スキル

気分が乗らないのはなぜ?原因と対処法を知って自分をコントロールしよう

日々生きていると、何となく気分が乗らない時ってありますよね。

やらなければならないことがたくさんあるのに動けないと、自分が情けなくなって余計に気が滅入ってしまいます。

今回は、そんな気分が乗らない時の対処法をお話します。

自分を責める必要はない

人間の集中力は長続きしません。また、いつでも同じパフォーマンスができる人もいません。体調や精神状態、その日の気候などによって、パフォーマンスの質は日々変わるものです。しかし、世間には「頑張ればなんとかなる」と語る人が多いので、やる気が出ないのは自分の気力のせいだと思いがちです。

しかし、実際のところ、気力は体力や健康状態に大きく左右されます。したがって、「自分は弱い人間」と自分を責める必要はありません。

他の要因に気づこう

先ほどお話したとおり、気力は健康状態に左右されます。したがって、「やる気が出ないなぁ」という時は、自分の健康状態を把握するのが重要です。睡眠不足ではないか、食事はきちんと取れているか、体調に悪いところはないか等、精神面ではなく体調面に目を向けてみてください。自分の健康状態を観察し、調子を整えていきましょう。

気分が乗らない主な原因

気分が乗らない時は体調面の要因を探ることが大切だとお話しました。しかし、原因は一つではありません。気分が乗らなくなる主な原因を紹介しますので、自分が当てはまっていないか確認してみてください。

【1】心身ともに疲れている

まず先程お伝えしたように、体調が良くない時です。

睡眠不足などが原因で体が疲れている時は、集中力も落ちてしまうのでミスが多くなってしまいます。

また、体だけでなく、心が疲れていることもあります。心の疲れは負の感情によって生じます。また、負の感情は集中力を奪うので、こちらもミスを起こす原因にもなってしまいます。加えて、心が疲れていると何をしても上手くいかないと感じがちになるので、余計にストレスを溜め込んでしまいます。

気分が乗らないときは、心や体がSOSを出しているのだと理解してください。そんな時は、一度心と体を休めてあげましょう。

【2】負の感情の先取り

行動に移す前から嫌な気持ちになることがあります。

苦手な作業は手を付ける前に「やりたくないなぁ」と感じ、苦手な相手との仕事や面倒な会議があると「行きたくないなぁ」と思ってしまいます。嫌なことがまだ自分の身に起きていないのに、始める前から「嫌だ」「しんどい」という感情を先取りしてしまってやる気が出ないのです。

始める前は気分が乗らないことでも、始めてみると意外と苦に感じないこともあります。何事もやる前から負の感情を先取りしてしまうのはやめましょう。

【3】義務感、強制感を感じている

どんなことでも、やりたくないことをやらざるを得ない時は気分が乗らないものです。

例えば、子供が宿題をしたがらないのは、親や教師に宿題を強制されていると感じているからです。親がやらせている習い事は行きたがらないけれど、自分がやりたい習い事なら進んでやりますよね。つまり、義務感や強制感があると、人はやる気を失います。

やりたくない作業をする時は、作業の中に自分なりに楽しいと思えるポイントを探してみましょう。この作業ができるようになると自分にどんなことが身に付くのかを考えてみてください。終わった後に自分にご褒美をあげる作戦も良いです。

また、真面目な人は誰かからの強制は無いのに、自分で強制してしまっていることがあります。「今日までに○○しなければ」「毎日絶対○○しなければ」と自分で厳しいルールを設けてしまっていませんか?そのルールは本当に必要なものですか?

自分に厳しくし過ぎていないか、一度考えてみてください。

気分が乗らない時の13の対処法

気分が乗らない原因が気力だけではないことが分かりました。しかし、気分が乗らない時でもやらなければならない時はありますよね。そんな時は、どうにかして気分を変えなければなりません。無理に気分が乗らないまま作業を進めるよりは、気分を変えて前向きな状態で行うほうがパフォーマンスも上がります。

ここでは、気分が乗らない時の対処法を13個紹介します。自分に合う方法を見つけて、自分の気持ちを上手くコントロールできるようになりましょう。

【1】いつもと違う道を通ってみる

ほとんどの人が毎日同じ通勤ルートを通っていると思います。しかし、嫌な仕事に行くルートが固定されていると、そのルートを通るだけで嫌な気持ちになってしまいます。

そこで、いつもとは違う道を通ってみましょう。ルートを変えれば、今まで知らなかったお店が見つかるかもしれません。「帰りに寄ってみよう」と仕事後の楽しみを作れば、その日の仕事へのやる気も上がるでしょう。

【2】気乗りしない誘いは断る

会社の飲み会は気乗りしないことが多いですよね。また、友人・知人からの食事の誘いであっても、何となく気乗りしない時もあります。

そんな時は思い切って誘いを断ってみてください。何となく気乗りしないのは、自分の本能が違和感を感じているからです。相手との関係を気してしまうと、余計に疲れます。自分を守るためには勇気も必要です。誠意を持って断れば相手との関係が崩れることは無いので、怖がる必要はありません。あなたが断ったことが原因で関係が切れてしまうような相手は、それまでの縁だったということです。ポジティブに捉えましょう。

【3】いつもとは違う選択をする

人は日常生活の中で常に何らかの選択をしています。

・何時に起きる
・ご飯は何を食べる
・いつお風呂に入る
・どこのスーパーに行く
・どの商品を買う

このようなルーティンワークをする際に、いつもとは違うものを選んでみてください。ランチをいつもとは違うお店で食べる。いつもとは違うシャンプーを買ってみる。普段聴かない音楽を聴いてみる。些細なことであっても、日常化していることを変えると気分も変わるものです。

【4】嫌なことがあったらすぐに寝る

気分が乗らない時は疲れている時です。そんな時はさっさと休んでしまいましょう。

特に嫌なことがあると、心が疲れてしまいます。起きていると、その日にあった嫌なことを考えてずっとモヤモヤしたままの状態になります。家にいるのに休んだ気にならないなんてこともありますよね。

よく「嫌なことは寝て忘れろ」と言いますが、寝ることは確かに効果的です。レム睡眠時には、脳が記憶や情報を整理して感情の適正化を行ってくれるからです。おかげで、朝起きたときには怒りや恐怖が収まっていたりするのです。

【5】香りでリフレッシュする

香りには、疲労回復やリラックス、リフレッシュ効果があります。今はお香やアロマで簡単に香りを楽しむことができるので、気分が乗らない時はアロマを焚いてみるのもおすすめです。

香りには様々な種類があり、香りによって効果も異なります。

・イライラやストレス解消…ローズ、ラベンダー、カモミール
・睡眠の質を上げる…オレンジ、ベルガモット
・心を落ち着ける…ゼラニウム、ネロリ
・元気を出す…タイム、ジャスミン、グレープフルーツ
・リフレッシュする…ペパーミント、レモン、グレープフルーツ
・集中力を上げる…ユーカリ、レモン、オレンジ

このように種類も効果も様々です。自分の好きな香りを探してみると気分転換にもなりますよ。

【6】植物の力で気分転換する

植物にはリラックス効果があるので、観葉植物を部屋に飾ることで気持ちを落ち着けることができます。花の香りでリラックスするのも良いですね。花や植物を部屋に飾ると部屋の雰囲気も変わるので、これまた気分転換になります。

【7】単純作業をする

仕事や勉強で考えを巡らせていると煮詰まってしまうことがあります。そんな時にいくら考えても良いアイディアは浮かんできません。脳も疲れてしまいます。

そういう時は、本棚を整理する、書類をコピーする等の思考を伴わない単純作業をしましょう。難しいことを考えずに無心でできる作業に取り組めば、頭をリセットさせることができます。

仕事が山積みでやる気が出ない時は、まず簡単なものから手を付けてみてください。簡単なことを始めるとリズムに乗ってきて、他の仕事も進みやすくなります。

【8】一人旅に出る

気分転換に旅行に行くのも良いですね。遠くに行く時間が取れない場合は、近所を散歩するだけでも効果があります。

一番良いのは、自分のペースで行動できる一人旅や一人歩きです。行ってみたかった場所に行くのも良いですし、特に目的を決めずに行き当たりばったりで行動してみるのも良いでしょう。

他人に合わせることを考えずに、自分の気の向くままに行動してみましょう。新しい発見や出会いでその後の楽しみが増えるかもしれません。

普段他者との関係の中で生活している分、自由に動くと色々な制約から解放されて気分がリフレッシュします。

【9】コーヒーを飲む

コーヒーのカフェインには中枢神経を興奮させる覚醒作用があることはみんなさんご存知かと思います。眠気覚ましにコーヒーを飲む方も多いでしょう。

コーヒーには覚醒作用の他にも脳を活性化させる効果もあるので、煮詰まった時に飲むのも良いです。また、コーヒーの香りを嗅げば、アロマ効果のおかげでリラックスすることもできます。

なんとなく調子が出ない時は、コーヒーを飲むのがおすすめです。

【10】あえて何もしない

どうしても何もする気が起きない時は、無理に動かずに何もせずに過ごしましょう。

休日であれば、朝に起きる必要もありません。自分が起きたくなったら起き、食事が食べたくなった時に食べます。仕事も家事も友人との連絡も何もせず本能のままに過ごしてみましょう。何もしない時間を過ごすことで、逆に「仕事しよう」と思えるようになります。

特に仕事の日も休みの日も、常に何かに追われて忙しくしている人は、週に1日もしくは月に〇日は何もしない日を無理やり作るのも良いでしょう。

【11】軽い運動をする

体を動かすと気分をリフレッシュさせることができます。

フィットネスクラブでスイミングをする、近所をウォーキングする等、体を動かす時間を作ってみてください。今流行りのキックボクシングなら、ストレス発散にもなるでしょう。体を動かす習慣がない人は、自転車通勤に変更してみたり、一駅分歩いてみたりするのでも良いです。

体を動かして気分をスッキリさせると、考えがまとまることもあります。運動不足も解消され、気持ちだけでなく体調も整えることができるので一石二鳥ですね。

【12】ネガティブな感情を吐き出す

真面目な人はストレスが溜まっても愚痴やネガティブな感情を出しません。

他人に迷惑をかけたくない、自分の弱い部分を見せたくないと、自分の中にネガティブな感情を溜め込んでしまいます。しかし、ネガティブな感情を溜め続けると心が疲れてしまいます。最悪の場合、ストレスから体調を崩したり、鬱病を患ったりする可能性もあります。ネガティブな感情は溜め込まずに吐き出すことが大切です。

誰かに話を聞いてもらうだけでも、意外とスッキリするものです。アドバイスやサポートを貰える時もあるでしょう。どうしても人に話すのが苦手な場合は、紙に書いたり一人で言葉に出したりするだけでも構いません。とにかくネガティブな感情は吐き出してしまいましょう。

【13】場所を変えてみる

いつも同じ場所で作業をしているなら、場所を変えてみるのもおすすめです。

同じ場所にずっといるとマンネリ化してきて集中力が下がってしまいます。同じ顔を見るのもしんどくなりますよね。いつも書斎で仕事をしているなら、リビングやカフェに移動してみましょう。

オフィスで働いている場合は、少し外の空気を吸いに出るなど、自分のいる場所を変えてみてください。

自分を上手くコントロールしよう

気分が乗らないことは誰にでもあることです。決してあなたがだらしなかったり、情けなかったりするせいではありません。「気合で何とかする!」なんて根性論や精神論はかえって自分を追い込みます。

気分が乗らない時に大切なのは、自分を責めることではなく、その原因を正しく理解することです。そして自分なりのリフレッシュ方法を取り入れて、自分自身の感情と上手く付き合っていきましょう。

無料講座|アクシグ式 最新情報
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法


物販ビジネスで稼ぎたいけど、どうやって始めたらいいかわからない、売上が思うように伸びないなど悩んでいませんか?

本講座では世界最新の成功事例を実績をあげた成功者の経験をもとに、

  • 無在庫ネットショップ たった3ヶ月、1商品で 7214万9493円稼いだ方法
  • Amazonとネットショップで毎日39万円稼ぐ方法
  • 毎週19万3588円をInstagramから無料で集客して販売する方法
  • 無料でInstagramのインフルエンサーに商品を宣伝してもらう方法
  • 無在庫ストアで月商1億を超えた方法
  • 店舗せどりで1日1万円稼ぐ方法
  • アマゾンの在庫1パレットを僅か1000円で入手する方法
  • 無在庫ネットショップで儲かる商品を見つける海外の最新リサーチ法
などアクシグ代表の吉田が、日本ではまだ知られていない秘密の情報をお届けします。

あなたのビジネスを成功させるために、今すぐ限定情報を入手してください。