物販

中国輸入の失敗例!事例を学んでリスクを減らそう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

中国輸入を含め、全てのビジネスには失敗がつきものです。
100%失敗しない事業などありませんし、失敗から学ぶことは多くあります。

しかし、できれば失敗はしたくないものです。
失敗とは、事前に知っていれば回避できるもの。

今回は中国輸入ビジネスで起きた失敗例を紹介します。

失敗例・リサーチ編

まずはリサーチにおける失敗例から紹介していきます。

リサーチは中国輸入ビジネスの要であり、最初のステップです。
ここで躓いてはそもそもビジネスが成り立ちません。

しっかりと失敗例を予習しておきましょう。

ツールの使いすぎで商品がかぶる

リサーチにおいて、ツールを使いこなすことはとても大切です。

画像検索ツール、在庫追跡ツール、ランキング追跡ツール等、儲かる商品を仕入れるためには必須ともいえます。
しかし、それらのツールに頼りすぎると、利益の上がる商品を見つけられなくなってしまうのです。

原因は他のセラーとの商品バッティングです。
利用しているツールは、あなただけが使っているものではありません。

もちろん、他のAmazonセラーもそれらのツールを利用しています。
そのため、仕入れる商品のバッティングが起きやすく、すぐに飽和してしまうのです。

・在庫追跡ツールを使って売れている商品を仕入れた。
・売りたい商品の検索を画像検索ツールで行った。

等の場合、簡単に見つけられる商品ほど他のセラーも仕入れが簡単だ、ということを念頭に入れておきましょう。
バッティングが起きてしまうと、価格競争に巻き込まれて利益がほとんどでなくなってしまいます。

ツールが全て」とは思わずに、自分流のアレンジを加えて商品検索力をつけていくことが大切です。

仕入れた直後に価格が暴落した

商品リサーチをしている時は絶対利益がとれたはずなのに、いざ仕入れてみたら価格が大暴落してしまった。
そんな失敗をしたことはありませんか?
時間をかけて商品リサーチをしたのに、いざ販売となった矢先にそんなことがあったらとてもショックですね。

相乗り出品でよく見られるケースですが、この方法をとる以上避けては通れません。
しかし、どのような商品が価格暴落を起こしやすいか知っておけば、リスクを減らすことはできます。

それは、
・出品者数が多い商品
・誰でも簡単に扱える商品
・売れすぎている商品

の3パターンです。
セラーにとって魅力的な商品には注意が必要です。

また、新規出品する場合でも、競合する類似商品が数多く存在すれば価格競争に陥ってしまう可能性はあります。

競合が増えやすい商品は避けて仕入れましょう。

商品への価格設定のコツについては、下記の記事を参考にしてください。

参考:【超重要】amazon出品で利益を最大化するための価格設定のコツと考え方

シーズン商品の売れ残り

水着、ウィンタースポーツ用品、ハロウィンの衣装等のシーズン商品は、販売しやすく魅力的です。
しかし、いくら売れるからといって仕入れすぎるのはNGです。

シーズン商品は、「シーズン中」だから売れるのであって、時期を過ぎてしまったらパッタリと売れなくなってしまいます。
さらには、流行やニューモデルの登場などの変化があるため、次のシーズンでも同じ価格で売ることは難しいと言えます。

Googleトレンド等で現在の流行を確認し、確実に売り切れる量で仕入れましょう。

失敗例・仕入れた商品編

続いては、仕入れや仕入れた商品での失敗例です。
時間をかけてリサーチした商品が仕入れの段階で躓いてしまうのはとても勿体無いことです。

前もって確認しておき、リスクを最小化しましょう。

間違った数量を仕入れてしまう

中国輸入ビジネスでは、在庫を残さないように仕入れなければいけません。

もちろん、全ての商品を完璧に売り切る事は至難の業ですが、在庫を持ってしまうと資金繰りを悪化させる、利益を回収するまでに長い期間を要する、といったデメリットを生んでしまいます。
かといって数量が少なすぎると、せっかく売れる状況下なのに在庫切れをして勿体ない思いをすることもあります。

中国輸入ビジネスの初心者の方は、適切な仕入れ量が分からず適当になりがちです。

競合の数や、商品のランキング等をよく確認して適切な数量のリサーチを徹底しましょう。

偽物・コピー品等の輸入禁止品を仕入れてしまう

中国輸入ビジネスでは、輸入が禁止されている商品が数多く存在します。
その中でも特に注意しなければいけないものが、偽物・コピー品です。

偽物のブランドバッグ、アニメや漫画のキャラクターグッズ等が該当します。

コピー品だと知っていて仕入れるのは論外ですが、本物だと思って仕入れた商品が実は偽物だった、という事もあります。
偽物だと気づいた時点で即返品・処分しましょう。

間違ってもそのまま販売をしてはいけません。
告発された場合、良くてアカウント凍結、最悪の場合逮捕されることさえあります。

そのような商品を仕入れてしまわないように、信頼できる現地スタッフや代行会社とビジネスをしましょう。

違う商品が届く

中国輸入の仕入れにおいて、日本人の感覚で仕入れを行うと失敗してしまうことがあります。
写真とは少し形が違う商品や、柄やカラーが違う商品が発送される場合があるからです。

一度確認することで、そのようなトラブルはぐっと減ります。
仕入れの問い合わせ段階で、

・写真との相違点はないか
・説明文どおりの商品か
・本当にこのカラーリングか

等を事前に確認しておきましょう。

失敗例・お金編

この項目は、ビジネスを行うにあたって一番重要な「お金」です。
お金がなかったら仕入れも行えませんし、利益がでなければビジネスをやっている意味がなくなってしまいます。

とても重要な項目ですので、是非確認してください。

利益計算の失敗

ビジネスを行うにあたって、「どれほどの利益が出るか」は事業者として必ず把握しなければいけません。
たくさん売れたのに赤字になってしまったのでは、何のためにビジネスを行っているかわからなくなってしまいます。

最悪、次回の仕入れ資金がなくなり、ビジネスが暗礁に乗り上げた……などということにもなりかねません。
利益計算は緻密に行い、必ず利益が出ると確信してから販売に踏み出しましょう。

利益計算の方法

◎粗利益の計算式
売値×(1-販売手数料/100)-{(商品代金+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+国際送料×為替レート×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+倉庫等の管理費}

◎利益率の計算式
粗利益÷{(商品代金+中国国内送料)×(1+代行手数料/100)+国際送料×為替レート×(1+関税率/100)×(1+消費税/100)+日本国内送料+倉庫等の管理費}×100

上記の計算式をエクセルにはめ込み、数字を入れるだけで値が出るようにしておくとよいでしょう。
また、FBA料金シュミレーターなどのサービスの活用も有効な手段です。

利益率はとても大切です。
徹底して管理しましょう。

キャッシュフローの管理不足

ビジネスが大きくなるにつれて、資金繰りが問題になる場合が多々あります。
キャッシュフローが滞ってしまうと、次の仕入れができなくなったり、他のサービスに利用料を払えずアカウントを停止されてしまったり、最悪破産してしまうこともあります。

クレジットカードや代引きでの決済の場合、自社サイトでも支払いサイクルは遅れますし、Amazon等のECモールでも振り込みまで時間を要します。

入金、支払いペースを確認しておき、必要な時に現金が手に残っているようにしておきましょう。

無謀な値下げ

商品が売れない場合、初心者は価格を問題視しがちです。
しかし、必ずしもそうとは言えません。

集客に問題がある可能性もありますし、商品ページに問題があるのかもしれません。
まずは原因をはっきりさせてから、解決策を実行しましょう。

参考:【Amazon出品】確実に稼ぐ人と稼げない人との違いは何?

失敗例・関税編

個人輸入といえど、中国輸入ビジネスでは関税が発生します。
普段生活するにあたってまったく必要としない知識ですので、最初から知識を持っている人はまれです。

絶対に必要な知識となりますので、ぜひ確認してビジネスに役立ててください。

関税が支払えなかった

関税は、忘れてしまいがちなコストです。
しかし、必ず支払わなければいけません。
支払わなかった場合は脱税となってしまいます。

商品を大量に発注した場合、高額の関税を請求される可能性があります。
また、支払いが終了するまで、商品が自分の手元に来ることはありません。

仕入れの段階でしっかりと関税の事を念頭に入れておきましょう。

関税が高すぎて赤字に

関税の額はケースバイケースです。
知識がなければ、どれが関税の高い商品か把握できません。

同じ商品であっても材質で税率が変化しますし、とんでもない税率がかかっている商品も存在します。

たとえば皮製の靴は、
・商品総額の30%
・1足あたり4,300円

のどちらか高額な方が発生してしまいます。
知らなければ赤字確定ですね。

どのような商品がどれほどの関税率なのかは事前にリサーチしておきましょう。

税関で時間がかかりすぎる

日本では、年末や連休前に物流の量が増え、それに伴って輸入品の量も増えていきます。
そういった繁忙期では税関がパンクしてしまい、商品が通過するまでに時間がかかってしまう場合があります。

そのため、シーズン中に売れなくなったり、売り時を逃してしまうといった事態が起きてしまうのです。
そういった時期は関税が混み合うことを考慮し、時間に余裕を持って仕入れを行いましょう。

失敗例・法律編

この項目では、輸入品を販売するために把握するべき法律をご紹介します。
中国輸入品の一部には、販売に許可が必要だったり、輸入はできるが販売が全面的に禁止されている(個人利用のみ許可)製品が存在します。

知らずに販売してしまえば犯罪になり、アカウント凍結や、逮捕に至ることもあるのです。

とはいえ、法律で禁止・規制されているものを知っていればまったく問題ありません。
ぜひ、次の項目で確認してください。

電気用品安全法(PSEマーク)

日本には電気用品安全法という法律があります。
電気用品の製造、輸入、販売を規制し、電気用品の危険及び障害の発生を防止するための法律です。
要するに、不正な電気製品が事故を起こしてしまう事を未然に防ぐ法律ですね。

この法律で規制されている製品は、「コンセント付きの電化製品」です。
イヤホンやUSB電源機器は取得する必要はありません。

中国輸入したコンセント付き電化製品は、このPSEマークを取得しなければ販売できない、ということを頭に入れておきましょう。
知らずに販売してしまうと、アカウント凍結や逮捕になってもおかしくありません。

経済産業省のHPに詳細が記載されていますので、ご確認下さい。

まずは経済産業省に申告し、自主検査を行い適正証明を取った後発行します。
仮に輸入した時点でPSEマークが記載されていても、自分で発行しなおす必要があるので注意して下さい。
初心者のうちは、コンセント付きの電化製品は仕入れを控えておきましょう。

Bluetooth製品における電波法

電波法は、電波を公平で能率的な利用をはかるために1950年に制定されました。
電波は目には見えませんが、様々なものに干渉してしまうのです。

中国輸入において、この電波法に触れるのが「Bluetooth製品」です。
Bluetooth製品はAmazonでも人気の商品ですので、ぜひ販売したいところですね。

電波法を回避するために、取得しなければいけないマークがあります。
それが「技適マーク」です。

Bluetooth製品では、必ず技適マークを記載しなければいけません。
技適マークが記載されていない商品をBluetooth接続した場合は電波法違反となってしまいます。

技適マークの取得は、総務省へ無線局の免許申請を行い、審査を経て免許が与えられます。
手間と費用がかかってしまうので、小ロット販売の場合は難しいかもしれません。
利益と天秤にかけて、仕入れを検討しましょう。

一点、頭に入れておいて欲しいのが、電波法は無線機器の使用を制限する法律であって、販売を規制する法律ではない、ということです。
大きな無線機器以外では、処罰されることはめったにありません。
グレーゾーンではありますが、Bluetooth製品を販売する場合は必ず取得しましょう。

参考:【総務省電波利用ホームページ】技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

消費生活用製品安全法(PSCマーク)

消費生活用製品安全法は、世の中に出回っている製品が一般消費者の生命や身体への危機を発生させない為の法律です。
乳児用のベッド、ライター、乗車用ヘルメット等が粗悪品だった場合、私達の生活は著しく危険に晒されてしまいます。

そのようなことが起こらないよう、法律によって規制されているのです。
そして、規制商品にはPSCマークを記載しなければいけません。

PSCマークとは、消費生活用製品安全法によって規制された製品につけられるマークです。
一般消費者が購入する際に安全性を視認できるように、輸入や販売する際の表示が義務化されています。

下記の製品を扱う場合、PSCマークを表示しなければいけません。

○PSCマークを表示しなければいけない製品
・乳児用ベッド
・レーザーポインター
・ジェット噴流バス等
・ライター
・家庭用圧力なべ・圧力がま
・乗車用ヘルメット
・登山用ロープ
・石油給湯機
・石油ふろがま
・石油ストーブ
・家庭用空気圧縮機
・家庭用の蒸気圧利用器具
・家庭用高圧洗浄機

詳しくは日本品質保証機構のHPをご確認下さい。

取得は、経済産業省にて行います。

消費者にとって、上記の製品が粗悪品であるととても危険です。
事故が起きては大変なので、必ず取得しましょう。

その他トラブル一覧

その他にも、様々なトラブルが存在します。
中国輸入にはトラブルがつきものなのです。

前もって予習しておき、トラブルのリスクを最小限にしておきましょう。

数量不足

中国輸入において、かなり多いトラブルです。
1個~2個の不足はまだ分かりますが、ケース単位で足りないことすらあるのです。

こうした事態が起きたら、必ず代行会社や中国メーカーに確認をとりましょう。
写真の送付などを依頼される場合がありますが、面倒がらずに対応します。

こちらがクレームを出さないと、中国メーカー側が続けて同じことをする場合があるからです。
ビジネスですので、しっかりと対応していきましょう。

商品が破損している

こちらもかなり多いトラブルです。
中国輸入した商品は、日本品質の価値観で見てはいけません。

全てが破損していた、ということも珍しくないのです。

破損した商品があった場合、代行会社や中国メーカーに必ずフィードバックを行いましょう。
フィードバックを行うことで、次回仕入れ時の破損率を減らすことができます。

破損の原因は、大半が梱包です。

少し価格が上がってもいいから、梱包を徹底してくれ」等の要望を伝えましょう。
破損した商品が全て返金してもらえるとは限りませんし、国際運賃は発生してしまいます。

破損分の補填を考えれば、安いものです。

注文後の価格変更

日本人の感覚ではありえないことですが、中国では商談後に価格が上がることがあります。
仕入れ後、請求書を確認したら値段が倍に、という事例も。

こういった業者に対しては、キャンセル等の然るべき処置を行いましょう。
まあいっか、と流してしまっては永遠にだまされ続けてしまいます。

このようなことを招かないためにも、代行業者は厳選しましょう。
上の項目でご紹介した事例も、良い代行業者と契約していれば未然に防ぐことができます。

安さには訳がある」というのが中国製品です。
価格だけで仕入れてしまっては、後からかさむ経費で赤字にもなりかねません。

そういった物事を全体的に見る力こそ、中国輸入ビジネスで成功する秘訣なのです。

失敗しないための3つの施策

ここまででは、失敗の事例をあげていきました。
しかしそれ以外でも、中国輸入では数多のトラブルが存在するのです。

中国輸入ビジネスではトラブルがつきもの。

そういった未知のトラブルに巻き込まれないための施策をご紹介していきます。

正しい知識を、そのまま実践する

何度も言いますが、中国輸入では失敗がつきものです。
トラブルやリスクのないビジネスなど存在しないので、仕方がありません。

しかし、そんな中でも「失敗の多すぎる人」が存在します。
そういった方の特徴が、「自分だけの力でビジネスを成功させようとしている人」です。

正しい知識を持たず、正しい情報かどうか判断できない人は必ず失敗します。
成功するための手法を知らないのでは、失敗するのは当たり前ですね。

しかし、ネットの動画や記事を読むだけでは、そのような力はつきません。

ではどうすればよいのか。
それは誰かに教えを請うことです。

身近に中国輸入の成功者がいなければ、コンサルティングやスクール等のサービスを利用するのも有効な施策です。
それなりの費用はかかってしまいますが、短い期間でビジネスを成功させるには必要なことです。

わからないまま時間を無駄にするよりも、早急に知識をつけて費用を回収するほうが簡単なのです。

また、そういった人が集まる所に顔を出すことで、事業者同士で事例を共有することができます。
こういった「生の情報」はとても大切です。

中国輸入ビジネスは90%の人が挫折してしまいます。
残りの10%になれるかは、あなたの采配次第です。

参考:物販とは何か?初心者が物販ビジネスで稼ぐには!?

自己流を減らす

結果が出ない要因として、「自分の考え方が間違っている」ということがあります。
中国輸入ビジネスには多くのセオリーがあり、結果を出せるテンプレートが存在しますが、そこに自己流を混ぜてしまうことで効果がでない場合があるのです。

自分流のアレンジや向上心はとても大切ですが、結果を出せていない初心者はまだ実践すべきではありません。
その考えが正しいことを裏づける知識がないからです。

まずはスクールやコンサルを受講して基本を学び、そこから自分のやり方を構築していきましょう。
何事も基本があっての応用です。

たとえば、
・「中国輸入はOEMが儲かるから」という情報だけで、確かな知識がないまま実行して失敗した。
・利益が出る商品だったのに、機能やメリットを説明する詳細文を自己流にして売れなくなってしまった。

等、根拠がないまま実践して失敗してはいませんか?

そういった方は、まず基本を固めてビジネスにおけるスタンスから再確認しなければいけません。

中国輸入ビジネスにおいて、利益を出すことはそう難しくはありません。
重要なのは、その知識を持っていて正しく実践できているかです。

コミュニティやセミナーに参加してみよう

失敗のリスクを減らすには、生の情報がもっとも有効です。
実際に経験した人の失敗や成功の事例を学ぶことが、成功への近道なのです。

そういった生の情報を共有するために、コミュニティやセミナーに参加してみましょう。
ビジネスにおける環境を変えることはとても重要です。

仲間の言葉や、講師のダメ出しでモチベーションの向上にもつながりますし、第三者目線が加わることによって「自分の弱点」も見えてきます。

成功者の多くは、こういった環境に自分を置くための資金を惜しみません。
その投資は、必ず自分の力になります。

Amazonではオンライン講座もありますので、下記の記事を参考にしてください。

参考:amazon出品絶対成功リサーチ法!掲示板超活用術とは?

中国輸入の失敗例まとめ

中国輸入ビジネスには今回あげた事例以外にも数多くのトラブルや失敗が存在します。
そんな失敗にめげずに、成功をめざして頑張って下さい。

失敗やトラブルは、把握しているだけで未然に回避できるものがほとんどです。
まずは今回紹介した事例を念頭に置き、あなたのビジネスに役立ててください。

無料動画|アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないとなど悩んでいませんか?

本映像では実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 現在の収入にプラス5万円の副業収入を獲得した「不用品販売」
  • わずか25歳で年商2億円を稼いだ「eBay輸出」
  • 1日2時間弱の作業で月収70万円を突破した「Amazon輸出」
  • 本業の傍らたった半年で月100万円を達成した「中国輸出」
  • 知識ゼロから年収2000万円の仕組みを作り上げた「中古品輸入」
  • 利益率70%以上、OLが副業で月30万円を稼いだ「インスタグラム物販」
  • マレーシアに住みながら1つの商品で月商1000万円を売り上げた「中国輸入」
  • 大学生が資金・リサーチ・在庫なしで月収30万円を稼いだ「韓国輸出」
など、さまざまな物販ビジネスでの稼ぎ方を全3時間30分にわたって徹底的に解説しています。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法