターなどで依頼すれば、無料で譲ってもらえる場合が多く、引っ越しのときなど大量にダンボールを使う場合はかなりのコストカットになります。

ただし、店舗によっては譲ってもらえない場合もあるほか、濡れたダンボールや長く放置されたダンボールには虫が付いていることがあり注意が必要です。気になる方は新品を購入しましょう。

なお、店舗側はあくまで親切心からダンボールを譲ってくれているにすぎないので、依頼する際は丁寧な態度でお願いするように心がけてください。また、店舗の方の作業の邪魔にならないように配慮して交渉するようにしましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!