物販

eBayで出品するやり方をわかりやすく紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

eBayの話を聞いてアカウントを登録したけど、思っていたよりもシステムや言語がややこしく、そこから先に進めずに止まっていませんか?
英語やパソコンが得意でなくても、eBayでの出品はコツと流れさえ掴めば誰でもできます。
今回はeBayでの出品が誰でもできるように、わかりやすくまとめてご紹介します。

eBayで出品する前の準備は何をする?

eBayで出品する前にいくつか準備しておくものや、済ませておいたほうが良い設定があります。
よりスムーズな出品と取引ができるように、ぜひ参考にしてください。
この内容もeBayで儲けるために必要な準備です。

PayPalのアカウントを作成する

eBayでは決済システムに「PayPal」を使用することで、売り上げたお金の回収が可能です。
PayPal登録にはeBayとは別のアカウントが必要で、長くて1ヶ月ほどかかるので、eBayの登録と同時に済ませておくと便利です。
PayPalに登録した後は、eBayのアカウントと連携しておく必要もあります。
登録自体はそこまで難しくないので、マニュアルを見ながら登録するとスムーズに完了します。

ビジネスポリシーを設定しておく

ビジネスポリシーという設定は支払い、発送、返品の方法を自分なりにカスタマイズして保存しておける機能です。
この機能を使用することで、毎回取引の設定をする手間を省いて時短にも繋がり、ミスを未然に防ぐことも可能です。
ビジネスプランの中でも発送については

  • 送り先の住所
  • 送る商品の重量
  • 大きさ

などによってさまざまなので、パターンを記憶させておくのがおすすめです。

ビジネスポリシーはアカウント登録直後から設定できるので、あらかじめ設定しておくと楽です。
設定はこのページの「Try now」というボタンを押すだけで完了です。
参考:Manage your business policies

購入して良い評価の実績を作る

国内のネットオークションのようにeBayでも、出品者と落札者の間には「評価」というシステムがあります。
eBayではこの評価システムは「フィードバック」と呼ばれ、お互いを評価し、今後の取引での印象を決める大切な要素です。

eBayは取引による実績を重視していて、どのようなフィードバックをもらっているのかがとても重要です。
フィードバックの実績がない状態では、上限まで出品した時に制限がかかり出品停止になる可能性もあります。
あらかじめ良いフィードバックをもらう為に、安い商品をeBayで購入して実績を作っておくと、出品する際にも必要以上に厳しいチェックを受けずにすみます。
目安として10回ほどは落札して、良い評価を事前に貰っておきましょう。

eBayで出品する手順は?

出品前の事前準備が済んだら、実際に商品を出品しましょう。
まずはじめに行うことはタイトルの入力とUPCの入力ですが、この時にもコツと注意点があるので参考にしてください。

商品のタイトルを入力する

通常通りログインしてから「Sell」をクリックして、商品の情報を入力するページに進みます。

タイトルとカテゴリを入力して先に進みます。

商品のタイトルの後に日本のものであれば「Japan」新品であれば「new」と入力しておくと、他の商品よりも多くの落札者がチェックします。
また、カテゴリについては他の同じような品物の出品を参考に入力し、より多くのユーザーに見てもらえるように意識します。
タイトルが分からなければ翻訳サイトで検索して、それを入力するのもおすすめです。

商品のUPCを入力する

UPCとは日本ではJANコードとも呼ばれていて、商品を分けるための電子コードのことを言います。
アメリカやカナダで使用されているもので、eBayで商品を出品する時もUPCがあると信頼にも繋がります。
UPCが無くても出品することは可能ですが、基本的には入力するようにしましょう。

このページで商品名を入力して検索することも可能です。
参考:UPCITEMDB.com

AmazonのコードでUPCを見つけるやり方

UPCコードを検索してもなかなか見つからない時は、Amazonの「ASINコード」を利用して探すことができます。
このWebページを利用して、すぐに見つけられます。
参考:商品コード(JAN/EAN/ISBN)と商品名を相互に検索

Amazonの商品ページ下段にASINコードは表示されていて、そのままコピーするだけで検索ができます。
場所がわからない場合は、アマゾンの商品ページのURLの「B」から始まる部分にも表示されています。

その後に検索をかけるとUPCコードが表示されるので、そのコードをコピーしてeBayのサイトに入力します。

UPCコードを入力した後に、新品か中古品かを選ぶところもあるので選択します。

商品写真を掲載する手順は?

ネットオークションで商品の写真は、購買意欲を大きく左右するとても大切な要素です。
同じ商品を出品していても、写真次第で落札の有無が分かれる事もあります。

次はeBayでの写真のアップロード方法をご紹介します。

商品写真を掲載するやり方

写真のアップロードのやり方はとても簡単です。

「Add/edit photos」から「Select photos」の順にクリックをして進みます。
あらかじめ用意しておいた写真を、PCから選択して向きをそろえます。
写真の向きをそろえた後に「Finish」を押して完了です。

掲載する写真の注意点

写真は最大12枚まで掲載することが可能で、少なくとも2枚以上の写真を掲載するように心がけましょう。
使用する写真のサイズは500px~1600pxを使用し、スマートフォンで撮影したものであれば問題ありません。
この範囲内であれば落札者のデバイスに合わせてリサイズされる仕組みになっているので、そこまで気を付けなくても大丈夫です。

画像形式は

  • JPEG
  • PNG
  • TIFF
  • BMP
  • GIF

のどれかを使用し、より多くの写真を掲載することでより多くの落札者に見てもらえるようになります。

中古品の写真掲載の注意点

中古品を販売する場合は破損箇所や、キズの付いている場所も掲載しておきましょう。
文面で表記していても、写真で見せないのはトラブルの元になるので中古品の場合は注意が必要です。
また、付属品などがある場合にも、別に写真を撮っておくと落札者は安心します。

商品の詳細情報はどうすればよい?

写真を設定した後は商品の詳細情報を編集し、ユーザーにとって必要な事項を設定します。
ほとんどは何を入力するか決まっているので、今回の内容を参考にすれば問題ありません。
重要なのはユーザ−の知りたい情報をわかりやすく記入することです。

商品の大まかな情報を入力する

初めに設定したカテゴリによってデフォルトで用意されている項目に、素材や細かい種類などを入力します。

自分で商品のより詳しい情報を入力したい場合は「Add your own item specific」から入力することも可能です。
入力する内容がわからない時は、出品されているものの中から、似たような商品を探して参考にしましょう。

商品情報に入力する項目

カテゴリによって変わる詳細情報には、ブランドや製造番号、生産国、色、素材などがあらかじめ設定されています。
この内容をより丁寧に入力する事で、購買意欲を持ったユーザーの目に止まりやすくなります。
項目の一つにあるMPNと書かれている製造番号は、出品する時の必須項目にもなります。

商品の説明文を入力する

「+ Add your own item specific」をクリックすれば、最初に設定されていること以外の情報も、自分で入力することが可能です。
入力方法はHTMLと直接入力のどちらでも可能で、自分の好きなように入力ができます。
配送方法や送料、商品の大きさなどを記載している方が多いです。
商品情報においてオリジナリティを加えられる項目でもあるので、他の出品者よりも独自性を出したい方はここに注力するのもおすすめです。

商品の出品設定はどのようにする?

eBayでの出品方法は

  1. 即決
  2. オークション
  3. その2つを組み合わせた方法

の3つから選べます。
eBayでは基本的に即決式で出品する方が多く、オークション形式の場合だとトラブルになる確率が高くなるので避けたほうが無難です。

相場を調べてリサーチする必要はありますが、自分の希望価格を設定したほうが粗利益率も計画しやすくなります
また、希少価値の高いビンテージ品やプレミア品の場合は、オークション形式にした方が利益が出る場合があります。
それぞれの細かい設定もここで行えるので、一つずつご紹介します。

販売形式の設定方法

固定の価格で販売する場合は「Fixed Price」を選択し、オークション形式にしたい時は「Auction」を選択します。
なにか特別な理由が無い限りは、固定価格の販売形式が管理が楽なのでおすすめです。

ここでは値切り交渉に応じる設定の有無も「Best Offer」のチェックボックスで設定が可能です。
値切り交渉はメリットとデメリットがあるので、応じる場合は価格設定も見直しましょう。

出品期間の設定方法

「Duration」という項目で、商品の出品日数を設定します。
オークション形式の場合は3日、7日、10日の中のどれかを選択でき、固定価格式の場合は3日から30日の中から選ぶことができます。

だいたい10日前後で売れない場合は何か売れにくい理由があると考え、商品のリサーチや、商品説明などを見直しましょう。
基本は期限を設けますが、在庫数の多い商品の場合は、制限なしの「Good Til Cancelled」という設定をすることもできます。

商品価格の設定方法

Priceと書かれている空欄には、商品の価格を入力します。
価格設定はセントまで細かく設定できるので、他の落札者との微妙な価格競争もできます。

商品の価格設定にイマイチ自信が持てない場合に、おすすめの機能が「Let buyer make〜」という設定方法です。
出品している商品を見たユーザーが、出品者に価格のオファーを送って、出品者が納得すればその価格で販売できるという機能です。
商品が魅力的だけど価格で悩んでいるというユーザーにとっては、とても嬉しい機能なので活用できます。

送料の設定方法は?

商品ごとに送料を設定することや、ビジネスポリシーを利用して送料の設定を保存しておくことも可能です。

また、送料を無料で出品するとサイト内での検索結果で有利なこともあるので、送料無料にするのもおすすめです。
送料を無料にした場合は、あらかじめ商品価格の中に送料を入れておく必要があります。

海外へ発送する郵便の価格表を参考に、自分の商品をチェックして価格を計算しましょう。
参考:国際郵便料金表

商品ごとに送料を分けたい場合

アメリカへの送料は「Domestic Shipping」と表示される画面で設定します。
Costと表示されている部分へ、1つ分の送料を入力し「Each additional」には2個以上まとめて送る場合の追加送料を入力します。

アメリカ以外の国への送料は「International Shipping」と表示されている画面で設定します。
ここではアジアやオーストラリアなどの地方ごとに設定を分けられて、一番安い方法で送った場合の送料を記入していきます。

最後に「Additional〜」のプルダウンを「Will ship worldwide」に選択すれば終了です。

送料無料に設定する場合

アメリカとそれ以外の国への送料設定画面で、それぞれの「Cost」と「Each additional」に「0」を記入するだけです。
送料無料の場合は設定が楽なので、ビジネスポリシーを設定していない場合は送料無料がおすすめです。

先ほどと同じように「Additional〜」のプルダウンを「Will ship worldwide」に選択すれば終了です。

発送除外国を設定する場合

eBayでは「発送除外国」というものを設定できて、設定した国の人からの入札を防ぐ設定が可能です。

詐欺が多い国や、郵便状況が良く無い国などを避けて、トラブルを防ぐことができます。
「exclusion〜」の横にある「Create exclusion list」を押します。

それぞれの国を選択する画面で、希望の国にチェックを入れるだけで設定ができます。
例えば南アメリカを設定する場合は、このようにチェックを入れて「Save and Close」を押します。

「exclusion〜」の横に任意の国名が記載されて入れば、設定が完了しています。

政治情勢なども関係する時もあるので、余計なリスクは避けるのが賢明です。

まとめ

以上の設定を終えたら「List item」を押して出品されます。
出品されたら問い合わせや、価格交渉などのメールが来ることが多いので、対応をしながら次の商品を準備しておきます。

初めは難しい商品の設定ですが、慣れてしまえばすぐに覚えられるので、誰でもすぐにできるようになります。

ぜひ今回の内容を参考に、eBayでの副業で稼ぎましょう!

一括出品、在庫管理、リサーチなどの作業を極限まで効率化
30日間無料で使用できるeBay輸出ツール「Nijuyon」




eBay輸出の出品、在庫管理、リサーチ、どれも売上が伸びてくるとそれぞれが膨大な作業量になり、すべてを手動で行っていては必ずどこかで稼ぎが頭打ちになります。

稼げるようになっても作業に追われて自由な時間がゼロでは本末転倒ですし、利益を拡大するためには効率化は避けて通れません。 eBay輸出の作業を効率化するツール「Nijuyon」を使えば

  • eBay上での手動出品と比べて約6倍のスピードで出品可能
  • 見やすい商品ページのテンプレートが自動適用
  • eBayの過去落札履歴から売れている商品を簡単リサーチ
  • Amazon.co.jp、楽天、Yahoo!ショッピング、ヤフオクの在庫有無を簡単管理
  • ツール内からのメッセージ送信が可能なため外注化も安心
  • 世界最大のネットショップ構築サイト「Shopify」への出品も可能
  • リミットアップに必要な出品枠いっぱいの出品も容易
など、これ1つで仕入れ、出品、販売までを一括管理できてしまいます。初回30日間は無料で利用可能なので、まずは気軽に試してみてください。




おすすめコンテンツ


資金ゼロでネット物販を成功させる全手法を無料で公開します!


最高級のステータス持つアメックスの極秘情報を無料公開します!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【無料】アクシグ流 物販ビジネス大全
資金ゼロでネット物販を成功させる全手法
【無料】物販ビジネス大全
ネット物販を成功させる全手法