物販

中国巨大オンラインモール「タオバオ」の利用方法とは?おすすめの輸入代行業者もご紹介!

中国では、毎日何億人もの人たちがオンラインショッピングを利用して買い物を楽しんでいます。中国にもECサイトはいくつかありますが、その中でも、中国のネット通販市場の約70~80%を占めると言われる巨大ショッピングモールが、「タオバオ(淘宝网)」です。

日本では考えられないような激安価格で高品質な商品が数多く販売されているタオバオは、個人輸入ビジネスを行う方にとっては恰好の仕入れ先であり、高い人気を博しています。

そこで今回は、このタオバオについての基本情報や利用方法、さらにおすすめの輸入代行業者などを詳しくご紹介します。中国通販サイトでショッピングを楽しみたい方や、将来的に中国輸入ビジネスに挑戦してみたいという方はぜひ参考にしてくださいね。

タオバオとは?

タオバオとは、一体どのようなショッピングモールなのでしょうか?ここではまず、タオバオについての基本情報についてご紹介しましょう。

タオバオとは

タオバオは、2003年に中国の大手企業「アリババ・グループ」が創業したオンラインモールです。商品数10億点以上、月間ユーザー数7億人以上など、そのスケールはまさにアジア最大級です。また、タオバオ(淘宝网)という中国語は「見つからない宝物はない、売れない宝物はない」という意味であり、まさにお宝のような魅力的な商品に溢れた巨大ショッピングモールとなっています。

タオバオは、BtoBだけでなく、BtoC型の取引サイトでもあるので、企業だけでなく個人でも商品を購入できます。また、個人登録での出店が非常に多いことや、出品のハードルが低く幅広いジャンルのさまざまな商品が出品されていることでも有名です。しかし、同時に信用性に欠ける商品が多いところは、大きな問題となっています

タオバオの特徴「ライブコマース」とは?

タオバオの大きな特徴のひとつが、ライブコマースによる販促です。

ライブコマースとは、動画を生中継で配信しながら商品をPRして消費者に販売する方法です。タオバオには、「タオバオライブ(淘宝直播)」という動画ページがあり、そこから動画配信を見ることができるようになっています。

さらに、視聴者は動画を見ながら商品に関する質問やコメントを行うなど、出品者とコミュニケーションを取ることもできます。これにより、商品の内容をしっかり納得した上で買い物をすることができるのです。また、出品者側も商品の質や性能をより深くアピールすることができるので、売り上げにつながりやすくなります。

実際に、2018年のタオバオライブの売上は1兆6,000億円以上となるなど、高い効果をあげています。特に人気のインフルエンサーが紹介した商品などは、わずかな時間で爆発的な売り上げを記録することもあります。

この人気を受けて、2019年にはタオバオライブの単独アプリが誕生しました。今後もさらなる成長が期待できる販売方法と言えるでしょう。

天猫(TMALL)との違い

天猫(TMALL)」は、タオバオ同様、中国のアリババ・グループが運営する巨大オンラインモールです。

天猫とタオバオの違いは、その取引方法にあります。天猫は、企業が一般消費者を対象に取引を行う「BtoC」型ECサイトであり、出店は企業のみとなります。

また、出店の要件は厳しく、中国本土での営業許可証や商標登録証、販売権利証などを有している必要があります。そんな厳しい要件を満たした企業の信用度は高く、商品の質にも大きな信頼が寄せられています。

アリババとの違い

「アリババ(阿里巴巴)」も、タオバオや天猫と同じくアリババ・グループの巨大ECサイトであり、世界最大級のBtoB型(企業間取引)サイトです。サイトは中国国内用と海外用の2種類があります。

参考:アリババ(阿里巴巴)(英語版)

参考:アリババ(阿里巴巴)(中国版)

タオバオと比べると商品価格は高い傾向にありますが、代金の支払い保証や品質保証など、消費者を保護する「Trade Assurance」システムなどが充実しており、安心して買い物を楽しめます。

タオバオの注目すべきメリット

日本でも、越境ECビジネスにタオバオを利用する方が増えてきました。そこで、タオバオの注目すべきメリットについてまとめてみました。詳しくご紹介しましょう。

有力な仕入先になる

タオバオは出品のハードルが低く、数多くの出品者から膨大な商品が毎日出品されています。そのため、高品質の商品を予算内で手に入れることも可能であり、商品の仕入れ先としては非常に有力であると言えます。

セールを利用すればかなりお得に商品が手に入る

タオバオは、11月11日の「独身の日」をはじめ、定期的に大規模なセールを開催しています。セール期間中は、通常よりもさらに安い価格で商品が手に入るため、定期的にサイトをチェックして、セール期間をうまく利用すれば、かなりお得に仕入れを行うことができます。

輸入代行業者が増加している

タオバオのサービスは中国のみに適用されるものであり、日本からの利用にはほとんどサポートを期待できません。そのため、中国語での商品購入だけでなく、関税・配送料などの対応も行わなければならず、初めてタオバオで個人輸入する場合はかなりハードルが高くなります。

しかし、最近ではこのような面倒な手続きを代わりに行ってくれる輸入代行サービスが増えてきました。このようなサービスを利用すれば、手軽にタオバオを利用することができます。

タオバオの利用方法

タオバオについての基本的な知識はご理解いただけましたか?タオバオの商品は非常に安いため、海外輸入ビジネスを行う場合は、主要な仕入れ先としてぜひとも確保しておきたいところです。そこで、タオバオの利用方法について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

代行業者を利用する

まずは、先ほどもご紹介した輸入代行業者を利用して、タオバオの商品を購入する方法です。代行業者を利用する場合、しなければならないことは、希望する商品と仕入れ数を指定するだけです。その他の手続きは基本的にすべておまかせできます。

また、輸入代行手数料は、商品価格の5%~10%が一般的です。しかし、最近では手数料無料でサービスを提供しているところもありますので、自分のビジネスの目的や予算に合った業者を選びましょう。

個人で購入する

もちろん、輸入代行業者を利用せず、全ての手続きを自分で行ってもOKです。その場合は、個人的にタオバオに会員登録して商品を購入することになるので、基本的にAmazonをはじめとする他の通販サイトとやり方は同じです。

ただし、タオバオのサイトは中国語表記なので、初めての方にはかなりハードルが高いでしょう。翻訳機能を使用すれば何とか購入手続きはできますが、発送トラブルなどが発生した場合は日本語では対応してもらえないので、出品者との交渉は難しいものとなるでしょう。

そのため、いきなり個人で大量購入するのではなく、まずは少量から始めてコツをつかみ、徐々に取引を増やしていくという方法がおすすめです。

個人でタオバオを利用する際の注意点

先ほどもご紹介しましたが、タオバオは日本からの利用に対して基本的にサポートを行っていません。そのため、個人で購入する場合は、以下の点に注意する必要があります。

(1)中国語による交渉
(2)独自の決済方法
(3)日本への配送
(4)返品・交換手続き

それぞれ詳しくご紹介しましょう。

中国語による交渉

タオバオの出品者と交渉を行う場合は、通常「阿里旺旺(アーリーワンワン)」というチャット機能を使用します。もちろん、中国語による交渉になるので、中国語が分からない場合は、中国語のできるスタッフを雇うなど、事前に対策を講じておく必要があります。

独自の決済方法

タオバオで商品を購入する際は、「支付宝(アリペイ)」というアリババグループが提供する決済システムを利用します。アリペイは、アプリを利用したQRコード決済であり、アリペイアプリをダウンロードすることで登録が可能になります。

また、アリペイでの決済では、購入者は商品代金を直接タオバオ側に支払わず、まずはアリペイに預けます。そして、購入者の元に商品が配達されたことが確認されて初めて、出品者に代金が支払われる仕組みになっています。

日本への配送

タオバオで商品を購入しても、日本へ直接配送してくれるショップは少ない傾向にあります。たとえ配送可能な場合でも、配送料がショップによって異なるため、非常に高くなる場合もあります。

また、梱包方法もショップによって異なり、ずさんな梱包で配送される場合もあります。それだけでなく、商品によっては税関で止められたり、出品者へ送り返されたりすることもあるので気を付けましょう。

返品・交換手続き

日本の店舗は、返品や交換などの保証サービスを手厚く行う傾向があります。

しかし中国では、日本のような手厚い保証サービスは残念ながら期待できません。たとえ返品等に応じてもらえたとしても、そのぶん高い国際送料を要求されることもあります。そのため、タオバオで購入する際は、返品や交換にきちんと対応してもらえるのかについて、しっかり確認しましょう。

おすすめのタオバオ輸入代行業者

個人でのタオバオの輸入は注意点が多いため、初心者の方にはなかなか難しいと言えます。そんな時は、輸入代行業者におまかせしましょう。ここでは、特におすすめのタオバオ輸入代行業者2社をご紹介します。

・淘太郎(タオタロウ)
・タオバオ新幹線

淘太郎(タオタロウ)

淘太郎(タオタロウ)は、中国浙江省義烏市で運営する中国ネットショッピング代行業者です。リーズナブルな価格で、安全かつ迅速な代理購入や仕入れを提供しています。小包便からコンテナ配送まで数多くのプランを用意しています。代行手数料は商品代金の5%です。

タオバオ新幹線

タオバオ新幹線は、タオバオで商品を代理購入し、日本まで迅速に配送してくれるサービスです。980円~という業界最安値のサービス価格が魅力です。

また、専門のチャットオペレーターが日本語で丁寧に対応するので、初心者の方や中国語がわからない方でも安心です。

さらに、経験豊かなスタッフがすみやかに検品と出荷業務を行い、何か不備があれば、速やかにメールで連絡してくれるなど、サポート体制も充実しています。代行手数料が無料になるプレミアムプランを利用すれば、さらにお得に購入できます。

タオバオの個人輸入は、代行業者に任せると安心!

今回は、タオバオについての基本情報や利用方法などについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

タオバオは、2003年にアリババ・グループによって開設された巨大オンラインモールです。そのスケールはまさにアジア最大級であり、高品質で低価格のお宝のような商品が数多く出品されています。

また、BtoBおよびBtoC型取引サイトなので、企業だけでなく個人でも商品を購入できます。

しかし、タオバオは日本からの利用に対するサポートがないため、個人での購入はかなりハードルが高くなってしまいます。そんな時は、輸入代行業者に手続きをまかせてみましょう。そうすれば、手軽にタオバオの商品を購入できるようになります。

今まで国内だけで仕入れを行っていた方も、これを機会にタオバオでの購入を検討してみてはいかがでしょう。