物販

デリバリープロバイダとは?Amazonを使う時は配達業者に気を付けよう!

デリバリープロバイダという言葉をご存知ですか。プロバイダと言ってもネット回線などのプロバイダではありません。Amazonを利用した時の商品の発送に使われる配達業者のうち、エリア限定で配送業の委託をしている配送業者を示す名称です。

通常Amazonを利用した時は、ヤマト運輸や佐川急便などの大手運送業者が商品を配達してくれます。しかし地域や商品によってはデリバリープロバイダと呼ばれる別の配達業者が商品を配達してくれるのです。

そして問題になっているのが、このデリバリープロバイダは大手運送業者に比べて評判が悪いということです。もちろん決まって対応が悪いわけではありませんが、デリバリープロバイダはトラブルやクレームの原因になったという口コミがたくさん挙がっています。

今回は、デリバリープロバイダの詳細やトラブル事例、デリバリープロバイダを避けるための対策を紹介していきます。大切な商品に万が一があっては大変なので、Amazonを利用する人はぜひ目を通してください。

デリバリープロバイダとは?

まずは、デリバリープロバイダとは何なのかについて解説していきます。評判が悪いことは知っていても、そもそもの詳細が分からないことには対策も立てようがありません。

デリバリープロバイダがどういった存在でどんな地域で利用されているのか、自分の住んでいる地域と照らし合わせながら頭に入れておきましょう。

デリバリープロバイダはAmazonの配達業者の一部

デリバリープロバイダとは、Amazonと提携している配送業者のうち、一部地域限定で配送を行っている業者の総称です。地域密着型の配送業者と言ってもいいでしょう。

大手運送会社程の規模はありませんが、当然立派な運送会社です。配送エリアが限られているというだけであり、決して変な業者ではないので安心してください。

Amazonで購入した商品の配達は多くの場合、大手運送業者が行ってくれます。しかしエリアによってはデリバリープロバイダが代わりに配送する場合もあるということだけ覚えておけば大丈夫です。

デリバリープロバイダは特定の配送業者を指し示す名称ではない

デリバリープロバイダは地域限定の配達業者の総称であり、特定の配送業者のことではありません。正確には、以下の9社がデリバリープロバイダにあたります。

  • TMG:大阪、東京、九州等
  • SBS即配サポート:東京、千葉、埼玉
  • 札幌通運:北海道、関東圏
  • 丸和運輸機関:ほぼ全国対応
  • 若葉ネットワーク:ほぼ全国対応
  • ギオンデリバリーサービス:東京、神奈川
  • ヒップスタイル:神奈川
  • 遠州トラック:関東圏、福島、富山
  • ロジネットジャパン西日本:中部、関西地方

Amazonからのメールには「デリバリープロバイダ」として表記されます。しかし具体的には、上記の配達業者のことをひとまとめにしてデリバリープロバイダと呼ぶのです。

利用方法自体は変わらない

基本的な配達システムはデリバリープロバイダも大手運送業者も変わりません。商品の追跡や再配達の依頼などの方法は全て共通しているので、デリバリープロバイダだから勝手が違うということはありません。

ただし、後述するトラブルや悪質なマナーによって共通の利用方法が適用できないという場合はあります。そのため配達しているのがデリバリープロバイダだと分かったら、いつもより用心して受け取りに臨んだ方がよいでしょう。

デリバリープロバイダが利用されている理由

上の画像を見れば一目瞭然ですが、近年ではインターネットの普及に伴い通販の利用者が増加しています。それに対して運送業者の負担増加が一時期問題視されていました。そこで大手運送業者の代わりに地域の配送を担当する業者として注目されてきたのが、デリバリープロバイダと呼ばれる存在なのです。

地元の企業であるデリバリープロバイダは大手であるAmazonから仕事がもらえ、Amazonも配送の負担を分散することができます。デリバリープロバイダとAmazonはお互いにwin-winの関係にあるという訳です。

デリバリープロバイダによるトラブル事例

デリバリープロバイダは特定地域限定の配達で、運送コストなどは大手運送業者よりも抑えることができます。しかし、大手運送業者に比べて明らかに評判が悪いという無視できないデメリットもあります。

統一された業者ではないので多少のサービスの良し悪しはあるでしょうが、それにしても悪い口コミが多すぎるのです。続いては、実際にあったデリバリープロバイダによるトラブルの事例について紹介していきます。

不在票を入れていかない

不在票は、配達時に不在だった場合にポストに投函しなければいけないものです。これがあることで注文者は配達業者が来たのが分かりますし、不在票の番号を元に再配達の手続きを行うというのが一般的なやりとりとなります。

しかしデリバリープロバイダの中には、この不在票を投函せずに配達を終えてしまうケースがあります。当然商品は返送扱いになりますし、注文者は配達されたことにも気づきません。

このように、不在票が投函されなかったことによるトラブルが頻発しています。不在票には追跡番号が書かれているので、それが分からなければ商品の問い合わせもままなりません。

商品が勝手に返送されれば、再度送料をかけて注文をしなければいけないケースもあります。このように不在票を投函しないというのは、注文者に余計な手間やお金、時間を浪費させる非常に悪質な行為と言えるのです。

配達時間が守られない

大手運送業者を利用する際は、配達時間がある程度指定が可能です。もちろん配達業者は指定された時間の中で配達を行ってくれます。

しかしデリバリープロバイダを利用すると、指定した配達時間が守られないケースがあります。そればかりか、早朝や深夜など非常識な時間帯での配達も行われています。

このように、配達時間を無視したデリバリープロバイダに辟易したという声は後を絶ちません。指定時間意外や非常識な時間帯での訪問は迷惑以外の何物でもないからです。

注文者にもスケジュールがあるので、指定した時間以外での配達では不在や取り込み中の可能性が高くなります。すると前述する不在票のトラブルに繋がり、さらにトラブルの確率が上がっていくのです。

勝手にサインして荷物を放置していく

配送業者が商品を配達してきた時は、注文者のサインをもらって商品を手渡すのが一般的です。しかしデリバリープロバイダの中には、それすら行わないケースもあります。

なんと、勝手にサインして荷物を玄関に放置していくというものです。これは手間暇のみならず、注文した商品に直接害が及ぶ可能性もある非常に悪質な行為です。

あまりにあり得ない行為なので滅多にないと思いきや、被害にあったケースを探すと次々と被害報告が出てきています。

荷物の放置は雨風にさらされ商品がだめになったり、盗難にあったりと多大な損害が発生する可能性もあります。商品を無事に届けることが仕事ともいえる配送業者としては最もあってはならないことですが、残念ながらこういったケースもあるのが現状です。

ビニールに入れてドアにかけていく

荷物を放置していくのに近い行為ですが、ビニール袋などを使ってドアノブに商品をかけていく場合があります。当然チャイムを鳴らすことはありません。

この場合追跡システム上は商品の配送が完了になってしまうため、利用者側からすれば商品が届いていないのに配送完了と表示され混乱してしまいます。心配になって玄関を開けた時に初めて商品に気づくケースも多いです。

ビニール袋に入れたからといって、盗難や雨風のリスクがなくなるわけではありません。一見丁寧なように見えますが、悪質な配達方法であるということには変わりないのです。

配達員の態度が悪い

配達員にユーモアや面白さを求める人は少数ですが、それでも最低限の愛想やマナーは必要とされます。デリバリープロバイダの配達員にはこれらの要素も欠けているケースがあるのです。

愛想が悪いのは性格もあるかもしれませんが、電話に出なかったり、対応が雑だったりといった行為は利用者側としては気持ちいいものではありません。大手運送業者はそういった教育も徹底しているので、その分落差を感じることも原因の1つでしょう。

もちろん大手運送業者であっても、全員態度がいいとは言いませんし、人によって気持ちのいい対応は異なります。ですがデリバリープロバイダを利用した際のこの手のクレーム件数は、明らかに群を抜いていることだけは頭に入れておいてください。

デリバリープロバイダにトラブルが多い理由

ここまで紹介しただけでも、いかにデリバリープロバイダに問題があるかが分かるでしょう。しかし、なぜここまで業者の質が悪くなってしまうのでしょうか。

続いては、デリバリープロバイダの質が悪い原因についていくつか解説していきます。全ての原因が正しいとは限りませんが、これらが質の低下に一役買っているのは間違いないでしょう。

下請けとしてドライバーを利用している

デリバリープロバイダの中には、個人事業主などを下請けドライバーとして雇っている場合があります。つまり、配送を行うドライバーがデリバリープロバイダの社員ではないというパターンです。

個人事業主をはじめとした下請け業者は、会社の社員以上に質や対応にムラが出ます。また、自分の会社ではないためどうしても責任感が欠如してしまうケースもあるのです。

もちろん、全ての個人事業主や下請け業者が雑な仕事をするわけではありません。しかし質の差はどうしても出てしまうので、どうしても注文者の立場からすると対応に不満を感じてしまうことも増えてしまうのです。

大手に比べ賃金が安い

物流と言うのは、下に行けば下に行くほど利益が薄くなってしまうのが現実です。Amazon通販における最も下に位置するデリバリープロバイダは、当然給料も大手に比べると薄給にならざるを得ません。

大手に比べAmazon側に待遇の改善を申し出ることもできないので、現状維持をするしかありません。そうなれば、優秀な人材はより良い待遇を求めて転職してしまうでしょう。

ただでさえ大量の配送を行わなければいけない激務なのに、優秀な人材は辞めていき給料は増えない状況では運送業者の質が上がることはありませんし、むしろどんどん下がっていくのも当然と言えるでしょう。

悪評で先入観を持たれてしまう

全てのデリバリープロバイダが悪質というわけではありません。しっかり責任をもって仕事をしている人も大勢いますし、大手顔負けのサービスを提供してくれる人も中にはいるでしょう。

しかし現実として、デリバリープロバイダは悪評が多く悪いイメージが定着してしまっています。そうなるとまっとうに頑張っている業者の人までもが悪い目で見られてしまうのです。

これに関しては、先入観を持ってしまう利用者側にも責任があると言えます。ですがSNSなどを通じて簡単に悪評が広まる現在では、個人がどんなに努力しても悪評を覆すのは難しいのです。

デリバリープロバイダでトラブルが起きた時の対処法

続いては、実際にデリバリープロバイダによってトラブルに見舞われた際の対処法について紹介していきます。万が一トラブルに巻き込まれた時は、これから紹介する対応を参考にして解決を図ってください。

基本的には、Amazonのカスタマーセンターに連絡を入れる形になります。運送業者がどこであっても、最終的な責任はAmazon側にあるのでこちらに問い合わせをすればいいというわけです。

在宅の確認なく不在票を投函された場合

悪質な配達業者で多いのが、配達が面倒だからと在宅を確認せず不在票だけ入れて配達を終わらせるパターンです。


この場合は、電話またはメールでクレームの問い合わせができます。電話の場合は、利用したデリバリープロバイダの連絡先に直接電話します。電話番号はAmazonのヘルプページに「配達業者の連絡先」として記載されているので参考にしてください。

メールを送る際は、「Amazonカスタマーサービス」ページのカスタマーセンター宛に送ります。

問い合わせの際は、「いつ何を注文したか」「インターホンが鳴らされずに不在票が入っていたこと」「配送業者に確認をとってもらいたいこと」を明確にします。電話の場合は注文番号なども詳しく聞かれる可能性があるので、分かるように不在票を手元において電話しましょう。

参考:Amazon.co.jp ヘルプ: 配送業者の連絡先情報

参考:Amazon.co.jp ヘルプ: カスタマーサービスに連絡

急ぎや日時を指定した商品が届かない場合

前述したように、デリバリープロバイダでは配達指定日や時間が無視されるケースも少なくありません。この場合も電話かメールで問い合わせを行います。連絡先は前述した連絡先と同一です。

問い合わせの際は、「いつ何を注文したか」「到着予定日を○○に指定したが商品が届いていないこと」「配送業者に確認を取ってもらいたいこと」を伝えます。今回は不在票がないので、注文時のメールなどを確認して注文番号を控えておきましょう。

急ぎの商品が届かない場合は、メールよりも電話をした方が早期に対応してくれるのでおすすめです。

ガスのメーターボックスに荷物を入れられた場合

商品が手ごろな大きさの場合、不在時でも持ち帰らずにガスのメーターボックスに入れられるというケースもあります。メーターボックスは当然荷物を入れる場所ではありませんので、クレームの連絡をしましょう。連絡先は前述した通りです。

問い合わせの際は「いつ何を注文したか」「不在時に荷物がガスのメーターボックスに入れられていたこと」「今後こういった配送はやめてほしいこと」を伝えます。注文番号などは事前に控えておいてすぐに伝えられるようにしておきましょう。

クレームを伝える時は感情的にならず、淡々と事実だけを伝えることがコツです。

クレームをいれるのはどんな意味がある?

正当性のあるクレームは企業のサービス改善に役立ちます。積極的にクレームを入れることが、まわりまわって自分が受けるサービスの向上につながるのです。

また、クレームの内容によってはサービス券などの優待サービスを貰える可能性もあります。それ目的のクレームはNGなので、もらえたらもうけもの程度に思っておきましょう。

クレームは入れる側も気持ちのいいものではないですが、クレームを伝えなければサービスの改善は見込めませんし自分の気持ちも晴れません。クレームは自分にも会社にも有益なものなので、感情的にならず淡々とクレーム報告を行いましょう。

デリバリープロバイダを利用しない方法

デリバリープロバイダとのトラブルを回避する一番の方法は、やはりデリバリープロバイダ自体を利用しないことでしょう。普通にAmazonを利用する分には運送業者の指定はできませんが、実はいくつか抜け道もあるのです。

続いては、デリバリープロバイダを避けるための方法について紹介します。どうしてもデリバリープロバイダを利用したくない人は参考にしてください。

Amazon Prime Nowを活用する

Amazon Prime Now(アマゾンプライムナウ)とは、注文から最短一時間以内に商品の配送を行ってくれるサービスです。注文からすぐに商品が到着するので、非常に便利な配送方法と言えます。

そして、このAmazon Prime Nowの配送は必ずAmazon専門の配送業者が行うため、デリバリープロバイダが配送することはありません。確実にデリバリープロバイダを避けることができるので、おすすめの方法です。

ただしAmazon Prime Nowには「プライム会員であること」「東京、神奈川、千葉、大阪、兵庫の一部地域のみ対象」という厳しい条件があります。誰でも試せる方法ではありませんが、条件に該当する人は利用を検討してみましょう。

マーケットプレイスの利用

マーケットプレイスとは、Amazonで出品している商品のうち、個人が出品している商品が取り扱われている場所です。つまりAmazon自体が販売している商品ではなく、個人出品者やお店が販売している商品を購入するということになります。

Amazonが直接販売している商品以外は、デリバリープロバイダによる発送を行われる確率が少ないです。絶対ないとは言いませんが、ほぼ大手運送業者を利用した配送になるため、トラブルのリスクを大きく減らすことができます。

コンビニ受け取りにする

注文した商品は自宅で受け取る以外にも、コンビニ受け取りなどの方法を取ることもできます。そしてコンビニ受け取りでは必ず指定の運送業者が配送を行うため、デリバリープロバイダでは配送されません。

自宅で受け取れないため多少不便は感じますが、確実にデリバリープロバイダがらみのトラブルを避けることができます。コンビニは至る所にあるため、ほぼすべての利用者が実践できる方法と言えるでしょう。

ただし、前述したマーケットプレイスの商品はコンビニ受け取りができません。マーケットプレイス自体デリバリープロバイダでの配送確率は少ないですが、ゼロではないのでそれだけは購入段階で注意しましょう。

まとめ

デリバリープロバイダはトラブルの報告も多く、大手の配送業者を利用していたら考えられないようなトラブルも頻発しています。全てが悪いわけではないとはいえ、大切な商品を運んでもらう運送業者としては、信用しきれない部分があると言えるでしょう。

しかし、配送業界の現状ではデリバリープロバイダを完全に排除することは難しいですし、システム上Amazonを利用する際に運送業者を指定することもできません。紹介した対策を参考に、なるべくデリバリープロバイダを避ける利用方法をするしかないのです。

いずれシステムかデリバリープロバイダ側が改善される日がくるでしょうが、現時点ではデリバリープロバイダに配達されてトラブルに見舞われるリスクは避けて通れません。デリバリープロバイダの存在を忘れず、大切な商品を注文する時には十分に用心しましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!