物販

日本の人気コスメブランドを大紹介!

この記事では、日本の人気コスメブランドをご紹介します。日本には、たくさんのコスメブランドがあるので、自分が使っているブランド以外はあまり知らないという人も、いらっしゃるのではないでしょうか。この機会に、どのようなブランドがあるのか確認してみましょう。

覆面ブランドって何?

最初は覆面ブランドについてご紹介します。覆面ブランドと聞いてピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、化粧品メーカーがメーカー名などを正面に出さずに展開しているブランドのことをいいます。

コスメというのは、イメージ戦略が大事な商品ですから、各メーカーは自社ブランドのイメージを大事にします。このことは逆に考えれば、自社のイメージに合わないブランドは展開できないことを意味します。

そこで、メーカー名など明らかにしないまま新しいブランドを立ち上げて、新規の顧客を狙うといった戦略が取られることがあります。以下では、各化粧品メーカーが展開している覆面ブランドをいくつかご紹介します。

日本最大の化粧品メーカー「資生堂系」

世界的にもトップクラスの企業である資生堂は、多くのブランドを抱えています。

その中でも、資生堂の名前がブランド名に見当たらない覆面ブランドとしては、IPSA(イプサ)、cle de peau beaute(クレ・ド・ポー ボーテ)、bare Minerals(ベアミネラル)、LAURA MERCIER(ローラ メルシエ)といったものがあります。

もともと独立した企業だったものが資生堂傘下に入ったものなども含まれますから、資生堂のブランドだとは気づきにくいものもありますが、資生堂のHPなどを見ると確認できます。

毎日お世話になっています「花王系」

洗剤などの日用品でお世話になっている人も多いはずですが、花王も覆面ブランドを数多く持っている企業グループです。2006年にカネボウ化粧品が花王の傘下に入ったので、旧カネボウの覆面ブランドは、花王の二重の覆面ブランドになるという関係になりました。

est(エスト)、KANEBO(カネボウ)、LUANSOL(ルナソル)、CHICCA(キッカ)などは、花王の覆面ブランドです。LUANSOL(ルナソル)、CHICCA(キッカ)の2つは、二重の覆面ということになります。

アルビオンだけじゃない「コーセー系」

比較的有名なコーセー系のブランドには、アルビオンやコスメデコルテといったところがありますが、コーセー系のブランドは他にもあります。

JILL STUART(ジルスチュアート)、Awake(アウェイク)、ADDICTION(アディクション)、ADDICTION(アディクション)などはコーセー系のブランドです。

アルビオンとしてもブランドを展開「アルビオン系」

コーセーが高級化粧品の製造会社として設立したアルビオンですが、現在ではアルビオン自身が複数のブランドを展開しています。

IGNIS(イグニス)、Elegance(エレガンス)、Paul & JOE(ポール&ジョー)、ANNA SUI(アナ スイ)、Les Merveillerses LADURÉE(レ・メルヴェイユーズ ラデュレ)などがあります。

スキンケア領域に特に強い「ポーラ・オルビス系」

美白やエイジングケアの分野に強いポーラ、現在ではオルビスと共にポーラ・オルビスグループとして事業を展開しています。

THREE(スリー)、Jurlique(ジュリーク)といったブランドが、ポーラ・オルビス系です。

素材にこだわるオーガニックコスメブランド

ここからは、自然の素材にこだわったオーガニック原料使用のコスメを販売しているブランドをご紹介します。敏感肌の女性は、とくに注目したいブランドです。

国産オーガニックスキンケアブランド「do organic」

do organic(ドゥーオーガニック)は、玄米や黒大豆といった古くから日本人の身近にあった穀物原料を使ったスキンケア商品などを販売しています。

ホームページで商品の詳細を確認すると、天然由来の原料が何%使われているのか、その内の何%がオーガニック栽培の原料なのかが確認できます。

日本でオーガニック化粧品が一般的でなかった時代から、開発に係ってきた歴史のあるブランドです。

100%天然由来にこだわる「naturaglacé」

naturaglacé(ナチュラグラッセ)の商品の原料は、100%天然由来。「メイクでありながらスキンケア仕立て」のコスメブランドです。

ベースメイク、ポイントメイクの双方が販売されていますが、どちらもスキンケア発想で作られています。

ありのままに心地よく、美しくなれるコスメです。

食品基準の認証を受けている「antianti organic」

antianti organics(アンティアンティ)は、アメリカ農務省(USDA)のオーガニック認証を受けています。認証されたのは2010年で、これは日本の化粧品メーカーで初のことです。

そもそも食品基準の認証を化粧品メーカーが受けること自体が少ないことなので、同社の高い品質基準が伺われます。

数ある商品の中でも、ローズやラベンダーなどを使用した熟成香水は、魅力的な商品です。限定品や完売してしまう商品も多いので、興味がある方は、早めにチェックしてください。

九州に自社農園を持つ「AMRITARA」

AMRITARA(アムリターラ)は九州に自社農園を持ち、そこから収穫される自然栽培ハーブやオーガニック、野生の植物を原料としたオーガニックコスメを作っています。

これらの植物が持つ力「フェトエナジー」を大事にしていて、合成界面活性剤は使用しないといった独自の基準を打ち立てています。

これらの独自の基準は、「10の約束」としてホームページなどで公開され厳守されています。お菓子を作るようなナチュラルな製法でコスメを作っているブランドです。

理想的な生活を共にデザインする「F organics」

F organics(エッフェ オーガニック)のコンセプトは、Indi-visual wellnessです。

Indi-visualは、individual(それぞれの)とvisual(画)の合成語、自分自身のウェルネスライフをデザインするという意味があります。

単なる外見の美しさではなく、自らを高め、自分らしい生活スタイルをも模索していく、そんなブランドコンセプトを持っています。

「私史上、最高の肌」を目指す「HANA organic」

HANA organic(ハナ オーガニック)が目指すのは、「私史上、最高の肌」です。

ただし、「年齢を受け入れた豊かな美しさを基準にして」ということなので、若い頃の肌を取り戻したいといったことではありません。

ハナ オーガニックでは、その人が本来持っている美しくなる力を最大限に高めた肌のことを、表現しています。そのための手段として、オーガニック処方で作られたコスメを販売しているブランドです。

値段だけが魅力じゃないプチプラコスメブランド

プチプラとは、「プチ(小さな)プライス」つまり低価格のことです。もちろん、ただ安いだけでなく、魅力的な製品が揃っています。

最後は、プチプラコスメブランドの数々をご紹介します。

プチプラでは老舗「CANMAKE」

CANMAKE(キャンメイク)は、プチプラでは老舗といえるブランドです。Girly,Pop&Shiny(かわいく、楽しく、輝きたい!)がコンセプトです。

カラーバリエーションが豊富で、自分なりの個性を演出することができるブランドとして人気があります。

コーセーが展開するプチプラブランド「Visse」

Visse(ヴィセ)は、コーセーのプチプラブランドです。

子供っぽく見られるのはイヤ、でもコンサバ(保守的)なメイクでは満足できない。そんな女性をターゲットにした、大人の女性にふさわしい演出ができるブランドです。

カネボウのクール系プチプラブランド「KATE」

KATE(ケイト)は、カネボウのブランドの一つです。CMなどでは、クールな印象を与えているブランドでもあります。

キレイに引けるアイライナーは、とくに評価が高く人気を集めています。

定番商品が揃う老舗ブランド「ちふれ」

ちふれ」は、流行を追うのではなく、定番的なコスメが多くラインナップされていることが特徴です。

いつの時代でも、どんな世代でも安心して使えるタイプのコスメが多いので、幅広い層に人気があります。

かわいいの扉を開くがコンセプト「MAJOLICA MAJORCA」

MAJOLICA MAJORCA(マジョリカ マジョルカ)は、資生堂のプチプラコスメブランドです。

新しい自分に出会う、新しい「かわいい」の扉を開けるというのがコンセプトで、印象的なパッケージデザインも魅力です。

トレンドメイクをスマートコスメで提案「excel」

excel(エクセル)のコンセプトは、「TOKYO RICH CASUAL」。東京発信のトレンドを、使いやすいコスメで提案することを目指しています。

エクセルの商品でとくに売れているのは、スキニーリッチシャドウ。肌なじみがよく、リッチなグラデーションが作れると人気です。

まとめ

日本のコスメブランドを様々な角度からご紹介しました。現在では日本のブランドの評価も上がっていて、世界的にも評価が高くなってきています。

今後は、日本から世界に発信されていくコスメのトレンドも増えていくのではないでしょうか。これを機会に、普段とは違うブランドのコスメも試してみてはいかがでしょうか。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。