物販

DeNAの開設したBtoB market、NETSEAの評判と特徴を紹介!

ネット上での商品販売において、仕入れ先の選定は非常に重要となります。そして仕入れの際は、安価で仕入れることのできる卸サイトが有用です。

今回は、卸サイトのひとつでBtoBマーケットのNETSEA(ネッシー)について紹介します。仕入れ先のサイトが決まらずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

NETSEAについて

そもそもNETSEAやBtoBって何?と思っている人もいるでしょう。そこでまずはNETSEAがどういった形態のサービスなのかについて紹介します。

サービスの概要を分かっていれば後述するメリット、デメリットや特徴もすんなり頭に入ってきます。知らない人は勿論、知っている人もおさらいの意味をこめてぜひ目を通してください。

NETSEAとは?

NETSEA(ネッシー)は株式会社DeNAが2006年に開設したマーケットプレイスです。一般的なお店のように業者と消費者をつなぐBtoCの形態ではなく、業者同士を直接やりとりさせるBtoBがコンセプトになっています。

業者と言っても個人事業主や副業で商品の販売をしているような一般人であっても参入できるため、利用のハードルは非常に低いです。簡単な会員登録を済ませれば誰でもNETSEAを利用できます。

登録が完了したら仕入れたい商品の企業に取引申請を行い、許可されればその企業から商品を仕入れることが可能になります。サイト全体では食品から日用品、家具やおもちゃなどあらゆる商品を取り扱っているため、自分の欲しい商品も見つかるでしょう。

商品販売の事業や副業を始める人にとって、商品の仕入れ先は最も悩むポイントと言えます。それを解決してくれるのがこのNETSEAという訳です。

NETSEAへの会員登録の方法

続いては、NETSEAを利用するために行う会員登録の方法を見ていきましょう。以下の手順に従って必要情報を入力すれば誰でも簡単に登録ができます。

まずは公式サイトのトップページを開いてください。そして、画面上部の「仕入れ会員登録をする」をクリックします。

IDやパスワード、会社情報などを入力し、「会員規約に同意する」にチェックを入れた上で「確認画面へ」をクリックします。個人での利用の場合は会社形態を「その他」、会社名は「なし」でOKです。

登録したアドレス宛にメールが届きます。そして、その中に記載されているURLをクリックすれば登録完了です。

以上でNETSEAが利用可能になります。早速仕入れ先の会社を探してみましょう。

参考:NETSEAトップページ

NETSEAで仕入れを行うメリット

商品を仕入れる際は、基本的に卸サイトを使います。卸サイトにはたくさん種類があり、NETSEAもそのうちの1つです。

では、他の卸サイトと比べてNETSEAを使うことにどんなメリットがあるのでしょうか。この項目では、NETSEAで仕入れを行うメリットを3つご紹介いたします。

サイトの利用が完全無料

卸サイトの中には、月額料金など別途料金が発生するサイトもあります。しかしNETSEAは登録から利用まで完全に無料で利用できるため、仕入れ以外の余計な費用が掛かりません。

無料で利用できるということはその分品揃えに難があるのか、というとそんなこともありません。以下のように、NETSEAでは毎日大量の商品が取引されているのです。

NETSEAでは国内外を問わず、様々な商品が取り扱われています。これほど多くの商品の仕入れに利用でき、なおかつ完全無料で利用できるというのがNETSEAの大きなメリットの1つなのです。

利用者が多いので信頼性が高い

二つ目のメリットは、NETSEAの信頼性の高さです。

元々NETSEAは、株式会社DeNAによって設立されました。DeNA自体も知名度のある会社なので、最初から一定数の信用はあったと言えるでしょう。

それもあって設立当初から多くの企業が参入してきました。現在では登録している会社は5,000社以上あり、その規模の大きさがうかがえます。

そして登録会社が多ければその分利用者も多いので、現在NETSEAは非常に多くの人が利用している卸サイトとなっています。この利用者の数がそのままサイトの信用度に直結しているという訳です。

余計な仲介なく卸売業者から直接仕入れが可能

商品はメーカーが販売してから消費者の手に渡るまでに卸売り業者や販売店を経由します。そして経由箇所が多ければ多いほど価格が上乗せされていくため、商品を安く手に入れるためには出来るだけ仲介を挟まずに購入する必要があります。

その点、NETSEAは卸売り業者と直接取引ができ、間に販売店などの余計な仲介が入らないため、安価で商品を購入することができます。市場で販売されているよりもかなり安く商品を仕入れることができるのです。

本来卸売り業者から直接商品を仕入れることは容易ではありませんが、BtoBサイトであるNETSEAであれば簡単に実現可能です。安く商品を仕入れることができるのは、販売業において最も大きなメリットと言えるでしょう。

NETSEAで仕入れを行うデメリット

NETSEAの利用にはメリットだけでなくデメリットもあります。どちらかだけをみて決めるのではなく、メリット・デメリット双方を加味したうえで利用を検討しましょう。

そこで、この項目ではNETSEAのデメリットを4つ紹介します。仕入れ先として利用する上で重要な点でもあるので、頭に入れておいてください。

競合相手がたくさんいる

前述の通り、NETSEAは誰にでも利用できるのが大きなメリットです。しかし逆に言えば、誰もが利用できるので競合相手もたくさんいます

NETSEAの利用者が多いことは既に説明しました。同じサイトから仕入れを行っている多くのユーザーが自分の競合になり得ると考えると、いかに競争率が高いかがわかるでしょう。

仕入れ先の選定は勿論、お得な商品をいち早く見つけて仕入れたりといった競合に競り勝つためのスキルが求められます。勿論その分スキルアップはできますが、楽に仕入れて楽に儲けられるとは考えない方が賢明でしょう。

自力でトラブルに対処する必要がある

一般的な通販サイトや販売サイトでは、利用者間で問題があった場合でも運営が中に入って問題に対処してくれます。しかしNETSEAでは取引で生じた問題は基本的に当事者間で解決しなければいけません

仮に仕入先とトラブルになった場合、相手はトラブルにも慣れている業者で、一方こちらは個人で商いを始めたての素人。交渉の結果は火を見るよりも明らかでしょう。

こちらに不利な条件を飲まされたり泣き寝入りしたりしないためには、こちらもトラブルの対処法を学ぶ必要があります。何かあっても自力で解決しなければいけないというのは、個人事業主にとっては大きなデメリットと言えるでしょう。

中国業者に気を付ける

NETSEAには国内外を問わず多くの会社が登録していますが、その多くが海外、特に中国の業者です。中国業者からの仕入れは、国内業者からの仕入れとはまた違った注意が必要です。

まず全てとは言いませんが、中国業者は対応が雑な所も多いです。梱包が雑だったり配送が遅れたりといったトラブルは珍しくありません。

そしてトラブルになった際は前述のように当事者間での解決が基本ですが、相手が中国人の場合、そもそも日本語が通じない可能性もあります。交渉すらまともに行えない可能性もあるので、中国業者との取引は慎重に行いましょう

中国輸入に関しては、他のサイトを利用すれば仲介業者を雇うことでこれらのトラブルを回避することができます。ですがNETSEAで利用する際は全て自分で対処しなければいけないので、デメリットになり得ると言えるしょう。

在庫を抱えるリスクがある

NETSEAはドロップシッピング(在庫を持たずに商品を販売する手法)に対応していません。そのため商品を販売するためにはまず仕入れから始める必要があります。

こうなると思ったより売れなかった場合などに在庫を抱えるリスクが発生します。また、仕入れた商品は売れない限り利益にはならないので、儲けを出すことも通常より難しくなります。

在庫管理は非常に難しく、大量発注した在庫がさばけず大赤字になってしまったという例も珍しくありません。販売前に商品を仕入れなければいけないため、適切な仕入れ数を選ぶのが難しいというのもデメリットなのです。

NETSEAと国内卸サイトとの比較

国内の卸サイトは、NETSEA以外にもいくつか選択肢があります。例えばTopSeller(トップセラー)や卸の達人などが挙げられます。

これらの卸サイトと比較するとNETSEAはどういったサイトになるのでしょうか。この項目では、NETSEAと他の国内卸サイトを比較した上で、大まかな相違点について紹介していきます。

価格

結論から言えば、NETSEAは他の卸サイトよりも安いということはありません。とはいっても決して割高という訳でもありません。

一般的に、卸サイトとショップでの販売価格には大きな差があります。上手く仕入れて販売することができれば、大きな利益を挙げる事ができるでしょう

規模

前述したように、NETSEAは登録会社5,000社を超える大規模サイトです。他の卸サイトだと登録済みの会社の数は数百か、多くて数千ほどですから、その圧倒的なサイト規模がうかがえます。

規模が大きいということはそれだけ取扱商品も多いということです。ほぼ確実に欲しい商品が見つかると言えるので、サイト規模を目安に選ぶのであればNETSEAはうってつけと言えるでしょう。

使いやすさ

サイトのトップ画面や設定画面を見ても、特別他のサイトと差異はありません。使いやすさに関しては特に気にするほど使いにくいということはないと言えるでしょう。

ただし、BtoBサイトゆえの多機能さには注意が必要です。高性能スマホと一緒で、出来ることは多くても使いこなせず、結果として使いづらさを感じるという可能性はあります。

とはいえ機能が多いに越したことはありません。まずは使いやすい基本的な機能に絞り、必要に応じて新しい機能を使っていくようにすれば、自然と操作方法が身についてくるでしょう。

NETSEAでのトラブルについて

前述したように、NETSEAには中国業者が多く登録しています。中国の商品は仕入れ価格が安いので大きな利益を見込みる一方で、粗悪品や雑な対応などでトラブルが起きやすい一面もあります。

続いては、NETSEAで実際にあったトラブルの事例について紹介します。もし中国業者からの仕入れを考えるのであれば、これらの事例には十分に注意しましょう。

虚偽の報告をされる

中国業者との取引では、事前に聞いていた内容と違う報告をされることも珍しくありません。例えば在庫がない商品でもとりあえず在庫があると返事をする、といった場合が挙げられます。

こういった業者はとにかく売ることが最優先なので、在庫がないなどの不都合な事実は伝えてこないのです。こちらとしては仕入れや納品のスケジュールが全て狂ってしまうのでいい迷惑です。

中国の業者から商品を仕入れる際は、商品が手元に届くまで油断しないようにしましょう。

欠品を伝えるとこちらの意思を聞かずにキャンセルされる

仕入れた商品に欠品が合った場合、一般的にはキャンセルするのか再度発送してもらうのかを当事者間で話し合います。しかし中国業者の中には、欠品を伝えた段階で勝手にキャンセル処理をする業者もあります。

再度発送をお願いしたくてもキャンセル扱いになってしまうのでは、欠品があった商品を仕入れることができません。結果として余計に手間や納期がかかるのでこちらは大損をしてしまいます。

中国業者とトラブルがあった際に、こちらの意見を確認してくれるとは思わない方がよいでしょう。

追加で発送する場合でも特にアクションはなし

欠品がキャンセル扱いにならず追加発送をしてくれることになった場合でも油断してはいけません。なぜなら追加で発送した商品の追跡番号や発送通知等の基本的な対応が一切されない場合もあるからです。

相手側としては、欠品があった時はその分を送ってそれで解決という訳です。しかしこちらからしてみればいつ届くのか、本当に届くのかといったことが実際に届くまで何1つ分からないため、非常に不安になってしまいます。

ミスに対して、日本のような丁寧な対応は期待しない方がよいでしょう。

信用は取引をする上で最も重要な要素である

中国業者に限った話ではなく、仕入れ先を選ぶ上で最も大切なのは信頼関係が築けるかどうかです。いくら安い価格で商品を仕入れることができても、度々欠品があったり納期が遅れたりする仕入れ先では円滑な取引は望むべくもありません。

勿論全ての中国業者の対応が悪いわけではなく、むしろ丁寧な対応をしてくれる中国業者もたくさんいます。しかしどうしても雑な対応をする業者が目立ってしまうのです。大きな取引ほど、取引する業者が信頼できる相手かどうか見極めを行いましょう。

NETSEAの総評

この項目では、ここまで紹介した点を踏まえた上で、NETSEAが卸サイトとしてどの程度有用なのかを評価していきます。勿論良い点もあれば悪い点もあるので、一概に白黒つけられるわけではありません。

これから紹介する内容を参考に、自分の利用スタイルや避けたいリスク、扱う商品などを加味したうえで卸サイトとして利用していくのか検討してみましょう。

在庫を抱えたくないビジネス形態には向かない

前述の通り、NETSEAでは在庫を抱えないドロップシッピングの形態をとることはできません。在庫を抱えずになるべくリスクを減らしたいのであれば、「オロシー」などのドロップシッピングサイトを利用したほうがいいでしょう。

ただし、需要がある商品に関しては在庫を抱えていればスピーディーに販売を行えるため、利益を伸ばすことができます。しっかり在庫をもって利益を伸ばしたいと考えている人にとっては、NETSEAはうってつけと言えるでしょう。

参考:orosy(オロシー)

個人利用目的での利用も可能

NETSEAでは商品を卸売り価格で購入できるため、通常よりも安価で商品を購入することができます。これはなにも販売する商品に限らず、自分が個人的に利用する商品の買い物に利用してもまったく問題ありません

普段から使用頻度の多い商品があれば、NETSEAで安く沢山購入して出費を抑えるといった方法も十分検討に値します。卸サイトだからと販売商品の仕入れだけを考えるのではなく、自分で利用する商品を購入できるのもNETSEAの大きなメリットと言えるでしょう。

仕入れ元(サプライヤー)としての登録も可能

ほとんどの人は、商品を仕入れるバイヤーとしてNETSEAに登録するでしょう。しかし立場によっては、仕入れ元(サプライヤー)として登録するという選択肢もあります。

サプライヤーの立場に立つことで、競合がどんな工夫をして商品を仕入れているか見えてきたㇼ、市場ニーズの勉強ができたりと大きなメリットがあります。これらはいちバイヤー視点ではなかなか気づきにくいことも多いので、視点を変えて物事を見る必要があります。

そういった意味では、バイヤー側だけでなくサプライヤー側としても登録が可能なNETSEAは、一度に様々な視点から市場を眺めることができるサイトと言えます。自身に勉強の意欲があれば、これらを利用して大きくスキルアップすることができるでしょう。

卸サイトとしてのNETSEAの魅力

結論から言えば、安価で商品を仕入れることのできるNETSEAは仕入れ先としては非常に有用です。ただしそれは誰にでも同じことができるため、他者を出し抜いて大きく利益を挙げる事が難しいと言えるでしょう。

入り口が広ければ広いほど、参入してくる人数も増えてきます。NETSEAは誰もが簡単に登録できるため、自然とライバルも多くなってしまうのです。

勿論市場規模が大きいからこそ、これだけの登録会社があり仕入れ先には困らないといった現状になっているのもまた事実です。簡単に参加できるのが一番のメリットであり、デメリットでもあると言えます。

総じて、商品販売の初心者にとっては扱いやすいサイトですが、利益を伸ばしたい中級者以上にとっては工夫しないと利益を伸ばすのは難しいサイトと言えるでしょう。

まとめ

NETSEAは市場規模も大きくあらゆる商品を仕入れることができる最大規模の卸サイトです。登録も簡単であり、誰でもすぐに格安で商品を仕入れて販売することができます。

ただし、それは誰に対しても一緒です。同じように簡単に参加してくる競合も多いため、NETSEAで仕入れた商品で大きく利益を挙げるのは少し難しいと言えるでしょう。

また、中国の会社も多いため、取引には細心の注意が必要です。万が一トラブルになっても自力で解決しなければいけないため、非常に大変です。

とはいえ、大量の商品を余計な手数料を掛けずに仕入れることの出来るのは魅力的です。今回紹介した内容を参考に、メリットとデメリットを天秤にかけた上でNETSEAを利用して仕入れを行うのか検討してみましょう。

ところで、ビジネスで成功するためには独学よりも体系化された教材やサービスを活用して学ぶ方が結果が早く出ます。

ここではアクシグ編集部が予め登録した上で責任者に直接取材をし、有用性を確認した教材やサービスのみを厳選してご紹介します。無料ですのでお気軽にご登録またはご相談ください。

【期間限定公開】物販の教科書

初心者から上級者まで成功事例を完全網羅!物販を仕組み化で安定して稼ぐ方法を実例を交えて解説します。

  • 物販の各ジャンル別の実践マニュアル
  • 売上伸び悩みを解消する高収益型ビジネス
  • 物販を自動化して自由な時間を得る秘訣
  • 安定資産で複数の収益源を生み出し構築する方法

その他、タメになる情報が盛りだくさん!

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。

【漫画で分かる】無在庫輸入物販ビジネス

アメリカやヨーロッパの商品を日本の「Amazon」などで 受注をしてから仕入れる無在庫方式の販売方法を解説しています。

  • まとまった資金がなくてもスタート可能!
  • 取り寄せ式なので大量の在庫を抱えなくて良い!
  • ネットで完結なので自宅でできる!

1つの商品の販売で1万円以上の利益を得ることもでき、 効率良く手元の資金が増やすことができます。

あなたもぜひ無在庫欧米輸入ビジネスで、 堅実な収入の柱を一緒に作りませんか?

【無料相談】Biz English

ビジネス英語は3ヶ月でマスターできます!

インターネットの買い物に慣れてくると、アメリカのアマゾンやeBayで購入したり出品したりしたくなるでしょう。英語ができなくてもGoogle翻訳やDeepLなどのツールを使えば始めるのは簡単です。

ところがクレームや返金などが発生すると機械翻訳では上手く交渉できません。金額が大きくなりビジネスレベルになるとなおさらリスクが高くなります。

ビズイングリッシュはビジネス英語専門の英会話スクールです。受講生は全くのゼロから英語でアカウントを復活させたり、海外の展示会で交渉に成功したりと幅広く活躍をしています!

今すぐビジネスレベルの英語力を身につけましょう!